家族三人 食費。 月の食費2万円にする方法10選!3人家族の場合や一週間節約献立レシピも

夫婦、子供3人の5人家族です。食費が月6万から8万かかって...

家族三人 食費

3人家族の生活費はいくらかかる? 夫婦2人と子供1人の3人家族では、生活費はいくらかかるのでしょうか?3人家族の平均的な収入と生活費について解説します。 平均世帯月収はおよそ44万円前後 3人家族の平均月収は44万円前後です。 この月収は世帯全体で得られる合計額を示しています。 サラリーマンのお父さん・パートに出ているお母さん・子供、という一般的な家族構成でのケースです。 44万円が平均というと、現実とかけ離れているように感じるかもしれません。 しかし、これはボーナスも含めた平均月収です。 そのため、実際の月収より10万円ほど高めになっています。 また、子供が小さい家庭の場合には、母親が専業主婦というケースも多いものです。 そのため、その時期には、44万円よりも少ない月収になっていることも珍しくありません。 生活費の平均はおよそ27万円前後 3人家族の平均的な生活費は、27万円前後です。 この平均は、全ての年代の平均ですので、20代や30代の人にとっては、高過ぎると感じるかもしれません。 年代別の平均的な生活費は下記の通りです。 20代:20万円• 30代:22. 5万円• 40代:26. 25万円• 50代:30. 55万円• 60代:29. 7万円• 70代:26. 45万円• 80代:25万円 3人家族が平均的な生活費で暮らすためには、年間で324万円の予算があれば可能です。 ただし、20代や30代と同じように、全体の平均よりも低い生活費で暮らしている場合には、300万円以下の予算でも暮らすことができます。 3人家族の家計の平均的な内訳 3人家族の平均的な生活費は27万円です。 では、平均的な家計では、この27万円を何にどのくらい使っているのでしょうか。 住居費の平均は6万~10万円 3人家族の住居費は6~10万円が平均です。 ただし、この金額は、賃貸か持ち家かで大きく違ってきます。 夫婦2人で暮らしているときと同じ賃貸物件で暮らす場合の住居費は、6万円ほどに抑えることが可能です。 一方、子供ができたタイミングで、広い賃貸物件に引っ越したり、持ち家を購入したりすると、住居費は10万円ほどにふくれあがります。 一気に支出が増えてしまうのです。 しかし、子供が小さいうちは、ひとり部屋が必要というわけではありません。 そのため、子供ができたからと、急いで住居費が高い大きな家に引っ越す必要はないのです。 そのときどきに必要な広さの家に住むことで、住居費の節約につながります。 住居費以外の費用は20万円前後 住居費以外の費用として、平均では20万円前後の生活費が使われています。 内訳は下記の通りです。 食費:5万円• 電気代:1万円• ガス代:4000円• 水道代:3000円• スマホ代:1万4000円• プロバイダー:5000円• 交通費:2万5000円• 生活雑貨:5000円• 教育費:1万円• お小遣い:2万2000円 平均と比較して、飛びぬけて高くなっている項目はあるでしょうか。 そうした項目がある場合には、重点的に見直してみると家計改善につながります。 3人家族の食費の平均は? 生活費の中でも、特に大きな割合を占めるのが食費です。 3人家族の食費の平均はどのくらいなのでしょうか。 3人家族の食費の平均はおよそ5万円 3人家族の食費は平均でおよそ5万円です。 食費5万円で1カ月過ごす場合、1日に1600円ほど、1食は530円ほどになります。 ただしこの平均は、住む地域や年代を限定していません。 そのため、実際にはここまで食費にかけられていないという家庭もあるでしょう。 また、食費は子供の年齢によっても大きく変わります。 同じ3人家族でも、子供が1歳と15歳では必要な食事量に違いがあるので、当然食費にかかる金額も違ってくるのです。 特に小学校の高学年から中高生の時期は、食費が高くなる傾向があります。 また、食費の目安として、収入の20%前後が理想と考えられています。 この数字を参考に、最適な食費がいくらか計算するといいでしょう。 家計の中で食費が一番節約しやすい 食費は、節約がしやすいという特徴があります。 メニューや調理法・買い物の仕方を工夫すれば、おいしくて栄養豊富な料理を安く作れるのです。 