茄子 の 病気。 【至急】茄子の病気【お願いします】茄子の葉が黄色く枯れて写真のようにな...

ナスの病気・害虫 登録のある農薬

茄子 の 病気

なすに多い病気・葉や茎が枯れたり変色するもの なすの病気では、葉や茎が枯れる病気があります。 水不足だから…というわけではなく、病気の可能性もありますので、症状を確認し、該当するのであれば対策が必要です。 なすの病気・半枯病 はんかれびょう 半枯病というのは、葉1枚の半分や、茄子の株の半分が枯れるという特徴があります。 下の葉から上の葉にかけて葉脈にそって黄色く変色していき、最終的には、葉が全部おち、枯死することも。 narc. affrc. jpg 半枯病の対策 病原菌は、土壌伝染するので、発生した場所への連作を避ける必要があります。 また事前に消毒してある種を使用することで防げます。 なすの病気・青枯病 あおがれびょう 梅雨があけて気温が高くなると発生しやすくなります。 株の頂上部の葉から病気が発生し、最初は急に葉がしおれ、そのあと、夜や曇り空になると回復したあと、1~2日で急速に全ての株が萎れます。 株がしおれたあと、茎を切って維管束をチェックすると褐色に変色しています。 nogyo. tosa. pref. kochi. php? また、高温多湿の状態が長時間続くと発生しやすくなります。 発病した株を発見したら、抜き取り、すぐに焼却処分します。 水はけに注意し、プランター栽培の場合は、鉢底石を使用します。 多発する土地では、クロルピクリンくん蒸剤、バスアミド微粒剤での土壌の消毒が必要です。 初期の場合は、バリダシン液剤が効果的です。 なすの病気・半身萎ちょう病 はんしんいちょうびょう 初めは葉の片側に淡黄色の斑点が現れて、葉が軽く巻き上がるような症状が現れます。 いづれ、症状が葉の全体にでるようになり、葉がしおれて垂れ下がるような状態になります。 最終的に葉が萎れて枯死する状態になります。 ja-nishikasugai. htm 半身萎凋病の対策 病気にかかった株を早めに除去し、土壌伝染によるものなので5年ほど連作は しないようにします。 ベンレート水和剤という薬剤を散布するのも効果があると されています。 なすの病気・立ち枯れ病 ナスの実に、淡褐色の斑点ができる病気です。 斑点は大きくなったと、腐敗して表面に灰色のカビが生えます。 立ち枯れ病の対策 水はけのよい土地で栽培する必要があります。 原因は土壌菌なので、汚染されていない土壌で栽培し、また発病した株があったらすぐに抜いて、焼却処分します。 広まってしまった場合は、薬剤も有効です。 なすの病気・菌核病 菌核病は、茎や実、葉に白い綿上のかびが生える病気です。 始めは、軟化してそのあと、黒色に変化していきます。 病斑の部分に、黒い塊ができるのが特徴です。 nogyo. tosa. pref. kochi. php? きゅうりの葉の病気でよく知られていますが、初夏に発生しやすくなります。 なすに多い病気・実が枯れたり変色するもの なすの病気・灰色かび病 果実に灰色~茶色の病斑ができるのが特徴です。 病斑はしだいに、葉や枝にも発生して、病変がどんどん大きくなります。 seesaa. html 灰色かび病の対策 低温・湿度が高い環境で発生しやすくなります。 つまり、梅雨の時期は発生しやすくなります。 発病した株は、抜き取り焼却処分します。 薬剤散布でも効果があります。 なすの病気・褐紋病 果実がくぼんで、円形の輪郭がある斑点ができるのが特徴です。 そのあと、黒い小粒の点ができます。 葉や茎でも病斑を生じることがあります。 ja-nishikasugai. htm 褐紋病の対策 水はけの良いところで栽培するようにします。 また、密集した環境での生育、窒素N含有の肥料が多くならないようにします。 該当しない場合は、他の病気の可能性があります。 ただ、見た目は悪くなるので、連作を避ける、加湿にならないようにするなど、基本的な対策はしておくと良いです。 なすの病気まとめ 今回は、茄子の病気についてまとめました。 せっかく育てた茄子が病気になって収穫できなくなってしまったら悲しいですよね。 葉や株に起こる病気で多いのは、半枯病・青枯病・半身萎凋病などの病気です。 また葉だけではなく、実に影響があることもあり、その場合は、灰色かび病・褐紋病などの病気が考えられます。 薬剤散布である程度の病気は治りますが、予防するためにも、水はけの良い環境にすることや、連作を避けることが大切です。 また、一度病気が発生した土地は、消毒しておくのも良いです。 病気に強い苗として、接ぎ木苗で栽培するのもおススメです。

