トトロ 登場 人物。 【画像】となりのトトロ・登場人物・キャラクター・声優一覧【トリビア】

【となりのトトロ】キャラクター人気投票ランキング!トトロの中で一番人気キャラは?

トトロ 登場 人物

1988年4月16日公開。 宮崎駿の長編映画第4作。 宮崎駿の長編映画では初めて悪役が出てこないファミリー映画となります。 昭和30年代前半の日本を舞台にしたファンタジー映画になり、子どもの時にしか会えないと言われる不思議な生き物「トトロ」との交流を描いていくストーリー。 『このへんな生きものは まだ日本にいるのです。 たぶん。 』というキャッチフレーズからも良き昔を思い出させてくれる作品になります。 詳しくは「」を参照ください。 そんな「となりのトトロ」に登場する不思議な生き物、「大トトロ」と「中トトロ」、「小トトロ」、「ネコバス」などのキャラクターは大、大、大人気です。 グッズの売上はなんと1,000億を超えているといわれており、興行収入の100倍越えを記録し、スタジオジブリの売上を支える稼ぎ頭となっています。 本記事では、「となりのトトロ」に登場する「大トトロ」と「中トトロ」、「小トトロ」、「ネコバス」を簡単に紹介し、最後に『【となりのトトロ】大トトロ・中トトロ・小トトロ・ネコバスで一番好きなキャラクターは?』というアンケートの結果を紹介します。 かなりの巨大生物に見えたのですが、実は身長は2mと「ジャイアント馬場」よりも低いことが判明しました。 森の主であり、巨大なクスノキに住んでおり、大概眠っています。 植物を成長させたり、回転するコマの上に乗って空を飛んだり、何ができるのかとにかく謎です。 「トトロ」という名前は、実は「メイ」が勘違いしたもの。 宮崎駿の絵コンテには「ネムイヨーッ」と書かれており、映画で「大トトロ」が眠たげに「ドゥオ、ドゥオ、ヴォロー」と話していたのは、「メイ」に眠いと言っていただけで、それを「メイ」が「トトロって言うのね」と思い込んだということになります。 トトロはメイに『眠いよ〜』って言っただけ!? このほかにも宮崎駿の絵コンテには「大トトロ」の声が訳されています。 「サツキ」が迷子になった「メイ」を見つけることができず、「大トトロ」の前で泣き崩れた時に、「サツキ」を抱き寄せ、「ブォォォーーーー」と叫ぶシーンがあります。 絵コンテには「かわいい〜〜」と書かれており、「サツキ」を助ける等の会話は全くなされていなかったことがわかりました。 「中トトロ」の名前は「ズク」、年齢は679歳、身長と体重と性別は不明、子供にしか見ることができない生物です。 毛が青いのが特徴で、「木の実」が入った袋を持ち歩いています。 「小トトロ」と一緒に歩いているところを「メイ」に発見され、追いかけられたシーンを見ても、「メイ」の1mより身長は低いため、80cmくらいなのではないでしょうか。 「小トトロ」が109歳(後述)であることより、約570年かけ「小トトロ」から「中トトロ」へ成長します。 しかし身長差はどう見ても40cmくらいに見え、570年かけ40cmしか成長しないことがわかります。 しかし2mの「大トトロ」は1309歳であるため、これからの630年で身長が約120cmほど伸びることが予想できます。 そのため、「中トトロ」はここから驚異的な成長期を迎えることになります。 「小トトロ」はまだ子供!.

次の

【となりのトトロの登場人物】サツキとカンタの人間関係にも注目!|ジブリのおすすめ映画と感想ブログ

トトロ 登場 人物

となりのトトロ となりのトトロのトトロの由来は、メイちゃんがトトロに名前を聞いたところ、トトロが 「ドゥオ、ドゥオ、ヴォロー」と言いました。 そこで、メイちゃんが「トトロっていうのね?」となり、名前がトトロになったわけです。 「ドゥオ、ドゥオ、ヴォロー」が「トトロ」とメイちゃんは聞こえたそうですが、実際に皆さん「トトロ」と聞こえましたか? 私には「トトロ」と聞こえませんでしたが・・・小さい子には聞こえるのでしょうか? また、このトトロは 「ミミズク」というフクロウの仲間だそうで、大トトロの名前の由来もこの「ミミズク」から来ているという噂もありました。 そして、そのトトロは実際に何匹いるのか、どんな名前で歳はいくつなのか調べてみました。 キャラクターの名前と年齢 まずは、登場人物の年齢や名前を調べてみましたので、一覧で紹介します。 名前 年齢 長女 草壁サツキ 12歳(小6) 次女 草壁メイ 4歳 お父さん 草壁タツオ 32歳 お母さん 草壁靖子 32歳 大トトロ ??? ?歳 中トトロ ??? ?歳 小トトロ ??? ?歳 ここで、不明とされたトトロ達の名前や年齢について下記で紹介します。 トトロのキャラクター トトロには、大・中小のキャラクターがいます。 