食費は収入の20%が目安です。 収入が200万円の場合、1年間に使える食費は40万円になります。 これを12カ月で割ると、1カ月分の食費はおよそ3万円です。 1食分は330円ほどですが、工夫次第で実現可能な金額といえます。 3人家族の食費の節約方法 3人家族の食費を節約する方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。 まず大切なのは、食費の現状を把握することです。 その上で、これから紹介する節約方法を実践してみましょう。 1週間で使う金額を決める 食費の節約方法としてまず挙げられるのが、食費を1週間分ずつに分けることです。 そして、1週間の食事の用意は、予算内に収まるようにします。 例えば、1カ月の食費を4万円に設定するとします。 そこから1カ月分の米代(4000円)と外食費(1万円)を引くと、2万6000円です。 この2万6000円を4週で割ると6500円となります。 つまり、食費4万円の場合、1週間の食費は6500円になるのです。 定められた期間を決められた予算で過ごすのは、ルールがとても明確で、まるでゲームのようです。 必死に切り詰めるというイメージではなく、ゲームのように楽しみながら取り組むと節約がはかどります。 買い物に行く回数を減らす 買い物に行く回数を決めて、予算内で買い物をすることも、節約には大切です。 週に1回、予算は5000円と決めて、計画的に買い物をします。 必要なものだけをまとめ買いすれば、無駄な出費をなくし、節約することが可能です。 週に1度まとめ買いをする場合、ネットスーパーを利用するのも便利でおすすめです。 ネットスーパーは特売品もそのままの価格で購入できますし、まとめ買いをすると送料無料になります。 おやつを手作りする 食費の節約にはおやつの手作りもおすすめです。 簡単に安く作れるおやつは、できるだけ手作りして節約に活かしましょう。 節約おやつのアイディアを紹介します。 ポテトチップスは、じゃがいも1個をスライサーでカットし、水にさらしてから油であげるだけです。 簡単で安く、できたてのおいしさを味わえます。 プリンは、卵・牛乳・砂糖の3つがあればできるので、節約おやつに最適でしょう。 また、ホットケーキミックスはアレンジが利くので便利です。 ホットケーキはもちろん、パウンドケーキ・ドーナツ・クッキー・マフィンなど、色々なおやつが作れます。 手作りおやつは簡単に作れるものが多くあります。 難しく考えず、できる範囲で作ってみましょう。 小さなおにぎりを作ったり、さつまいもをふかしたりするだけでも、おいしいおやつになります。 3人家族の理想の家計 ここまで3人家族の平均的な収入や支出についてみてきました。 ここでは、3人家族の理想の家計について解説します。 食費は収入の14%に抑えるのが理想 理想的な家計では、食費は収入の14%までにします。 例えば、手取り収入が25万円の場合には、食費は3万5000円までです。 3万5000円から米代(4000円)と外食費(1万円)を引き、4週間分で割ります。 すると、1週間分の食費は5250円です。 この金額を上限にやりくりするのが、理想といえます。 例えば、3人家族で手取り収入が25万円の場合には、通信費、スマホ代は1万7500円までです。 この金額を上限にやりくりするのが、理想といえます。 理想は収入の20%を貯蓄にまわせる家計 理想的な家計では、貯蓄も計画的に行います。 ベストは、収入の20%を貯蓄にまわすことです。 そのため、手取り収入が25万円なら、5万円の貯蓄が理想といえます。 理想通りの貯蓄ができない場合でも、少なくとも、収入の10~15%は毎月貯蓄していきましょう。 手取り収入25万円の場合には、2万5000~3万7500円です。 貯蓄は少しずつでも計画的に行うことが大切です。 収入があったら、先に貯蓄分を取り分けて、残った分でやりくりする習慣を身につけましょう。 まとめ 3人家族の平均的な収入と生活費について解説しました。 特に、食費や住居費は、収入に占める割合が高く、節約によって理想的な家計に近づけることができます。 家計の現状について理解して、理想的な内訳で家計を運営できるようにしましょう。

次の

3人家族の食費平均は5万円!3万円まで節約できるやりくり術!

