ブラック ペアン 10 話。 ドラマ『ブラックペアン』<第1話>見逃し無料動画4月22日

ブラックペアン(ブラペ)8話の見逃し配信の動画を無料で見る方法「猿之助が大ピンチの回」

ブラック ペアン 10 話

「ブラックペアン」あらすじ TBSでは4月期の日曜劇場 毎週日曜よる9時 で、嵐・二宮和也主演の『ブラックペアン』を放送する。 二宮が日曜劇場で主演を務めるのは初めて。 また、TBSの連続ドラマに出演するのは、2008年10月期放送の金曜ドラマ『流星の絆』以来10年ぶりとなる。 原作は海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」 講談社文庫。 日本の医療問題を、エンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂。 彼が最初に発表した小説「チーム・バチスタの栄光」の原点となるのが「ブラックペアン1988」である。 シリーズ累計150万部を突破しており、熱烈なファンを持っている。 二宮が演じるのは、天才的な手技 縫合技術 を持つ外科医・渡海 征司郎。 大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。 そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。 技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか? この技術導入に裏はないのか…? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。 そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。 外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマだ。 皮肉屋で真意がどこにあるのかつかめない渡海を、二宮がどう演じるのか? 第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を始め、数々の演技賞で高い演技力を評価されてきた二宮。 彼の新たな一面が見られる作品となるはずだ。 また、二宮は外科医を演じるのは初めて。 天才的な手技を持つ役とあって、すでに手術見学などの事前勉強を始めている。 渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う一方で、「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン 止血用鉗子 に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。 大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく男の生き様を描いた人間ドラマ、日曜劇場『ブラックペアン』をお楽しみに。 引用:ドラマ公式サイト 同枠ドラマ(日曜劇場)の視聴率 同時間帯の過去ドラマの視聴率は どの程度だったのか確認していきましょう。 9-刑事専門弁護士- SEASON2 2018年冬ドラマ(1~3月) 最高視聴率:21.

