少年忍者 元メンバー。 【ジャニーズJr.】少年忍者のメンバープロフィール一覧!身長や入所日・入所のきっかけなど

忍者 (グループ)

少年忍者 元メンバー

キャッチフレーズは「世界は忍者を待っている」で、NHK紅白歌合戦にも出場するなど活躍しましたが、 1997年に活動を休止しました。 今回はそんな忍者の結成秘話、デビュー後の活躍を紹介します。 忍者はジャニーズ事務所から ソロデビューした中村繁之のバックダンサーとして、当初は「 シゲダン」の名前で結成されたグループです。 結成当時のメンバーは、後の忍者メンバーの他に、萩本欽一プロデュースの「CHA-CHA」でデビューした中村亘利や、光GENJIとしてデビューした内海光司など10人のメンバーいました。 その後、グループ名が正式に「 少年忍者」となりましたが、しばらくして内海光司を含む4名が脱退。 テレビ番組やラジオに出演する他、光GENJIや男闘呼組といった人気グループと肩を並べて「少年御三家」としてコンサートを開催しました。 1988年、光GENJIに対抗してグループ名を「平家派」に改名する案が浮上しましたが、実現には至らず、「平家派」というグループは別のメンバーで新たに誕生しました。 その後、人気メンバーの中村がソロ活動が忙しくなったために脱退。 1990年春に中村と入れ替わるように、平家派出身で少年隊のミュージカルにも出演していた古川栄司が抜擢されました。 この時、グループ名が新たに「忍者」に改名され、6人組アイドルグループとして人気を獲得していきます。 「忍者」デビュー 1990年8月22日、日本コロムビアより「 お祭り忍者」をリリースしてデビューを果たした忍者。 デビューから わずか4ヶ月でNHK紅白歌合戦に初出場し、当時の史上最短記録を更新。 各音楽賞で新人賞を総なめにするなど、デビュー当時の注目度が高かったグループです。 しかし、 1994年に2人のメンバーが脱退し、1997年に活動休止、事実上の解散となりました。 忍者のメンバー6人のプロフィールを紹介 6人組アイドルグループとしてデビューした忍者。 1994年に脱退した2人のメンバーを含め、メンバーのプロフィールを紹介します。 jakou. ここでは、彼らが解散に至った理由を調査しました。 忍者は明確な解散発表はされておらず、 自然消滅による事実上の解散となっています。 1995年12月1日に発売された「たとえ君が嘘をついても」が事実上のラストシングルとなり、1996年1月20日に発売されたアルバム「Hi La Ri」を最後にCDの発売はありません。 忍者が自然消滅的に解散となった理由の1つとして、同時期に活動していた 光GENJIが圧倒的な人気を集め、忍者がその影に隠れてしまったことが挙げられます。 また、歌やダンスは高い実力があったものの、歌番組やバラエティ番組で注目を集められるような 突出した個性を持つメンバーがいなかったことも関係してるようです。 絶頂期の光GENJIと、後の国民的アイドルとなる後輩・SMAPに挟まれたことも、人気を獲得できなかった理由かもしれません。 1994年にメンバーが2人も脱退したことで方向性にも迷いが生じ、グループとしての存続が難しくなったことが解散の理由になったと考えられます。 デビュー当初は光GENJIに次ぐ人気グループへの成長を期待されていただけに、忍者の人気の伸び悩みは事務所にとっても残念だったかもしれませんね。 忍者のメンバーの現在 柳沢超 忍者解散後、ジャニーズ事務所を退社して2000年に吉本興業へ移籍、現在はティーズナインハーフに所属して芸能活動を続けています。 