意味がわかると怖い話解説付き。 【意味怖】意味がわかると怖い話①【解説付き】

この意味がわかると怖い話分かりますか?曰く付きのアパートに引っ...

意味がわかると怖い話解説付き

目が覚めたら台所で母が死んでいた。 母のそばで父が泣いていた。 「由美?お母さんは浮気をしていたんだ。 そしてお父さんの事もお前の事も捨てて他の男と出ていこうとしていたんだ。 だからお父さんが殺してしまった・・・。 許してくれ。 」 そう言ったあと父は座って俯いたままだ。 母を殺してしまったこと、そして何より母に裏切られたことがよほどショックだったのだろう。 私は父を通報するつもりはない。 これからは父と2人で暮らしていこうと決めた。 意気消沈している父にはしばらく休んでいてもらおう。 私は1人で母の遺体を隠そうとした。 すると母の倒れていた場所に数枚の紙きれが落ちていた。 私はそれを繋げた。 【由美? お父さん は狂っている 逃げて】 由美?の解説 狂っている父親に由美も殺されてしまう、と思えそうな話ですが実は犯人は由美。 母親は由美に殺される直前にメッセージを残していました。 【お父さん 逃げて 由美?は狂っている】となるはずでしたがメモに気づいた由美が破りさってしまったのです。 由美自身がその事に気づいていないのは由美がいま正気に戻っているからです。 狂っているときの記憶がなく本当に父親が母親を殺してしまったと思っているのでしょう。 2人が「由美?」と疑問形にしているのは「お前は本当に由美なのか?」「あれは本当に由美なの?」という意味が込められています。 もし由美が「母親を殺したのは自分」と気づいたらまたおかしくなって今度は父親まで殺そうとするかもしれない。 そう考えた父親は由美を刺激しないために嘘の話をでっちあげて自分が犯人のフリをしているのです。

次の

【閲覧注意】意味がわかると怖い話⑥【解説付き】

意味がわかると怖い話解説付き

最悪・最恐・大凶の気持ち悪い【ミサキシネ】 意味が分かると怖い話 意味が分かると怖い話短編其の9 短編、謎解き、キモイ、 最悪 この話は最恐に気持ち悪くて読了感が最低の意味が分かると怖い話です。 最後まで読んで意味が解ってもうわ~って感じでスッキリしない意味が怖い話エンターテイメントとしては失格な話です。 読む方はくれぐれもご注意を! ミサキシネ 美咲ちゃんの家は幸せいっぱいでした。 かっこいいお父さんと優しいお母さんに囲まれて笑顔がいっぱいでした。 ところが 美咲ちゃんが小学生の時にお父さんが仕事の事故で亡くなってしまいました。 お母さんと二人だけになってしまった美咲ちゃん。 「お父さんは天国で見ててくれるから頑張って生きような」 お母さんと美咲ちゃんは励まし合いながら二人で生きました。 病気でした。 亡くなる直前にお母さんは美咲ちゃんに赤いお守りを渡してくれました。 「苦しくてもお父さんとお母さんが天国から見てくれてる」 それが美咲ちゃんの心の支えでした。 ところがやっぱり苦しくて耐え切れたいようなこともあります。 美咲ちゃんはおかあさんからもらったお守りを開けてみました。 「きっとお母さんが守ってくれる」 美咲ちゃんはそう思っていました。 お守りの中からは小さな紙切れが出てきました。 「美咲、死ね」 手紙にはそう書かれていました。 私にも理解が出来ない怖い話でした。 美咲がいなかったらお母さんはもっと女として生きられたのに・・・• そう言いたかったってことなのかしら。 怖すぎる!メッチャクチャに読了感が悪すぎる話です。 てっきり心が温まる系の話かと思いきや。 さすが意味がわかると怖い話だけある。 きっちりと怖く落としどころを作っています。 何でお母さんはミサキシネって書いたの??訳わからへんわ。 ひょっとしてお父さんが死んで「美咲、あんたがおらへんかったら・・・」ってずっと考えてたのかな。 意味が分かると怖いというか、意味が分かるとへこむ話や!読むんやなかったな。