次の

ナスの病気・害虫 登録のある農薬

茄子 の 病気

基本情報• 科名属名:ナス科ナス属• 原産地:インド• 分類:一年草,半耐寒性,草本• 栽培のスタート:タネ・苗• 日照条件:日なた• 水やり:乾かしすぎない• 特徴:連作障害が表れやすい野菜です。 トマトやピーマンなど、ナス科の野菜を植えた畑では、4~5年ほど経ってから植えつけましょう。 樹高:低(30~200cm)• 種まき期:3月下旬~5月• 植えつけ期:4月下旬~5月中旬• 開花期 5月~10月上旬• 収穫期 5月下旬~10月中旬• 植えつけから収穫までの期間 約1カ月(苗の場合)• 開花から収穫までの期間 20~25日 まめ知識 家庭菜園で、トマト、キュウリと並んで人気の高い野菜、ナスは、インドが原産地の高温性作物です。 乾燥には弱いため、保水力のあるよく肥えた土が適しています。 日本では古くから栽培され、親しまれてきました。 揚げナスの味噌田楽、焼きナス、漬物など、日本の食文化が垣間見られます。 作型や品種の特徴:地方品種が多いので、ふるさとの懐かしい味を、自分の畑で再現させるのも楽しいでしょう。 [中長ナス]「千両2号」「千黒2号」「小五郎」など。 [長ナス]「黒陽」「長岡長」「庄屋大長」「筑陽」など。 [丸ナス]「早生大丸」「紫水」など。 [そのほか]「くろわし」(米ナス)「竜馬」(小ナス)など。 [地方品種]京都府の加茂ナス(丸ナス)、大阪府の水ナス(中長ナス)、宮城県の仙台長ナス(長ナス)、福岡県の博多長ナス(長ナス)、新潟県の巾着ナス(丸ナス)、山形県の民田ナス(小ナス)など。 家庭菜園では、苗は園芸店で購入するのが一般的です。 1条植えの場合は畝幅60cm、2条植えの場合は畝幅120cmをとって畝を立て、地温を上昇させるためにポリマルチをかけておきます。 移植ゴテをさして穴をあけ、植え穴を掘り、まず水をたっぷりと注ぎます。 水が引いたら苗を植えつけましょう。 ワンポイント 長期間収穫する野菜のため、完熟牛ふん堆肥など有機物を多めに施したふかふかの土に植えつけましょう。 【殺虫殺菌剤】 害虫と病気両方に効果• 【殺虫殺菌剤】 オーガニック栽培にも• 【殺虫剤】 浸透移行性剤• 【殺虫剤】 スプレー剤• 【殺虫剤】 広い面積に散布• 【殺虫剤】 特定の害虫の専用薬• 【殺虫剤】 オーガニック栽培にも• 【殺菌剤】 予防薬• 【殺菌剤】 治療薬• 【殺菌剤】 予防治療薬• 使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。

次の

ナスの病気と害虫 : 症状と写真

茄子 の 病気

ナスの方は、典型的なハダニの害です。 葉の裏に、体長0. 5mmくらいの、赤、または黄色っぽい、蜘蛛を小さくしたような虫がいると思います。 これが葉から汁液を吸うので、生育が悪くなります。 対策は、気長にやるので良ければ、葉の裏表に霧吹きで葉水をたっぷり、毎日やってください。 多少は少なくなります。 対策を急ぐなら、「粘着くん液剤」という、デンプンを原料にした農薬を100倍に薄め、霧吹きで葉の裏表にかけてください。 使用回数に制限はありませんので、3日~7日に1回やっていただいていいです。 症状がひどいと、葉の裏にクモの巣が張ったような感じになっています。 シソは、葉を食べますので、葉は定期的に更新されますから、普通に育てていただいたので良いと思います。 なお、葉を軟らかくする効果がありますから、葉水はやってください。

次の