大きいトトロは灰色、中トトロは青、小トトロは白です。 ですが、このトトロについての詳しい情報がアニメでは出ていないので、• を1匹ずつキャラクターの詳細を見ていきましょう。 大トトロ 出典:Amazon 森の主と呼ばれ、クスノキに住んでいると言われているキャラクター。 蒔いたばかりの種をすぐさま大木に成長させたり、コマに乗って空を飛ぶことができます。 ちなみに、この大トトロ体重は2,200キロくらいのようなので、実際にコマに乗るのは無理そうですね・・・ 名前 まずは、定番の大きい灰色のキャラクターですが、名前は 「ミミンズク」と言います。 おおおとうさんトトロとなっているので、きっと おじいちゃんトトロですね。 先ほども記載した、「ミミズク」というフクロウの仲間に名前がよく似ています。 年齢 大トトロの 年齢は1302歳で、身長は2m。 まず年齢設定がすごい細かいですが、どこから1302歳が出てきたのかは不明です。 とりあえず、すごい年月を過ごしている。 ということしかここではわかりませんでした。 中トトロ 出典:Amazon トトロの横にチョコチョコと現れる中トトロ。 袋の中にはドングリが入っているそうですが、きっとドングリを落として歩いているのは中トトロの仕業ですね。 また中トトロがドングリを落としたことで、メイちゃんに居場所がバレてしまうシーンもありました。 名前 青い中トトロのキャラクターの名前は 「ズク」と言います。 こちらはとうさんトトロで、一見小さく見えますがトトロ界ではとうさんです。 横目でチラッと小さい白いトトロを見ながら、走っているところが親っぽいですよね(笑) 年齢 中トトロの 年齢は679歳で身長は書いていませんでしたが、メイちゃんと同じ高さくらいなので、予想では1m前後。 お父さんということで、人間にしたら40歳前後でしょうか? それにしても、少しおっちょこちょいな中トトロですね。 小トトロ 出典:Amazon この白い小さいトトロだけが、半透明になったり透明になったりできます。 また手がないように見えますがオカリナを拭くときに毛の中からぴょこっと出ているので、手はあるそうですよ。 出てくるトトロの中で、一番初めにメイちゃんに見つかるのがこの小さい白いトトロです。 名前 この小トトロ、チビトトロとも言われますが名前は 「ミン」 小さいトトロが、子供なのか大人なのかはわかりませんが、流れで行くと多分子供のトトロだと予想されます。 109歳がかなり若く感じます。 メイちゃんに一番初めにバレてしまって、あたふたしている感じや、中トトロにくっついて歩いてるのを見ると、かなり人間にしてもかなり若いんじゃないかな。 と予想できますよね。 トトロは兄弟?親子? トトロが兄弟なのか、親子なのかという詳しい記述はありませんが、 おおとうさんトトロ・とうさんトトロとあるので一般的に考えて親子なのではないかと思います。 また、大トトロが70歳前後(おじいちゃん)と仮定すると、下記のようになります。 (公表されているトトロの年齢から18で割ってみたものです。 ) おおとうさんトトロ 72歳 とうさんトトロ 37歳 小さいトトロ 6歳 この年齢差で兄弟というのは少し考えにくいかなと思います。 性別 性別についても詳しい表記はありませんが、おおとうさんトトロ・とうさんトトロということで、 オスの可能性が高いです。 また、メイちゃんやサツキをとても気に入ってること、そして中トトロが青色ということで、性別はオスではないか。 という声も上がっていました。 ですが、実際にはお化け?か妖精ということで、性別はないと考えるのが良いのではないでしょうか? 食べ物 大トトロは 1年で巨木の木のどんぐりを何十本分も食べるそうですが・・・ 小トトロや中トトロは何を食べるのでしょうか? 調べてみたところ、やはり どんぐりか木の実を食べているのではないか。 というところにたどり着きました。 というのも、中トトロの袋の中にはどんぐりがたくさん入っているのと、エンディングにキノコやどんぐりを食べるシーンが出てきます。 なので、 山にあるキノコや木の実やどんぐりを食べているのではないでしょうか。 まとめ 気になるけど意外にもアニメには出てこないトトロの仲間のキャラクターの名前や年齢。 大トトロ:「ミミンズク」で年齢は1302歳• 中トトロ:「ズク」で年齢は679歳• 小トトロ:「ミン」で年齢は109歳 ということでした。 今では、小さい子供にとても人気があるトトロの仲間達なので、小さい仲間のキャラクターのことをもっと知って、また改めてアニメを見てみるのも良いですね。

次の

【となりのトトロ】キャラクター人気投票ランキング!トトロの中で一番人気キャラは?

