スパイラル センス。 スパイラルセンス株式会社の採用情報

スパイラルセンス株式会社の採用情報

スパイラル センス

【スパイラルセンスがゲーム業界に強い理由】 コンシューマゲーム会社からソーシャルゲーム会社まで幅広くお客様の要望に対応をしてきました。 今業界に必要とされているものは何か。 そしてそれに答えるためにどうすれば良いのか。 激動のゲーム業界の中で最新の動向をつかみ、エンジニア、クリエイター、セールスなど職種を問わず全員が各々の分野を常に成長させることに情熱を注いでいきたスパイラルセンスだからこそ、クライアントから信頼を得ることができます。 1.長い開発経験と人脈、後進の育成 第3世代のゲーム機の時代から第8世代の現在までゲーム開発のプロジェクト経験者が在籍し、これまでプロジェクトに関わった多くのゲームクリエイターとの人脈を大切にこれからの人材を育成しています。 2.進化するプラットフォーム、デバイスにも挑戦 ソーシャルゲームやアプリの現役開発者を抱えWEBアプリケーション開発からゲーム開発に進みたい人材にも定期的に最新の技術や実案件での経験、知識を積んでもらうため外部の開発者様との交流も重視。 コンシューマゲームだけでないマルチスキルなチームをご提供しています。 3.開発現場とのエンゲージメントへのこだわり 開発経験があるからこそわかる、開発現場で起こる問題に最適な人材を提供します。 問題解決に当たるエンジニアに対しても心身ともにサポート! 成果物コミットではないSESだからこそお客様との繋がりで最大限の成果をチームがあげられるようにサポートしています。 【アプリ・ゲーム開発】 弊社では、スマートフォン、タブレット、コンシューマゲーム機、パソコン、Webブラウザ向けなどに対応したゲームをはじめ様々なアプリケーションやエンターテインメントソフトの開発を行っております。 一般コンシューマ向けゲームやソーシャルゲームから、学習教材、一般企業様向けにゲーミフィケーションのご提案まで、経験豊富なスタッフが、企画のご提案から開発・運用までの広い範囲でのサービスのご提供を行っております。 【ゲーム業界特化ヒューマンソリューション】 ゲーム開発の経験豊富なコーディネーターが、一つ一つ異なるお客様のご要望に対して開発環境が異なる『コンシューマ』『ソーシャル』『オンライン』ゲームの現場と、『エンジニア』『クリエイター』の特性の双方をしっかり理解した上で各開発現場に最適な提案をおこなっています。 【Webソリューション】 ROIを意識した取り組みでWebプロモーションからWEBサービス開発まで一貫した制作体制でお引受けいたします。 そのために2019年は新しいメンバーの採用にも力を入れ、企業拡大に向けて更なる採用も積極的におこなっていきます。 楽しい事だけでなく、仕事の中でも辛い事がありますが、前を向いて日々進歩できる人をスパイラルセンスは求めています。 みなさまにお会い出来ることを楽しみにしております! スパイラルセンスは設立して8年目。 平均年齢29歳のエンジニア、クリエイターと40代のプロジェクトマネージャーやディレクターが在籍しています。 メンバーはとっても仲良しで若手はみんなで協力し、PMやディレクター陣のアドバイスをしっかり聞き、プロフェッショナルなメンバーは若手の思いを否定せずどうやったらその案が更に良いものになるのかを考えています。 やりたいことには積極的に手を挙げて、メンバー全員がそれをサポートしていく。 それがスパイラルセンスのお仕事のやり方です。 自社内での受託開発をはじめ、チームでクライアント社内での開発に参画することや、その分野のプロフェッショナル企業を繋ぎあわせるなど様々な手法でクライアントの要望に対応をしてきました。 高い技術力と質の高いコーディネート力を常に意識し、クライアントを同じ立場で事案に取り組むことで常に成長を続けてきています。 今業界に必要とされているものは何か。 そしてそれに答えるためにどうすれば良いのか。 激動のゲーム業界の中で最新の動向をつかみ、エンジニア、クリエイター、セールスなど職種を問わず全員が各々の分野を常に成長させることに情熱を注いでいるのが私たちスパイラルセンスです。

