源泉 徴収 税額 表 2020。 給与明細の所得税が源泉徴収税額表と微妙に異なる

今月から源泉徴収の際の扶養親族等の数え方が変わります!〜「源泉控除対象配偶者」と源泉徴収

源泉 徴収 税額 表 2020

源泉徴収票のフリーソフト 年末の手続きが簡単な、源泉徴収票ソフト 会社は毎月、役員や従業員の給料を計算し支払います。 年末には年末調整を行い、従業員には源泉徴収票を発行します。 また、税務署や市区町村にも法定調書合計表や総括表などを提出する必要があります。 毎月の給料の計算方法は、会社によってさまざまです。 税理士や社労士に任せているケースもあれば、給与ソフトを使っているケースや、経理担当者などが自分で計算しているケースもあります。 毎月の給料の計算方法の違いにより、年末に自社で行う処理も異なります。 給与ソフトで1年間の給料や所得税の金額の合計や明細を集計して、その合計金額を使うだけでいい場合や、一から源泉徴収票を作成する場合などさまざまです。 そんなとき便利なのが源泉徴収票ソフト。 源泉徴収票ソフトにはいろいろな種類があり、シンプルに源泉徴収票を作成するだけのものもあれば、源泉徴収票の作成以外の機能を持つものもあります。 付加機能としては、法定調書合計表や総括表を作成できるもの、退職金の源泉税を計算できるものなどがあり、自社に合った源泉徴収票ソフトを見つけましょう。 VBA 給与明細書・源泉徴収票 マイナンバーに対応した、給与所得の源泉徴収票と源泉徴収税額表より計算した、給与明細書をEXCELで作成するソフトです。 給与明細書の源泉徴収税額表の計算では月額表の乙欄および日額表の甲欄、乙欄、丙欄での計算に対応しています。 源泉徴収簿、源泉徴収票、総括表 EXCELシート 源泉徴収簿、源泉徴収票、総括表のexcelシートです。 源泉徴収簿(農業専従者)作成して、前期分、後期分と分かれて源泉税の納付書を表示できます。 1月の支給額を入れると1年分計算されます。 源泉徴収票はマイナンバーに対応しています。 Excel 源泉票 エクセルで給与所得の源泉徴収票が作成・印刷できます。 Windows版Excel2010で動作確認しております。 数式だけで作成していますので、確認はしていませんが旧バージョンのExcelやMac版Excelでも動くと思います。 操作性に優れたソフトです。 自分で申告、源泉徴収 給与所得の所得税源泉徴収に関する、年末調整分を含む所得税源泉徴収簿、源泉徴収票等法定調書作成ソフトです。 給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表、及び税務署用紙の直接印刷、給与支払報告書 総括表 などが作成できます。 源泉徴収票のフリーソフト その2 退職金源泉税計算ファイル 会社が退職金を支払った際に必要な源泉税の計算、源泉徴収票、申告書を作成できるソフトです。 退職金の支払いに際して税金の計算をきちんと行います。 源泉徴収票のマイナンバー記入もできます。 初心者でも安心して使えるソフトです。 一人別 源泉徴収簿 年末調整及びその結果である源泉徴収簿、源泉徴収票 給与支払報告書 をかんたんに作成することができます。 源泉徴収票は、1人1Excelブック形式です。 給与支払報告書を、全国の市区町村長に提出するための、給与支払報告書総括表が作成できます。 自分で申告、源泉徴収 給与所得の所得税源泉徴収に関する、年末調整分を含む所得税源泉徴収簿、源泉徴収票等法定調書を作成できるソフトです。 給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表、及び税務署用紙直接印刷、給与支払報告書 個人別明細書・総括表 、源泉徴収票が作成できます。 退職金源泉税計算ファイル 会社が退職金を支払った際に、必要な源泉税の計算、源泉徴収票、申告書を作成できるソフトです。 退職金の支払いに際して税金の計算をきちんと行います。 特定役員の判定を容易にできるようになっています。 今まで大変だった作業を効率化することができます。 年末調整のフリーソフトです。 エクセルで退職所得の源泉徴収票の計算、給与・賞与データから源泉徴収票と還付金通知書を作成、税務署に提出できる給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表の作成、報酬・料金と不動産の支払調書などの無料ソフトがダウンロードできます。 年末調整のフリーソフト 法令改正に対応して、正しい年末調整を 毎月の従業員の給料からは、源泉所得税が徴収されています。 徴収した源泉所得税と実際の従業員の1年間の給料に対する所得税を比べて、過不足を調整するのが年末調整です。 年末調整の流れは以下のとおりです。 年末調整のための用紙や、計算方法などが変わっている場合があるので、まずは法令改正事項の確認を行います。 