トトロ 登場 人物

荻野家の一人娘。 すぐ卑屈になって我侭を言ったり両親に頼ろうとする典型的な都会育ちの一人っ子、現代っ子気質。 10歳の少女。 髪は焦げ茶色の。 私服はクリーム色と黄緑色のに赤色の半ズボンを穿いている。 両親と共にに迷い込む。 神への料理を口にした罰を受けてにされてしまった両親を人間に戻し、元の世界に帰るために湯屋「油屋」の経営者である湯婆婆と契約を交わし、名前を奪われ「千」となって湯屋で働くことになる。 初めは仕事の手際も悪かったが、湯屋での経験を通じて適応力や忍耐力を発揮していく。 物語の中盤ではこれからどうしたらいいのか分からずいじけていく中、ハクが差し出した「千尋の元気が出るようにまじないをかけて作った」を食べ、ずっと自分を心配してくれていたハクの優しさと思いやりに触れた事で、声を上げて泣きじゃくるほど感情を露わにする。 オクサレ様を接客した際には、最初こそ鼻を摘んで湯婆婆に叱られたり、ヘドロ塗れのお金を受け取って悲鳴を上げて身震いしていたが、体から大量の廃棄物を引っ張り出して中の河の神を救い出す。 映画終盤では暴れるカオナシを鎮め、坊の親離れに一役買い、傷ついたハクを救うなど活躍する。 龍の姿のハクにニガダンゴ を食べさせたときには、力づくでハクの口をこじ開けている。 千尋が油屋に迷い込んだ期間は宮崎のインタビューでは三日程度としている。 に自分の名前を書くシーンでは、「荻」ではなく「 获」と書いている。 千尋役のオーデションには女優のも参加していた。 外見年齢は12歳。 魔法使いの見習いで、湯婆婆の弟子であり、また番頭として湯屋の帳場を預かってもいる。 作中で初めて千尋と会ったときから彼女の力になる。 釜爺によれば、千尋同様忽然と湯屋に現れ、湯婆婆の弟子になることを懇願したという。 釜爺は「魔女の弟子など、碌な事は無い」と反対していたが止め切れず、その後は湯婆婆の手足として利用されるようになった。 中盤以降、白龍の姿でも登場する。 その正体は、千尋が以前住んでいた家の近くを流れていた「コハク川」という川の神だった。 本名は「 ニギハヤミコハクヌシ」(英語版では Kohaku River とされている)。 最終的に千尋の尽力で本来の自分の名前を取り戻し、湯婆婆の支配と銭婆の呪詛から救われる。 千尋が解放された後は湯婆婆に話を付けて弟子を辞めると語り、いつか千尋に会いに行くと約束した。 千尋の家族 荻野 明夫(おぎの あきお) 声 - 千尋の父親。 38歳。 建築会社に勤める サラリーマン。 愛車は。 体育会系で 、良くも悪くも肝の据わった性格で、基本的にどんな事にも物怖じしない反面、後先考えない行動をとってしまいがちな浅慮な一面も強い。 引っ越しのときには道をよく確認しないままどんどん進んでしまい、いつの間にか不思議の町に迷い込むが、千尋や悠子の制止を聞かずに面白がって進み続け、結果的に千尋が異界に迷いこませてしまう直接の原因を作った。 挙句に町の飲食店に迷い込んだ際、勝手に食事に手をつけてしまい、豚の姿に変えられてしまった。 最終的に元の姿に戻ったが、豚になっていたときの記憶は無くなっており、落ち葉に埋もれた愛車を見つけて驚いていた。 モデルは日本テレビので、千尋のモデルとなった奥田千晶の父。 車の運転や食事シーンに奥田の個性が反映されている。 荻野 悠子(おぎの ゆうこ) 声 - 千尋の母親。 35歳。 不思議の町に迷い込んだ際、夫につられて勝手に食事に手をつけてしまい、夫と一緒に豚の姿に変えられてしまった。 作中で名前は明らかになってはいない。 やや自分勝手な夫に苦慮しながらも、さり気なく夫に寄り添う仕草を見せる。 娘の千尋に対してはドライに振る舞うことが多いものの、千尋を心配したり、気にかけてくれるなど、面倒見が良く温かい面を持ち合わせている。 夫同様、最終的に元の姿に戻った。 モデルはジブリ出版部に勤務する女性。 湯婆婆とその関係者 湯婆婆(ゆばーば) 声 - 湯屋「油屋」の経営者で正体不明の老。 二頭身という人間離れした体格で顔も大きい。 強欲で口うるさく、老獪な人物として描かれている。 その一方で息子の坊を溺愛しており、ハクに指摘されて坊が行方不明になったことに気付き、ハクに詰め寄るほどに激しく取り乱していた。 の世界から迷い込んできた千尋を最初こそ拒否していたが雇い、名前を奪って「千」と呼ぶ。 油屋が閉まる明け方になると黒いマントに身を包み、コウモリのような姿になって湯バードと共に彼方へ飛び去っていく。 弟子のハクを呪い のような黒いあやつり虫 で操り、銭婆の持つ魔女の契約印を盗ませる などの悪行に加担させている。 悪事も辞さない横柄な性格だが、一方で経営者としての度量と心意気も持ち合わせており、河の神の穢れを清めて大量の砂金の儲けをもたらした千尋を褒め称え、怖気付いた従業員達に千尋を見習うようたしなめている。 他にも、横暴な態度の客の撃退を試みたり、経営者として腐れ神やカオナシなどの客への対応を自ら行うなど、全てを従業員に任せっ放しというわけでもない。 最後は千尋に対し、「数頭いる豚の中から両親を当てられたら自由にする」という条件を課すが、実は罠に引っ掛けようと全頭豚にされた両親のダミーを用意したが、千尋に「ここには両親はいない」と気付かれ、契約書が消滅してしまい、豚にされたダミーも元の姿に戻る。 嫌々な顔で負けを認め、人間界へ帰らせた。 千尋に御礼を言われた際には顔を背けていたが、湯屋から去っていく千尋を静かに見送っている。 銭婆(ぜにーば) 声 - 夏木マリ 湯婆婆の双子の姉で坊の伯母。 声や容姿、服装、髪型まで湯婆婆と瓜二つで、甥の坊が母である湯婆婆と間違えてしまうほど。 彼女と同様に強力な魔力を持つ魔法使いである。 紙やなど無生物に魔力を吹き込んで使役しながら「沼の底」という寂れた田舎に住んでいる。 本人曰く「私たちは二人で一人前」だが、姉妹仲はお世辞にも良好とは言えず、妹からは性悪女呼ばわりされている。 