仮面 を かぶる。 仮面(かめん)とは

【仮面浪人】大学に通いながらでも受験をサポートしてくれる塾・予備校

仮面 を かぶる

ガラスのようにもろくこわれやすい仮面。 人は素顔を隠してそれをかぶる。 これは、少女まんが『ガラスの仮面』が、テレビまんがとして放映された際(1984年 日本テレビ|エイケン制作)のOPナレーションの言葉である。 『ガラスの仮面』は、美内すずえによる少女まんが作品。 連載誌は『花とゆめ』で、第一話が掲載されたのは、今から遡ること42年前の昭和51年のことになる。 以来、休筆時期は挟んだものの、40年以上に渡り愛され続け、今なお未完という作品になっている。 その類まれな演技を絶賛した尾崎は、彼女に『紅天女』の上演権をも与える。 しかし、舞台上での予期せぬアクシデントにより、月影は女優の命とも言える顔に醜い傷を負ってしまう。 芸能界での居場所を失い、ひっそり暮らす彼女の前に現れたのは、貧しさの中で母と暮らす演劇好きの少女…北島マヤ。 -あなたのファンより-という、匿名で書かれた手紙が添えられるが、その正体は明かされぬまま。 70年代初頭、アイドル歌謡草創期と言われる時代より、以後も数えきれないほどの女性歌手が現れた。 まぶしいほどの輝きを放ち続けた者もいれば、現れた途端に消え失せてしまった者もいた。 それはどこか、宇宙における星の営みにも似ていた。 さまざまなタイプの歌手が現れた中、歌詞を捉える能力に長け表現力豊かと言われた者、歌声に表情があると評される者も存在した。 今から35年前の冬から春の頃、巷で流れていた『春なのに』を唄っていた柏原芳恵(以後、芳恵嬢)も、これに該当したと言えるのではないだろうか。 作詞・曲:中島みゆき 編曲:服部克久、J. サレッス 芳恵嬢の芸能界デビューは、1980年6月1日。 14歳の中学三年生の時で、阿久悠&都倉俊一両氏による『No. 1』でスタートを切った。 そこから2年半が経過した83年初頭、ようやく方向性が定まりはじめ、中島みゆきが書き下ろすという形が実現した曲が『春なのに』である。 前作『花梨』(82. 大人の歌手として歩むべく、心機一転をしたばかりの頃である。 歌謡曲における中島みゆき提供曲は、これ以前にも存在するのはご存知のとおり。 『花梨』に続く、ニューミュージック畑からの起用。 この時期の、芳恵陣営における並々ならぬ意欲が垣間見える策と言える。 かつて存在した、とあるアイドル誌では、各歌手のスタッフが登場しモノ言うコーナーがあった。 そこでも芳恵陣営からは、「今年はいくぞ!」宣言が飛び出していたと記憶するのである。 『春なのに』以前、デビューからしばらくの芳恵嬢と言えば、そのふくよかで低めの落ち着いた声質が一定の評価を受けていたものの、安定の面ではまだまだといった頃。 その声質が良い形で活かされるようになったのが、3作目『㐧二章・くちづけ』 80. 25 、5作目『ガラスの夏』(81. 25)あたりの良作。 そして、デビューから1年4か月後に発売の7作目『ハロー・グッバイ』(81. 15|オリジナルはアグネス・チャンのアルバム収録曲)では、初のベストテン入りとなり38万枚を超える大ヒットに。 チャート上位の常連になっていた同期組(田原俊彦、松田聖子や河合奈保子)に、ようやく追いついたのがこの地点だったのである。 それら過程で、芳恵嬢の見た目や歌声は驚くほど研ぎ澄まされていった。 ビジュアルに関しては、『㐧二章・くちづけ』のあたりだったか。 デビュー当初に見受けられたヤボったい部分が払拭され、急速に垢抜けていった。 歌手デビュー時に、あれこれイジくられてしまったものが戻った…と書く方が正しいのかもしれないが。 デビュー曲『No. 1』で着用の、スリット入り黒ドレスにモサい髪型、そして、例の腰ヒッコンダンス。 それらはどう見ても、中学三年生の女子には相応しくないモノだったかと。 苦笑) 歌唱面での上達が顕著になったのは、『春なのに』の二作前となる『あの場所から』(82. 