イラスト 光源 アプリ。 モノクロイラストテクニック (超描けるシリーズ)

Procreateで描くiPadイラストテクニック解説3

イラスト 光源 アプリ

超便利な3Dポーズモデルアプリ「ArtPose」を使ってみる 投稿日: 2016. 29 更新日: 2016. 24 パソコン上のソフトだけでなく、スマホのアプリでもイラストに役立つモノはたくさんあります。 今回紹介するのはCGの人体モデルを自由にモデリングすることで、ポーズの確認はもちろん陰影の勉強にもなるアプリの「ArtPose」です。 このアプリの3Dモデルですが、非常に柔軟なポーズをつけることが可能になっています。 タッチ操作でCGモデルを様々なアングルから眺めたり、光源を変えることで光の当たり方を変えることができ、影の付き方もわかるようになっています。 また、男性女性でモデルが分かれているので男性の筋肉の付き方なども勉強することができます。 基本となるポージングがいくつかプリセットされており、それをベースにしながら自分好みにカスタマイズしていきます。 画面からはわかりにくいですが動かせる関節が多く、かなり自由度が高いです。 ただ動きをつけすぎると人間離れしたモデルになってしまうので注意しましょう。 ちょっと難しい俯瞰ポーズやカメラの向きによってどのように見えるのか、またどこに影が発生するのかがわかりやすくて大変便利なアプリですね。 アプリは無料でなく300円ですが、これはiosユーザーはダウンロードする価値ありです。 残念ながらAndoroidのアプリではないようですが、AndoroidやPCでもぜひ出していただきたい素晴らしいアプリです。 また日本語には対応していないのも難点かもしれませんが、使っているとすぐに慣れるのでそこは問題ありません。

次の

光と影は表裏一体!絵の幅が広がる「影」の付け方

イラスト 光源 アプリ

Contents• 完成した絵の写メを撮って、画像加工を施さずにアップするのは絶対にNG! イラストを描いたら、画像加工を一切せずにそのままSNSやブログにアップしている人を見かけますが、見栄えが全然変わるので、画像加工をきちんとしてからアップするようにした方が断然良いです。 「アプリのダウンロードがめんどう。 」 「画像加工系アプリが多すぎて何を選んだか良いか分からない。 」 という方は、必見! 今回は、 アプリを一切使用しなくても、iPhoneのデフォルト機能に元から備わっているツールで画像加工をする方法をご紹介します。 また、この機能を使えば、イラストのみならず写真加工にも応用が効くので、アプリを使わずとも、インスタ映えする写真を作ることができます。 2」を使用しての解説となります。 【アプリ不要】iPhoneに備わっているデフォルト機能を使ってイラストや画像を加工する方法 手描きのイラストをiPhoneに取り込む 今回は、以下の「スケボーの乗った女の子」のイラストをiPhoneで見栄え良く画像加工したいと思います。 「スケボーの乗った女の子」のイラストは、シャーペンで下書きを描き、マジックで下書きを清書し、コピックで着色と定番のアナログ手法で仕上げました。 まずは、仕上げたイラストの写メを撮ります。 ブリリアンス• ハイライト• シャドウ• 明るさ• コントラスト• ブラックポイント それぞれが設定できます。 試しに「ブラックポイント」を設定してみます。 下のメモリをスライドさせて任意の場所に設定値を動かしてください。 その他項目の設定値は、写メの撮影環境や絵のテイストによると思うので、設定値を都度確認しながら調整してみてください。 参考までに、私はこのような設定値にしました。 同様に「カラー」の項目もそれぞれ設定します。 今回私は「彩度」のみ編集しました。 完成です。 写メだけだと暗くのっぺりとした印象になってしまったイラストが、色調補正を行うことで、色をはっきりと鮮やかに仕上げてみました。 全然見栄えが変わりますよね? 先ほども述べましたが、自分の絵のテイストによってどんな仕上がりにするかは変わってくるので、各設定を色々と試してみてください。 デジタル加工の良いところは、失敗しても何度でもやり直し&元に戻せるところなので、納得いくまで、設定を変えてみてください。 イラストや写真にフィルターをかける 色調補正だけでも良いのですが、イラストや写真に、さらに深みを出すための「フィルター」をかける方法を紹介します。 フィルター機能は、インスタなどでもお馴染みですが、iPhoneにもこの機能は備わっていて、9種類のフィルターをかけることができます。 ビビット ビビット(暖かい) ビビット(冷たい) ドラマチック ドラマチック(暖かい) ドラマチック(冷たい) モノ シルバートーン ノアール 写真にフィルターをかけるのはもちろんのこと、自分の描いたイラストにもフィルターをかけると一味違ったテイストを楽しむことができるので、活用してみてください。 トリミング機能で画像を平行にしたり、余分な部分を削る 続いて、「トリミング」機能でも画像を調整します。 写メを撮った時にイラストが傾いてしまった場合、数字が書いてあるメモリ部分を左右に振ると、画面を回転できるので、イラストが平行になるように調整しましょう。 また、画面の上下左右の端っこを絞っていくと画像のいらない余白をトリミングできます。 【番外編】アプリを使わずに、iPhoneで落書きができる機能 「マークアップ」機能を使えば画像に簡単な落書きができます。 テキスト• 拡大鏡• 四角・丸・吹き出し・矢印のオブジェクト 吹き出しをつける機能があったので、作ってみました。 4種類の吹き出しが選べます。 色も先ほど同様6色も白、黒、青、緑、黄、赤の6種類から選べます。 吹き出し以外にも、「丸」「四角」「矢印」のオブジェクトも 画像内に配置できるようなので、合わせて使ってみるのも良いですね。 テキスト機能を使って吹き出しにテキストを入れてみました。 フォントの種類、大きさ、色(白、黒、青、緑、黄、赤の6種類)も選べます。 【最後に】イラストの撮影自体も手抜きしない! いかがでしたか? アプリを使わずともiPnoneだけでも十分に画像加工を行うことができます。 最後の方に紹介した落書き機能に関しては、必要最低限の機能しかないので、もしそれ以上のことがしたければパソコンに取り込んでソフトで加工するか、iPhoneの別のアプリを使うかしてください。 色調補正に関しては、iPhoneのデフォルト機能で十分でしょう。 そして、個人的に反省点があります。。。 冒頭で注意していたにも関わらず、イラストの写メの撮影をミスっていました・・・ 光と陰の境目部分が絵に被ってはいないのですが左上の余白部分に光が当たっているので、 左上と右下の画面の暗さの違いがすごく気になってしまいます。。。 (反省・・・) しかも色調補正をすることによりさらに明確に分かってしまってますね。 絵にかからないのはもちろんのこと、ある程度の余白にも光と陰の境目を作らないように、みなさんも注意してください。