2004年9月にブロードバンド配信番組「TEPCOひかり荘」でレギュラー出演し、現在も ドラマやミュージカルで俳優、そして声優など幅広く活動を行なっています。 2010年に 14歳年下の女性と結婚し、2017年に第1子となる男児が誕生しました。 遠藤直人 忍者解散後、後輩グループ TOKIOのマネージャーを経て、ジャニーズ事務所傘下の 「ヤング・コミュニケーション」に入社し、役員となりました。 ジャニー喜多川の専属運転手を務めたり、少年隊の舞台「PLAYZONE」をはじめ、TOKIOやV6、嵐など 後輩のコンサートのプロデュースも行なっています。 正木慎也 2000年に事務所を退社した後は2年ほど芸能活動を休止し、 江ノ島の海の家でアルバイトをしていました。 2003年7月発売のVシネマ「梁山泊 仁義なき頂上決戦」で芸能活動を再開し、 舞台を中心に活動しています。 また、自作のオリジナルアクセサリーを販売したり、ファン4人と2時間ドライブする「ドライブデート」というファンイベントを定期的に開催するなど、ファンとの交流も行なっています。 2013年に 佐藤寛之とのユニット「DUO」を結成し、2014年9月にシングル「ふたつのライン」をリリースして、音楽活動も開始しました。 音楽配信やライブ、俳優業、ファンイベントなど、アイドル出身の強みを活かした芸能活動を現在も続けています。 2001年に飲食店を辞めた後はジャニーズ事務所に戻り、 ジャニーズJr. の担当チーフマネージャーに。 ファンの前には長らく顔を見せませんでしたが、2004年4月に御茶ノ水クリスチャンセンターでの柳沢超のイベント 「超 Re:START 2004春」にゲスト出演し、久々に公の場に立ちました。 現在は東京都内の 一般企業に勤めており、2006年に結婚したことが判明しています。 志賀泰伸 忍者脱退後は、 Vシネマや舞台に出演して俳優業を行い、所属事務所をグランクリュ・コンサルティングに移してからはバンドグループ「 D-run(デュラン)」のボーカルを務めました。 その後も、ファンを相手に会費1万円のイベントやバーベキューイベントなどを開催していました。 しかし、ファン数十名にファンクラブ設立を名目に1人あたり最低3万円以上の出資を募り金を集めたものの、ファンクラブは設立されず返金もしないまま、公式サイトを閉鎖する事態に。 現在は 医療関係の仕事をしているようですが、ファンから集めた金はどこに消えたのでしょうか。 古川栄司 ジャニーズ事務所退社後、志賀泰伸と同じグランクリュ・コンサルティングに移籍して 舞台俳優として活動しました。 ファンからの要望を受けて音楽活動していたものの、1995年夏の熱海でのミニライブを最後に音楽活動は休止。 同年9月の舞台「華やぎの糸」を最後に、芸能界から引退しました。 2003年には、新宿区歌舞伎町の老舗ホストクラブ「トップダンディー」で「英二」という源氏名で ホストを始めました。 しかし、2005年3月に仕事中に泥酔して階段から転落し、顔を縫う大怪我を負ってホストを辞めています。 その後、東京都杉並区の 居酒屋でアルバイトを開始し、芸能界復帰を目指して働いています。 2009年7月、「週刊文春」の記事「元ジャニーズ18人 壮絶な人生」に掲載されました。 まとめ 平成初期に活動し、短い活動期間の果てに解散となった忍者。 現在はメンバー全員がジャニーズ事務所を退社しており、芸能活動を続けているメンバーもいるものの、目立った活躍は聞こえてきません。 自然消滅による事実上の解散となり、不遇のアイドル時代を過ごした彼ら。 ジャニーズの光と闇が垣間見れる解散理由でした。

次の

