あじ あ にゅーす チャンネル。 番組表

番組表

あじ あ にゅーす チャンネル

寺全体が公売にかかることは極めて異例。 寺を心のよりどころとしてきた地域住民や檀家(だんか)には不安が広がっている。 関係者によると、国税局に差し押さえられたのは、この寺の墓を含む境内地(2733平方メートル)と本堂、書院・庫裏、物置・車庫、トイレ。 公売の最低価格は3823万円。 26日に開札、6月2日に売却決定の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になっている。 期日は未定だが、開札日までに全額納付すれば公売されない。 関係者によると、国税局が2017年の税務調査で、住職(71)が寺の資金を私的流用しているとし、所得税の源泉徴収漏れを指摘した。 しかし、寺が源泉所得税や重加算税など計約480万円を滞納したため、18年に寺所有の財産を差し押さえたという。 同時に差し押さえられた寺所有の田や駐車場などは、すでに公売が終わり、第三者の手に渡っている。 住職は取材に、「自分は私的流用はしておらず、国税と見解の相違がある。 430年続く寺の差し押さえはおかしい。 税金はそのうち払う」と話した。 警察によりますと、ことし4月末に、岡山県内の輸入業者から中国製とみられるマスク7万枚を会社名義でおよそ300万円で仕入れ、このうち1万6000枚を香川県と岡山県の2人の自営業者に1枚当たり5円程度を上乗せして転売したとして、国民生活安定緊急措置法違反の疑いが持たれています。 警察は認否を明らかにしていません。 新型コロナウイルスの感染拡大で品薄となったマスクを巡っては、ことし3月から法律で転売が禁止されています。 岡山県警察本部は転売の規模の大きさなどからこの法律を適用し、全国で初めて逮捕しました。 これまでの調べで、仕入れた7万枚のマスクのうち残りの5万枚余りもSNSなどで購入者を募って転売したほか、別に仕入れた9万枚のマスクも転売した疑いがあり、合わせて数十万円の差額を得ていたとみられるということです。 警察はさらに調べを進めることにしています。 行政側は宿泊施設を無償提供するなどの支援に乗り出すが、そもそも実態をつかみ切れていない現状も浮かび、関係者は危機感を募らせている。 21日正午、福岡市博多区の美野島公園。 NPO法人「美野島めぐみの家」が週1回開く炊き出しに、約40人の路上生活者(ホームレス)が列を作った。 ネットカフェ難民だという50代男性も並んでいた。 この日のメニューはハムカツやフライドポテトが入った手作り弁当に、菓子パンとバナナ。 男性は「3日間何も食べていない」と、ありがたそうに受け取った。 「これからどうして生きていけば良いのか」 ネットカフェが軒並み休業した今月中旬以降、男性は市内で路上生活を余儀なくされている。 日中はハローワークで仕事を探し、その後は市内の公園を回って時間をつぶす。 入浴は週に1度、ネットカフェで知り合った知人宅で済ませている。 寝床は雨風が防げる高架橋の下や地下鉄入り口の階段。 「体中が痛いし、寒くてよく眠れない」。 疲れた様子だった。 福岡県内出身で、高校卒業後はブライダル会社で正社員として働いていた。 30歳で離婚して妻、娘2人と別れ、市内のレジャー用品販売会社に転職。 1年しか続かず、その後は原発や建設現場の作業員として全国を転々とした。 2012年ごろから市内で派遣の仕事に就き、その頃からネットカフェで寝泊まりする生活を続けてきた。 月に17万円ほどは稼いでいたが、新型コロナの影響で2月以降は仕事が激減した。 この日、所持金はわずか30円。 「これからどうして生きていけば良いのか」と深いため息をついた。 でも私にどうしろというのか」と発言した。 新型ウイルスを「ちょっとした風邪」と軽視するボルソナロ氏だが、死者への配慮に欠ける態度はさらなる批判を呼びそうだ。 ボルソナロ氏は首都ブラジリアの公邸前で、記者団から死者数が中国を上回ったことを指摘され、「私の名(ミドルネーム)はメシアス(救世主)だが、奇跡は起こせない」と返答。 「悲しい状況だ。 多くは高齢者だが、愛する者を失った家族に同情する。 でもこれが人生、あすはわが身だ」と続けた。 高齢者は隔離し、労働者は職場に戻るべきだというのが、雇用を重視するボルソナロ氏の持論。 同氏は、各州政府が独自に実施している経済規制を攻撃しており、16日には規制に同調する保健相を解任して批判を浴びた。 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、その影響は雇用や賃金にも及び始めている。 「年収2割減時代」の足音が確実に忍び寄る中、日本経済はV字回復の軌道を本当に描くことができるのだろうか。 この数年、企業も個人も期待を寄せた「所得増加大作戦」。 その計画が綻び始めている現状を追った。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月末から臨時休園が続く東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)。 JR京葉線舞浜駅周辺は、開通以来初の閑古鳥が鳴き、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの76のアトラクション、86の商品施設、91の飲食店はすべて封鎖状態にある。 そこに勤める非正規労働者約2万人の休業補償額を引き上げるというものだ。 労働基準法26条では、会社都合の休業の場合、残業代や通勤手当も含めた直近3カ月分の平均賃金の少なくとも60%を支払うことが企業に義務付けられている。 これに対し、組合側は「営業再開の見通しが立たない中、法定最低基準の6割ではとても生活できない」として3月、補償の増額をオリエンタルランドに要望していた。 関係者によると、今回の会社側の提案は「3~5月分の給与補償額について、6割から積み増して、約8割に相当する額を支給する」というもので、一定の範囲ながら組合側の要求を会社側が受け入れた。 本家の米ディズニーが約10万人のスタッフへの給与を突如ストップさせるなどの状況に陥っていることに比べれば、はるかに恵まれた条件と言える。