その後 、期日までに、必要書類の提出があるか確認します。 VBA 給与計算・年末調整 マイナンバー対応の源泉徴収票と扶養控除等申告書を、給与・賞与明細書と年末調整の計算から、EXCELで作成するソフトです。 いろいろな機能が搭載されているので、複雑なことまでこのソフトで可能です。 今まで時間のかかっていた処理をスピーディーに行うことができます。 誰でもできる年末調整 ブラウザで動く小規模事業者向けの年末調整スクリプトです。 インターネットエクスプローラなどのブラウザがあれば、各種のOSで誰でも簡単に年末調整できます。 わからない時は「詳細」ボタンを押して解説を読みながら入力できます。 年末調整ソフト 源泉徴収簿に給料・賞与と社会保険料を入力すれば、扶養親族の人数に応じた源泉所得税を計算します。 年末には、生命保険料、地震保険料等を入力すれば年末調整まで計算できます。 法定調書の合計表、給与所得者の扶養控除等 異動 申告書なども印刷可能です。 年末調整のフリーソフト その2 年末調整計算システム 平成28年度版年末調整計算システムです。 扶養控除等申告書、保険料申告書、住宅借入金等特別控除、給料・賞与のデータを入力するだけで、年末調整税額を自動計算します。 源泉徴収票をA4白紙に、税務署・受給者用と市区町村用を印刷できます。 EXCELで年末調整 簡単操作、らくらく入力の年末調整ソフトです。 ほとんどの項目を自動判定、基礎的事項を入力するだけ、マイナンバー制度にも対応しています。 給料の支給データを個人別でも月別でも入力できます。 入力した個人データは翌年版に転送できます。 年末調整システム 年末調整一式を行うExcelのテンプレートです。 データ保存は無制限に可能で、データファイルは本ソフト更新後もそのまま使用できます。 1データファイルにつき、50人まで利用できます。 操作性にも優れているため、初心者でも安心して使えます。 源泉徴収票作成 源太郎 Q太郎の給与・賞与データから、源泉徴収票と還付金通知書を作成するソフトです。 支払金額や社会保険料等の金額は給与・賞与データからセットされます。 Q太郎ユーザーの方なら操作も解りやすいと思います。 平成24年の源泉徴収票の書式に対応しています。 年末調整・源泉徴収票のフリーソフト集/エクセルで退職所得の計算 年末調整・源泉徴収票のフリーソフト集/エクセルで退職所得の源泉徴収票の計算、給与・賞与データから源泉徴収票と還付金通知書を作成、税務署に提出できる給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表の作成、報酬・料金と不動産の支払調書など。 【 年末調整・源泉徴収票 】のフリーソフト [ジェイケイ Soft] 年末調整計算システムは、年末調整計算、源泉徴収票の作成ができます。 個人の小規模農家向け、取引入力、減価償却費計算、青色申告決算書の作成ソフト。 個人・小規模事業の業務支援の給与管理システムなど。 [安部会計事務所] エクセルで作成する給与明細書ソフトは、源泉税の自動計算機能つきです。 Excel源泉票は、エクセルで作成・印刷する源泉徴収票ソフトです。 ブラウザで動く年末調整スクリプトもあります。 [安井 陽一] 給与所得の所得税源泉徴収に関する、年末調整分を含む所得税源泉徴収簿、源泉徴収票等法定調書を作成するソフトです。 固定資産台帳、確定申告用減価償却費の計算表の作成ができるEXCELワークブックです。 [Fading Lights] 給与支払の源泉所得税を自動計算ソフト、退職金の源泉税の計算、源泉徴収票・申告書の作成、天引きされた源泉所得税・住民税の計算、土地を相続・贈与した時の土地評価額計算ソフト、相続税申告資料として使える相続税シミュレーションなど。 [井脇 健治] 税務署に提出する給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表を作成するソフト。 確定申告書の作成ソフト。 源泉徴収簿・源泉徴収票・総括表・源泉税納付書のexcelシート、税務署から送付された消費税確定申告書 一般用 へ印刷するEXCELシート。 [hootown] EXCELで現金出納帳の作成。 EXCELで給料は、復興特別所得税対応の給与計算ソフトです。 EXCELバイト給料は、時間帯・曜日による時給変動に対応したアルバイトの給与計算ソフト。 年末調整は、項目を自動判定し基礎的事項を入力するだけです。 [TAO 久具 寿男] 給与計算・年末調整を行い、給与台帳、源泉徴収簿、源泉徴収票等及び支払調書・法定調書合計表を作成。 消費税の計算を行い申告書を作成します。 [いけ] エクセルで、年末調整の計算、源泉徴収簿・源泉徴収票を作成します。 エクセルで、商品名を50件登録して請求書を印刷できるソフトです。 電話伝言メモをパソコンを使って行います。 