コーネル ノート。 アメリカの名門大学発! コーネル式ノート術をやってみたら驚くほど勉強が捗った話。

効率アップに役立つノート選びとは【罫線・方眼・無地・コーネルノート】

コーネル ノート

ポイントを交えつついくつか紹介していきますね。 ノートは黒板をみながらとらない なぜ?いざノートを見返しても覚えてないから 黒板をみながら必死に書き写すという作業は一見真面目にノートをとっているようにも見えます。 ですが!家に帰っていざノートを見開いても自分の言葉で書いているわけではないので覚えていない、ということのほうが多いです。 なので、書き写す時は覚えようと意識すること。 これを習慣化させることで記憶力UPに繋がります。 この時、 図や絵を描いたり矢印を書いたりとなるべく視覚化・簡略化させるとより効果的です。 また、本棚などでも同様。 どんなものでもフレームを意識した方が情報を整理しやすいんです。 具体的にはノートでは次のようにして使います。 A4,もしくはB5サイズ• 方眼ノート• 見開き2ページを使う• なぜ・要するになどを積極的に使う この条件で書くとこんなノートが出来上がります。 下は均等になるように線を入れます。 線の位置ですが特に均等にならなくても分割さえできればいいので特に気にしないでもいいかもしれません。 その他の方法では、 見開き2ページで左側を板書、右側を気づき、要約とするといった取り方もあります。 これもエリートが使うノートの取り方。 なんだか色々あって迷いそうですが、どの取り方も効率のいいノートですから迷う前にまずはお試しを。 出来る人のノートの中身がぎっしり。 悩みも抱えている人もこれを読めば 「ノートってこうとればいいのか!」とスッキリしますよ。 どの年代にもおすすめできる本です。 科目別の使用例なども具体的に紹介されていますから興味を持った人は実際に読んでみることをおすすめします。 見開き2ページは特にポイント この中では「見開き2ページで使う」というのが特にポイントです。 勉強ノートを横向きで使うと 左の板書 事実 のスペースが少し狭くなるので、スペースが足りなくなるかも・・と心配しながら書き進めていくことになります。 真似るならこのポイントは特に参考にした方がいいですね。 ここまで紹介したことは勉強する時にはかなり効率的なノートの取り方です。 もし周りに「ノートの取り方がわからない…」なんて悩んでいる人がいれば私も迷わず「こんな方法がおすすめだよ〜!」と教えてあげると思います。 ただ、ノートの取り方は人によって合う合わないがどうしてもあるもの・・・。 ここまで読んでみて 「あんまりしっくりこない・・・」なんて感じる人もおそらくいるはずです。 最後に勉強以外でのノートについても少しだけ紹介しておきますね。 【作り方】 均等にマスを作る 重要な箇所やポイントなどを書く 右側には気づきや要約をまとめる 自分も本を読んでポイントなどをまとめてみたのですが、若干ズレた取り方をしてしまったので結果こうなりました。 これでもパッと見わかりやすいんですけどね。 ただ、見比べてみるとやっぱり最初に紹介した方法が良さそうです。 おわりに 大きくわけて2つのノートの取り方を紹介していきましたがどちらも共通するのは ノートを3分割すること。 ぎゅうぎゅう詰めに書くのではなく、 書くスペースを分けたほうがあとで見返した時に役立つノートが出来上がります。 それと、この中では 方眼ノートは積極的に使ってみることをおすすめしますね。 幅に余裕を持って書いていけますから思考も整理されやすく、勉強以外のノートでも応用が利きます。 他にも色々なノートの取り方があるので、正直これがベスト、というものは中々決めづらいですが いろいろ目移りしますし 参考にできそうなものはぜひ実践してみてください。

次の

Cornell Note(コーネル・ノート)のとり方

コーネル ノート

コーネル式ノート術とは アメリカのコーネル大学発祥のノート術です。 3つの領域で情報を整理するのが特徴で、受験大国の韓国でもたくさんの人が使っています。 復習用ノートのイメージが強いですが、使いやすいフォーマットなので、独学で英語を学ぶ人やビジネスで問題解決をしたい人にもオススメです。 使い方例 コーネルノートには3つの領域があり、うまく使い分けることによって思考の整理整頓ができます。 一番広いエリアなので、後で書き込むために空白を作ったり、図を描いたりと自分が使いやすいようにアレンジできます。 授業、会議の内容• 問題集の解答• 困りごとの可視化 キーワード B 疑問点や、解決の糸口になりそうなことを書き出します。 重要なキーワード• 疑問点や後で調べたいこと• 解決のヒント サマリー C 要点や決定事項を簡潔にまとめます。 次の行動へとつながるToDo• 復習時に確認したいこと• 新たな疑問など コーネルノートを使った感想 今回は、年末の悩み 「年賀状ストレスから脱出したい!!」をテーマに掲げてみました。 質問形式で気楽な感じにノートを取り、頭に浮かんだ解決のヒントや気持ちを、忘れないうちに書き留めました。 文字にしてノートに書き出していくと、頭の中でモヤモヤとしていた考えが整理されていくのが分かります。 まとめとして、実際に行動につながるToDoリストを書きました。 やるべきことが明確になったので、サマリーを書き終わった時には、パァ〜っと光が差し込んだような清々しい気持ちになりました。 普通のノートに書き出すよりも、枠がある方がスムーズに思考が深まった気がします。 後で見直してみても、どのように考えて結論に達したのかがよく分かるので、再度悩むことがなくていい感じです。 A5もあればいいのに。 拡大してA4コピー用紙に印刷して使うこともできます。 薄い罫線なので普通の方眼ノートとして使用することもできます。 コーネル式ノート術は、頭の中をスッキリ整理するのに最適!• 自分が使いやすいようにアレンジしてOK!• 日常生活の困りごとや仕事の問題解決、英語の勉強にも使ってみようと思います。 ご訪問ありがとうございます。