家族三人 食費

世帯別の平均食費を徹底的にまとめました! 1人暮らし、夫婦で2人暮らし、あるいは5人暮らしの大世帯・・・。 それぞれの世帯によって、平均食費は大きく変わるものです。 平均食費に合わせて節約しないと、すぐに挫折してしまうかも?まずは総務省のデータを基にそれぞれの平均食費を解説した上で、 独自の計算方法で判明した平均食費をお伝えします。 総務省データに基づく世帯別平均食費を大公開 2018年における総務省データから、食費に関する項目を表にまとめました。 食費を占める外食の金額と割合も要チェックです。 参考:「」• 2人以上の世帯:単身世帯を除いた世帯の平均値• 外食から自炊に切り替えると平均食費はどうなる? 単身世帯・2人以上の世帯・総世帯が外食から自炊に切り替えると、具体的にどのくらいの平均食費になるのでしょうか?まずは 外食抜きの食費をチェックしましょう。 世帯 外食抜きの食費 単身世帯 31,754円 2人以上(平均2. 98人) 65,050円 総世帯(平均2. 33人) 54,106円 外食しない分、自炊のための食材費が必要ですよね。 世帯 自炊した場合の食費 自炊費用 単身世帯 30,504円 4,104円 2人以上(平均2. 98人) 65,758円 4,766円 総世帯(平均2. 35人) 55,108円 4,548円 自炊に挑戦する場合は、この値を目標にすると良いでしょう。 2人世帯~5人世帯の平均食費はどうなる? 総務省のデータでは、世帯数が 「2人以上の世帯」「総世帯」とざっくりまとめられています。 そのため、2人暮らし~5人暮らしの平均食費を具体的に知ることができません。 そこで、独自の計算方法で「 3人世帯・4人世帯・5人世帯の平均食費」を調べてみました。 まず、2人以上の世帯の平均的な人数は2. 98人です。 これを 「3人」としましょう。 2人以上の世帯の平均食費79,348円を3で割ると、1人当たりの食費は以下の通りになります。 単身世帯の場合とは全く値が異なるため、注意して下さいね。 外食費は食費の15%を占めると仮定しています。 世帯 食費 外食 外食抜きの食費 2人世帯 52,898円 9,532円 43,366円 3人世帯 79,347円 14,298円 65,049円 4人世帯 105,796円 19,064円 86,732円 5人世帯 132,245円 23,830円 108,415円 3人世帯~5人世帯が自炊に切り替えた場合の平均食費 3人世帯~5人世帯において、外食をしないで自炊した場合はどうなるか計算しました。 世帯 自炊した場合の食費 自炊費用 2人世帯 46,543円 3,177円 3人世帯 69,815円 4,766円 4人世帯 93,086円 6,354円 5人世帯 116,358円 7,943円 世帯人数が増えるほど、節約できるお金は大きな金額となります。 食費を占める割合としては少ないかもしれませんが、 1万円以上も節約できると欲しいものを思い切って買う余裕ができますね。 男女別で食費ってどれくらい変わるの? 男性と女性では 外食の回数・食事量が異なるため、当然食費が違います。 男性が女性の食費に合わせたり、女性が男性の食費に合わせたりすると、どうしても無理が生じてしまうでしょう。 そこで、ここでは男女別に平均食費を調査しました。 総務省では単身世帯(一人暮らし)の男女のデータのみが開示されており、そちらを参考にしています。 男性は女性に比べて、外食でピザや肉類など高くて脂っこいものを選ぶ傾向があり、これが外食費のかさむ原因であると考えられます。 男性は外食から自炊に切り替えるだけで、かなり食費を節約できそうですね。 しかし費用は6,191円と男性に比べて少なめです。 割合の差は17%ですが、費用の差は9,518円とかなりの金額ですね。 年齢別で平均食費はずいぶん変化する ここまでは年齢を考慮せずに平均食費を計算しましたが、 年齢は食費に大きく影響する要因の1つです。 総務省のデータをもとに、「平均」「~34歳」「35~59歳」「60歳~」における平均食費をまとめました。 小学生や中学生など学生のデータもまとめたかったのですが、信頼の高いデータがないため割愛します。 