忍者 アイドル部門 恐怖の追跡〜あの人たちは今?〜

少年忍者 元メンバー

元部の私、この方の記事がとても好きで自分でも妄想していたのですが、あれから月日が流れメンバーも入れ替わった現Jr. のユニット所属メンバーで新たに編成を本気で考えてみました。 《選出メンバー》 (7名) (5名) 美 少年(6名) 7MEN侍(6名) 少年忍者(22名) 計46名 若干少なめですが全員でA部門のコンクールに出場できそうです。 よかった。 ハイトーンが得意なまちゅみじゅでトップ争いしていてほしい。 決してパワー系ではなく伸びやかなハイトーン。 ヤンチャな2年生組(うきりゅ)は俺の方が上手い!いや俺のが上手い!先輩!聴いてください!!俺のが上手いですよね!?と張り合っていてほしい。 んで瑞稀先輩にお前らうるさいと一蹴されてほしい。 浮所の音は間違いなくパート1デカいし、龍我はめちゃくちゃクリアな音色してそう。 そんな先輩たちに臆することなくガンガン割り込めそうな1年生2人。 経験者のヴァサは演奏面に関しては手はかからんが例に漏れず騒がしい。 すぐこれ余裕っすよとか言う。 けどなんだかんだ影で個人練ちゃんとしてる。 リズム感が良いので刻みも得意。 初心者の久保廉は何にもわかっちゃいないので3年生が譜読みから教えてあげている。 ポジティブ故に出来なくても全然落ち込まない。 可愛いので先輩たちも構ってあげたくなる。 まじでうるさそうだしひたすら楽しそう。 めちゃくちゃ穏やか。 この4人がホルンを吹けばそこはもう森。 裏打ちしかない曲でも、裏打ちも大事な役割だからってちゃんと理解して文句言わなそう。 こう見えて激しい曲も得意だし細かいアーテュキレーションもキレッキレにキメてくれそう。 全員真面目なのできちんと個人練で詰めてくるし、宮近先輩と藤井先輩が2人でパッセージのニュアンスとかとか細かく話し合ってきてくれるのでパー練が濃そう。 部内でもトップクラスの実力者な宮近先輩にみんな絶大な信頼を寄せているので、宮近先輩の言うことは絶対。 でも宮近先輩はみんなに「どう思う?」って聞いてくれる。 唯一の直属の後輩つーちゃんにめちゃくちゃ愛情深く指導する青木ねえさん見たい。 つーちゃんは閑也に憧れてチューバ志望してたけど、身体と楽器の大きさ合わなくてホルンになった。 ホルン構えたつーちゃんはさすがに可愛すぎる。 絵面が強。 唯一1年がいないパートなので1年からは見掛けで恐れられている。 (実際に話せばあっぱらぱーな人ばっか) みんな小〜中からの経験者だが、元サッカー部のりゅせは全くの音楽初心者で入部。 持ち前の明るさと無邪気さでこのメンツにも物怖じせずガンガン絡みに行き速攻馴染んだ。 大光が暴れ出しても誰も止めないしむしろ感染していくのでパー練は進まないけどみんな実力者だから合奏では合わせてくる。 気怠そうに見えて実は楽器への愛が人一倍強かったりしたら沼。 こんぴは抜群のピッチ感覚でハーモニーの要だし(2ndがいいな)、ジャなエロいソロは元太にお任せあれだし、涼くんはめちゃくちゃまろやかな優しい音鳴らしそう……黒田くんは緩急の付け方が上手くてスライド捌きもしなやか、明るいりゅせの音色はマーチに合う。 大光は持ち前の肺活量とテンポ感で安定させてくれそう。 ボーンらしく重厚感があってセクシーな雰囲気も出せるメンツで個人的には気に入っている。 ペット側がまつくトップの曲は元太がトップ、瑞稀がトップの曲は涼くんがトップで隣同士並んでて欲しい。 ゆうぴは目立って欲しいけどTpやSaxとかはなんとなくしっくりこなくて、全体をさせる優しさとメスな華やかさの両面を持ったユーフォに。 初心者入部だけど期待されて1年の頃から少しずつソロとか任されて育てられていそう。 