馬渕 教室 クラス 落ち。 浜学園

馬渕教室のSクラスですが大手前高校に合格することはできるのでしょうか。

馬渕 教室 クラス 落ち

塾から帰ってきたコッコちゃんは母に『コッコの新しいクラスわかる?』と嬉しそうに言ってきます。 コッコちゃんは母が聞く前に何かを伝えてくるときは自分に都合のいいことが起こった時です。 母はそこでクラスが上がったのだなと一瞬思ったのですが、相変わらず公開模試は悲惨な成績だったのでまさかなと思いましたが、コッコちゃん『クラスTに上がった。 』とさらに母に続けて言ってきました。 以前コッコちゃんがTクラスの人数がすごい人数になっていると聞いていたのと、3クラスに増えるかもなどということを噂で聞いた記憶がうっすらあったので、母はコッコちゃんに『2クラスから3クラスに増えたの?』と質問。 『2クラスのままだよ。 』とコッコちゃんからの返事でした。 馬渕教室クラス発表|見間違え? あの悲惨な成績でクラスが上がることがないと思っている母なので 『コッコちゃんのいつものお得意の見間違えじゃないの。 』 とコッコちゃんから返事。 』 との返事です。 母的にはコッコちゃんが今回の試験結果でクラスが上がっているのが信じられない状況なので、クラスが上がったと言っているコッコちゃんに対して半信半疑でいます。 とりあえずコッコちゃんが言ったようにクラスが上がっていたとしても今のコッコちゃんの勉強の進捗状況とテスト結果では油断がなりませんので頑張っていきたいと思います。 コッコちゃんは余程、クラスが上がった事が嬉しかったったようで、母に報告する前に塾から出てすぐに、父にもCメールで知らせていた模様でした。 馬渕教室クラス発表|次は志望タイプ別特訓のコースを上げれるよう頑張ってもらいたいものです 実は母はクラスよりもっと気になっていることがあります。 それは志望タイプ別特訓です。 今現在のコッコちゃんの目標は第一志望校に合格することなのですが、目先の目標としては志望タイプ別特訓で【有名コース】から【難関コース】へ推進コースをあげることです。 偏差値50以上と未満で【難関コース】と【有名コース】に分かれています。 もちろんコッコちゃんの志望校を考えれば【難関コース】を受講しなくてはなりません。 しかしコッコちゃんの成績では現時点ではもちろん【有名コース】です。 今回行われた公開模試でもコッコちゃんは偏差値50以上を取ることはできませんでした。 9月からは志望校別特訓が始まりますのでそれまでに成績を上げ【難関コース】を受講できるように持って行きたいというのが今の目標になっています。 次の公開模試まで約1ヶ月です。 相変わらず算数にてこずっているコッコちゃんなのですが、早急に算数を何とかして理科に重点を置いて勉強できるようにしていきたいと思います。 クラスに関しては、前回クラス落ちして今回で戻れたのはコッコちゃんにとっては一度痛い目を見て、少しはやる気も出たようなので良かったという事にしておこうと母は思いました。 この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。 最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。 【馬渕教室その他のクラス関連記事】.

次の

馬渕教室 高校受験コース|トップクラス(SSST・SSSクラス)

