みぞおち 左側。 みぞおちに感じる違和感や圧迫感の原因は?

みぞおちの左側がシクシク痛い

みぞおち 左側

スポンサーリンク 背中の左側に出る痛みは左背部痛とも言われますが、背中の痛みが左側に出る場合に考えられる病気について紹介します。 背中の痛みが左側に出る 背中の痛みが左側に出るというのは、文字通り、背中の左側だけが痛くなる症状です。 筋肉痛によって痛みが出ているのなら問題ありません。 筋肉痛の次に多いのが捻挫です。 動かすことでも痛みが発生しますが、ほとんどの場合においてアイシングと安静にすることで回復します。 人によっては、天候によって神経痛のように背中に痛みが出るという方もいます。 しかし、そうではなく何かしらの重大な病気を知らせるサインが背中の左側に痛みとして出てきている可能性もあるのです。 背中の痛みが左側に出る場合、 心臓の病気や肺の病気、胃の病気、すい臓の病気が多くみられます。 背中の痛みが左側に出る胸の病気 狭心症 狭心症はみぞおちから左胸、胸からのどにかけて痛みが出るのですが、 背中の左側に出たり、左肩や左腕に出ることもあります。 狭心症の場合、痛みは発作的に突然出て、数分経つと痛みが無くなるのが特徴です。 もし、痛みが30分以上継続するようでしたら、狭心症ではなく、心筋梗塞の可能性が高いです。 心筋梗塞 心筋梗塞は狭心症のように痛みが発作的に突然出て、その痛みが30分以上継続します。 もしくは数日前から数週間前には、ちょっとした弱い痛みが出たり、短時間の発作が出たりする場合もあります。 狭心症と同じく背中の痛みが左側に出る、みぞおちから左胸に出ます。 他に左手の小指が痛くなったり、虫歯でもないのに奥歯が痛くなったりする場合もあります。 スポンサーリンク 肺がん 背中の痛みが左側に出る病気の原因として肺の病気があります。 肺の病気の場合、右の肺なら背中の右側、左の肺なら背中の左側といったように 異常がある肺と同じ側の背中が痛くなる傾向があります。 一番心配しなければいけないのが肺がんです。 肺がんによって出血が起こることで、その周辺が炎症します。 それが背中に近い場合には背中の痛みとして出ます。 また、肺の奥で腫瘍が大きくなると背中の神経を圧迫する場合があり、そのため痛みが出ている場合があります。 しかし、 肺がんではなく、肺炎やただの風邪であっても背中の痛みが出る場合もあります。 背中の痛みが左側に出る内臓の病気 胃の病気 背中の痛みが左側に出るのは、胃の病気に関連している場合が多々あります。 背中の痛みが左側に出たり、肩甲骨の内側の痛みに出てる場合、 胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がんの場合があります。 これらの病気の場合、多くは胃やみぞおちの痛み、空腹時に痛くなり、食事をすると治まったり、吐き気、嘔吐、げっぷなどがみられます。 背中のみに痛みが発生した場合、 胃の病気とは考えない方が多いため、発見が遅れることが多いです。 すい臓の病気 背中の痛みが左側に 鈍痛として出てくるのは、すい臓の病気の可能性があります。 特にすい臓がんの症状で特徴的なのは左背部痛です。 すい炎やすい臓がんになるとみぞおちの奥から左の背中にかけて、何とも言えない重い鈍痛がします。 鈍痛は夜中から朝方にかけて起こり、痛みで起きてしまうこともあります。 人によっては鈍痛ではなく、痺れるような痛み方をする場合もあります。