で、先輩にそうしてもらったように自分もにソロパート分けてあげてそう。 甘〜い音出しそうだからリアコ。 のボケにチャハ!!けろさ〜って言いながらツッこんであげてそう。 ゆうぴいたらなんでも楽しそう。 ポワンとした雰囲気と清らかな歌声を兼ね備えているにも、ユーフォでたっぷり歌って欲しいな。 閑也は絶対低音だなと思っていて、やバリサクも持たせてみたけどやっぱりチューバ閑也の安心感がダントツだった。 安心してテンポ任せられそうだし、みんなが乗っかるだけで良い豊かな響きを作ってくれそう。 忍者の筋肉番長も土台()がしっかりしてて身を預けられそうな安心感があるので。 関係ないけど楽器運搬めちゃくちゃ頑張ってくれそう。 彼のアのように軽やかで正確で品がありそう。 オブリガードや装飾を舞うように優雅に奏でて欲しい。 一世はフルートしか似合わんかった。 というかフルートが圧倒的に似合いすぎてた。 フルートを吹く一世様の横顔一生見ていたすぎ。 楽器常にピカピカに磨いてる絶対。 北川さんにはソロでビブラート効かせてめちゃくちゃ歌って頂きたい。 パート違うのにしょせと個人練中2人で合わせたがりそうすぎ。 かわいい。 連符はちょっと苦手そうだけどガッツで食らいついてくる。 通陽はバイオリンは弾けるがフルートは初心者。 器用でとても練習熱心なので如恵留先輩に目をかけられ大事に育てられている。 通陽めっちゃ楽譜に書き込みしてそうでかわいい。 楽譜真っ黒な通陽かわいい。 毎回毎回演奏記号の意味をちゃんと書いてそうで愛おしみが強い。 しめちゃんはクラパの絶対的トップ。 めちゃくちゃ指回りそうだし正確そう。 しめちゃんの吹き方にみんな合わせる。 ベークラ3年がしめちゃんだけだけど2年のメンツ見てほしい、めちゃくちゃ安心できる。 くんは出来るまで個人でぜったい詰めてくるし、川﨑プロ、檜山くんは小学校からクラやってるベテラン。 しかも川﨑プロが1年の面倒まで見てくれるから超助かる。 ちなみに川﨑プロはの名出身。 は冷静かつラップ仕込みのリズム感のあるぽんさんに任せたい。 くん檜山くんはコンクールで他校の女子にイケメンって絶対騒がれる。 他校の女子に声かけられてる所をうきりゅに見られて「なんでなの!」とか言われる。 たきしょせがクラ構えてる姿ぜったいかわいい。 ちっちゃいかわいい。 がっちりダイナミックなうみんちゅの低音にのっかるれあたんのつき抜ける高音気持ち良さそう。 3年のW中村なかなかバランス良さそう。 嶺亜先輩ピッチに厳しそう。 パー練も愛ゆえのドSだけど、出来た時は「いいじゃん!」ってめちゃくちゃ褒めてくれそうで好き。 大昇にはやっぱりのびのびと歌ってほしいからサックス。 アルトと迷ったけど艶っぽいちょっと大人な雰囲気が出てきたからテナーで。 演歌もいける。 あとゆうぴがユーフォなので2人で対旋律で目立って欲しいな。 独自の世界観に浸れるおりにも自分らしく歌ってもらいたいからアルト。 めちゃめちゃ感情込めるしめちゃめちゃ身体動く。 故に客席から目立つので演奏会での見つかり具合が半端ない。 かいるは期待の新人枠。 アルトでも構えるにはまだちょっと大きそうでかわいい。 3年になる頃にはバリバリにソロ吹きこなしていたら泣いちゃう。 ダブルリードは職人肌気質というか、部内でも個性的な人が多いイメージなのでそんな人たちを集めた。 他パートからも一目置かれてそう感ある。 がりやばの中に放り込まれる1年ということで他パートの先輩から密かに心配されていた陸人くんだが、彼も普通に変人だったため今では安心されている(?)。 陸人くん猪狩より歴長いし2年にしたかったけど、後継者問題で1年生にした。 