次の

開発・制作現場のリソース確保

スパイラル センス

私は好きなのよ。 ひとりで勝手に、終離[おわり]にしないで。 真夜中の雨は、気が利くみたい。 悲劇を隠すから。 駅通りの螺旋階段には、 明日からひとりで降りるのね。 別れ際のその言葉は、慰めにはならないのよ。 甘い期待が私を苦絞[くるし]める。 そんな急に、過去の思い出のように言わないで。 私、まだ貴方を忘れたわけじゃない。 好きよ。 なんで……。 螺旋が廻るように錯迷[さまよ]ってるの。 私は好きなのよ。 ひとりで勝手に、終離[おわり]にしないで。 ただいまとつぶやく午前0時。 おかえりは聞こえない。 洗面台にできた渦巻[うず]はぐるっと、 崩れてたマスカラを流す。 待受にした写真とか、来週の予定帳だとか、 そのすべてが棘に化悪[かわ]ってく。 最高の終わりみたいに、前を向かないで。 私、まだ貴方のように笑えないの。 行かないで……。 螺旋が落散[おち]るように抜け出せないの。 私は待ってるから。 ふたりでまた夢を見れること。 雨があがればすべて乾くように、 思い出は、美しさだけを遺しては消失[きえ]てゆくって。 醜くても何でも良い。 記憶[きず]が遺るような……ずるいキスをしてよ。 忘れたくなんてない。 そんな、過去の思い出のように言わないで。 私、まだ貴方を忘れたわけじゃない。 好きよ。 なんで……。 螺旋を描くように恋に落ちたの。 私は好きなのよ。 貴方の声も。 長いまつげも。 ひとりで勝手に、終離[おわり]にしないで。

次の

スパイラルセンス株式会社

スパイラル センス

ゲーム開発に大なり小なり困り事はつきものです。 例えば「新しいゲームを開発したいけど人手が足りない…」「こんなゲームを開発したいけどノウハウが足りない…」そんなゲーム会社の相談に耳を傾け、解決策を探し出すことが私たちの仕事です。 ある時は当社の腕利きエンジニアがお客様と一緒に開発したり、またあるときは協力会社をご紹介したり。 そしてある時は丸ごと開発を請負い、必要に応じて協力会社の方と一緒に開発をする。 そんな風に自分たちのアイデアで、ゲーム開発の困り事を解決していくのです。 ゲーム会社からのニーズだけでなく、隠れた要望を逃さないためには普段からの関係構築が必要になります。 もちろん、一緒に開発のサポートをしていただく協力会社と仲良くなることも大切です。 正直、当社での仕事は多岐にわたりますが、その先にはいつも世の中を面白くする新しいゲームの誕生があるのです。 お客様が困っているときに、より頼りにしてもらえる存在になるために、あなたの力が必要です。 「企画はあるけど、 エンジニアが足りない…」「試作品を開発したいけど、人手不足で…」 「もうゲームをぜんぶ開発してほしい!」。 そんな数々の相談に乗り、エンジニアを紹介したり、開発を丸ごと請け負ったり。 最適な方法を考え出し、形にしていきましょう。 そのようなお客様から困ったときにいつでも相談をいただけるよう、関係を深めていきます。 自社でゲームイベントを開いて招待したり、フラっとお伺いして情報交換をしたり。 「何かお困りごとないですか?」と普段から仕事をもらいにいく姿勢が大切です。 だからこそ、自社のエンジニアはもちろんのこと、フリーランスで働くプランナー、ゲーム開発を行なう協力会社に定期的にご挨拶。 普段から関係を築いておきましょう。 例えば、多くのゲーム会社が参加するゲームショーに顔を出して名刺を配るのもひとつでしょう。 いただいた名刺をもとにメールで連絡したり、電話をかけたり。 現状に課題がないかをヒアリングしていきます。 ぜひあなたの自由に、アプローチしてみてください。 入社後は協力会社を訪問しながら、ゲーム業界のことや専門用語をじっくり覚えていきましょう。 2人の先輩もあなたの成長を全力でサポートします。 入社後にじっくり身につけていきましょう。 ゲーム会社に対して人材や開発力などの"リソース"を提供し、ゲーム開発を支えている当社。 開発の一部のみを手がけたり、プロジェクトを丸ごと任されたり。 幅広い要望に応えられる強みが評価され、大手ゲーム会社をはじめとする多くの企業から開発依頼が寄せられています。 今後もお客様が困ったときに相談していただける関係を築いていくために、3人目のコーディネーターを募集することになりました。 その間の給与・待遇に変わりはありません。 ですが、実は起業するまでゲーム業界に携わっておらず、持ち前のバイタリティと営業力で乗り越えてきました。 その後、コールセンターのSVとして活躍しました。 代表からのオファーもあり、2012年に当社に入社。 今はコーディネーターや採用など幅広い仕事を手がけています。 実は、ゲームのことは入社後に詳しくなりました。 入社後の流れは? お客様や協力会社の方とのやり取りを通じて、業務知識を身につけましょう。 入社後は先輩コーディネーターのもとでゲーム会社や協力会社の方との関係構築からスタートして下さい。 その中で自然と業界知識やエンジニアさんとのやり取りの仕方が身につきます。 「ゲームは好きだけど…」「ITやゲームに詳しくないけど…」という方もご心配なく。 社内もお取引先も気さくな方が多いので、入社後3ヶ月もすると自然と知識が身についていますよ。

次の