21|オリジナルは朝倉理恵)あたり。 そして『花梨』へと繋ぎ、聴き手の多くに「おや?」っと思わせる、強弱コントラストの付いた歌声に変わっていった。 ピアニシモとフォルティシモが、歌の中で共存と書けば分かりやすいのだろうか。 新たに取り入れたピアニシモ唱法は、口角を上げた状態で、ひとりごとをつぶやくような柔らかさ。 女優が、セリフでも読んでいるかのような響きにも似た…そんな歌い方である。 ガラスのようにもろくこわれやすい仮面。 芳恵は素顔を隠してそれをかぶる。 新しい唱法を取り入れ、表現力もアップ!芝居を演じる女優のごとし、語るように唄う技を身に着けた芳恵嬢。 『春なのに』の次作は、山口百恵作品で知られる阿木・宇崎コンビによる『ちょっとなら媚薬』。 夏にはオフコースの松尾一彦を起用した『夏模様』で、ロストラブを切々と。 秋には、松山千春書き下ろしのフォーク路線『タイニー・メモリー~ちいさな思い出』をしっとりネットリ。 そして、冬には中島とふたたびコンビを組んだ『カム・フラージュ』で、偽物両想いにさせられるオンナを演じるなど、新生ぶりを十二分に見せつけたのである。 楽曲の質、歌唱力とビジュアルが三拍子揃ってグーンと良くなり、目を見張るものがあった時期。 『春なのに』|テーマ 主人公には、想いを寄せる人がいる。 その人は同じ学園にいて、熱く見つめ続けてきた大好きな人。 しかし、卒業式の日は無情にもやってきてしまう。 まだ想いも打ち明けていないというのに。 会えなくなるのは、卒業だけが理由なのですか?卒業しても、今までとおり…会ってくれるのでしょう?あふれる想いを抱きながら、温めてきた気持ちを告白するつもりだったのに…。 彼の口からこぼれてきたのは、素っ気なく冷たい言葉。 春なのに…お別れなのですね。 春なのに…涙がこぼれます。 なにかが生まれるはずの春なのに…ため息がまたひとつこぼれるのです。 『春なのに』|聴きどころ 1:ピアニシモとフォルティシモが共存。 成長著しい、表現力に長けた歌声 2:春なのに…胸に悲しく突き刺さる!中島みゆきが紡いだマイナー調のメロディー 3:全編に響き渡る、透明感ある美しいストリングスの調べ レコード盤に針を落とすや否や聴こえだすのは、透き通るようなストリングスの調べ。 それは、どこまでも美しく響き渡るが、異様な冷たさも感じさせる音色。 予想だにしない、ひんやり風が吹きすさび、薄着してきたことを後悔し不安になる…ちっとも暖かくない、いじわるな春の日を思わせるような冷たさなのである。 ストリングス多用も相まってか、楽曲全般にクラシックを思わせる高尚な雰囲気が漂う。 が、その声色は一変するのである。 さほどの想いもなさげな言葉がお相手クンの口から飛び出して、主人公の不安は的中。 我に返るかのような「それだけですか」。 凄みのある、低い声が突然轟くさまにはゾクっとさせられる。 この声は、芳恵嬢本来の持ち味を活かしたフォルティシモ唱法になる。 虫は蠢きはじめ、青い芽を吹いた小枝が風に揺れ、つぼみが花を咲かせる時期だからである。 これまでずっと、熱き想いを温めてきた主人公。 しかし、肝心のお相手クンは卒業を理由に主人公の前から消えようとしている。 卒業したとて、会いたい気持ちがあれば会えるはずなのに。 けれど、そうするつもりはないらしい。 かろうじて、社交辞令的な?握手は求めてくるけれど。 主人公が思い描いているのは、こんな場面なんかじゃない。 このお相手クンこそが主人公にとっての『No. 1』(この時点での)であり、『毎日がバレンタイン』なラブラブ状態。 次のステージへと進み『㐧二章・くちづけ』も夢見る『乙女心何色?』な女子で、夏までには『渚のシンデレラ』になりたいくらいの願望は持っているはずなのである。 「卒業しても…僕と会ってくれるかい?」 優しく、とろけるような甘い言葉。 主人公は、これを待ち焦がれていたはずである。 しかし、その願いは脆くも崩れ去るのである。 よりによって卒業式という記念すべき日に、ガ~ン。 銀のスプーンで心をくるくる回される?