あとめちゃくちゃ指回りそう。 さん鬼速そう。 何故かパート紹介の演出にしぬほど拘ってそう。 こう見えて繊細な表現が意外と上手かったりしそうな3人なので、ソロでは魅せてくれそうでわくわくする。 作ちゃんもコンクールで他校の女子にざわつかれて欲しい。 指揮者を見つめる鋭い目つきとか、手元見る時の伏し目とか絶対恋。 でもいざ話しかけてみるとちょっと様子がおかしいことに気づかれるので発展はしない。 ピチカートの指捌きがプロそう。 1人しかいないパートで頼れる人もいない中、責任持ってかつ楽しんでやってくれてる。 珍しいパートだから本人も気に入ってる。 パー練の時はゆうぴや閑也が誘ってくれて低音パートと一緒にしてる。 かわいい。 楽器運搬でめちゃくちゃ頼りになりそう。 筋肉あるから演奏も力強そうだしロールむちゃくちゃ速そう。 1年は向上心が凄くてめちゃくちゃいい奴。 2年は自由&パラダイス。 パー練はわいわいがやがや。 個性豊かな後輩たちをが優しく見守ってそう。 湧ちゃんはドラムとかとか大物系、ゆせスネア、しょまたんシンバルとかグロッケン(マレット構えるしょまたんぺろすぎ)、うっちーは小物(楽器苦手なイメージ強すぎるけど大丈夫かな…)、星輝は器用すぎて5パートくらい掛け持ちしたりする。 4本マレット余裕。 そのうち自作の楽器作り出す。 うちしょまビブラスラップとかカバサとか珍しい楽器ほどやりたがる。 よくパーカスがやらされがちなポップスのフリーダンス、全員ノリノリでやってくれそうで良い。 《役職》 ・部長・・・(Hr) ・副部長・・・(Fl) ・セクションリーダー・・・(Tu) ・セクションリーダー・・・(Cl) ・会計・・・本髙克樹(Cl) ・会計補佐・・・雄登(Cl) ・楽譜係・・・藤井直樹(Hr)、深田竜星(Tb)、稲葉通陽(Fl)、長瀬結星(Per) 幹部の圧倒的トラジャ率。 信頼と実績のトラジャ。 1人1人の個性を尊重してくれそうな部長と、包容力のある副部長。 実力が折り紙付きなのでついて行きたくなるセクリ。 チューバがセクリってあんまり無いかな…?とも思ったけど、振りとかを考えてる閑也だから俯瞰的な視点を持っていそうだなと。 会計は秀才ペア。 楽譜係は自ら「やりま〜す!」って言ってくれそうないいやつ選抜。 《各グループ内の編成》 (Tp1、Hr1、Tb1、Tu1、Fl1、Cl1、B. Sax1) (Tp1、Tb1、Eu1、Ob1、CB1) 美 少年 (Tp2、Hr1、Fl1、Cl1、T. Sax1) 7MEN侍 (Tb1、B. Tb1、B. Sax1、Fg1、Per1) 少年忍者 (Tp2、Hr2、Tb2、Eu1、Tu1、Fl2、Cl4、A. Sax2、Ob1、Per5) トラジャはバランスの良さすごいし(1パート1トラジャの安心感あるよね)、忍者は忍者だけで小編成の曲出来る。 美少年は花形に集うしHi侍は個性の塊すぎて愛。 《配列》 Fl・ObとCl隊をどっち前に持ってくるかで数十分悩んだ。 しめちゃんの位置にいて欲しいなっていうのと、この配置ならアルト(ソプラノ)とテナーどっちも手前に持って来れるな〜ってのとでこっちにしてみました。 低音もなんとなくこっちの方が合わせやすそうなイメージ。 こう並べてみるとすごい景色だな……顔の圧でゴールド金賞…………(?) 並べて気づいたけど直管(Tp、Tb)のパワーすごそうすぎて負けちゃうかな……クラもっと欲しいとこだけど妄想なので悪しからず…… こんな感じですかね…。 この妄想で1日潰れました。 楽しかったです。 また演奏して欲しい曲とか思いついたら追記しようと思います。 omochigocchi.