口調は湯婆婆と同じで、釜爺にも「あの魔女は怖い」と評されている。 自身に害を及ぼす者には容赦はせず、湯婆婆の差し金で魔女の契約に用いるを盗み出したハクに紙の式神を差し向けて痛めつけたり、判子を盗んだものは死ぬまで命を食い散らす守りの呪い をかけるなど、評判通り恐ろしい人物であるような印象を見せたが、実際は穏やかな心優しい性格で、千尋に対しても「助けてやりたい(が、自分にはどうする事も出来ない)」と言う等、強欲な妹よりも物解かりのよい気質である。 ハクに代わって謝罪しにきた千尋を快く家に迎え入れて、カオナシやネズミ、ハエドリ達も同様にもてなした上で優しく接し、カオナシとネズミ・ハエドリとともに紡いだ手製の髪留め を贈り、湯屋へ送り出す。 その際に迎えにやってきたハクのことも快く許した。 また、行くあての無いカオナシを「ここにいて私の手助けをしてくれ」と引き取るなど、面倒見もよい。 赤い腹掛けをした巨大なで、銭婆に「太りすぎ」と評される肥満体型。 怪力の上、甘やかされて育てられている為、性格はかなり我儘。 癇癪を起こすと暴れ泣き喚き、部屋を破壊する。 物語の中盤で、銭婆の魔法によって小太りのネズミに姿を変えられる。 湯婆婆の過保護のもと部屋から出ずに暮らしていたが、千尋と出会って初めて外界を冒険し、精神的に成長する。 ネズミの姿の際の移動は、同じく銭婆に小さなハエドリに姿を変えられた湯バードに運んで貰っているが、ハエドリが飛び過ぎて疲れ果てた際は、彼を乗せて自ら歩行を行う事もある。 途中で、銭婆の魔法の効力は無くなっていたため、自らの意思で元に戻れるようになっていたが、湯屋に戻って千尋と湯婆婆が対峙する時までネズミの姿で行動している。 ネズミの姿をしていた際に湯婆婆と会っているが、自分だと気付くどころか、汚いものを見るような態度や言動をされた事に対して、悲しげな表情を見せたあと、怒りを露にした表情を見せている。 湯婆婆の息子だが「お母さん」や「ママ」とは呼ばず、「ばぁば」と呼ぶ。 また、千尋達と共に油屋に戻った際は、頑なな態度で千尋と両親を人間世界に戻す事を拒否する湯婆婆を「ばぁばのケチ、もう止めなよ」と諌めている。 頭(かしら) 湯婆婆に仕える、緑色の頭だけの怪物。 中年男性のような容貌で、跳ねたり転がりながら移動する。 言葉は話せず、「オイ」と声をあげるのみだが、感情はあるようで、坊が部屋から出てきた際には怯える姿を見せている。 作中では銭婆の魔法によって坊の姿に変えられるが、お菓子をむさぼり食うその姿に違和感を覚えた湯婆婆によって元の姿に戻されてしまい、正体が露見した後はドアを開けて逃亡した。 またネズミと化した坊とハエドリの湯バードを叩き潰そうとしていた。 いつも三つ一緒に行動している。 元々このような姿なのか、湯婆婆に魔法で姿を変えられたのかは不明。 常に湯婆婆につき従っている。 言葉は話せず、のような鳴き声を発する。 中盤で銭婆の魔法でハエのように小さい鳥(ハエドリ )にされ、以降は終始この姿で行動する。 ネズミに変えられた坊を足で掴んで飛ぶこともできる。 湯婆婆がネズミとなった坊と会った際、気付かずに邪険な態度と言動を見て、坊と共に批判的な表情を見せている。 ネズミになった坊とは違い、元の姿に戻りたくないようで 、最後までハエドリの姿だった。 「湯バード」という名前は劇中では呼称されない。 油屋の従業員 従業員の大半はカエル(男衆) とナメクジ(女衆) であり 、ヘビ と合わせての関係にある。 釜爺(かまじい) 声 - 油屋のボイラー室を取り仕切っている黒眼鏡をかけた老人。 のような姿で、伸縮可能な6本の腕・手を自在に操り 、油屋で使われる湯を沸かし、薬湯のを調合する仕事をしている。 休憩時間の際は、リンからもらった付きのを頬張っている。 人間に対する差別意識は希薄で唐突にボイラー室に現れた千尋に対し、厳しめの態度を取りながらも、人間である彼女がいる事に騒ぐリンに「儂の孫だ」と庇うなど彼女を気遣い、リンに湯婆婆のところへ連れてくように頼む。 その後も傷付いたハクを介抱し、銭婆の所へ行こうとする千尋に40年前に自分が使い残した電車の切符を渡すなど、千尋をサポートする。 部下にを運ぶがいる。 前述の通り、仕事には厳しいが、千尋には優しい一面も見せる。 劇中では湯婆婆と直接絡むシーンは無いため、お互いの関係は不明だが、かなり昔から湯屋に勤めている人物である。 リン 声 - 油屋で働いている娘。 外見年齢は14歳。 一人称は「俺」、もしくは「あたい」。 口調は荒っぽいが性格はサッパリとした姉御肌。 人間である千尋を初めて見た時は驚いて当惑し、少々きつく当たっていたが、彼女の雇用が決まるとハクから半ば押し付けられる形であったとはいえ、雇用してもらえるよう奮闘した千尋に対し「上手くやったなぁ」と彼女を認め、湯屋の先輩として千尋に色々と仕事を教えて面倒を見る。 出自は不詳で 、不本意ながら湯屋で働く自分の運命を呪っており、いつか湯屋を出て海の向こうの街に行く事を夢見ている。 そのため、雇い主である湯婆婆に対する敬愛の念などは無く、上司であるはずのハク・父役・兄役らに対してもタメ口で話す。 彼女の他にも人間の娘と全く変わらぬ外見をした湯屋で働く下働きの娘が何人かいる。 他の従業員は人間である千尋を差別的に嫌っているが、彼女にはそういった偏見は無く、千尋に対しても他の従業員と同等に接している。 カオナシに対しては「千に何かしたら許さないからな」と叫んでいた。 好物はの黒焼き(油屋では貴重な品で、従業員はみなイモリの黒焼きに目がない)。 父役(ちちやく)、兄役(あにやく)、番台蛙(ばんだいかえる) 声 - (父役)、(兄役)、(番台蛙) それぞれ油屋の従業員たちと湯婆婆との間の中間的役割を担っており、父役はハク以外の従業員の中で最も地位が高く、兄役はその下という位置づけ。 番台蛙は番台に座り、様々な薬湯の札を渡す役割を担っている。 いずれもの化身。 