学生の場合はここに紹介する平均食費を目安にしましょう。 各年代における平均食費 まずは男女を区別せずに、年齢別の平均食費を調べました。 年齢 食費 外食 外食抜きの食費 平均 40,026円 10,653円 29,373円 ~34歳 41,358円 18,742円 22,634円 35歳~59歳 45,378円 15,851円 29,527円 60歳~ 36,986円 5,478円 31,508円 この結果からわかることは、• ~34歳までは外食の費用が最も高く、その代わりに自炊の費用が最も低い• 35歳~59歳までは自炊の費用が最も高い• 60歳~は外食の費用が激減し、平均食費も減少する 以上3点です。 各年齢の特徴や、年齢別に平均食費は全く異なることがよくわかりますね。 これだけ食費が変わってくるなら、 年齢に合わせて節約方法を工夫する必要があるでしょう。 例えば~34歳までは自炊の回数を増やし、35~59歳は自炊を工夫すると良いでしょう。 60歳~は自然に食費が減っていきますが、より節約したいなら自炊を工夫するのが1番です。 【男女別】各年代における平均食費 男女別で食費は大きく異なるため、年代別の平均食費でも男女を分けてみましょう。 男性の年代別平均食費 年齢 食費 外食 外食抜きの食費 平均 45,693円 15,709円 29,984円 ~34歳 47,068円 22,549円 24,519円 35歳~59歳 51,863円 20,484円 31,379円 60歳~ 39,440円 7,588円 31,852円 女性の年代別平均食費 年齢 食費 外食 外食抜きの食費 平均 35,021円 6,191円 28,830円 ~34歳 32,683円 12,958円 21,725円 35歳~59歳 34,332円 7,963円 26,369円 60歳~ 35,681円 4,358円 31,323円 男女で大きな差が開く要因が「外食費」 男女の大きな差は、 「外食費」にあります。 外食抜きの食費にあまり差異がないにもかかわらず、 外食費には年代によって1万円以上の差があるのです。 おそらく、男性はビジネスの関係で外食の回数や費用が増えるのでしょう。 飲み会1回でも 5,000円が相場のため、月に何度も行くとかなりの費用となります。 自分の経済状況と照らし合わせて、3回に1回は断るなど工夫するのが理想的です。 【全国の平均食費】まさか住む場所でこんなに食費が違うとは・・・ たとえ日本国内であっても、住む場所によって消費支出は全く違ってきます。 例えば1996年の総務省のデータでは、神奈川県民の平均消費支出が月346,760円であるのに対して、沖縄県民は月234,707円と 10万円以上の差がありました。 参考にした総務省のデータは1996年が最新です。 古いデータにはなってしまいますが、「都道府県によって食費が異なる」ということは十分に理解できます。 参考:「」 このことから、食費も住む場所によって異なるであろうと考えられます。 ここではおおまかに「大都市」「関東」などに地域を分類して、月の平均食費を調べました。 地域別の平均食費まとめ まずは地域別の平均食費を表で確認しましょう。 世帯 食費 外食 外食抜きの食費 全国 39,808円 11,156円 28,652円 大都市 43,367円 15,167円 28,200円 中都市 37,340円 8,433円 28,907円 小都市・町村 36,626円 7,487円 29,139円 北海道・東北 36,769円 7,174円 29,595円 関東 42,379円 13,573円 28,806円 北陸・東海 39,485円 11,776円 27,709円 近畿 41,533円 12,052円 29,481円 中国・四国 37,924円 8,255円 29,669円 九州・沖縄 34,023円 7,645円 26,378円 表によると、以下のことがわかります。 全国平均より食費が高い地域は「大都市」「関東」「近畿」のみ• 最も食費が高い地域は「大都市」• 最も食費が低い地域は「九州・沖縄」• 最も外食費が高い地域は「大都市」• 最も外食費が低い地域は「北海道・東北」• 最も外食抜きの食費が高い地域は「中国・四国」• 最も外食抜きの食費が低い地域は「九州・沖縄」 どの地域なら平均食費が抑えられる? 