次の

ブラックペアン(第10話最終回感想) 渡海先生の学習机にぐっとキた

ブラック ペアン 10 話

必ず 「動画見放題&定額レンタル8」というセットプランのお試し入会を選びましょう。 お試し入会はお一人1回までなのでセットプランの方がお得です。 情報を入力していきます。 この段階で決済情報も入力します。 「DVDレンタル8」の確認。 「動画見放題」の確認。 これでセットプランへのお試し入会は完了。 すぐにメールで両プランの手続きが完了した通知がきます。 お試し入会時に宅配レンタルとのセットプランでの登録を忘れずに。 二宮和也• 竹内涼真• 葵わかな• 倍賞美津子• 小泉孝太郎• 内野聖陽 ドラマ『ブラックペアン』|視聴者の感想と評価・評判 ダークさが魅力の異色な医療作品• maru• 50代• 実写化ブラックジャック• など医療物が好きな人で、飽きが来てる人にはうってつけです。 勧善懲悪・爽やか・コメディー・ラブ、軽いドラマが主流の中にあって異色の作品となっています。 主人公である「オペ室の悪魔」こと、渡海征司郎 二宮和也 は、困難な手術ができない同僚の外科医たちを退職に追い込み、その退職金と引き換えに手術を成功させ医療事故を未然に防ぐという天才医師です。 毒づき方や立ち振る舞いが、ドクターXとはまた違ったダークさのある物語にしています。 他の出演者は、爽やかな研修医役で竹内涼真、エリート医師役に小泉孝太郎、謎の看護師に 趣里と個性派ぞろいです。 主演の二宮和也もうまかったけれども、小泉孝太郎もはまり役で好感度大でした。 ドクターXより、続編を期待してしまうドラマでした。 二宮の白衣姿は、モシャモシャの髪や蟹股気味とあいまって、後ろ姿はアニメ銀河鉄道999に出てくる星野哲郎みたいでした。 なんとなくファンタジックでミステリアスな雰囲気があるため、医療ドラマにするより映画向きな話かもしれないと思いました。 天才の裏の顔が見れる作品• riri• 20代・女性• 渡海先生は本当に心臓手術をするのが上手で、みんなが認めるほどいい腕を持っているのですが、性格がすごく悪いところがみんなから避けられているのがとても見どころでした。 渡海先生は他の医者が救えない患者さんを自分の手で救い出し、報酬として大金をもらっていたのですが、その噂が広まって渡海は悪者にされていたのがとても気になりました。 しかし、その渡海先生がもらっていた大金が寄付金として使われていたことを知ったラストはとても感動したシーンでした。 渡海先生にこき使われながらも頑張る世良の姿はとてもおすすめポイントです。 世良は渡海先生にしごかれながらも頑張って医者としての技術を盗んで頑張ろうとする姿に応援したくなるところでした。 世良はすごく渡海先生のことを慕っていたのですが、渡海先生がある日からいなくなってしまったので、一番寂しそうにしている姿がとても可愛くて見どころでした。 患者を救おうと頑張っている医者たちの姿はとても必見です。 細かいディティールにこだわらないなら面白い医療ドラマ• ガリバー• 30代・男性• とある地方大学病院で働く天才心臓血管外科医のストーリーです。 ドクターXほどはぶっ飛んでないですが、白い巨塔ほどリアルではありません。 二宮和也の演じる主人公、渡海と教授以外の医師たちの手術の下手さ、想定外の自体への対処のできなさは凄まじいものがあります。 もし自分が患者だったら絶対にこんな病院では手術してほしくありませんね。 だって成功率ほぼ0%ですよ。 オペ室で繰り広げられる茶番劇を温かい目で見守りましょう。 