それぞれ、上には諂い下には威張るような態度を取るキャラクターとして描かれている。 下の者を見下す傾向にあり、特に人間である千尋を毛嫌いしている。 兄役は、カオナシが客として振舞っていたときにもしていた。 些細な誤解から機嫌を悪くしたカオナシに蛞蝓娘と共に飲み込まれてしまうが、千尋がニガダンゴを食べさせたことで救出される。 カオナシを追い払ってからは、父役共々千尋に対する態度を改め、同じように救出された青蛙とともに湯婆婆から千尋を庇う姿を見せている。 青蛙(あおがえる) 声 - 湯屋で下働きをしている。 金に目がなくがめつい性格。 千尋が人間だと最初に気づいた。 大湯で砂金探しをしていた所、カオナシの手から出す大量の砂金(土塊)に目が眩み、最初に飲み込まれる。 その後はカオナシが言葉を発するために声を借りられていたが、千尋がニガダンゴをカオナシに食べさせた事で最後には吐き出される。 カオナシを追い払ってからは父役、兄役と共に「千のお陰で俺達、助かったんです」と千尋を庇う様子を見せている。 イガ栗のような形をした黒い実体。 釜爺からは「チビ共」と呼ばれている。 魔法の力でから生まれたらしく、常に働いていないと消えてしまうが、煤に戻ってもいつのまにか煤から生まれてくるらしい。 釜爺の指示でを抱えて運び、ボイラー室のに放り込むのが仕事。 休憩時間の際はを食事として与えられている。 千尋の服と靴を預かる等、釜爺と共に千尋を手助けする。 『』にも同名の生物が登場するが、本作に登場するススワタリと違って手足が無い。 その他 カオナシのコスプレ カオナシ 声 - 黒い影のような物体にお面をつけたような存在。 言葉は話せず「ア」または「エ」といったか細い声を搾り出すだけで、表情も無い。 コミュニケーションが取れないため、他人を呑み込んで声を借りる。 その際はお面の下にある口腔から話す。 普段は直立歩行だが、湯屋の従業員の青蛙を取り込んで巨大化した後は4足歩行に変わった。 相手が欲しい物を手から出す力を持ち、それを手にした瞬間にその人を飲み込んでしまう。 ただし、それは土塊が変化したものに過ぎなかった。 橋の欄干で千尋を見かけたときから彼女を求めるようになり、喜んでもらいたい一心で番台から薬湯の札を盗み、千尋に差し出した。 オクサレ様の一件の翌日に油屋に現れ、砂金を餌に従業員達を丸め込み、大量に料理を作らせて暴飲暴食し巨大化した。 千尋にも砂金を差し出したが断られ、兄役がやってきて説明すると逆上し、湯屋の従業員である兄役と蛞蝓女を飲み込んで肥大化していく。 その後千尋を呼び出し、対面するが彼女に拒絶され、更にニガダンゴを食べさせられすると同時に怒りで暴走し、千尋を追いかけている途中に飲み込んだ3人を全て吐き出して縮み、元の姿に戻る。 戻った後は大人しくなり、千尋について銭婆のところへ行き、銭婆の厚意でそのままそこに留まることになる。 英語版での名前は"No-Face"。 元々は重要キャラではなく、単なる「橋の上で単にハクの術で気配を消していた千尋が見えており、通り過ぎるだけの何か」程度であったが、宮崎駿が物語を進めるに当たって、後からキーパーソンになるキャラに起用した経緯を持つ [ ]。 鈴木敏夫によってがモデルであるとされていたが 、のちに米林本人が後づけであると否定している。 神々 における( やおよろずのかみ)で、疲れを癒そうと油屋を訪れる。 の名のとおり、姿形・性質・性格は様々。 おしら様 声 - における「」をモデルとしており、作中では、福々しく肥え太った真っ白なの神として描かれている。 裏返したののような被り物をしている。 見も知らぬ千尋と突然出逢うことになったが、驚くことも物怖じすることもなく、付き添えなくなったリンに代わって、湯婆婆の所へ赴く千尋に付き添ってくれる。 その後は、を持ってを楽しんだり、正装らしき衣装を着て帰る千尋を見送ったりしている様子が描かれている。 2柱( ふたはしら)同時に映るシーンが作中にある。 民俗上の「おしら様」と同様なら、複数柱いると言うか、そもそもおしら様は、例えば毎年のを数えないのと同じく、数で捉える存在ではない。 春日様(かすがさま) 現実世界における( かすがのかみ。 の)をモデルとしてはいるが、描かれ方は完全オリジナルに近い。 1柱( ひとはしら)ではなく、続々と参集する様子が描かれており、少なくとも数十柱が訪れている。 人間様の姿をしていながら身体は見えず、それでいて物にを落とす。 見えない体に風のと和の( こきあけ)の官衣を纏い、見えない顔には舞楽面の一種である蔵面( ぞうめん)を被っている。 蔵面はの曲目ごとに描かれる顔の図柄が異なるが、作中のものは曲目『蘇利古( そりこ)』に用いられる蔵面である。 移動するのに歩いている様子はなく、中空を浮いて滑るように動く。 春日様が列をなして風呂に向かう場面では服を脱いで動いており、宙に浮いた蔵面と体の影が移動しているように見える。 硫黄の上の湯に入っている。 おしらさまと連れ立ち、扇子を振って千尋を讃えている様子も描かれている。 牛鬼 大きな頭にののような枝角を生やした、ずんぐりむっくりな体形の。 モデルは民俗・伝承上の「」とされているが、性格的にも造形的にも、原形の禍々しい・牛鬼ではなく、地方祭で親しまれているほうの牛鬼( cf. )を指していると思われる。 オオトリ様(オオトリさま) のまま生まれてこられなかったの神様。 モデルは存在しない。 大所帯で風呂に入っている。 おなま様(おなまさま) 民俗における「」がモデル。 二本角のの姿、手にはを持ち、を羽織っているのもなまはげと変わらないが、蓑はではなく木の葉でできている。 水に溶けた流動性の高いが集まって巨大な一塊になったような姿をしていて、這うように移動する。 動くたびに泥が体の表面を流動する。 その泥はとをたっぷり呑み込んだで、それゆえに凄まじいを放つ。 