単純に月の平均食費のみで考えると、 最も食費が高くなるのは「大都市」です。 ここには東京・神奈川・愛知・京都・大阪・兵庫の中心部が当てはまると考えてください。 これらは日本の 「六大都市」に分類されます。 また、 最も食費が低くなるのは「九州・沖縄」です。 外食費が大都市のほぼ半分と安く、さらに物価が低いため食費が抑えられるのでしょう。 よって、住む場所を変えて食費を押さえるという観点では「九州・沖縄に住む」のが理想的です。 九州や沖縄で済むのは難しいという場合、東京や神奈川のなかでも 大都市から離れた場所(中都市)に住む手があります。 ただし食費は約6,000円の差ですから、引っ越す価値があるかよく考えてみる必要があるでしょう。 共働きは食費が増える!?真相を解明。 一般的に、共働きの世帯は食費が増えると言われています。 その大きな理由は、仕事で忙しいためデパ地下やスーパーの惣菜・弁当に頼ったり、外食で済ませたりする回数が多くなるためなのだとか。 それでは具体的にどの程度食費が増えるのか、推測してみましょう。 共働き&世帯主だけが働く場合の支出の差は? 2015年総務省「家計調査年報」によると、共働き世帯の消費支出は 月34万円程度、世帯主だけが働く世帯の消費支出は 月30万程度でした(「夫婦と子供1人」の家庭の場合)。 つまり、子供が1人の共働き世帯は、世帯主だけが働く世帯に比べて 約4万円も月の消費支出が多いことがわかります。 共働き世帯は黒字が多い点に注目! 共働き世帯は、世帯主だけ働く世帯に比べて約1万円食費が多くなると推測できることがわかりました。 かといって、その分家計が苦しくなるというわけではないようです。 なぜなら、世帯主だけ働く世帯の黒字は約10万円なのに対して、 共働き世帯は黒字が約15万円とかなり多いためです。 外食や惣菜で食費は1万円ほど上がってしまいますが、家計の黒字は5万円も多くなっているのは注目すべき点でしょう。 できるだけ自炊して食費を押さえるのは、節約のためには大切です。 しかし、共働きでお互いに疲れている状態で無理に自炊を始めると 家族の関係が悪化しかねません。 黒字が多いことですし、あまり神経質にならず、 自炊の回数を少しずつ増やすところから始めましょう。 【保存版】簡単で今スグ実践できる食費節約方法まとめ どんな世帯でも今すぐ実践して効果を感じられる、とっておきの食費節約方法を厳選しました。 1つでも実践すればそれが節約上手への道の第一歩となりますから、自分でもできそうなものがあれば早速挑戦しましょう。 節約上手のお墨付き。 食費を節約するコツ5選 うまく節約したいなら、 うまく節約している人のマネをするのが一番です。 まずは多くの節約上手が実践している方法を紹介しますね。 買い物は週1回 買い物に行くのは良い気分転換になります。 かといって毎日のように買い物をすると、ついつい必要のないものまで買ってしまいます。 そのまま冷蔵庫で腐らせてしまうともったいないですよね。 節約上手は週の買い物を 1~2回に抑え、まとめ買いしているようです。 上級者は毎週開催する 特売日を狙ってスーパーに繰り出しているのだとか。 特に野菜は高価なので、特売日に安くなっているなら迷わず買って良いでしょう。 最初はここまで少ない回数にするのが難しいと思いますから、 初心者は「1日おき」からチャレンジしましょう。 次第に本当に買うべき食材を見分けられるようになります。 限られた物で料理を作る技術もUPしますから、節約上手にも料理上手にもなれるかもしれませんね。 ちなみに、忙しくて買い物に行けない人は ネットスーパーを利用するのも良い手段です。 ネットスーパーはスーパーで買うより高いイメージがありますが、きちんと値引き商品を吟味すれば安くて品質の良い商品が手に入ります。 作り置きを有効活用 食材を一気に作り置きしておけば、光熱費の節約・時間の節約・買い物の回数の減少といったメリットがあります。 毎日料理を作ることはできないという人は、 週末の内に平日分の料理を作っておきましょう。 