振込金額を入力し、振込料金と支払金額を計算します。 [SOFT-J] EXCELで青色申告用の現金出納帳・預金出納帳の作成。 振替仕訳から法人決算用の総勘定元帳・損益計算書・貸借対照表などの財務諸表を作成。 給与明細書・賞与明細書と年末調整から源泉徴収簿・源泉徴収票を作成します。 [手羽本ささみ] 年末調整の計算を行い、法定調書を作成します。 年末調整・源泉徴収票 ソフト/エクセル、退職所得 年末調整はより正確なシステム導入が必要です 年末調整は会社の義務であり、個人のプライバシーに関わる内容も多いため、より正確なシステム導入が必要といわれています。 年末調整をシステム化していない会社は、膨大な時間を浪費することになりかねません。 社員から出されている各種の控除等申告書も計算の中に入れなくてはいけないため、システム化されていない箇所があると、効率が極端に落ちてしまいます。 年末調整には期限があります。 それに間に合うように書類を提出し、正しい所得税の納付額を国に報告しないと大きなトラブルに発展します。 申告する側である従業員の手を煩わせていることには変わりませんから、年末調整のシステム導入は、単に事務処理の方法が変わっただけ、と見ることもできます。 確かに、年末調整は年に1度だけ事務処理を必要とするものですから、申告方法の効率化までは必要ないとは思うかもしれません。 少なくとも紙の申告書を配布し、それを回収させるという作業にしても、普段の事務処理に加えてそれを行うわけですから、年末で忙しい時にさらに手を煩わせているわけです。 このように総合的に判断すると、年末調整のシステム導入により、効率化が図れる部分はたくさんあるといえます。 給与計算ソフトとは、文字通り社員の給与計算を自動計算できるソフトのことですが、 これを導入すれば年末調整を効率化することができます。 小さな会社でも年末調整のシステム化は課題になっていますが、まして規模の大きな企業もなれば、給与計算や会計ソフトの導入は義務といっていいほど必要なものになってきています。 源泉徴収・年末調整、確定申告、青色申告、住民税・所得税、法人税、減価償却 源泉徴収・年末調整のフリーソフト、シェアウェアのリンク集/給与所得の所得税、支払調書(退職所得の源泉徴収票)、源泉税納付書、法定調書合計表の印刷など。 源泉徴収・年末調整 】のフリーソフト [ワンフォアワン] 支払調書作成シートでは、エクセルで簡単に支払調書が作成できます。 キャッシュフロー計算書作成シートは、必要最低限の情報で本格的なキャッシュフロー計算書を作成します。 [楽楽] 税務署へ提出する支払調書のテキストファイルを作成。 配当、剰余金の分配及び基金利息、退職所得の源泉徴収票、報酬、料金、契約金及び賞金、不動産の使用料等、給与所得の源泉徴収票、不動産等の売買又はあっせん手数料など。 [細川 政彦] Excelで、就労証明書被雇用者用、報酬料金契約金・賞金の支払調書、不動産所得用の収支内訳書、給与等の支払状況内訳書、年末調整の過納額還付請求書、源泉徴収簿・源泉徴収票の作成など。 [古川 頼之] 年末調整ソフトは、源泉徴収簿に給料の源泉税の算出から年末調整まで計算します。 売掛金集計表は、売上帳の1ヶ月の集計と印刷を行ないます。 買掛金集計表は、仕入帳の1ヶ月の集計と印刷を行ないます。 [ふさふさ商会] 謝礼・講師報酬などの源泉徴収票を作成するEXCELテンプレートです。 宛名用タックシールも印刷できます。 [Mid Night] アルバイトの月額の源泉徴収額を計算します。 年末調整・源泉徴収票 ソフト/エクセル、退職所得 源泉徴収票のシステム化は、単一のシステムでは業務を行う上では効率が悪くなります 源泉徴収票のシステム化は、単一のシステムでは業務を行う上では効率が悪くなります。 そのため、給与システムそのものを導入したり、すでに稼働している給与システムに連携させて、運用するのが一般的です。 総合的な給与計算システムを導入することによって、時間や労力だけではなく、様々なコストを削減することが可能になります。 全体的に見れば業務の効率化につながるため、余ったリソースを他に利用できるなど、システム導入の恩恵にあずかることができます。 また、販売管理システムも同じく導入することで、さらなる多角的な情報を、簡単に扱うことができるようになります。 源泉徴収票のソフトには企業規模に合わせていろいろな種類がありますが、業務を効率化するためには、自社の特性に合ったソフトを導入しなければなりません。 そこで各社の計算ソフトを比較して、どこのソフトが自社に合うかを選定してから導入する必要があります。 勤務先が給与などのお金を渡す場合は、源泉徴収票を最終給与日から退職した1か月後までに渡す義務があります。 会社の義務なので拒否はできません。 働く人が安心して生活できるためにも源泉徴収票の管理は、総務や経理できちんと管理しておく必要があります。