その臭気は少し離れた所で見ていたリンが調達してきた飯を一瞬で腐らせるほど危険なもので、湯婆婆を始めとする湯屋の者はみな慌てふためきながら迎え入れることになる。 これほどの穢れには特別な薬湯( くすりゆ)が必要とあって湯番( ゆばん)の千尋はその準備を急かされるが、しくじって浴槽に転落し、底に溜まっている湯泥に頭から埋まってしまう。 逃れようともがく千尋の体を引き抜いて助け出してくれたのはオクサレ様であった。 湯屋の皆はオクサレ様を「 腐れ神(くされがみ)」 と決めつけて、迎え入れはしても近付こうとしなかったが、千尋だけはすぐ側で甲斐甲斐しくお世話をした。 その結果、オクサレ様の体に刺さって抜けない( とげ)のようなごみに千尋が気付き、それを引き抜いたことで、オクサレ様が長年に亘ってその身に抱え込んでいたごみや穢れが堰を切ったように吐き出され、神は本来の姿を取り戻す。 その姿は、河の流れそのものであろう半透明で不定形な長い龍のような体に、の「」にも通じるののような顔を持つ、好々爺然としながら神々しくもあるものであった。 河の神は歓喜し、湯屋の高所にある格式高いの扉から飛び去ってゆくが、去り際には世話になった千尋に謎の「ニガダンゴ」を授け、湯屋には大量の塊を残していった。 (ひとことぬし) 名称のみ登場する。 理砂(りさ) 名前のみ登場する。 千尋が引っ越す前の友達。 千尋が引っ越す時、「元気でね また会おうね」と書かれたお別れのカードを添えた花束をプレゼントした。 名前を奪われて「千(せん)」になってしまった千尋が、お別れのカードに書かれていた「ちひろ」という名前を見て、自分が「千尋(ちひろ)」であることを思い出す。 『』(名誉賞・)• 『』(名誉賞・)• (・)• 『』(名誉賞・)• (・)• (向井二郎・広瀬隆昌)(・)• 『』黒澤明(・)• キヤノン(鈴川博)(・)• (・)• (・)• (・)• (名誉賞・)• 富士写真フイルム(科学技術賞・)• 宮城島卓夫(科学技術賞・1990年)• (・)• (科学技術賞・)• 『パーソナルズ〜黄昏のロマンス〜』(・)• 宮城島卓夫(2つの科学技術賞を同時受賞・1998年)• 宮城島卓夫(ジョン・A・ボナー メダル賞・)• (塚田眞人・金子昌司)・(藤江大二郎)(科学技術賞・)• 『』(・)• 宮城島卓夫(・)• 『』(・)• (科学技術賞・)• 『』(・)• 『』(・)• (三木正章・西村亮治・細谷陽一)(科学技術賞・)• 富士フイルム(大関勝久・平野浩司・白井英行)(科学技術賞・)• (名誉賞・)• (筒井一郎・武昌宏・田村光康・浅野慎)(科学技術賞・)• 中垣清介(科学技術賞・)• ソニー(須藤文彦・大西俊彦ほか)(2つの科学技術賞を同時受賞・)• (・)• 名前の由来は。 銭婆によってネズミにされた坊に出くわしたときには、自分の息子だと気づいていなかった。 絵コンテに収録されている釜爺のセリフによれば、契約印があれば湯屋の労働協約を変えることができ、従業員を奴隷にすることもできる。 自分を母・湯婆婆と間違えた際は、「お母さんと私の区別もつかないのかい」と呆れた様子を見せている。 絵コンテでは「ゼニーバの声 やさしくなりすぎないこと こわいおばあさまです」と注意書きされている。 この呪いは、千尋が銭婆の元へ届けた頃には判子から消えていた。 宮崎は「長虫」という語で龍を指すことがある。 着ているシャツの袖も腕の長さに合せて同時に伸縮する。 イメージボードでは、リンのイラストの横に「白狐」と記されている。 絵コンテには「部長と課長とおもって下さい」とある。 ただし、千尋に対しては差別意識から「そんなもったいない事が出来るか」「手で擦ればいいんだ」と渡すのを拒否している。 「腐れ神」が何かという疑問の謎解きは作中でなされないが、腐臭を放つ忌むべき有害な神なのだと思われ、湯屋の皆はオクサレ様をそれと決めつけて対応してしまう。 釜爺の回数券に名が記されている。 きっかけとなった宮崎と鈴木の面会は、1999年1月の出来事とする記述もある。 公開を1年延期して3時間の映画を作るという提案について、鈴木の真意は不明である。 映画公開直前の2001年6月20日のインタビューでは「真剣でした。 そういう映画を見たかったし」 と語っている。 一方、公開から10年余りが経った2016年の聞き書きでは、宮崎の提示したプロットについて「正直にいうと、ちょっとバカバカしいんじゃないかと思った」 と語っている。 しかし、宮崎の前で正直に不満を述べるわけにはいかない。 そこで、上映時間が延びてしまうというプロットの弱点をとっさに指摘した、という説明に変わっている。 安藤は漫画家ののファンで、高野のように少ない線のみで人体を生々しく表現することに憧れを持っていた。 通常、アニメーションの美術制作は三段階に分けて行われる。 背景のイメージをおおまかに描き起こしレイアウト化した美術設定、本番の背景作業に入る前により指針とする絵を描き、色味や物の質感などを詳細に指定する美術ボード、そして実際に撮影に使用される背景素材を各スタッフが分担し描く本番の作業である。 『千と千尋の神隠し』では、宮崎が絵コンテで背景を作りこんでいったため、武重は美術設定を制作していない。 も参照。 宮崎はアニメーターのの結婚式で目黒雅叙園を訪れたことがあった。 その名の通り動く背景。 手書き作画の場合は、通常の人物の動きと同じように、アニメーターが動きを起こす。 本作のようにCGで作画される場合もある。 以下は舘野の発言の引用。 「当初『小さい子供のための映画』と聞いていましたが、あのお風呂屋さんもがいて、一種の遊郭みたいな場所ですね。 昔から宮崎さんが描きたいと思っていて、描けなかった部分だったのかなと思いました。 それと、宮崎さんが書いた歌詞に、カオナシが千尋を食べちゃいたいという箇所があるでしょう。 さんが、『ついにホントのこと言っちゃったねぇ』って、種明かししたみたいに喜んでいました(笑)。 のちに「ジブリ学術ライブラリー」ブランドでブルーレイ化。 