また自分の書いた論文がいかに名の知れた雑誌に掲載されるか、いわゆる「インパクトファクター」という単語がしょっちゅう出てきて笑えます。 大学病院の医師なら確かに論文も大切ですが、そんなことより目の前にいる患者の手術を上手にやってくれよ。 と思わずにいられません。 途中まで悪の象徴で描かれていた教授ですが、最後には悪者にならないように上手に(?)話をまとめています。 もしそうだとしても、もう少し前に何とかなっただろ、と突っ込んでしまうこと間違いなしです。 まぁ、フィクションという事で許されるレベルですね。 好きですよ、こうゆうドラマ。 機械と人間の腕どちらの方が信用できるか?という作品• 20代・男性• 渡海先生に厳しく当てられながらも一生懸命に医師としてのスキルを養っていくのだという世良先生が一番見どころだったのだと考えられる。 穏やかだという二宮和也さんが演じているとは思えないくらいに、常に毒舌で冷酷な態度を取り、自分の腕に過信し、お金にこだわるという渡海先生のドSっぷりが素晴らしかった。 ドラマのタイトルである「ブラックペアン」に関しては奥深い意味があったとのことに驚く。 佐伯先生と渡海一郎先生の間のエピソードが特に印象的である。 一郎先生は自分の責任だという形を取ることで医者をやめてしまったものの、佐伯先生や一郎先生は最初に渡海先生に対して真相を話すべきだったのではないだろうか。 それで渡海先生が苦しめられてきたのだと思うと悲しくなってしまう。 ブラックペアンの謎も解決したとのことで、渡海先生は今後もたくさんの人の命を救っていくようなことをやってほしい。 また、世良先生も研修医を卒業し、一人前の医師として患者に向き合っていくという続編も見てみたいと感じさせるドラマだった。 渡海先生の毒舌や天才的なオペの手さばきが見どころの作品• miyu658• 50代・女性• 1話から二宮演じる渡海先生は、衝撃的な登場だった。 暗い表情で険しいたたずまいでスタッフや同僚医師たちを見下した態度で偉そうな嫌な奴だなと思った。 がオペ室の悪魔と呼ばれるだけあって毒舌を吐くだけではなく手術の手さばきは右に出るものがないほど見事だなと思う。 執刀医が患者に対して打つ手がなく、オロオロしている状況で渡海が「1,000万払ったら命を助けてやるよ。 」と駆け引きを仕掛けてくる。 これが悪魔と呼ばれるゆえんだなと思う。 生死をさまよっている患者の前で放つ言葉ではなく渡海とは一体どんな人間なんだろうか?と思った。 それとは対照的な人物に研修医の世良の存在がある。 純粋で医師として患者に寄り添うタイプだ。 不幸なことに担当医が渡海である。 毎回の罵声に自信を失いかけ、渡海に潰されるのでは?と不安になったが、世良は渡海の見た目の人格そのものより自分の目の前で、渡海が難易度の高い患者のオペをいくつも成功させているのを見るたびに渡海の医療に対する姿勢に魅せられ、尊敬へと変わっていくプロセスがよかったと思う。 世良は、見かけより本質に気づいたのだと思う。 また、渡海も世良に縫合させたり、手術中にいきなり「後はお前がやれ」と任せて去っていく場面があったが、どこかで渡海なりに世良を認めて、信頼しているのだなと嬉しく思った。 毒舌の裏には隠された彼なりの優しさが宿っていて良かったと思う。 渡海も佐伯教授に対する憎しみから歪んだ思考が定着してしまったが佐伯の件が誤解だったと判り渡海の流した涙は見ているこちらまでジーンときた。 今までの悪い感情を全て洗い流してほしいと思った。