次の

みぞおちが苦しい!圧迫感や吐き気の原因は?病気の可能性も大いにあり

みぞおち 左側

胃壁がただれたり、もっとひどい時には筋肉までえぐってしまうことも。 胃潰瘍の症状の特徴として、 痛み・出血・過酸症状が挙げられます。 治療を行っても再発を繰り返してしまう場合は、ピロリ菌の感染によるものもあります。 みぞおち〜左側にかけての鈍痛。 痛みの強弱は人によって異なる。 全く痛みを感じない人もまれにいる。 痛みを感じるのは主に食事中や食後。 胸焼け、酸味を感じるゲップ、吐き気など。 黒っぽい色の血を吐いたり、黒っぽい便が出る場合は、胃から出血をしている場合もある。 通常、胃酸と胃粘膜の分泌量はバランスがとれているものです。 しかし、過労や精神的なストレスなどで自律神経の働きが狂うと、胃酸と胃粘膜のバランスが崩れてしまい胃酸が多すぎる状態になってしまいます。 薬 主に解熱鎮痛剤や降圧剤 の服用のしすぎ、副作用によって胃の防御力が下がり、胃酸が胃の粘膜を傷つけてしまうことが原因の場合もあります。 がん細胞が存在していなければ、症状のほとんどは胃酸を抑える薬や、食事に気をつけることで回復します。 わかりやすく言うと、 「はっきりした原因がない胃の異常」ということです。 みぞおちの痛み• みぞおちの焼けるような感じ• 食後開始後すぐに食べ物で胃が一杯になる感じ• 食後のもたれがひどい など、症状は実にさまざまです。 薬の服用にて様子をみることがほとんど。 原因がはっきりとしていないため、治療の経過を見て途中で薬を変更することもあります。 心臓の病気〜心筋梗塞・狭心症〜 みぞおちが痛いのに、心臓?と思うかもしれません。 しかし心臓の病気になると、心臓の直接的な痛みや違和感以外にも、 「放散痛」と言って、周辺の部位に痛みが生じるケースがあるのです。 中でも放散痛がよく生じるのがみぞおちです。 特にみぞおちに放散痛が生じる心臓の病気の1つが、心筋梗塞です。 胸の痛み• 冷や汗や、呼吸がしにくいことがある この胸の痛みが心臓が原因であるにもかかわらず、「みぞおち」と捉えてしまうことがあります。 痛みが強くないという人もいるので、注意が必要です。 タバコや、塩分・当分・脂肪分の取りすぎ、ストレスや過労などが原因とされています。 心筋梗塞は、年間発症人数が15万人にも及びます。 心筋に充分に必要な血液を送ることができない原因の1つに動脈硬化があります。 動脈硬化は、糖尿病や高血圧症などから引き起こされることが多いです。 そのため、心筋梗塞や狭心症は、その病気単独で発症するだけでなく、 他の疾患から進行して発症することもあります。 みぞおちセルフケア• 両手を軽く擦り合わせる• あたたまった手のひらでみぞおちをさする• しばらくさすったら、片方の手のひらをみぞおちに当てる• もう片方の手を軽く握る• みぞおちに置いた手の甲を軽くポンポンと10回程度叩く こちらを普段から取り入れることで、みぞおちの緊張が緩みやすくなるのでオススメです! みぞおちが苦しい!圧迫感や吐き気の原因は?病気の可能性も大いにあり まとめ ちなみにわたしのみぞおちの苦しさや圧迫感は、ストレスからくる胃の炎症でした。 消化器内科を受診し、しばらく薬を服用することでおさまりました。 ですがやっぱり忙しい現代人。 ストレスなんてす〜ぐたまってしまうので、根本解決はやっぱり 「ストレスをいかにためないか・うまく解消するか」 かなぁと思います。 ちなみにわたしが病院で気をつけるように言われた点は、• 暴飲暴食をしないこと• タバコを吸わないこと• タバコを吸っている人の近くに行かないこと• ストレスをためないこと ということでした。 まだまだ「長時間労働」や、「一生懸命働く」ことが良しとされることが多いこの世の中。 いざ!となった時に、自分を助けてあげることができるのは、やっぱり自分しかいません。 常日頃から、自分の体をよく見つめてあげることが大切ですね! どうしてもみぞおちの苦しさや圧迫感、不快感が治らない人は早めに病院を受診するようにしましょうね! そしてどうしても辛い時はしっかりと休息をとること。 あなたの体のためにできること、 少しずつでも積み重ねていきましょう^^.

次の

【胃がんの症例】みぞおちが痛み、げっぷも出る。早期胃がんだった|Open Doctors[オープンドクターズ]