馬渕 教室 クラス 落ち

大手塾に入るとき、不安の1つが入塾(入室)テスト。 点数でクラスが決まるだけでなく、 不合格だと入室できない塾もあります。 「3回落ちて、4回目でやっと入室できた」「何度も落ちたので諦めて他の塾へ行った」という人もいます。 塾のレベル(実績)を保つためにも、入塾の段階である程度ふるいにかけているのです。 どんなにやる気があっても、 入塾できなければ何も始められないんですよね。 上位クラスの方が雰囲気が良くお互いに競い合えるという印象はあるので、欲を言えば点数も欲しいですよね。 入塾テストでに合格し、できるだけ良いクラスに入るためには事前の準備が重要です。 学力だけでなくテストへの慣れと心構えも必要ですよ。 4年生以降は算数・国語で30~50分、理科・社会は30分前後のテストを受けます。 普段テストを受け慣れていないと、 最後まで座っていることすら苦痛となってしまいます。 すべて集中力を切らさずにというのは難しいですが、諦めずに最後まで問題に向かう程度の集中力は必要です。 対策としておすすめなのは 家でのシミュレーション(模擬試験)です。 テストの中身は何でも構いません。 とにかく30分、黙って問題に向かわせてみてください。 テレビや音楽は消して静かな環境をつくりましょう。 ただし大人の目がなければほとんどの子どもがサボります。 リビングなど大人の目が届くところが良いですね。 実際のテストでは休憩をはさんでテストは続きますが、とりあえず30分を試してみてください。 ムズムズしてすぐに集中力が切れるようなら20分でもOK。 何度か試して感覚をつかませましょう。 対策2:スピードを求める テストでは時間配分が大事です。 中学受験でも、時間配分を間違えて涙を飲む子供が少なくありません。 国語の漢字なら 文を見て漢字を書く問題を10問。 時間を計って解かせてみてください。 以下に3年生レベルの漢字で10問の例題を用意しました。 書けるかどうかも大事ですが、まずは所要時間を見ます。 タイマーを5分に設定して解かせてみましょう。 10問にかかる時間、中学受験をする4年生の理想は3分です。 入塾テストなら5分を目標にしてみましょう。 「このくらいのスピードで解かないと間に合わない」という感覚を持たせます。 「テストはゆっくり考えているヒマがないんだ」と思わせられれば大成功です。 どんなに知識があっても時間内に書けなければ点数になりません。 テストの前に実感させてあげましょう。 例題:【 】を漢字で書こう。 駅 銀色 七夕 音読 時間 夜 晴れ 水曜日 買う 教えて 対策3:正確にしっかりと書く 受験で必要なのは正確な知識です。 なんとなくでは点数になりません。 そしてそれは入塾テストも同じです。 たとえば漢字では 「トメ・ハネ・ハライ」まできっちりと意識させます。 「ちゃんと書いたはずなのにバツだった」はもったいないですね。 社会の地名や人名も漢字が書けなくてバツになってしまう子供は多いものです。 算数で数字が読みにくくバツになることもあり得ます。 入塾テストを受ける前の勉強では親が採点をしてあげてください。 細かいところまで厳しく見てあげましょう。 バツをつけられたことでスネたりやる気をなくしたりすることも多いのですが、受験を考えるなら避けては通れない問題です。 「テストとは厳しいもの、正確に書くことが大事」と教え込んでください。 対策4:軽く先取りしておく 入塾テストのためにわざわざ新しい勉強をするのもおかしな話だと感じるかもしれませんが、不合格で入塾できなければ元も子もありません。 塾の勉強は学校より進んでいます。 それについてこられるようなレベルの生徒でなければ入塾できません。 簡単な対策は教科書の先を流し読みしてみることです。 劇的な効果は見込めませんが、算数なら親が分かる範囲で説明しておくと多少結果は変わるかもしれません。 塾によっては 年間スケジュールや学習予定表、年間カリキュラムを見ることもできます。 塾の受付や公式サイトで見られることがあるのでチェックしてみましょう。 スケジュールが分かれば先取りもしやすくなります。 国語で準備できるのは漢字と知識ぐらいですが、他の教科は範囲が分かることで格段に準備しやすくなります。 対策5:落ちる前提でスケジュール SAPIXや四谷大塚のように不合格で入塾できない可能性のある塾なら、 一発合格できない可能性を考えておきましょう。 不合格は珍しいことではありません。 ギリギリに入塾テストを受けると落ちた場合に予定が狂ってしまいます。 とくにSAPIXは月に一度しかチャンスがありません。 時期を逃して数か月後に入塾テストに再チャレンジしたという人もいました。 入室後のクラスが気になる場合も早めの入塾テストがおすすめです。 入塾時に下位クラスでも、 慣れてくれば上位クラスに上がれることもあります。 入塾時の成績は暫定的なもの。 入塾から2ヶ月くらいしてやっとテストで実力が測れるようになると思います。 クラスは入塾してから考える 入塾テストで点数をとる方法を説明してきましたが、 対策をしても上位クラスからスタートできることはほとんどありません。 受験勉強に慣れていないのですから当たり前です。 「絶対に上位クラスから始める」とこだわるよりも、少しでも上からスタートできれば……くらいに思っておいてください。 過去の入塾テストをネットで売っている人もいます。 購入して準備させたいと思うかもしれませんが、 過去問を買うのは絶対にやめましょう。 間違えて実力に合わない上位クラスに入ってしまうと、後が大変です。 授業はレベルが高くてついていけずテストのたびにクラスが下がる。 子どものプライドは傷つきモチベーションも下がります。 子どもの実力に合ったクラスに入るのが最良です。 当たり前のことですが、入塾後に後悔しないよう正攻法で準備してくださいね。 入塾テストで落ちてしまったら 入塾テストで落ちることは珍しくありません。 事前の準備をしたのにダメだったとしても、子供には経験が残ります。 塾でテストを受ける。 子どもにとっては 新鮮で不安で本来の力が出せないのが当たり前です。 子供の心が折れなければ、また次のチャンスにかけましょう。 塾によってはテスト後に電話をくれることもあります。 さすがに細かいことは教えてくれないと思いますが、ダメでもともと テストのアドバイスを聞いてみましょう。 「時間が足りなかったようですね」「集中が続かなかったように見えました」などは教えてくれるかもしれません。 塾としても、 やる気がある子どもならぜひ入塾してほしいという気持ちはあります。 塾の先生にアドバイスを求めるのは悪いことではありません。 使えるものは何でも使って、入塾を目指しましょう!.