そんな甘っちょろいものとは比較にならんほどの、激震走る『ハロー・グッバイ』。 このお相手クンは、主人公にハローするや否や、「用は済んだナ」とばかりに即行グッバイしたんだろ?クソ~っ!!そして、主人公の脳内では、 君の話はなんだったの なんだったの なんだったの これが延々と こ・だ・ま するのである。 よくある、映画やドラマの一場面のように。 瞳からは涙があふれ、ため息が二つも三つも出るという、失恋が決定的になった場面。 心のふるえが止まらない『ト・レ・モ・ロ』状態である。 苦笑)その憤りをこめてか、ここでもフォルティシモ唱法にあたる、凄みの効いた低音ボイスが効を奏すのである。 春という季節には不似合いの、なのになのにの物語。 みゆき作品における題名の多くは、「とは?」と質問したくなる含みを持たせた短いタイトルがとても多いのである。 本楽曲は最高6位、17週、33. 4万枚と、『ハロー・グッバイ』に迫る大ヒットになった。 TBS『ザ・ベストテン』では最高2位まで登りつめたし、NHK『紅白歌合戦』に初出場した際もこの曲を披露している。 その本番では、白いミニから真っ赤なロングドレスへの早変わりを見せたが、それが上手くいっての芳恵ニンマリ顔が未だに忘れられぬ。 笑) ガラスの仮面をかぶり、著しい成長を見せたおそろしい子…芳恵。 やもすると、この表現は「大袈裟である」とのご意見を頂戴しそうでもあるのだが、まんが『ガラスの仮面』に絡ませてあるのでご容赦のほど。 しかし、相当に伸びたことは事実なのである。 そんな芳恵嬢に、超強力なファンが現れることになる。 時は1986年10月19日、秋たけなわの候。 新宿・厚生年金会館で行われた、デビュー7周年記念コンサート『お・ん・な 飛翔』での一幕である。 そのファンとはどなたかしら? 浩宮 さま(現:皇太子 徳仁親王|当時26歳) なのであ~る、ジャジャーン。 陰ながらどころか、威風堂々とファン宣言もカマされていた点である。 和なら芳恵、洋ならブルック・シールズとおっしゃっていたはず。 皇室のお方が、アイドル歌手のコンサートへお見えになる…ということで、会場は報道陣でごったがえした。 そして、芳恵嬢がロイヤルアイドルの座を確固たるものにした理由がこれになる。 浩宮さまからのプレゼント=バラの花 北島マヤに贈られた紫色でも、花束形式でもなかった。 しかし、凛とした存在感を放つ、ピンク色のバラ一輪。 一輪だけ?と高を括ることなかれ。 このバラは「プリンセス・サヤコ」(当時の雑誌記事参照)と名付けられた特別品種で、時のフランス大統領、ミッテラン氏の夫人より、紀宮清子内親王(現:黒田清子さま)へ捧げられたもの。 それを大切に育て上げ、宮家の庭園で咲き誇っていたものを芳恵嬢にプレゼントしたのである。 高貴さを漂わせ、一輪でも格別な雰囲気を漂わすというバラ。 しかも、浩宮さまから芳恵嬢へ、直々に手渡しされたというのだからコーフンするエピソードである。 コンサート前日の浩宮さまのご動向は、来日中のスペイン王女が開催したパーティーへ飛び入りのご参加。 その機会こそが、現:皇太子妃殿下(雅子さま)との出会いの場となるのだが。 お妃さがしに躍起?になっていた時期と重なるし、その翌日には芳恵嬢のコンサートへ足を運ぶ予定になっていたという事実。 これは思い付きだけではない、それなりの理由があったに違いないと勘ぐるのは、的中なのか邪推なのか…ナゾ。 そして、その高貴なバラを芳恵嬢へ贈ったのにも、浩宮さまの本気度がチラリと見え隠れ?どうにもこうにも、妄想が止まらなくなってしまうのである。 ちなみのそのバラ、特殊加工を施した上で永久保存仕様に。 今でも芳恵宅の、一番大切なところに飾られているといふ。 70&80年代アイドル、歌謡曲、ピンク・レディー、昭和ポップカルチャー好き。 高円寺・円盤「鈴木啓之のミュージックガーデン」、FMおだわら「ラジオ歌謡選抜」にゲスト出演。 「歌謡曲リミテッド」でコラム連載中。 ブログ「昭和TVワンダーランド」の運営者です。