みぞおち 左側

左脇腹が何だか痛い、少し様子を見てみたけれど、痛みが改善しない。 チクチクしたり、鈍痛がする。 そんな時何が原因なのか心配になりますよね。 内臓や筋肉の状態は、身体の外からでは見えない為、不安も増幅されると思います。 一口に脇腹の痛みといっても、左と右で原因が違う場合がありますし、女性と男性でも症状が異なる時があるのです。 そこで今日は左脇腹の痛みで考えられる原因をお伝えします。 病院で検査や適切な処置を受けることはもちろん大切で必要なことですが、受ける前又は受けながら、自分の身体の状態を一緒に知っていくことは身体のケアに深く繋がると思います。 意外と知られていない原因もありますので、一緒にみていきましょう。 左脇腹の痛みの主な原因 1. 筋肉痛 一番多いのが、筋肉の疲れ、筋肉痛です。 普段使わない筋肉を使った時、チクチクとした痛みが出ることがあります。 この場合は内臓系の病気ではありませんので、しばらく安静にする、休養を取ることで改善していきますが、左脇腹だけに痛みが出ているということは、それだけ普段から身体のバランスが左に傾き、左脇腹に負担がかかっている可能性があります。 利き手、利き腕、利き足があるように、私たちはどうしても使いやすいほうで身体を動かしがちです。 ある程度は仕方のないことなのですが、片方に負荷がかかり過ぎると、どんどん悪化する可能性があります。 ですので、やはりバランスがいい方が身体の負担も少なくなります。 長時間のデスクワークや同じ姿勢が続いた時は、ストレッチを左右交互に行い、適度に筋肉をほぐし、血行をよくしておきましょう。 そのような痛みがあっても、高いヒールを履く女性の方もいらっしゃいますが、ますます悪化しますし、大きなケガや転倒を招くことがありますので、履きやすい靴を選ぶようにしましょう。 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の場合も左みぞおちに痛みが出ると言われています。 胃潰瘍はストレスが原因で発症する場合が多く、胃に穴があくケースもある病気です。 食事中や食後に痛みが出ることが多いのが特徴です。 ストレスなどで自律神経が乱れると、内臓を調整する働きが悪くなり、胃酸が過剰に分泌され、胃を溶かしてしまうのです。 また胃の中の細菌であるピロリ菌によって、胃潰瘍になる場合もあります。 この場合は、消化器官を守るための粘膜がピロリ菌によって弱まる為、胃潰瘍が出来て痛みが出るのです。 ピロリ菌が消化器官に感染すると、消化器官を守るための粘膜が弱まってしまいます。 これによって、潰瘍ができてしまうのです。 黒いコールタールのような便が出ると、胃潰瘍の可能性が高いと言われていますので、便の状態を確認してみましょう。 十二指腸潰瘍は胃潰瘍と同様ピロリ菌が原因で起こることが、ほとんどで症状も胃潰瘍によく似ています。 食事中や食後に痛みが出やすい胃潰瘍に対し、十二指腸潰瘍は空腹時になりやすいと言われています。 胃潰瘍も十二指腸潰瘍もストレスが原因の場合が多い病気です。 悪化する前に日頃からストレスケアを心がけましょう。 肋間神経痛 肋骨にある「肋間神経」が痛むことで、左脇腹に激しい痛みが発生します。 神経で痛みが発生するため、長く続く痛みではなく、一瞬ピリッとした痛みが走るのが特徴です。 身体を曲げた時やくしゃみ、咳をした際、肋骨が動いてしまう時に痛みが発生します。 はっきりとした原因は不明ですが、多くのストレス、睡眠不足、神経の冷え、ウイルスの感染、疲労の蓄積などで神経が過敏になり痛みを発症すると言われています。 安静にしていても改善しない場合は、病院で受診しましょう。 急性膵炎(きゅうせいすいえん) お腹の左側には膵臓(すいぞう)という臓器があります。 膵臓は食べ物の消化を助ける酵素を分泌している臓器ですが、分泌がうまくいかず膵臓を溶かし、炎症を起こしてしまうことがあります。 それが急性膵炎です。 急性膵炎になる原因の多くは過度の飲酒で、アルコールを毎日過剰に摂取している人に多くみられます。 左脇腹の痛みに加え、お腹の上部や背中側も痛くなることがあり、下痢や吐き気を伴うこともあります。 また、症状としては左脇腹の痛みとともにお腹の上の方や背中側も痛くなることがあります。 放っておくと怖い病気ですので、このような症状が出た場合は出来るだけ早く病院に行き、適切な処置を受けるようにしましょう。 またその間は炎症を起こしている膵臓を休める必要があります。 飲酒だけでなく、食べ物や喫煙、ストレスなど身体に負担のかからないよう配慮しましょう。 膵臓がん(すいぞうがん) 女性と男性で違う原因や症状 これまでは男女とも発生する症状をお伝えしてきましたが、性別で分かれる原因、症状の場合もあります。 尿路結石 尿路結石とは尿の通り道に胆石が出来ることで痛みを発症します。 痛みの箇所も脇腹だけでなく、背中や腰、下腹部までに及び、痛みの程度も非常に強いのが特徴です。 また血尿や吐き気なども併発します。 こちらは30~60代の男性に多い病気で、年々増加傾向にあります。 主な要因としては、水分不足、ストレス、食事の偏り、尿路の細菌感染などがあげられます。 特に脂肪分が多い食事ばかりを摂取していると尿路に胆石が詰まり、尿路結石になりやすくなります。 また水分が慢性的に不足すると結石が結晶化しやすくなるので、水分を適量取るようにしましょう。 排尿を増やすことで結石が詰まるのを防ぐことが出来ます。 その際は結石ができやすいと言われるコーヒーやジュースではなく、水またはお茶を飲むようにして下さい。 尿路結石になると、泌尿器科での治療になります。 軽症の場合は、尿の回数を増やして結石を流す、いわゆる「自然排石」という治療方法になりますが、悪化している場合は自然に流すことができにくい為、手術が必要になります。 重くなる前に早めに受診して下さいね。 婦人科系の病気 こちらは女性のみの病気になります。 子宮や卵巣の病気が原因で左脇腹から少し下にかけて痛みが現れます。 月経の異常がある場合は特に注意が必要です。 違和感を感じたら、早めに受診しましょう。 また女性に多い便秘が原因の場合もあるようです。 便秘も冷えと同様、万病の元です。 慢性的にならないよう、食べ物や生活習慣に気を配りましょう。

次の