次の

源泉所得税の計算例【10.21%】報酬と源泉所得税の早見表、仕訳例

源泉 徴収 税額 表 2020

課税所得は、通勤手当や旅費などを除く収入の全額から、社会保険料や労働保険料、配偶者控除、寄付金控除などの所得控除を差し引いたあとの所得額で、次のように計算されます。 課税所得=総支給額(基本給・残業代・手当)-非課税の手当-所得控除 なお、非課税の手当として代表的なものが、通勤手当です。 通勤手当には所得税が発生しません。 所得控除には、次のようなものもあります。 <所得控除の種類>• ・基礎控除:2019年まではすべての課税者について、一律38万円が適用される控除でした。 2020年以降は、課税者の合計所得が2,400万円以下の場合は全員48万円、2,400万円を超える場合は合計所得に応じて控除額が減っていくという形に変更になりました。 個人の合計所得金額 控除額 2,400万円以下 48万円 2,400万円超〜2,450万円以下 32万円 2,450万円超〜2,500万円以下 16万円 2,500万円超 0円 参考:• ・雑損控除:災害や盗難などに遭ったとき、その損害額について適用される控除• ・医療費控除:一部の入院治療代、介護費用などについて適用される控除• ・社会保険料控除・小規模企業共済等掛金控除・生命保険料控除・地震保険料控除:負担している保険料等について適用される控除• ・寄附金控除:災害の義援金など、寄附をした金額について適用される控除• ・障害者控除:納税者自身や扶養親族に障害者がいる場合に適用される控除• ・寡婦(夫)控除:配偶者と離婚・死別して、扶養すべき子供などがいる場合に適用される控除• ・勤労学生控除:給与を得て働いている学生・生徒で、所得が一定水準以下の場合に適用される控除• ・扶養控除:養うべき家族などがいる場合に適用される控除• ・配偶者控除・配偶者特別控除:一定水準以下の収入の配偶者がいる場合に適用される控除 所得税計算の際の収入に含まれないもの 給与所得者には経費の代わりとして、「給与所得控除」というものが設けられています。 課税所得に税率を掛けたあと、一定額を控除することができます。 控除額は下記のとおりです。 こちらも2020年から金額が変更になっていますのでご注意ください。 税額控除は、所得税を算出する基礎となる給与から差し引く所得控除とは違い、所得税からダイレクトに差し引くことになりますので、適用される場合は大幅な節税となります。 税額控除と所得控除を間違えると大幅な計算ミスになりますから、細心の注意を払ってください。 税額控除には、次のようなものがあります。 <税額控除の例>• ・配当控除:国内企業の株式からの配当が収入に含まれる場合• ・外国税額控除:外国企業からの収入があって、すでにその国の所得税が課された場合• ・政党等寄付金特別控除・認定NPO法人等寄付金特別控除・公益社団法人等寄付金特別控除:所得控除である寄付金控除以外で、公的な団体に寄付をしている場合• ・住宅借入金等特別控除:国内で住宅ローンを組んだ場合• ・住宅耐震改修特別控除:1981年5月以前に建てられ、現在も使用されている住居に耐震工事をした場合• ・住宅特定改修特別税額控除:住居にバリアフリー工事や省エネのためのリフォーム工事を施した場合 賞与の源泉所得税の計算には、「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を用います。 給与所得の場合と異なるのは、扶養親族の数に基づき、社会保険料等控除後の賞与金額の該当する区分から「賞与の金額に乗ずべき率」を求めるという点です。 源泉徴収額は、社会保険料等控除後の賞与金額に求められた所得税率を掛けたものとなります。 社会保険料等控除後の賞与額が15万円で扶養親族が1人いる従業員の場合、「賞与の金額に乗ずべき率」は2. 042%であるため、源泉所得税額は次のようになります。 042%=3,063円 また、例外として、前月の給与が発生していない場合や社会保険料等以下の金額の場合、賞与が前月の控除後の給与の10倍以上となる場合には、月額表を用いて源泉所得税を計算しなければなりません。