次の

Cornell Note(コーネル・ノート)のとり方

コーネル ノート

コーネルノートについておさらい ノート欄(右)には、受講中に講義の内容を書き取る。 短文や単語で、後に自分が必要とするであろうファクトを書き取っていく。 キュー欄(左)は、授業の後に書き込む。 ノートを読み返し、ちょっとした質問事項や記憶の手掛かりとなることを、この縦長の欄に書き入れていく。 ノート欄に書き留めた考えをつなぎ合わせるのに役立つような情報を残そう。 キュー欄を見ればノート欄に書き込んだ重要ファクトが思い出せるように心掛けながらキュー(手掛かり)を作っていく。 サマリー欄(下)も授業の後に使う。 キューを作成しながら、主体となる考えを要約するように、ノート欄にある事項を1行か2行にまとめてページ下欄に書き込む。 後にノートをざっと読み返して情報を探すようなときは、このサマリー欄を使う。 引用元; 単語をあまり利用しない数学などには向きませんが、ビジネスにも使えるだろうこの方式はEvernoteでも使いたい人も多いのでは? 自由に使ってください。 それでは早速Evernoteのノート公開しますので、ぜひ使ってください。 リンクをクリックした後はPCで閲覧中の方は画面右上のEvernoteで表示をクリックし、スマホの方は画面下部のEvernoteに保存をクリックしていただければ利用できるようになります。 使い回すようにノートをショートカット登録し、利用する際は複製してからご利用ください。 また、このコーネル式ノートは、各カラムが伸びるようになっているので、長文を書いた場合でも1枚のノートとして保存できるので安心です。 【おまけ】Evernote版コーネル式ノートを、らしく使う このおまけではデジタルノートの利点を活かした使い方を数個ご紹介します。 Summaryの枠をうまく使え! コーネル式ノートでは復習用に設置されたSummaryの枠をEvernoteの機能を使って活用しましょう。 この枠の部分に、関連するノート 例えば、資料が含まれているノートなど のリンクをこのSummaryに書き記します。 標準装備されているリンク挿入ボタンにノートのリンクを張り、ノートの名前をリンク名にしてしまえば、分かりやすく移動がスムーズになります。 このノートを基幹ノートとして用いる。 枠外に記入する音声データなどをどんどん添付してしまえば たったひとつのノートからすべての情報を得られることが出来ます。 Evernoteは検索は優れていますが、検索せずにノート間を移動するのは使いやすいとはいえません。 ですので、このノートを出発点として利用すればよいでのはないでしょうか。 基幹ノートと基幹ノートをつなげるのもいいですね。 このノートに専用タグ 例えば基幹やfoundation を使えばそのタグだけを見るだけで、簡単に見つかられるようになります。 まるで太い幹のようにまとめ用ノートとしてもコーネル式は使えるのではないでしょうか。 最後に 今回の記事では無地のノートをコーネル式ノートに変更してしまうテンプレートを公開しました。 学生だけでなく、ビジネス、日常生活のにも幅広く用いる事ができるのではないでしょうか。 Evernoteではまだアカウントを持っていない方が1ヶ月間プレミアムプランをお試し出来ます すでにアカウントを作っているのであればそれとは違うアカウントでも可能。 ですがプレミアムユーザーの誰かに招待してもらわないとお試しできないのです Evernote紹介プログラム。 そこで、この記事を読んでくださったお礼にその紹介リンクを公開します。 その際に2つだけ注意してください。• 紹介を受けた友だちが専用の紹介リンクをクリックして、新しい Evenote アカウントを作成。 紹介を受けた友だちが Evernote アプリをインストールして、コンピュータ、スマートフォン、またはタブレットからログイン。 WEBからのログインは対象外です。 お試し期間が付与されないなど当方一切の責任を負いかねます。 何卒ご了承ください。

次の