市川がジブリ作品の製作に関わったのは本作のみだった。 2013年、社長となった市川が映画の新しい企画(『』)を製作した際には、鈴木がを紹介している。 その後、「DVD・VHS本編のクオリティは、その色を忠実に再現したものと認識しております」と変更された。 翌年から名称はに。 コンペティションの名称は途中から「」になった。 遅くとも2003年からはこの名前が使われていることが確認できる。 2014年、東京国際アニメフェアはと統合してにリニューアル。 東京アニメアワードはとして独立した。 日本テレビ開局50周年記念番組として放送。 宮崎駿監督の受賞を記念して放送される。 番組序盤には『』から『』まで、宮崎駿監督の全11作品の名シーンを振り返る特別企画が放送された。 IMDb. 2016年11月18日閲覧。 221. 2016-09-06. 2016年9月6日閲覧。 IMDb. 2016年11月18日閲覧。 251. 252. 2016年9月10日閲覧。 , p. 254. 監督 2013年11月16日. 東京: ドワンゴ. へのインタビューで。 Berlinale. 2013年8月9日閲覧。 Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2016年11月18日閲覧。 2016年8月23日. 2016年11月18日閲覧。 , p. 王様のブランチ 2013年8月10日放送• , p. , p. 244. , p. 232. , p. 47-48. , p. 484. , p. 577. 117. , p. 441. , p. 608. 宮崎の演出メモとして「ハエはもどりたくないのです」とある。 , p. , p. 104. , p. 333. , p. 『THE ART OF Spirited Away』 スタジオジブリ事業本部、2001年、23頁。 , p. , p. , p. 382. - シネマトゥデイ、2010年7月1日。 - シネマトゥデイ、2014年9月11日。 62-63. , p. , p. 以下のリストは, pp. IMDb. 2016年11月18日閲覧。 より作成• 224. , p. , pp. 84-85. , p. 134. , p. 195. , p. , pp. 224-225. , p. 225. , pp. 54-55. , p. 226. , p. , pp. 55-56. , p. 233. , p. 岩波書店. 2016年9月13日閲覧。 227. , p. , p. 070. 087. 62-63. 叶精二 1999-03. フィルムメーカーズ6/宮崎駿. , p. , p. 142-143. , p. 91-94. , pp. 227-228. 240. 228. , p. , p. , pp. 241-242. , p. , pp. 58-59. , p. 148. 237. , p. , p. , p. , p. 236. , pp. 32-33. , pp. 84-85. , p. 143. , p. , pp. 228-229. 229. , pp. 34-35. , p. 118. 242. , pp. 105-107. , p. 107. 238. , p. 122. , p. 123. 234. , p. 130. , p. 132. , p. 115. 2016年9月14日閲覧。 (3m20s〜) -• , pp. 238-239. , p. 239. , pp. 242-243. , pp. 145-146. 『久石譲in武道館 パンフレット』2008年• 『千と千尋の神隠し パンフレット』2001年• 『月刊APPEALING 2004年10月号』2004年、フォーサウス、p10。 , p. , pp. 244-245. , pp. 40-42. 245. , p. , p. 町山智浩、柳下毅一郎『ベスト・オブ・映画欠席裁判』、2012年、176-181頁。 , p. 118. , p. 105. 『プレミア日本版』第4巻第9号、、2001年9月1日、 70頁。 116. 田中香涯『江戸時代の男女関係』有宏社、1927年。 鈴木敏夫『仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場』岩波書店、2014年、65-66頁。 , pp. 74-75. 2016年9月15日閲覧。 , p. 128. , pp. 231-232. (8m05s〜) -• , p. 2016年9月20日閲覧。 , p. , p. , p. , p. , p. 246. , pp. 37-38. , pp. 245-246. , p. , p. , p. 鈴木敏夫『ジブリの仲間たち』、2016年、160頁。 境治 2016年8月12日. 2016年9月21日閲覧。 , p. , pp. 69-70. , p. , p. 248. , p. 212. 257. , p. , p. , p. 295. 「東商新聞 Biz Extra」通巻48号 企画1頁 『Interview リーダーに聞く 鈴木敏夫』 2017年3月20日• , p. , p. Jimhillmedia. com. 2016年9月11日閲覧。 2016年9月20日閲覧。 亀沢郁奈 2019年6月21日. 2019年8月16日閲覧。 BB News. 2019年7月8日. 2019年8月16日閲覧。 2019年6月27日. 2019年8月16日閲覧。 角山奈保子 2019年7月26日. ニュース. 2019年8月16日閲覧。 株式会社エイガ・ドット・コム 2019年8月4日. 2019年8月16日閲覧。 AU YEUNG YU LEUNG 2019年8月4日. Japan. 2019年8月16日閲覧。 47NEWS. 