次の

年末調整・源泉徴収票 ソフト/エクセル、退職所得

源泉 徴収 税額 表 2020

ここでは、毎月の給与計算における『「源泉所得税」の算定』に使用する『「源泉徴収税額表」の見方』につき、以下の事項に従い、ご紹介させて頂きます。 なお、ここでご紹介させて頂きます内容は、『』のページで記載させて頂きました内容の補完的説明事項となります。 1、「源泉徴収税額表」の記載区分 「源泉徴収税額表」に記載されている項目は、大きく分けて以下の 3項目になります。 2、各記載区分の内容 1)「社会保険料等控除後の給与等の金額」の記載箇所 所得税の課税対象となる「給与・役員報酬」は、 給与・役員報酬の支給額のうち「 課税対象となる支給額」から「 社会保険料・ 雇用保険料 の 公的保険料」を控除した金額となります。 このため、毎月の給与計算におきましても、 「 課税対象となる給与・役員報酬の 支給額」から「 社会保険料・ 雇用保険料の 公的保険料」を控除した金額 に基づいて「源泉所得税」を算定することが必要となります。 従いまして「源泉徴収税額表」におきましては、 「 源泉所得税」 の算定基礎金額となる「 社会保険料等控除後の給与等の金額」が 左側に記載されています。 なお、「社会保険料等控除後の給与等の金額」につきましては、 「 給与支給明細書」等から、 「 課税支給額」 - 「 社会保険料等合計金額( 健康保険料・厚生年金保険料、 雇用保険料の 合計金額)」 という計算を行い、別途計算することが必要となります。 2)『「甲欄」における「所得税額」』の記載箇所 「 扶養控除等申告書」が従業員・役員から 会社に提出されている場合には、 『「源泉徴収税額表」の「 甲欄」』を使用して、「源泉所得税額」を算定することになりますが、 当該記載箇所には、 上記1)でご紹介させて頂きました「 社会保険料等控除後の給与等の金額」 に応じた「 源泉所得税額」が記載されています。 なお、「甲欄」で「源泉所得税額」を算定する場合には、 「社会保険料等控除後の給与等の金額」の他、 『従業員・役員の方の「 扶養親族等の数」』も「 源泉所得税の 算定基礎項目」となることから、 当該記載箇所には、 従業員・役員の方の「 扶養親族等の数」 ごとに、「源泉所得税額」が記載されています。 3)『「乙欄」における「所得税額」』の記載箇所 従業員・役員の方が 自社以外の会社等から 給与・役員報酬を受けている場合で、「 扶養控除等申告書」が従業員・役員から 自社に 提出されていない場合には、 『「源泉徴収税額表」の「 乙欄」』を使用して、「源泉所得税額」を算定することになりますが、 当該記載箇所には、 上記1)でご紹介させて頂きました「 社会保険料等控除後の給与等の金額」に応じた「 源泉所得税額」が記載されています。 なお、「乙欄」で「源泉所得税額」を算定する場合には、 『従業員・役員の方の「扶養親族等の数」』は「源泉所得税の算定基礎項目」 とならないことから、 当該記載箇所の「源泉所得税の記載」は、 「社会保険料等控除後の給与等の金額」に応じた「源泉所得税額」 のみが、 1列で記載されています。 「 給与支給明細書」等から計算された「 社会保険料等控除後の給与等の金額」と• 「 扶養控除等申告書」からカウントされた「 扶養親族等の数」に基づいて、 「源泉所得税額」を算定することとなりますが、 「源泉所得税額表」には、• 「源泉所得税額表」の左側に記載されている「 社会保険料等控除後の給与等の金額」と• 「甲欄の税額欄」の上に記載されている「 扶養親族等の数」が 「 交差する箇所」に「それぞれの場合の 源泉所得税額」が記載されていますので、• その従業員・役員の方の「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 当てはまる『「源泉徴収税額表」の「 社会保険料等控除後の給与等の金額帯』と、• その従業員・役員の方の「扶養親族等の数」が 当てはまる『「源泉徴収税額表」の「 扶養親族等の数」』が、 「 交差する箇所に記載されている金額」を把握することで、「 源泉所得税額」を算定することができます。 