次の

美 少年・佐藤「結構歳いってる、30代」発言が波紋、7 MEN 侍はメンバー間キスに視聴者騒然【ジャニーズJr.チャンネル週報】(2020/04/12 21:00)|サイゾーウーマン

少年忍者 元メンバー

メンバー [ ] メンバー プロフィール 備考 (やなぎさわ すすむ) 1967-03-07 (53歳)、、出身 リーダー (しが やすのぶ) 1968-08-03 (51歳)、、出身 1994年に脱退 (えんどう なおと) 1969-04-20 (51歳)、、出身 (まさき しんや) 1969-05-29 (51歳)、、出身 (たかぎ のぶひで) 1970-03-11 (50歳)、、出身 (ふるかわ えいじ) 1971-07-11 (49歳)、、出身 1994年に脱退 概要 [ ]• 同事務所に所属していたグループ「」より、7月24日にソロレコードデビューしたのバックダンサーとして、「 シゲダン」の俗称で結成された。 その後、グループ名が正式に「 少年忍者」となり、テレビ、ラジオ、また、とともに『』として、コンサート活動などを行っていた。 が、CHA-CHAでの活動が忙しくなったために脱退。 掛け持ちが難しくなった以外にも、中村と他メンバーとの不仲も遠因にあった。 春、少年隊のミュージカルで実績を積んでいた平家派出身の古川栄司が大抜擢される。 そしてグループ名も新たに「 忍者」に改名された。 1990年、より「」でデビュー。 キャッチフレーズは「 世界は忍者を待っている」だった。 また、デビューシングル用のコスチュームデザインを手がけたのは『』『』などの代表作を持つ・だった。 デビュー曲はの「」をリメイクした楽曲であり、当時「日本の伝統文化を取り入れた、演歌のような楽曲も歌えるアイドル」という形でデビューした。 その流れは、現在のに引き継がれている。 1990年当時、史上最短記録のデビュー4ヶ月で初出場(その後、が記録更新)、他この年各音楽新人賞を総なめにする(最優秀新人賞については、ジャニーズ事務所が「歌謡曲部門」でのエントリーを求めたが認められず、不満をもっていたことが日刊スポーツに報じられた)。 アニメ『』主題歌「」を含む初期3作品は、美空ひばりの歌をリメイクしている和風楽曲。 映画「」の吹き替え版では、メインキャラクター達の声を6人が担当した。 ~の間には、のに計6回出場。 6回中3回、2回戦進出している。 に志賀、古川が脱退。 古川については、太ったために社長から痩せるよう言われても無視していたら契約を更新されなかったとのこと。 同年、「 四銃士」名義で系『'94』イメージソング「」発売。 、事実上のラストシングル「」発売。 さらに、ラストアルバム『』の発売後、、「KYO TO KYO'97秋公演」へのゲスト出演を最後にグループ活動休止となった。 正式な解散発表及び解散コンサートは行っていない。 エピソード [ ]• 初期の主要曲ではソロパートのほとんどを、歌唱力が飛び抜けて高かった正木が担当した。 その後、中期になると歌唱力が安定してきた古川もリードボーカルに加わるようになり、後期には他のメンバーもソロパートのみならずまでもこなすようになった。 パートに分かれて歌う時は、主に「正木・柳沢・高木」と「古川・志賀・遠藤」に分かれて歌っていた。 活動休止後 [ ]• 柳沢超は、2000年にへ移籍。 現在はティーズナインハーフに所属し、芸能活動を続けている。 正木慎也は、現在はCINEMACTに所属し、芸能活動を続けている。 高木延秀は、のマネージャーを経て、一般企業に勤務している。 