縛りなしwifi 遅い。 縛りなしWiFiの評判悪い?遅い口コミはあるか速度とエリアを調査|WiMAXの最安値を比較!

【縛りなしWiFi】通信速度を測ってみた【回線は速い?遅い?】

縛りなしwifi 遅い

時間的に速度の落ちやすいのもあるせいか、8. とはいえ、速度制限ではありません。 普通に使うぶんには全く問題のない速度。 23:54 結局、速度制限はならず… 日付が変わる前に測定してみるものの、11. 時間帯による影響はあったようですが、上りも含めて問題のない速度を維持する結果となりました。 「縛りなしWiFi」SoftBank回線の通信制限テストまとめ 今回のテストでは3GBを超えても制限はかからなかった、という結果となりました。 なので、この結果はあくまで参考程度に捕らえてくださいね。 本ブログでは縛りなしWiFiの詳細を紹介しています。 そちらもあわせてご覧ください。 関連記事.

次の

縛りなしWiFiの口コミ・評判まとめ。デメリット・速度制限・料金プランから対応エリア・申し込み・解約方法まで感想レビュー

縛りなしwifi 遅い

Contents• 縛りなしWiFiの通信速度 縛りなしWiFiの通信速度をまずは確認しましょう。 モバイルWiFiルーターのため、光回線よりは通信速度は遅いです。 しかし、縛りなしWiFiはモバイルWiFiルーターの中でも速度が速いため、通常利用で困ることはありません。 縛りなしWiFiの通信速度の比較は下記になります。 縛りなしWiFiの通信速度は、『下り最大187〜612Mbps』になります。 端末の502HWは、通信速度が1番遅いものになります。 端末が選べないのは、縛りなしWiFiの最大のデメリットになります。 ただ下り最大187Mbpsの速度があれば、YouTubeなどの動画の読み込みが遅いという心配もありません。 速度だけを見ると、縛りなしWiFiを普段使いするには特に困りません。 通信速度は、あくまで目安になりますのでお住いの地域や環境によって変わってくるので注意してください。 通信速度のチェックは下記でおこなうことができます。 通信速度が遅いときは速度制限をチェック! 縛りなしWiFiの通信速度が遅いと感じるときは、まず「速度制限」を確認するようにしましょう。 縛りなしWiFiは月間の速度制限はありません、しかし、1日単位での速度制限があるので注意しましょう。 縛りなしWiFiは、1日2GB以上の通信を超えた場合はその日に限り速度制限に達してしまう仕様となります。 1日だけなので、特に困ることはありませんがインターネットをたくさん利用する方は1日の速度制限にかかる可能性もあります。 2GBのデータ通信量となると、YouTubeの5分の動画を3000回は再生できるデータ量です。 よっぽどインターネットを利用する方でない限り、1日2GBは超えないのではないかと思います。 仕事などで大容量のデータを扱う方は、縛りなしWiFiでは速度制限にかかる可能性があるので他の商品を検討することも1つの手段です。 縛りなしWiFiの通信が遅いと感じたら、速度制限を確認してください。 速度が遅いときの対処方法 縛りなしWiFiは、モバイルWiFiルーターでごく稀に調子が悪くなり通信速度が遅くなる場合がございます。 速度が遅いと感じたときは、今回紹介する対処方法をお試しください。 通信速度が遅いときの対処方法は下記になります。 モバイルWiFiルーターの再起動• 速度制限の有無• 支払いの状況• 機器の故障 通信速度が遅いときは上記の4つをチェックしましょう。 モバイルWiFiルーターの再起動 速度が遅いと感じたときは、まず端末の再起動をおこなうようにしましょう。 再起動をおこなえば、端末の通信状況やキャッシュもリセットされるため、クリアな接続ができるようになります。 大抵の速度が遅い状況は、端末の再起動で問題解決することができます。 調子がおかしいと思ったらすぐに再起動するようにしましょう。 速度制限の有無 通信速度が遅いと思ったら、通信制限の有無を確認するようにしましょう。 縛りなしWiFiでは1日2GB以上の利用をすると通信制限になり、速度が遅くなります。 夜の時間に遅くなった場合は、通信制限にかかっていないか確認するようにしましょう。 もしインターネットをよく利用して1日2GB以上使う方は、縛りなしWiFiではなく一切通信制限がないWiFiを選ぶようにしましょう。 支払いの状況 縛りなしWiFiの通信速度が遅い場合は、支払い状況の確認をするようにしましょう。 支払いに遅延があったり延滞があれば、WiFiの利用は停止されてインターネットに接続できなくなります。 もし縛りなしWiFiが利用できかったり、通信が止まっていれば支払い状況を確認するようにしましょう。 機器の故障 上記のことを確認しても、縛りなしWiFiの通信速度が遅いときは「機器の故障」を疑うようにしましょう。 機器の故障で通信速度が遅くなっている可能性がございます。 ただし、縛りなしWiFiの縛りなしプランでは、機器の故障の場合は「39,800円」の金額を請求されます。 違約金よりも高い金額になってしまうため、故障には十分に注意しましょう。 故障が不安な方は、「縛っちゃうプラン」の場合は故障代金が請求されないので安心して利用することができます。 通信速度が遅いときの対処方法 通信速度が遅いときは、下記のことをチェックすれば解決することができます。