「甲欄」による「源泉所得税額」の算定例示 例 示 1 ・「扶養親族等の数」が 1であり、 ・「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 241,945円である場合には、 給与計算において控除する「源泉所得税額」は、 4,590円となります。 例 示 2 ・「扶養親族等の数」が 2であり、 ・「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 337,727円である場合には、 給与計算において控除する「源泉所得税額」は、 6,600円となります。 例 示 3 ・「扶養親族等の数」が 4であり、 ・「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 512,179円である場合には、 給与計算において控除する「源泉所得税額」は、 12,890円となります。 例 示 4 ・「扶養親族等の数」が 0であり、 ・「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 77,742円である場合には、 給与計算において控除する「源泉所得税額」は、 0円となります。 「 給与支給明細書」等から計算された「 社会保険料等控除後の給与等の金額」 のみに基づいて、 「源泉所得税額」を算定することとなります。 このため、• その従業員・役員の方の「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 当てはまる『「源泉徴収税額表」の「 社会保険料等控除後の給与等の金額帯』に対する 『「 乙欄」 に記載されている金額』を把握することで、「 源泉所得税額」を算定することができます。 Point! 「社会保険料等控除後の給与等の金額」が88,000円未満の場合の注意点 『「 甲欄」により「源泉所得税」を算定する』場合には、「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 88,000円未満である場合には、 「その月の源泉所得税額」は 0円となりますが、 他方、『「 乙欄」により「源泉所得税」を算定する』場合には、「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 88,000円未満であっても、 「その月の源泉所得税額」が 0円とはなりませんので、 『「乙欄」により「源泉所得税」を算定する』場合には、この点にご注意頂ますようお願い致します。 例 示 2 ・「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 241,945円である場合には、 給与計算において控除する「源泉所得税額」は、 33,400円となります。 例 示 3 ・「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 337,727円である場合には、 給与計算において控除する「源泉所得税額」は、 64,900円となります。 例 示 4 ・「社会保険料等控除後の給与等の金額」が 512,179円である場合には、 給与計算において控除する「源泉所得税額」は、 153,300円となります。 税理士事務所・会計事務所からのPOINT ここでは、『「源泉徴収税額表」の見方』について、ご紹介させて頂いておりますが、 「源泉徴収税額表」には、• 「源泉所得税」の算定対象となる「社会保険料控除後の給与等の金額」• 「甲欄」で源泉徴収する「源泉徴収税額」• 「乙欄」で源泉徴収する「源泉徴収税額」 が一つの表に記載されていることから 「源泉徴収税額表」を初めて使用する方等にとっては、一見わかりにくいと感じられることもあると思います。 「甲欄」を使用して「源泉所得税額」を算定する場合と• 「乙欄」を使用して「源泉所得税額」を算定する場合とでは、 算定される「源泉所得税額」が著しく異なることとなりますので、 「源泉徴収」を行う場合には、• 「甲欄」で「源泉所得税額」を算定するのか?• 「乙欄」で「源泉所得税額」を算定するのか? の決定を慎重に行って頂ますようお願い致します。

次の