水玉れっぷう隊。 アンガールズ田中卓志、吉本芸人をボロクソに批判 嫌いな芸人トップ3発表 2位は「水玉れっぷう隊・ケン」

メッセ黒田「落ちていった」水玉れっぷう隊・ケンの極貧生活を直撃 │ 毎日まとめる芸能ニュース速報

水玉れっぷう隊

来歴 アキは高校卒業後、東映京都太秦に入団。 次代を期待されるほどの売れっ子の一人として活動していた。 一方ケンはで、を撃つ部隊に所属していた。 (平成4年)2月にコンビ結成。 がチェックの服を着てチェッカーズなのであれば、自分たちは水玉にしようと言う理由でコンビ名を決めた。 ケンはコンビ結成後に吉本新喜劇と並行して映画・ドラマなどに数多く出演していた。 2008年6月、にてコンビ名を「バイキング」に改名する事を発表した。 らと4人でダンスユニット「 ギアトランス4」を結成(現在は休止状態)。 ケンは Geinin Band というバンドでも活動中。 2010年2月13日、コンビ名を「水玉れっぷう隊」に戻す。 一番の理由は「定着しないから」だが、と混同される恐れがあるの事も理由の一つと思われる。 2014年7月、拠点の劇場としているの喜劇・班に出演していた2人のうち、アキのみに入団。 所属が東京と大阪に分かれてからも、石田が座長を務める喜劇「石田笑店」にはコンビで出演している。 2018年8月20日、ケンが約6000人の中から6次審査まであるの最終オーディションに合格し、メンバー(1期生)に選ばれる。

次の

ケン(水玉れっぷう隊)

水玉れっぷう隊

2019年11月1日 アンガールズの田中卓志が30日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演。 吉本芸人をボロクソに批判し、嫌いな吉本芸人トップ3を発表した。 この日、番組にはケンドーコバヤシ、アンガールズ(山根良顕・田中)、小倉優香、そしてAKB48の武藤十夢が登場した。 武藤はレギュラー出演のAKB48・柏木由紀の代打ということで話題はAKB48の話からダンスのことへ。 すると田中は以前、番組でEXILEになりきる企画に参加した際の思い出を回顧。 メンバーには吉本芸人のとろサーモン・久保田かずのぶがいたそうで、田中は「全然覚えないのに、しかも真面目にやらない」と彼の不真面目さを指摘。 さらに「だから俺、久保田に激ギレしたのよ。 『お前フザケンナヨまじで』って。 『なんで練習してこないの』って」と練習で久保田に説教したというエピソードを明かした。 山根も「ちゃんとできるっていう面白さなのに、出来てなくて。 結果、『出来てなかったな~』でウケちゃうから」と言い、続けて田中は「出来てなかった奴がウケる流れになっちゃうから、みんな出来てるっていう笑いを取るには1人もかけちゃダメなの。 なのに久保田出来てもないし、練習もしないし、お前結局全部1人で持って行こうとしてんだろうっていう魂胆が見えてるからフザケンナって」と振り返った。 さらに、田中は自身が所属するワタナベエンターテインメントの芸人と吉本芸人の違いについても言及。 ワタナベエンターテインメントの芸人については「みんなほのぼのした人が集まってる」と言った上で、「吉本のは有象無象だから」と田中。 山根も「ワタナベって真面目にやってなんか1個作ろうよっていう笑いの時、結構真剣にやるんですけど、吉本の人らって本当にウケたらいいやの人たちの集まりじゃないですか。 あれがすごい苦手」と吉本芸人らのスタンスに物申した。 吉本芸人への不満を爆発させる田中にケンドーは、嫌いな吉本芸人トップ3を発表するように促す。 田中は久保田が第3位に入っていると言い、「2位が水玉れっぷう隊・ケンさん」と名前をあげる。 ケンは吉本坂46のメンバーとしても知られており、田中はこのメンバー入りが相方のアキの手助けがあったからこそ獲得できたものだったと説明。 田中は「こっからが本当にダメなんだよ」と言うと、ケンが吉本坂46の番組に出演した際のエピソードを披露。 番組では女性アイドルとケンが腕を組む場面があり、その際にケンは「1人でなんかニヤニヤするリアクションしてた」と田中。 田中はこのリアクションに失望したと言い、「いやそうじゃないでしょ! 俺はそんなことをするケンさんが見たくなかった。 アキさんの思いは!? そこは見事なリアクション取ってほしかった。 なんでライバルのアイドルと腕組んでニヤニヤしてんの! こんなのなんもビクともしないですよってブチ切れて、そういう姿を見せて欲しかった」と熱弁した。 そして第1位として名前を挙げたのがNONSTYLEの井上裕介。 田中は今年7月に深夜に自宅でダンスミュージックを大音量で流し、警察が駆けつける騒ぎになった井上の問題行動を紹介し、批判。 さらに、抱かれたくない芸人ランキングで井上より自分の方が上位にいることについても触れ、「あいつが1位だろ! なんで俺の方が上なの。 俺の方が真面目に生きてるのに」と憤慨し、「最低品質人間」と井上を評していた。

次の

メッセ黒田「落ちていった」水玉れっぷう隊・ケンの極貧生活を直撃 │ 毎日まとめる芸能ニュース速報

水玉れっぷう隊

赤裸々な金銭事情、仕事事情に切り込んでいく。 今回のテーマは「かつて大阪で人気だったが今や全く見ない芸人の生活は大丈夫なのか?」。 黒田は「成功者しかテレビで見ない。 落ちていった地獄の人間を見ていない。 これはバラエティーのロケやと思うな、ドキュメンタリーやと思え」と力説する。 大阪で活動していた時代は若い女性を中心に大人気だった水玉れっぷう隊は当時、ファンからのプレゼントを運ぶために車を用意しなければいけないほどだった。 しかし18年前に東京に拠点を移したところ仕事は全く増えず、ついにその姿をテレビで見ることはなくなった。 ケンは現在、金銭的に厳しい生活をしている。 支給された新幹線チケットを換金して深夜の高速バスで移動するほどだという。 家賃月7万円のワンルームには、これまで木村祐一、宮迫博之、宮川大輔ら売れた芸人が住んでいたそうだが、現時点でその恩恵にはあずかっていない模様だ。 黒田が「借金やろ?すべては」と切り込むが、ケンはしゃべって5分ほどでたんがからみ「カメラ回ってると緊張すんねん」と話す。 さらに昔の写真を持ち出し、当時の話に花を咲かせる。 そして今の厳しい食生活についてや、吉本坂46に加入した思いも語る。

次の