次の

ドライトのゲーム実況ちゃんねるン.

あじ あ にゅーす チャンネル

, Ltd All Rights Reserved Licensed by KBS Media Ltd. Inc. , and YG Entertainment Inc. , Ltd. All Rights Reserved. Licensed by KBS Media Ltd. , Ltd. ,Ltd. ,Ltd. all rights reserved. (C 2013 KBS. All rights reserved.

次の

あじあにゅーす2ちゃんねる|ワロタあんてな

あじ あ にゅーす チャンネル

寺全体が公売にかかることは極めて異例。 寺を心のよりどころとしてきた地域住民や檀家(だんか)には不安が広がっている。 関係者によると、国税局に差し押さえられたのは、この寺の墓を含む境内地(2733平方メートル)と本堂、書院・庫裏、物置・車庫、トイレ。 公売の最低価格は3823万円。 26日に開札、6月2日に売却決定の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になっている。 期日は未定だが、開札日までに全額納付すれば公売されない。 関係者によると、国税局が2017年の税務調査で、住職(71)が寺の資金を私的流用しているとし、所得税の源泉徴収漏れを指摘した。 しかし、寺が源泉所得税や重加算税など計約480万円を滞納したため、18年に寺所有の財産を差し押さえたという。 同時に差し押さえられた寺所有の田や駐車場などは、すでに公売が終わり、第三者の手に渡っている。 住職は取材に、「自分は私的流用はしておらず、国税と見解の相違がある。 430年続く寺の差し押さえはおかしい。 税金はそのうち払う」と話した。 警察によりますと、ことし4月末に、岡山県内の輸入業者から中国製とみられるマスク7万枚を会社名義でおよそ300万円で仕入れ、このうち1万6000枚を香川県と岡山県の2人の自営業者に1枚当たり5円程度を上乗せして転売したとして、国民生活安定緊急措置法違反の疑いが持たれています。 警察は認否を明らかにしていません。 新型コロナウイルスの感染拡大で品薄となったマスクを巡っては、ことし3月から法律で転売が禁止されています。 岡山県警察本部は転売の規模の大きさなどからこの法律を適用し、全国で初めて逮捕しました。 これまでの調べで、仕入れた7万枚のマスクのうち残りの5万枚余りもSNSなどで購入者を募って転売したほか、別に仕入れた9万枚のマスクも転売した疑いがあり、合わせて数十万円の差額を得ていたとみられるということです。 警察はさらに調べを進めることにしています。 行政側は宿泊施設を無償提供するなどの支援に乗り出すが、そもそも実態をつかみ切れていない現状も浮かび、関係者は危機感を募らせている。 21日正午、福岡市博多区の美野島公園。 NPO法人「美野島めぐみの家」が週1回開く炊き出しに、約40人の路上生活者(ホームレス)が列を作った。 ネットカフェ難民だという50代男性も並んでいた。 この日のメニューはハムカツやフライドポテトが入った手作り弁当に、菓子パンとバナナ。 男性は「3日間何も食べていない」と、ありがたそうに受け取った。 「これからどうして生きていけば良いのか」 ネットカフェが軒並み休業した今月中旬以降、男性は市内で路上生活を余儀なくされている。 