1品だけでも作り置きから出せれば、毎日の料理がグッと楽になります。 作り置きできる料理の例は、• かぼちゃの煮物• チキンナゲット• 蒸し鶏とキュウリのサラダ• マカロニグラタン などです。 チキンナゲットなら冷凍で1週間以上持ちますよ。 他はタッパーに入れておけば4日ほど持ちます。 長持ちさせるコツは、 「容器を消毒すること」と「冷蔵庫から出したらすぐに戻すこと」。 清潔な環境で料理し、常温にさらしすぎないように気をつけましょう。 ここでマメ知識として、作り置きできる期間を伸ばす方法を1つご紹介します。 それは 「特定の調味料を使う」という手。 例えば塩を多めに使うと保存がききますし、梅干しやお酢を使うとクエン酸による殺菌効果で食べ物が傷みにくくなります。 他にも、しょうがやカレー粉は殺菌効果がありますよ。 これらの調味料は作り置きに積極的に利用して下さいね。 おやつはホットケーキミックスが定番 ホットケーキミックスは本当にたくさんの種類のお菓子が安価に作れます。 市販のスナック菓子などを買うよりも、 ホットケーキミックスを買って自分でお菓子を作りませんか?普通のホットケーキを焼いて冷凍保存しても良いのですが、他には以下のお菓子が作れます。 パウンドケーキ• スコーン• ドーナツ• クッキー• マドレーヌ いずれも自宅のオーブンやレンジで作れますから、色々チャレンジして楽しく食費を節約しましょう。 レシートを溜める レシートを見直すと、自分の行動がよくわかりムダ遣いにも気が付きやすくなります。 溜めるのは面倒ではないかと思いきや、缶に突っ込んでおいて月末にザッと見直すだけでも節約に繋がりますよ。 レシートを溜める:空き箱や空き缶に適当に入れておいてください。 分類する:月末にレシートを「生活費」「雑費」「イベント費」の3つに分類して下さい。 以上3STEPを続ければ、だんだんと生活費を節約できるようになります。 「レシートを溜めておくのは嫌だなぁ」「過去のレシートをしっかり管理したい!」と思っている人は、 レシート読み取り機能のあるアプリをダウンロードすると良いでしょう。 精度が高いと言われているアプリは 「Zaim」で、レシートを写真に撮るだけで合計金額や購入場所・購入品目などを高性能で読み取ってくれます。 特に1人暮らし・2人暮らし少人数世帯の人は外食が多くなりがちなため、 自炊にするだけで1万円以上の節約も夢ではありません。 もしも自炊が面倒なら、週末に作り置きしましょう。 あるいは、 「週に3日は自炊する」など回数を決めるのもおすすめです。 せっかく自炊を始めるなら、大金を節約できる料理を作りたいですよね。 次は節約できる 鉄板の食材を5つご紹介しますから、ぜひこれらの食材を使って料理してみて下さい。 慣れてくれば自分でアレンジも可能です。 節約できるおすすめ食材5選 節約に使える食材の条件は、 「安い」「手に入れやすい」「料理しやすい」の3点。 この条件をすべてクリアしている食材を厳選しました。 食材 特徴 レシピ 卵 完全栄養食と言われるほど栄養価が高い。 煮卵、たまご雑炊、オムレツ、卵スープ もやし 安いのにボリュームがある。 意外に栄養豊富。 もやしのキムチ炒め、 もやしのとんぺい焼、ニラもやし炒め 豆腐 長寿食の1つ。 イソフラボンの美容効果が期待できる。 麻婆豆腐、湯豆腐、豆腐ハンバーグ 鶏肉 肉類の中でも非常に安価。 唐揚げ、チキンカツ、 ささみと梅シソのフライ 冷凍 うどん 賞味期限が長い。 切れてから1か月経っても 食べられるらしい。 あらゆるうどん料理 冷蔵庫にいつもこの5つの食材があれば、他の食材が無くても安く手早く料理が作れます。 ただし、 もやしの賞味期限は購入してから2日ほど。 放っておくとすぐ萎びてしまうので注意して下さいね。 対照的に、 冷凍うどんは1年ほど賞味期限があり、たいへん長持ちします。 さらに賞味期限が切れても1か月程度はおいしく食べられるのだとか。 冷凍食品の中では一番におすすめしたい食材ですね。 さすがに3か月過ぎるとまずくなるそうなので、たとえ冷凍うどんでも賞味期限を守りましょう。 外食&コンビニ派の食費節約方法 自炊したいけれど、どうしても外食したりコンビニで買ったりしたい……という人は、外食先やコンビニで買う物を工夫すれば食費が浮きます。 