次の

私たちはいつも“仮面”をつけている!? 『泣きたい私は猫をかぶる』監督が語る|ニフティニュース

仮面 を かぶる

劇場版アニメ「ペンギン・ハイウェイ」などで知られるスタジオコロリドが手がける劇場版アニメ「泣きたい私は猫をかぶる」(6月5日公開)の人気バンド「ヨルシカ」が手がける主題歌「花に亡霊」のミュージックビデオ(MV)が4月22日、公開された。 MVについて、日之出賢人の声優を務める花江夏樹さんは「歌詞が作品とリンクしていて思わず涙がこぼれてしまいますね。 (主人公の)ムゲが大人になっていく姿とだんだん力強くなっていく音が重なって引き込まれてしまいました」と語っている。 ヨルシカは、ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中のn-buna(ナブナ)さんが女性シンガーのsuis(スイ)さんを迎えて結成したバンドで、2017年から活動を開始した。 MVは、これまでヨルシカのMVを手がけてきたぽぷりか氏がディレクターを務め、劇中のシーンを使って構成されており、今回初公開となる場面も登場する。 ムゲと日之出が手をつなぐ場面や浴衣姿でのキスシーン、物語の鍵となる場面も描かれている。 花江さんは「泣き猫の雰囲気にとても合った音と切なくもすっと入ってくる歌声がとてもすてきだと思いました」とコメント。 ムゲ役の志田未来さんは「自分に素直になれない気持ちや抑え込んでしまっている気持ちをゆっくりと解放してくれるようなヨルシカさんの美しい歌声と、はかなくも抑揚のあるメロディーがとてもすてきな曲だと思いました。 私自身、学生時代のあの夏を思い出して甘酸っぱい気持ちになりました」と語っている。 ディレクターを務めたぽぷりか氏は「映画本編とは違ったヨルシカのMVらしい空気感が出るようにという意図のもと編集しており、表現豊かなムゲの表情や仕草と、後ろ姿ばかりであまり表情の読めない日之出君が何を考えているのか、イメージしながら見ていただけるとうれしいです」とコメントしている。 「泣きたい私は猫をかぶる」は、愛知県常滑市が舞台で、ムゲ(無限大謎人間)と呼ばれる中学2年生の笹木美代が、猫に変身できる不思議なお面で猫になり、クラスメートの日之出賢人に会いに行く……というストーリー。 「おジャ魔女どれみ」などの佐藤順一さん、「千と千尋の神隠し」などに参加してきた柴山智隆さんが監督を務め、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」などの岡田麿里さんが脚本を手がける。