日中はハローワークで仕事を探し、その後は市内の公園を回って時間をつぶす。 入浴は週に1度、ネットカフェで知り合った知人宅で済ませている。 寝床は雨風が防げる高架橋の下や地下鉄入り口の階段。 「体中が痛いし、寒くてよく眠れない」。 疲れた様子だった。 福岡県内出身で、高校卒業後はブライダル会社で正社員として働いていた。 30歳で離婚して妻、娘2人と別れ、市内のレジャー用品販売会社に転職。 1年しか続かず、その後は原発や建設現場の作業員として全国を転々とした。 2012年ごろから市内で派遣の仕事に就き、その頃からネットカフェで寝泊まりする生活を続けてきた。 月に17万円ほどは稼いでいたが、新型コロナの影響で2月以降は仕事が激減した。 この日、所持金はわずか30円。 「これからどうして生きていけば良いのか」と深いため息をついた。 でも私にどうしろというのか」と発言した。 新型ウイルスを「ちょっとした風邪」と軽視するボルソナロ氏だが、死者への配慮に欠ける態度はさらなる批判を呼びそうだ。 ボルソナロ氏は首都ブラジリアの公邸前で、記者団から死者数が中国を上回ったことを指摘され、「私の名(ミドルネーム)はメシアス(救世主)だが、奇跡は起こせない」と返答。 「悲しい状況だ。 多くは高齢者だが、愛する者を失った家族に同情する。 でもこれが人生、あすはわが身だ」と続けた。 高齢者は隔離し、労働者は職場に戻るべきだというのが、雇用を重視するボルソナロ氏の持論。 同氏は、各州政府が独自に実施している経済規制を攻撃しており、16日には規制に同調する保健相を解任して批判を浴びた。 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、その影響は雇用や賃金にも及び始めている。 「年収2割減時代」の足音が確実に忍び寄る中、日本経済はV字回復の軌道を本当に描くことができるのだろうか。 この数年、企業も個人も期待を寄せた「所得増加大作戦」。 その計画が綻び始めている現状を追った。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月末から臨時休園が続く東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)。 JR京葉線舞浜駅周辺は、開通以来初の閑古鳥が鳴き、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの76のアトラクション、86の商品施設、91の飲食店はすべて封鎖状態にある。 そこに勤める非正規労働者約2万人の休業補償額を引き上げるというものだ。 労働基準法26条では、会社都合の休業の場合、残業代や通勤手当も含めた直近3カ月分の平均賃金の少なくとも60%を支払うことが企業に義務付けられている。 これに対し、組合側は「営業再開の見通しが立たない中、法定最低基準の6割ではとても生活できない」として3月、補償の増額をオリエンタルランドに要望していた。 関係者によると、今回の会社側の提案は「3~5月分の給与補償額について、6割から積み増して、約8割に相当する額を支給する」というもので、一定の範囲ながら組合側の要求を会社側が受け入れた。 本家の米ディズニーが約10万人のスタッフへの給与を突如ストップさせるなどの状況に陥っていることに比べれば、はるかに恵まれた条件と言える。

次の