食べる 生姜 レシピ。 「生姜」のオススメの使い方を教えて!【旬の食材を使った簡単レシピ】

生姜で心も体もポッカポカ!子どもが嫌がらずに食べる生姜レシピ

食べる 生姜 レシピ

生姜を収穫すると。。。 こんな感じで掘り起こす事ができます。 白い房の下についている茶色い生姜 これが半年前に植えた「種生姜」なのですが、 「種生姜」=「親生姜」なんです。 「親生姜」って食べれる?美味しい? 種生姜は通常の生姜と同じなので、味は想像できると思いますが、 「親生姜」はといいますと 普通の生姜よりも、ちょっとだけ辛味が増しているような気もします。 切ってみるとこんな感じ。 普通の生姜と同じです。 辛味が増す理由としては、おそらく貯蔵期間が通常よりも長いからだと思われます。 「親生姜」は買うことができるの? 収穫後の生姜の約1割が「親生姜」になると思うのですが 親生姜がスーパーに並ぶことはほとんどなく、 おそらく加工品に回されているのではないかと思います。 また、「親生姜を次の年の種にする」なんて話を聞いたこともないので 生姜を育てた事のある人以外「親生姜」を目にする事はあまりないでしょう そういった意味では。 とても希少価値の高い生姜なのかもしれませんね。 ジャガイモは種芋が縮むよね そうなんです。 その他の種芋の多くは縮むのに、 生姜の種芋はそのまま原型を留めて収穫できるんです。 だから、生姜は「親孝行」って言われています。 親の養分を吸い上げることなく、子供が育つって意味ですね。 だから、母の日、父の日なんかのプレゼントにぴったりなんです。 1年物が親生姜 でも、生姜ってそう考えると不思議ですよね。 だって、親の養分を吸い尽くすことなく、どうやって大きくなってるんでしょう。 さらに言うと、一般的な家庭では生姜の保存が難しいと言われていますが 親生姜は地表に一旦出てきて1年後にまた収穫されるわけですから 1年ものの生姜ということになりますよね。 日本では自生しているしょうがも発見されていないことから、 まだまだ謎が多い植物なんです。 親生姜のまとめ 不思議な生態系故に、まだまだ謎の多い生姜。 更に、エリアや人によって、呼び名の統一がされていないものだから 「親生姜」と言わずに、そのまま「種生姜」といったりもします。 新生姜と普通の根生姜の定義も人によってまちまちなので 「親生姜」的なものがあるんだというくらいの認識が一番いいと思います。

次の

夏こそ生姜の出番。サクサク「食べるしょうが」の常備菜

食べる 生姜 レシピ

新生姜で佃煮を作ろう 新生姜のレシピは数ありますが、メジャーなところで「梅酢漬け」「甘酢漬け」ではないでしょうか。 本日ご紹介するのは、「新生姜の佃煮」です。 いろんな作り方がありますが、 本日は、分量を覚えやすいように一律にしてみました。 材料を統一してみました 新生姜・・・・400g 酒・・・・・・100g みりん・・・・100g 醤油・・・・・100g 砂糖・・・・・100g 水・・・・・・100g 鰹節・・・・50g ゴマ・・・・少々 作り方も簡単です 1、新生姜を綺麗に洗い、千切りにして、お湯で茹でます。 生姜を切っていく際には、筋に垂直に切ると切りやすいです。 垂直に切っていった生姜を重ねて、千切りにしていきます。 400gだとこんな感じで、結構あります。 それを沸騰したお湯にいれて3分ほど茹でます。 2、鰹節、ゴマ以外の調味料と生姜を一緒にいれます。 そして強火で茹でていきます。 茹でていくと、汁っ気がどんどん減っていきます。 なくなってきたら、鰹節とゴマを投入します。 鰹節の量でも結構味がかわるのでお試しください。 お皿に盛りつけたら出来上がりです。 作り方のポイント インターネット上にレシピはたくさんあると思いますが、 主に調味料が違うんだと思います。 水を入れなかったり、砂糖がとても多かったりとしますが 今回は、調味料をわかりやすいように一律100gにしました。 お好みで、砂糖の量を増やせばお子様でも食べることのできる 食べやすいものになると思います。 また、生姜も千切りにするものと輪切りにするパターンがありますが ご飯のお供だったり、お酒のつまみにするのであれば 千切りがオススメです。 味がしみ込みやすいので、食べやすい味になります。 新生姜の他にも、人参や椎茸、佃煮に使われるような材料をいれるのも オススメです。 一律100gの基本レシピができれば、 ここから分量や入れるものをアレンジしてみてはどうでしょう? 保存はどれくらい? 「保存はどれくらいですか」などと聞かれることがありますが、 砂糖を多めにすると、保存期間は長くなると思います。 食べきれない分は冷凍すれば1年近く使えるのではないでしょうか? 食べ方 食べ方は白いご飯のお供として、食べても良し、 お父さんのお酒のおつまみとして差し出すと きっと喜んでくれると思います。 冷凍したら、凍ったままを摩り下ろしき機で刷れば ふりかけとしても活躍します。 まとめ 新生姜の佃煮はネットで調べるといろんな作り方があるので きっとどんな風に作るのが一番なのかわからないと思います。 この時期しか作れないので、作ったとしても年に一度か二度なので 前作った分量なんて覚えてませんよね。 そこで、全部の分量を100gにしたらどうなるのかな? なんて興味が湧いて作ってみたのですが、結構美味しくできました。 というか、今まで作った佃煮の中で一番美味しく出来たかもしれません。 初回はこの作りかたで、その後もっとこうしたいと思ったら 分量や材料を変えるのもオススメです。 また、調味料に関しては作っていくうちに味見して 分量を変更してもOK 案外簡単なので、是非挑戦してみてください。 新生姜のレシピ GINGER FACTORYでは8月〜10月に新生姜を販売しております。 新生姜といえば「甘酢漬け」「梅酢漬け」「味噌漬け」などがありますが サラダにしたり、マリネにしたりしても十分楽しめます。 季節限定の料理ですので、夏から秋にかけての新生姜をお見逃しなく。