共同通信. 2003年1月27日. の2012年11月15日時点におけるアーカイブ。 2016年9月20日閲覧。 ビデオリサーチ. 2009年1月30日現在. 2016年9月20日閲覧。 249. 250. 47NEWS. 共同通信 全国新聞ネット. 2002年12月3日. の2014年7月25日時点におけるアーカイブ。 2016年9月20日閲覧。 ZAKZAK 産経デジタル. 2002年7月23日. 2016年9月20日閲覧。 AV Watch. 2002年7月24日. 2016年9月20日閲覧。 AV Watch. 2014年4月1日. 2016年9月20日閲覧。 AV Watch. 2014年7月24日. 2016年9月21日閲覧。 小学館 プログレッシブ英和中辞典 第2版 小学館 1987 より• , p. 253. , p. Rotten Tomatoes. Flixster. 2016年9月27日閲覧。 2019年9月11日閲覧。 Ebert, Roger 2002年9月20日. Chicago Sun-Times. 2011年9月2日閲覧。 Mitchell, Elvis 2002年9月20日. The New York Times. 2011年9月2日閲覧。 Elley, Derek 18 February 2002. Variety. 2011年9月2日閲覧。. Turan, Kenneth 2002年9月20日. Los Angeles Times. 2011年9月2日閲覧。 Boyar, Jay 2002年10月11日. Orlando Sentinel. 2011年9月1日閲覧。 ORICON STYLE 2009年2月19日. 2016年9月20日閲覧。 com. 2016年7月26日. 2016年7月26日閲覧。 com. 2016年9月20日閲覧。 com. 2016年9月6日閲覧。 The Independent 2019年9月14日. 2019年10月6日閲覧。 Empire 2020年1月16日. 2020年1月27日閲覧。 実行委員会事務局. 2016年9月30日閲覧。 2009年2月7日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2016年9月30日閲覧。 2016年9月27日閲覧。 2016年9月30日閲覧。 2016年9月30日閲覧。 2016年9月30日閲覧。 2016年9月30日閲覧。 『キネマ旬報』第1350号 通巻2164号、キネマ旬報社、2002年2月15日、 50頁。 2016年9月27日閲覧。 2016年9月30日閲覧。 高橋洋子 2003年3月19日. ASCII. 2016年9月30日閲覧。 毎日新聞デジタル. 2013年10月9日. 2016年9月30日閲覧。 2016年9月30日閲覧。 2007年3月29日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2016年9月30日閲覧。 2016年9月27日閲覧。 日本アカデミー賞協会. 2012年5月14日閲覧。 Variety. 2013年8月9日閲覧。 Hong Kong Film Awards. 2013年8月9日閲覧。 National Board of Review. 2016年9月30日閲覧。 New Yorl Film Critics Circle. 2016年9月30日閲覧。 LAFCA. Los Angeles Film Critics Association. 2016年9月30日閲覧。 Durban International Film Festival. 2017年12月25日閲覧。 Jeonju Film Festival. 2017年12月25日閲覧。 New York Film Critics, Online. 2017年12月25日閲覧。 San Francisco International Film Festival. 2017年12月25日閲覧。 Utah Film Critics Association Awards. 2017年12月25日閲覧。 Online Film Critics Society. 2016年9月30日閲覧。 Amsterdam Fantastic Film Festival. 2017年12月25日閲覧。 Saturn Award. 2017年12月25日閲覧。 Broadcast Film Critics Association Awards. 2017年12月25日閲覧。 Florida Film Critics Circle Awards. 2017年12月25日閲覧。 Dallas-Fort Worth Film Critics Association Awards. 2017年12月25日閲覧。 Film Critics Circle of Australia Awards. 2017年12月25日閲覧。 Gold Derby Awards. 2017年12月25日閲覧。 Golden Trailer Awards. 2017年12月25日閲覧。 International Online Cinema Awards INOCA. 2017年12月25日閲覧。 Phoenix Film Critics Society Awards. 2017年12月25日閲覧。 Satellite Awards. 2017年12月25日閲覧。 Annie Awards. 2016年9月30日閲覧。 The Christophers, Inc.. 2016年9月30日閲覧。 BBC. 2016年9月30日閲覧。 まんたんウェブ 毎日新聞デジタル. 2017年1月23日. 2017年1月23日閲覧。 ORICON NEWS 2019年8月19日. 2019年8月19日閲覧。

次の