次の

【解説付き】最後の言葉

意味がわかると怖い話解説付き

厳選した意味怖を30話ご紹介します。 問題部分はコピペですが、解説部分はコピペではなく筆者の言葉です。 あなたは何問解けますか? 例題 まずは意味がわかると怖い話の練習をしてみましょう。 あなたはヒントなしで解けますか? 意味怖の例題 ちなみに、この画像は筆者が作ったものです。 笑 分かりましたでしょうか? では、分からなかった方のためにヒントを。 ヒント 色が変わっている部分をよく見て考えてください。 ほら、わかりましたよね? そうです。 答えは、「静岡さん」という人物のお肉という意味です。 意味がわかった瞬間にゾッとしませんでしたか? これが「意味がわかると怖い話」です。 では、さっそく本編に参りましょう。 旅行 昨日は海へ足を運んだ 今日は山へ足を運んだ 次はどこに運ぼうか…… 頭を抱えて悩んだ 実は昨日から手を焼いている …案外骨が折れる 重い腰を持ち上げた 電話が鳴っている 友人に頼むむねを確認し明日までには終わらせようと腹をくくった 解説 バラバラになった死体を山や川に運んで捨てに行っている。 ドラえもん ドラえもんのいつもの食卓の時間 今回は違った 今回は足元にねずみが這いずり回っていた ドラえもんは恐怖のあまり、手に持ったフォークでねずみを突き刺した なんども、なんども そして、串刺しにしたねずみを発狂したドラえもんは壁に叩き付けた 壁にへばり付いたねずみ そのねずみの頭部がもげた・・・? もげたというよりねずみの頭の皮が剥がれ落ちたようだった 剥がれ落ちたねずみの頭は人面だった その顔は知り合いそっくりだった そのとき、ドラえもんは事の重大さにきづいた。 解説 ネズミに見えたものは、本当はネズミではなかった。 たぶん、のび太かジャイアンかスネ夫のドッキリだったのだ。 ネズミの着ぐるみを着て、スモールライトで小さくなっていたのだと思われる。 妹 俺には妹が三人いる。 同じ両親から生まれたのが信じられないくらい、性格も趣味も違うけど、唯一共通するのは妹たちは最高だってこと。 毎年俺の誕生日はご馳走が並ぶ。 妹たちの料理はうまい。 一昨年は長女のハンバーグだし去年は次女のシチューで今年は末の妹の番だってさ。 うらやましいだろお前ら。 解説 妹たちを食べてしまった。 カエル通り 俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。 それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど、田舎に住む人ならわかると思うけど、そういう道って、夏の雨が降った時とか、アマガエルが大量に出てくるんだよね。 アスファルトの所々でピョコピョコ跳ねてて、踏まないように避けて走るのなんて不可能に近いわけ。 で、ある雨の夜。 案の定カエルだらけの道を、姉は家へ向かってたんだけど、前方にノロノロ走る軽自動車があったんだって。 運転者は姉ぐらいの若い女の人らしいんだけど、10キロぐらいのスピードでフラフラ走ってて、追い越したくても追い越せないんだって。 「ここ通るの初めてなのかな?カエル避けて走るなんて無理なのに」 と思いつつ、しばらく後を走ったんだけど、右へ左へフラフラ、時々ブレーキ踏んだりして全然先に進まない。 姉も我慢の限界で、クラクションを鳴らしたそうな。 前の車の女は、後続車が来てるのに気づいてなかったらしく、驚いたようにビクッとして、猛スピードで走って行ったんだって。 「なんだ真っ直ぐ走れるんじゃん」と言った姉貴は、その直後顔が真っ青になった。 解説 その車はわざとカエルを轢いていた。 田中花子殿 ヤバいなあ。 後ろからナイフで刺されてしまった。 まさか、犯人が俺の妻だったなんてな。 出血量から見ても俺確実に死ぬじゃん。 ヤバいなあ。 そうだ、自分の血でダイイングメッセージを書こう!! いや待てよ。 あの女の名前書くより重要なことって幾らでもあるじゃん。 例えば俺が死んだ後の財産とかどうなるの? 俺の妻だから、全部あいつに行くの!? 超ヤバいじゃん。 金目当てに夫を殺すような女に一円もあげたくないなあ。 どうしよう。 そうだ。 俺の愛人の田中花子に遺産全額譲れるようにしてやろう。 遺言状を書き換えなきゃ。 ってか、そんな体力残ってねーよ。 マジ後数秒で死んじゃうんですけど。 仕方ない。 この、俺が倒れてるフローリングに血文字で書き記しておこう。 「田中花子」っと。 ……あれ、もう書けない。 ヤバ、もう指が痙攣してこれ以上書けないんですけど。 あ~、天使が見えてきた。 そろそろ限界だわ。 さよ……な……ら……。 解説 ダイイングメッセージみたいに見えるため、警察に真っ先に疑われるのは山田花子さんである。 はじめての車庫入れ 今日は、免許を取って初めての車庫入れ。 私の家のガレージはとても狭くて、奥行きなんてちょうど車1台分しかない。 だから、母が心配しながら、後ろで誘導してくれている。 「オーライ!オーライ!あとちょっと!」 よし!ぴったりガレージに収まった! 初めてにしては、私、上出来じゃない? 解説 お母さんを轢いてしまった。 家族の血液型 話変わるけどさ、俺ん家は名前に問題はないんだが、血液型が 父A 母A 俺AB 弟O 妹A と、バラバラでワロタw弟だけA入ってねぇw誰だオマエwww からお選びいただけます。 解説 両親がA型の場合、子供がO型になることはあるが、ABはほぼあり得ない。 追いかけてくる男 深夜にコンビニに行く途中で男に追いかけられた。 男は「傷…傷…」っていいながら追いかけてきた。 必死に逃げる俺に男は「痛…痛…」っていいながら追いかけてきた。 さらに必死に逃げる俺に男は「ラシ…ラシ…」っていいながら追いかけてきた。 大きな交差点まで来たところでやっと追いかけるのを諦めたらしく 男は恨めしそうに「ぬ…ぬ…」っていってた。 あの男はなんだったんだろう…。 そうか、わかったぞ! 俺は車に跳ねられた。 解説 傷、痛、ラシ、ぬ 気づいたら死ぬ つまり、男のメッセージに「気づいたら死ぬ」ということ。

次の