遠藤直人は、に勤務している(ヤング・コミュニケーションは傘下の会社である)。 古川栄司は、芸能界復帰を目指しながら、居酒屋でアルバイトをしている。 志賀泰伸は、医療関係の仕事をしている。 ディスコグラフィ [ ] については「」を参照 シングル [ ] 発売日 タイトル カップリング 最高 順位 1 (水雲SINGLE) See You Again…! 3位 お祭り忍者(陽炎SINGLE) 無頼-BU RAI- 10位 2 霧の仮面(ペルソナ) 9位 3 ヘイセイ・ブギー 11位 4 REPLAY 17位 5 YAMATOネシアから愛を込めて 21位 6 男一匹日本晴れ 20位 7 ソウル・ベイビー・ベイビー 49位 8 瞳は未来を映してる 48位 9 バトル・チャレンジャー 37位 10 Harapeko(元祖"ハウス"MIX) 57位 Harapeko(TVCFバージョン) 11 モンキー・マジック(オリジナル・カラオケ) 69位 12 わがままに抱き合うのさ 圏外 アルバム [ ]• 1990年10月2日「」(ビデオ付きミニアルバム)• 1991年3月22日「」• 1991年8月21日「」• 1991年12月21日「」• 1992年7月10日「」• 1993年4月1日「」• 1993年7月21日「」• 1994年12月21日「」(ベスト盤)• 1996年1月20日「」 シングル・ビデオ [ ]• 1991年10月 1日「Summer Fiesta 忍者〜狂熱のライブ」• 1991年10月 1日「Summer Fiesta 忍者〜ドキュメント」• 1993年12月 1日「忍者見聞録」 主な出演作品 [ ] バラエティ番組 [ ]• (9月17日 - 11月1日、) 新宿南口にあった「新宿コメディシアター」からの生放送。 制作:、演出:。 低視聴率のため、早々に打ち切りとなり、最終回では演出の澤田が視聴者に、番組打ち切りの旨を謝罪発表した(コメディシアターはその後閉鎖され、成人向け映画館となった)。 (、TBS)• (フジテレビ)• 映画 [ ]• (1988年)• (日本語吹き替え版ビデオにて声優出演)• (主演:高木。 柳沢・遠藤・正木の3人も友情出演) Vシネマ [ ]• ラジオ [ ]• 少年忍者のMidnight War()• 忍者、ナン者、モン者!! 忍者の今夜もお祭り(文化放送)• 忍者のハート・ロック 三十分一本勝負(文化放送)最終回 舞台・ミュージカル [ ]• ザ・サスケ()• 「少年隊ミュージカルPLAYZONE」シリーズ(通称・プレゾン、PZ)• PLAYZONE "MYSTERY"()• PLAYZON'87 TIME-19()• PLAYZONE'89 Again()• PLAYZONE'90 MASK()• 砂の上のサンバ(1993年 柳沢・遠藤・高木)• のバックダンサーとして結成されたため、事務所内でのグループの呼び方は当初「 シゲダン」だった。 その後、やのバックを務めたり、「」に参加した。 メンバー [ ]• サポートメンバー [ ]• 藤沢裕介• その他数名 楽曲 [ ]• いずれも、音源化されていない• 恋のボーダーライン(TBS『おじゃまします』のテーマ曲)• TAKE OFF(のカバー)• 大脱走• KAMIKAZE• 日本よいとこ摩訶不思議(のカバー)• レッツ・メイク・メモリー• FAIRY TALE いまむかし(作詞・作曲は)• 若さの伝説 四銃士(別ユニット) [ ]• 、系『'94』のイメージソング「」を発売。 の『』や、テレビ朝日のバレーボール中継などに出演した。 メンバー [ ]• ディスコグラフィ [ ].

次の