次の

馬渕教室でクラス落ちする原因と対策

馬渕 教室 クラス 落ち

『思い出 住友 有由司 くん 進学校:帝塚山中 僕が真剣に受験勉強を始めたのは六年生の後半からでした。 それまでは、普通に宿題をやっていたくらいで特別な勉強はしていませんでした。 でも、きれいなノートをとることは心がけていました。 以前、学校の先生から、「東大生のノートは、一文字が大きく、スカスカで分かりやすいんだよ。 」と、言われたからです。 ノートがきれいに書けるようになると、勉強が楽しくなります。 だから、ついに、好きな教科ができました。 算数です。 好きこそものの上手なれといいますから好きな教科ができれば得意教科ができます。 現に僕は算数の成績が上がりましたから。 しかし、いくら得意教科ができても、苦手教科はあります。 そんな教科は、このやり方が正しいかどうか分かりませんが、僕は第一志望校の過去問をやればいいと思います。 でもあまり勉強のことばかり考えていて、当日、力を百パーセント発揮できるかというと多分無理でしょう。 当日、他の人を見ていると、どうも落ち着かない様子でした。 みなさんも同じようにきん張すると思います。 僕は当日よりも、前日の夜の方がきん張しました。 今までの楽しかったことから悲しかったことまで全部が目の裏によみがえってきて、涙が出そうになりました。 三年生のころ、ろくに宿題もせずにじゅくに行って怒られたり、僕がクラス替えの時、「あーあクラス落ちた」と言っていると「それは落ちたんじゃなくて、変わったんや!! 」と先生に言われた事などは印象的でした。 また、僕は幼稚園の時から水泳をやっていました。 でも、その水泳は六年生の夏ごろでやめてしまいました。 もちろん理由は受験があるからです。 最後のレッスンはテストでした。 100 メートルメドレーなのであまりやる気がでず、ため息が出ましたが、最後だと思うと、自己ベストをぬりかえて帰ろうと思いましたが、結果は自己ベストをぬりかえることはできませんでした。 でもその時、コーチに、「受験おわったら、また来いや!! 」と言われて背中をたたかれたので苦笑しながらも「はい」と答えておきましたが後からやる気が出てきて、「よっしゃー絶対合格したるぞー」と思いました。 そして学校見学に行った時、「次、ここに来るのは受験の日かぁ」と、思ったなぁなどと回想していると突然電話がかかってきて僕に代わってほしいということなので、誰だろうと思って受話器を受け取ると、電話の主はじゅくの先生でした。 先生は、「今まで楽しいこともあったやろ?明日、きん張も全部楽しみや。 なっ」と、言ってくれました。 さすがにたえきれなくなってしばらくの間、しゃべることができずにやっと「うん」と言えました(「はい」と言おうとしましたがおえつがはげしかったので言えませんでした)。 そして、じゃあ明日ガンバってと、言われて、試験に臨みました。 最後に僕たちの立場に立って、何度でも質問をきいてくれた瀬先生、時にきびしく、時にやさしく接してくれた船橋先生、いつも心をホッとさせてくれた石田先生、僕たちと笑いあいながら授業をしてくれた田澤先生、受験のコツを教えてくれた渡辺先生、本当にありがとうございました。

次の