ここでは、外食派とコンビニ派が絶対知っておきたい情報をまとめました。 【外食派】安くて満足できるお店を選ぼう! 外食派が節約するためには、フランス料理やオーガニック食専門店など高いお店を控えるのが一番です。 その代りに 安いけれど満足度の高いお店に行きましょう。 うどん屋:丸亀製麺、はなまるうどんなど• ファストフード店:マクドナルド、ロッテリア、すき家、ガストなど• 回転寿司:スシロー、くら寿司、かっぱ寿司など デートには適さないかもしれませんが、1人で外食する時には以上のお店がおすすめです。 もしもこういったお店が苦手な場合は、 外食の回数を減らして1回に使うお金を少し多くしましょう。 そうすれば、多少高いお店に行くとしても食費は減るでしょう。 この商品は各コンビニの独自ブランドとなるため、仕入れ価格が安くなり原価も安く抑えられます。 それに伴い販売額も安くなるため、購入者は同じ商品でも通常よりお安く手に入れることが可能です。 例として、セブンイレブンは「セブンプレミアム」、ファミリーマートは「ファミリーマートコレクション」という名称でPB商品を販売しています。 もしも似たような商品の購入を迷っていて、それが「PB商品」「PB商品ではないもの」であったとしたら、 迷わずPB商品を選んで下さい。 それだけで食費の節約になりますよ。 また、コンビニ派は利用するコンビニを1~2ブランドに絞ってください。 ポイントが拡散しないようにするためです。 複数のカードにポイントが拡散すると管理が面倒なため、 お気に入りの店舗を決めて通い続けることをおすすめします。 無理のない節約で平均食費以下を目指そう! 平均食費は、世帯人数や年齢・ライフスタイルによって大きく変動することがわかりましたね。 自分の家庭はどのくらいの食費が平均的であるか、確認できましたか? もしも現在の食費が平均よりも高いなら、ここで紹介した簡単な節約法を実践して、少しずつ平均に近づけましょう。 節約上手になったら、平均よりも低く抑えられるかもしれませんよ。 節約できた食費は、好きなものを買ったり、旅行したり、将来のために貯金したり…… 自分の思うままに使えます。 そう思うと、節約しようという気持ちが湧いてくるでしょう。 「節約できたら何をしよう?」と楽しく考えつつ、無理のない範囲で節約にチャレンジして下さいね。

次の

【炎上】「子供3人で月に食費2万!」ネットニュースに主婦が不可能だと反論、ポテサラに続く問題へ発展

家族三人 食費

夫婦、子供3人の5人家族です。 食費が月6万から8万かかってます。 そんなに贅沢な物は食べてないはずが…月1回外食で焼肉を食べに行く位です 大体1万前後 主人が焼肉屋 を経営してる為他のお店の味など勉強がてら月1回外食してます。 贅沢と言えばそれ位ですが…食費がかかり過ぎてなかなか節約が出来ません。 家計が固定費にかかり節約する為には食費を何とか減らしたいけどなかなか減らせません。 家族5人月に3万程で暮らしてる方内訳を教えて下さい。 補足うちの食事レベルが普通で良かったです。 もちろん子供たちに色んな物を食べさせてのこの金額。 このカテの家計診断でこんなに食費がかかってるのをあまり見なかったので一瞬不安になった為質問させて貰いました。 主人の勉強がてらの外食も1人で焼肉屋に行ってもそんなに食べれない為家族で行き色んな物を注文する。 が目的です。 息子が3人います。 小学生くらいの時は7~8万円かかってました。 外食焼肉1回1万円位は同じです。 中学生になると、外食は一緒に来たがらなくなり、 家食ばかりで8~9万円位でした。 給食代別 高校生になったら、弁当だ飲み物だ部活で日曜祭日、遠征・試合・買い食いetc 12万円~かかっていました。 お子様の年齢によりますが、3万円ではできないと思います。 固定費って、固定観念に捉われがちです。 が、見直すと、 案外、節約出来るし、合理的です。 育ち盛りの食費を削って、成長を遅らせたら取り返しがつきません。 保険を見直したり、光熱費を節約したり、 その気になって、固定費を、 これがなくては、生きられないかって観点から見つめてください。

次の