次の

葉生姜(谷中生姜)の食べ方とは?葉っぱも食べれる?簡単レシピ4選!

食べる 生姜 レシピ

こんにちは。 料理研究家の河瀬璃菜です。 生姜というと、すりおろして料理に使うなど、あまり固形で食べるイメージはありませんよね。 しかし!千切りにした生姜はさわやかでとっても美味しいんですよ。 今回は大量の生姜を使って 「食べる生姜」を作り、いろいろなアレンジレシピを紹介します。 そのままでも美味しくいただけて、とにかく万能なんです! 作り方も特に難しいことはありません。 切ったら材料全部入れて煮詰めるだけ! 生姜のさわやかな辛さ、ぜひ味わってみてくださいね。 旨味たっぷりの「食べる生姜」 材料(作りやすい量)• 生姜・・・・150g• 干し椎茸(乾燥した状態)・・・・10g• 鰹節・・・・5g• さきいか・・・30g• 白いりごま・・・適量• ごま油・・・・適量 【A】• 干し椎茸の戻し汁・・・300cc• 醤油・・・大さじ3• みりん・・・大さじ5• 酒・・・大さじ3 作り方 1. 生姜は千切りにする。 干し椎茸は一晩水につけて戻し、細切りにする。 ごま油、白いりごま以外の材料を全て小鍋に入れ、水分が飛ぶまで煮詰めたら、ごま油を回しかけ、白いりごまをふる。 様々な旨味がたっぷりと染み込んだ生姜、美味しくないわけがない! もちろんご飯にそのままのせても美味しいですし、炒飯やの具材にもピッタリですよ! 買うとどうしても余りがちな生姜の大量消費にもいいですね。 「食べる生姜」の豆腐丼 材料(1人分)• ご飯・・・1膳• 青ネギ・・・適量• 食べる生姜・・・たっぷり• めんつゆ(2倍希釈)・・・・大さじ1• 絹ごし豆腐・・・・150g 作り方• 青ネギは小口切りにする。 絹ごし豆腐はキッチンペーパーに包み、600wの電子レンジで1~2分加熱し、しっかりと水気を切る。 ご飯の上に、崩した豆腐、食べる生姜、青ネギをのせ、めんつゆを回しかける。 食べる生姜と豆腐をご飯の上にのせるだけのシンプルな一品!これが美味しいんです。 食欲のないときでも、さらっと食べられますよ。 「食べる生姜」とツナの混ぜそうめん 材料(1人分)• そうめん・・・1束• 大葉・・・適量• ツナ缶・・・1缶• めんつゆ(2倍希釈)・・・大さじ1• 食べる生姜・・・たっぷり 作り方• 大葉は千切りにする。 トマトは角切りにする。 ツナ缶は油をきる。 そうめんは袋記載通りに茹でたら、氷水でしめて、水気を切る。 器に、そうめんを盛り付け、大葉、ツナ、トマト、食べる生姜をのせたら、めんつゆを回しかける。 これは暑い時期にぴったりなレシピですね。 いつものそうめんも、食べる生姜をのせれば、ヤミツキそうめんに大変身!よーく混ぜて召し上がれ! レンジで完成!「食べる生姜」たっぷりの蒸ししゃぶ野菜巻き 材料(1人分)• 豚ロース薄切り肉・・・200g• 豆苗・・・適量• もやし・・・適量• 食べる生姜・・・たっぷり• 塩コショウ・・・少々• 酒・・・少々 作り方• 豚ロース薄切り肉は塩コショウで下味をつける。 豆苗は根を切り、もやしと同じくらいの長さに切りそろえる。 豚ロース薄切り肉に、もやしと豆苗を巻いたら、耐熱皿に並べ、600wの電子レンジで3~4分加熱する。 に食べる生姜をたっぷりとかける。 普段は、ポン酢やゴマだれをかけがちな蒸ししゃぶも、食べる生姜をたっぷりかけると、満足度がグッと上がります!巻くのが面倒な方は、巻かずに重ねてレンジにかけてもOKです! 何かと便利な食べる生姜。 今回紹介したアレンジ以外にもいろいろ試してみてくださいね! 著者プロフィール 河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター) 1988年5月8日生まれ。 県出身。 レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、など食に纏わる様々なお仕事をしています。 時短、ズボラ、ねと飯系が得意。 料理ができない人でも作ってみたくなるアイデアレシピを提案します。 著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎり」 など Blog: Twitter:.

次の