次の

TBS日曜劇場「ブラックペアン」第10話

ブラック ペアン 10 話

ブラックペアン 第10話最終回 「さらば渡海!二人の天才の宿命とは・・・」 渡海先生の部屋 渡海先生(二宮和也)の事を知るために、実家へ押しかけた世良くん(竹内涼真)。 マジナイス 渡海先生のプライベートルームに最高に興奮しました。 いつまであの部屋使ってたんでしょうねっ 市民病院に勤めてた頃はその部屋使ってたってことですよねっ? 小学生が使うみたいな学習机・・・た、たまらんっ・・・ あそこに座って黙々と勉強してたんですか?渡海先生。 20代になってもずっと。 えーなにそれー超かわいいやーん 若干、洋服とかタオルとかお布団が使ったまんまな状態になってるっぽくて「え、それは洗濯したり押し入れにしまった方がいいんじゃ・・・?」みたいな気持ちになりましたが。 そいや渡海先生ずっと仮眠室で寝泊まりしててお布団とか干してなさそうだったんで、あまり気にしない家だったって事でいいかな? 辻褄あっちゃった。 あと、手術の紐結ぶ練習したやつ残してたみたいですが・・・ なぜ残す? 個人的にはホコリとかたまって掃除しにくいし捨ててーと思っちゃうんですけど・・・ 「初めて練習してから今日で1000個目」とかカウントしてたんでしょうか。 えーだとしたらかわいいー 床ドン レストランで倒れちゃった佐伯教授を助けた時の、渡海先生の意図せぬ床ドン。 あーでもトキメキすぎて心肺停止しちゃうかな・・・ 凄腕の渡海先生も、心停止の原因がトキメキとなると、呆れて助けてくれなさそうだな・・・「死んどけ」とか言われそう。 むしろ全国にはブラックペアンで挟めば助かる人もいっぱいいるかもしれないわけで。 だったらそれを論文にしてもいいぐらいじゃないんだろうかと思ってしまいました。 きっと佃製作所あたりが体に害のないペアン作ってくれんじゃないかな。 妄想ですけど。 (by下町ロケット) あと挟むだけならあんなにデカイ器具じゃなくても・・・ てかそもそも、ペアンでしか助けられなかったってその場で言えば良かったのに。 過去に救命病棟24時ってドラマでも、進藤先生(江口洋介)が緊急手術した患者のお腹にペアンを残したまま閉じて、小嶋先生(松嶋菜々子)がいる大学病院に患者を送り届けたってことがありましたよ! その時は「こんな応急処置、見たこと無い・・・」みたいな感じでみんな感動してたし! そんな感じで良かったじゃないすか! うーん、佐伯先生にも見せてあげたい。 救命病棟24時。 佐伯組とは・・・ 論文の発表会で急遽黒崎教授が教壇に立ちかわりに演説をしたわけですが・・・ あんなに佐伯先生を崇拝していたわりに、全然理解してないやないかーい 確かにぶっつけ本番ではシドロモドロになるのもわかります。 でも、佐伯先生の信念とか、論文の内容とか、熱い想いとか、そういうの伝えなきゃ!!ってならないもんすか!? もっと佐伯先生の魂の叫びを叫びましょうよ! 部外者の日本外科ジャーナル編集長の方が佐伯教授の思いを代弁するってどういう事ーー!! 佐伯教授というより、東城大のチーム体制に疑問が残っちゃいますよねー。 佐伯先生も渡海先生の成長を楽しむ前に後輩指導ちゃんとやろ? 渡海先生しか育ってないよー!! ペアンを取ったら大出血 お父さんの無念を晴らそうと、ただただ一心不乱に癒着したペアンを取り外そうと躍起になる渡海先生(と高階先生)。 いや、ちょっと待ってちょっと待って 医者じゃない私だって「それ、突然取ったら大出血じゃない!?」って思いましたよ!!?? なぜ気づかないのだ!!どうした!!ご乱心?やっと復讐が終わるってことで慌ててたの!? 佐伯先生もそら慌てるわ! 「渡海!なぜわからない!それを取ったら大出血だぞ!」って言ってあげてー! 猫ちゃんもわかりそうなもんなのにー! なんか、飯沼達二さん、色々巻き込んじゃってごめんね。。 って気持ちになりました。 私がw 結局猫ちゃんの正体とは? 全部の謎が解ける的な予告を見た気がしたんですが、渡海先生と猫ちゃん(趣里)の関係、結局わからず終いでしたよね? もう勝手にいろんな妄想が広がって、佐伯先生とあのやたらと声の色っぽい師長との隠し子じゃない!?とか、 飯沼達二の娘なのかな?とか、 実は渡海先生の彼女?とか、色々考えたんですけどね。 渡海先生の邪魔をするなら、あなたを許さない、みたいな感じでめっちゃ美和ちゃん(葵わかな)を脅してた理由はなんだったんでしょうかぁ・・・ うーん、焦らしに焦らされ放置プレイ! 今度スペシャルでもやるんでしょうか。 その時に明らかになったりするなら、うん、まぁ許す! 渡海先生の次のモチベーション お父さんの復讐に燃えていたけれど、蓋を開けてみたらお父さんと佐伯先生の固い絆に打ちのめされて、復讐必要なーしって感じになりましたが。 渡海先生、しばらく燃え尽き症候群みたいになっちゃいそうですよね。 毎日あのレントゲン見て奮い立たせてたのに・・・ 突然その目標が無くなったら、やる気でなくなっちゃいそうです。 風邪とか引かなきゃいいけど・・・ スペシャルとかやるかな? 最終回で佐伯教授がいっきにハンドルを切って超聖人キャラになってしまいましたが! これこそが日曜劇場って感じで良かったですねw ブラックペアンでスペシャルドラマとか、第二弾をやるとなると、また次の敵を作らないと中々ストーリー作るの大変そうだな、と思いますが、むしろ次は復讐とか関係なく完全なる医療ドラマになったとしたら、それはそれで面白そうなんで見てみたいなーと思いました。 渡海先生の、佐伯先生の処置中に言った「こういう時に声届くぞ」って一言、すごく良かったと思うんですよ。 そういうの、もっとやりましょ!! あ、そういえば、渡海先生って下の名前「征司郎」って言うんですね。 渡海征司郎。 なんでしょうか、この、くすぐったい感じw 最終回にして、やっぱり渡海先生にトキメイちゃったなー。 よし、明日の朝は卵かけご飯にしよーっと。 第10話最終回感想 渡海先生の学習机にぐっとキた.

次の