次の

泣きたい私は猫をかぶる:ヨルシカ主題歌「花に亡霊」MV公開 花江夏樹「思わず涙が…」

仮面 を かぶる

の授業で作られた仮面 顔を覆って隠すことはさまざまな意味合いがある。 他人からはわからないということのみならず、装着するマスクがかたどっている・・(実在架空を問わず)等そのものに人格が変化する(神格が宿る)とも信じられ、古くから宗教的儀式・儀礼またはそれにおける、あるいはなどにおいて用いられてきた。 こうした性格のものは、日本においては一般的にはマスクといわれず、 仮面と称されることが多い。 そうした仮面舞踏(儀礼)は、紀元前4000年ごろにすでに行われていたという。 これは当時に描かれたアフリカの壁画から推測されている。 日本における最古の仮面はの土面であるという。 いっぽう、顔を隠すという意味合いが強いマスクは、日本においては一般に 覆面と呼ばれ、「覆面」や「」などのように用いられる(なお、上記の衛生マスクと同様に、神事・仏事、または貴人への配膳の際に口を覆って息がかからないようにするためのものも覆面と呼ぶ。 一般になどによって作られる)。 しかしながら、中世ヨーロッパにおいておこったでの「仮面」は、上記の宗教的儀式のように仮の何者かになりきるわけではなく、顔を隠すという意味合いが強い。 よって、布などのやわらかい素材で顔を隠す(顔を覆う)マスクを覆面といい、硬質の素材で作られたマスクを仮面と呼ぶような用法が日本では一般的とみられる(これは物品に対するものであり、言語そのものに関することは国語辞典などを参照されたい)。 日本における伝統芸能である(能楽)などに用いる仮面()等は、わざわざ仮面とは称さず、単に と呼ぶ(専門的には「おもて」と呼ぶ)。 そうした面のていねい語( 幼児語 [ — ])が お面であり、現在でも祭礼などの際に大道でが子供向けにさまざまな物を販売している。 このように、面・仮面・覆面などはすべてマスクではあるが、日本においては用法に微妙な差がある。 仮装用マスク [ ] 覆面レスラー() 以下に、こうした演劇・芸能等に用いられるものではない用マスクの実例などを述べる。 いわゆるパーティーグッズとしての仮装用マスク(変装マスク)はゴム(軟質プラスチック)製()で、動物や架空または実在の人物の顔を模して作られたものが多い。 頭全体を覆う(頭からかぶる)タイプでは、目・鼻・口などの部分に穴が開いている。 種類としては、、が人気があるという。 また、やを批判するPR活動のときに、その政治家の顔を模したマスクが用いられることがある()。 これらのマスクで著名なのは米国社()や日本のオガワゴム製のものである。 ドンポスト社では政治家や前述のフランケンシュタインなどののやなどのキャラクターマスクを商品化していた。 また、これらは頭からかぶるため「かぶりもの」とも俗称される。 言葉のニュアンスとしては仮面とも覆面とも言いがたく、仮装用マスクとしか言いようがない。 ゴム製のものも多くラバーマスクとも呼ぶ。 フィクションでは『』の登場人物のの着用例が挙げられる。 を模した形状の場合は バタフライマスクとも呼ばれる。 古くはが挙げられや素性を問わず男女が交遊できたという背徳的な雰囲気から用いられるようになったと推測される。 ではこれ以外にも顔全体を覆い隠すものも複数種で用いられており ヴェネツィアマスクとも呼ばれる()。 ジョークグッズのひとつとして、の下にをつけ、それをメガネと組み合わせたものも鼻マスクと呼ばれているが、用の鼻マスクとは異なる。 ひげメガネ、鼻メガネともいうが、ヒゲ無しのものやだけ付いたものもある。 また、本来「」(鼻眼鏡)はツル無しメガネの総称である。 の日本において、やのを行う際に「百眼(ひゃくまなこ)」と呼ばれるアイマスクが用いられたことがある。 長方形の紙に眉毛などを描き、目の瞳部分のみをくりぬいたもので、その表情のおかしさから人気を呼び、のちに当時の先進的な演劇であったにも取り入れられた。 また、では同様の「半面」を現在でも用いており、の意匠としても知られる。 これも一種の仮装用のマスクである。 アフリカの仮面 [ ] の族の仮面 アフリカ大陸では、それぞれの地域に住む部族が、祭祀のために、それぞれ独特の仮面を作ってきている。 これらの仮面は、大陸の各国が離合集散を繰り返してきていても、しばしば国境線を超えて、以前からの部族社会が各地で生き残っていて、独特の仮面を維持している。 その多くは美術的にも高く評価されている。 しかし、これらアフリカの仮面については、ヨーロッパ(とくにフランスや英国)や米国(たとえばアイオワ大学) で研究や紹介が行われている ものの、日本では、ほとんど紹介されていない。 インディアンの仮面治療 [ ] の(ネイティブ・アメリカン)の多くの部族では、仮面には呪術的な強い力=霊力があると考えられており、(=医者)が仮面を被って病気の治癒を祈祷する「仮面治療」(=医療)が一般的に行われていた(いる)。 そもそも、病気と言う物は、「魂の抜けた状態」と考えられており、「悪霊の仕業」か「悪い呪術師の呪い」によって起こると考えられていたからである。 また、儀式で病気を治す仮面の呪術団(仮面団)が存在し、病気を治してもらった者は、仮面団に加わり、治療の手伝いをする義務があった。 デスマスク・ライフマスク [ ] 、の項を参照のこと。 脚注 [ ]• 2017年5月28日閲覧。 『青淵(せいえん)』 (渋沢栄一記念財団)、2007年12月号 705号• 『青淵』(渋沢青淵記念財団)、2005年5月号• 関連項目 [ ].

次の