次の

縛りなしWiFiが遅い!?速度が遅いときのチェック方法を解説

縛りなしwifi 遅い

縛りなしWiFiの主な特徴• 契約期間の縛りがない• 月間の速度制限なし• 名前の通り、縛りなしWiFiは契約期間の縛りがありません。 例えば他のレンタルwifiで人気の・・などは2年契約しかできませんが、 いつでも違約金なしで解約の申請okなわけですね。 キライな言葉が「2年縛り・3年縛り」である僕にとっては最高にうれしい響きです(笑) そして月間の速度制限・データ通信量制限もありません。 縛りなしWiFiの初期費用は事務手数料1,000円 税抜 で、あとは毎月のお支払いは 契約した後に値上がりなしで月額3,300円 (税抜)だけです。 月額料金については他の人気レンタルwifiの(月額3,680円)や・(月額3,480円)よりお安くなっていますね。 新登場のの月額3,355円 通常プラン にもちょびっと勝ってます。 ず〜っと月額3,300円で気軽に使えるポケットWiFiレンタルなんですよ。 縛りなしWiFiの7つのプラン【縛りなし】• 無制限プラン (無制限)・・・月額3,480円• 3年縛りという制約がある代わりには縛りなしプランより安いですね。 無制限・月額3,480円という点では同じく縛りのあるポケットwifiのライバル「」とまったく同じ値段です。 (ただし、どんなときもwifiは2年契約) どちらのプランも支払い方法はクレジットカードのみで、タイミングは「毎月の月末に当月の料金を決済」となっていますよ。 選べる端末や費用の計算など「縛っちゃうプラン」については別ページに詳しくまとめているので、そちらも参考にしてみてください。 縛りなしWiFiが使えるエリア• つまり、ソフトバンクの電波が届くエリアならokなので日本全国ほぼ大丈夫ですね。 それに対してWiMAXは都市圏に強い回線なので 「田舎」「地下」「建物の奥の方」などでは使えない可能性もありです。 プランごとに以下のように決まっていますよ。 縛りなしWiFiの解約申請のタイミング解約申請したタイミングの翌月末で契約終了 例えば2月14日に解約申請したら、いつ解約になるかわかりますか? そう。 「3月いっぱい」で解約ですね! 縛りなしWiFiは 解約申請の当月で解約ではないので気をつけてくださいね。 解約の場合は「縛りなしプラン」はいつでも無料ですが「縛っちゃうプラン」は契約解除料・端末代の残金が発生しますよ。 (契約更新月を除く) 連絡は お問い合わせフォームからのみです。 電話は不可なので、必ずお問い合わせフォームから解約申請しましょう。 (電話で問い合わせるときは 0120-541-226 まで) \解約0円・ずっと月額3,300円!/ 縛りなしWiFiの3つのメリット• 契約期間の縛りなし• 初月は日割りok• 解約費用ゼロ 縛りなしWiFiはその名前の通り 契約期間の縛りがありません。 (縛りなしプランの場合) レンタルwifi業者の中には「2年縛り」「3年縛り」「その後も自動更新」なところも少なくないですが、縛りなしWiFiはそういったものが一切なしです。 しかも 初月は日割り計算でokなので、ほんとうに気軽に始められます。 もちろん「縛っちゃうプラン」は途中解約だと違約金 (契約解除料)・端末の残金が発生しますが、「縛りなしプラン」はほんとうに解約の費用がかかりません。 いつでも解約できるという開放感・・・僕はめちゃくちゃ好きです(笑) あと、「料金プランがシンプル」や「サイトが見やすい・使いやすい」というのも地味にイイなと感じていますよ。 縛りなしWiFiの2つのデメリット では、反対にデメリットはどうでしょうか? それほど気になるデメリットはないですが、あえて言えば以下の2つかなと思います。 縛りなしWiFiの2つのデメリット• 最低利用期間は実質2ヶ月くらい• ハイスピードプラスエリアモードが有料 縛りなしWiFiはいつでも解約の申請はできますが、契約終了のタイミングは「解約申請の翌月末」です。 つまり 1ヶ月(当月)だけという利用はできず実質は最低2ヶ月くらい(当月+翌月)の契約となりますよ。 あと、ちょっとマニアックですがWiFi端末のハイスピードプラスエリアモードでの利用は追加料金1,005円 (税抜)が発生します。 これは無料で使えるレンタルwifi業者さんも多いので、まぁデメリットと言えるかなと。 他には細かいデメリットとしては「ACアダプターは付いてこない (=自分で用意)」「最新機種を揃えているわけではない」なども挙げておきますね。 \解約0円・ずっと月額3,300円!/.

次の