アベノマスク。 466億円かけたアベノマスク 厚労省がメーカーヒタ隠しの怪|日刊ゲンダイDIGITAL

アベノマスク発動!布マスク2枚(1世帯)で世間は衝撃

アベノマスク

「小学生が使う給食用マスクみたい」と言われる安倍首相の布マスク姿(時事通信フォト) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスクの品薄対策として、間もなく全世帯に2枚ずつ郵送で配布される「布マスク」。 しかし、その購入費は1枚260円、経費総額は466億円にもなることが判明。 そこで、NEWSポストセブンでは【政府が配布する「アベノマスク2枚」、あなたは使う? 使わない?】と題する緊急アンケートを行い(4月10日~13日投票)、男女1994人(男女比は6対4)から回答を得た。 その結果、「使う」と答えた人はわずか24. 1%にとどまり、「使わない」と答えた人は75. 9%に上った。 「使わない」と答えた人の理由で多かったのは、布マスクの効果が疑わしいとする言及だ。 「布マスクは感染症対策としては効果が弱く、ウイルスの侵入を防げないという報告もあるし、使用後のマスクの処理も大変なので、できれば使い捨ての不織布マスクのほうを使いたい」(42歳女性) 「予防効果にまったくエビデンスのない状態で、自粛しながら過ごす日常生活で必要とは考えられない」(50歳男性) 「繰り返し利用できるとのことですが、洗い方にも注意がいるようですし、使い方次第では逆効果のような気がします」(63歳女性) WHO(世界保健機関)が当初、医療機関向けのガイドラインで〈ガーゼやコットンなど布製マスクの使用は推奨できない〉と示した情報が広がったこともあり、日本でも布マスクに対する不信感は根強い。 「言い出しっぺの安倍首相はマスクをしているけど、他の閣僚は誰も使っていない。 誰もいないんですよ! これは効果がないことを立派に証明しています」(80歳男性) との声も。 では、実際に布マスクのコロナウイルス除去効果はどのくらいあるのか。 『マスクの品格』などの著書がある聖路加国際大学大学院准教授(専門は公衆衛生学)の大西一成氏に聞いた。

次の

アベノマスク、実は460億円の経済効果や転売抑止の効果があったことが判明

アベノマスク

がシェアした投稿 — 2020年 4月月17日午後9時50分PDT アベノマスクリメイク カバータイプ 給食マスクがダサすぎる 顎が出る、小さい から、マスクカバー作りました。 給食マスクいらないけど、数百億を無駄にするわけにはいかない。 マスク以外にも、ホッカイロや小さい保冷材などを入れて使えそうですね~! マスクを作る前に!ガーゼが縮まない方法とは? ガーゼのマスクは洗ったら縮んでしまうという方も多いようです。 ぬるま湯でもOK ガーゼの端を内側に折りたたみます。 1時間ほど水かぬるま湯につけてしばらく置きます。 アイロンがけはドライがおすすめです。 実際に水通しをする前と後では縮みが1㎝~4㎝程あるため、作った後に縮んでしまったらとても残念です。 縮みを防ぎたい場合は作る前に水通しをしておきましょう! 立体マスクの型紙ダウンロードのサイト 立体マスクの型紙がダウンロードできるサイトはコチラです。 【簡単】アベノマスクをリメイク!縮まない方法や立体プリーツの型紙も紹介のまとめ 今回はアベノマスクのリメイクについてご紹介しました。 皆さん可愛いマスクにリメイクしていましたね! 個人的には立体マスクが簡単に作れそうだと思いました。

次の

466億円かけたアベノマスク 厚労省がメーカーヒタ隠しの怪|日刊ゲンダイDIGITAL

アベノマスク

割引券やつけ麺、さらにはバナナジュースなどと物々交換で寄付できるもの。 答えは、あの「アベノマスク」。 今では各地に、寄付のための回収箱が。 寄付しに来た人「これ余っているところが多いと思うんだよね。 ちょうどサイズが合う方に使ってもらうのが一番いいと思う」 ところが、こうした箱の設置に「待った」がかかった。 その現場となったのは、群馬・太田市の郵便局。 アベノマスクの寄付を募るボックスが設置されたが、わずか1週間ほどで撤去されたという。 設置の口火を切ったのは、1人の郵便局長だった。 小中学生のために、マスクの寄付を募る太田市の呼びかけに賛同。 6月に入り、市内にある21の郵便局に寄付箱が設置された。 しかし、これを知った日本郵便の本社が、すぐさま撤去を指示した。 なぜ、撤去となったのか。 そこには政府が示した、あの方針が。 菅官房長官「次なる流行にも十分対応できるよう、布製マスクを、多くの国民が保有することに意義がある」 政府が保有を求めたマスク。 それを誰が届けたかといえば、そう、郵便局員。 このことから、日本郵便本社 調査・広報部からは「配っているわれわれが、不要品のように扱うのはおかしい」との声が。 これだけではない。 マスクの寄付を報道機関に知らせたリリース。 よく見ると、そこにはアベノマスクの文字が。 これにも日本郵便本社 調査・広報部からは、「アベノマスクなどと揶揄 やゆ する表現は不適切だ」などの声が。 地元の人は... 太田市民「今、マスクがいっぱい出てきているから、寄付する動きがあって、それを郵便局がやるのも別にいいと思う」、「寄付する動きは、とてもいいことだと思う。 それ 配達 とこれ 寄付 は別問題な気もする」 政府の方針を尊重する形となった箱の撤去。 一方、今も寄付を募っている自治体からは、こんな本音も。 群馬・沼田市「国が行っている政策だが、マスクは無駄にしたくない。 なので消極的に寄付を募っている」 回収箱を設置する自治体は、東京にもある。 多摩市では、これまでに2,000枚のアベノマスクが寄せられていた。 その使い道は...。 多摩市役所・防災安全課・西野さん「最近、風水害というものが多く起きておりますので、ことしもそういったこと 風水害 が起きかねないということで、避難所で感染予防として活用していきたい」 多摩市では、100万枚のマスクを備蓄していたが、コロナの影響で数十万枚まで減ったため、寄付分を災害用に充てるという。 まだ全国に行きわたっていないアベノマスク。 騒動は、今後も続くとみられる。

次の