次の

トレース台の代わりになる無料アプリとトレース台を自作する方法

イラスト 光源 アプリ

イラストやマンガの絵を描く時、必ず必要になってくるのが陰影の知識ですよね。 この講座で 光源の位置を意識した 陰影のでき方について正しく理解していきましょう。 光源の位置を意識した陰影のでき方 イラストの陰影の基本を理解する まずは基本的な形として、球体にできる 陰について解説していきます。 光源が左上にあると仮定し、光が直接当たっている部分を「明部(めいぶ)」陰になる部分を「暗部(あんぶ)」と呼びます。 さらに、この明部と暗部の境を「明暗境界線(めいあんきょうかいせん)」と呼び、見る角度や物体によって形状を変化させていきます。 左上に光源がある場合、下の図のように「カゲ」は二種類あります。 「物体自体に出来る陰」と「物体が落とす影」です。 また、光が直角に当たる最も明るい点が「ハイライト」となります。 光源が左上にある場合でも、床からの反射光の存在を忘れないように注意しましょう。 反射光があたる部分は直接光が当たる明部より明るくならないので、この点もおさえておきたいポイントです。 キャラクターの顔の陰影をつける 次に、キャラクターの顔と鎖骨付近にできる陰について解説していきます。 球体の時と同様に、光源を左上と仮定して陰影を付けるとこのようになります。 影を描く際のポイントとして、以下の4つを取り上げたいと思います。 ・髪の毛の影 ・目に落ちる影 ・口の中の影 ・鎖骨部分の影 まずは、髪の毛の影から解説します。 髪の毛は、束になってボリュームがでてくると、以下のように影が額に落ちます。 次に目=瞳に落ちる影ですが、目が球体であることをしっかりと意識しましょう。 下の写真のように上瞼(うわまぶた)の影を曲線で落としていくと目の立体感も出てきます。 口の中の影を付ける際は、舌の奥と頬 ほほ の裏側を意識して、奥行きを出していきましょう。 鎖骨(さこつ)部分の影は、三角形状にくぼみがあることを意識しながら陰影を付けます。 キャラクターの全身に陰影をつける 続いて、キャラクター全身の陰影に関して解説します。 下のイラストをベースとして、光源の位置によって影のでき方がどのように変化するかを見ていきましょう。 このように、同じイラストでも光源の位置によって全く違う影ができます。 同じ物でも光の方向によってガラリと印象を変える事が可能ですので、状況に応じて光と影を上手く使うようにしましょう。 以上で「光源の位置を意識した陰影のつけ方講座」は終了です。 また動画講座では実際にイラストを描いていきながら解説を行っていますので、記事よりも更に理解しやすくなっています。 ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の