確定 申告 添付 書類。 法人税・地方税申告書の添付書類・綴じ方・提出先・提出の仕方

配当控除を行う場合|確定申告に必要な書類|証券税制 |ガイド・投資講座 |セミナー・マーケット情報|株のことならネット証券会社【auカブコム】

確定 申告 添付 書類

確定申告の寄付金控除の添付書類の提出を忘れた 公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンというところへの寄付をしていて、その寄付金の控除を受けるためにハガキで届く領収証明書、寄付金証明書を確定申告書と一緒に提出していました。 毎年、添付書類で提出しているのは、ハガキ1枚だけだったのはずでした。 でも、28年度分については、最初に送られてきた領収証明書に何か記載漏れ等があったようで、その後にもう1通、確定申告書の添付書類で必要なハガキが届いていました。 その2通目のハガキを添付書類として提出するのが忘れてしまっていた、というわけです。 この寄付金控除、公益財団法人への寄付ということで4割ほどの還付があるので、認められないとけっこうな痛手だし、確定申告書の金額も間違いになってしまうので、非常に困る状況でした。 確定申告の添付書類を忘れた場合の対処法 確定申告書の提出期限が3月15日で、この書類の提出忘れに気づいたのは3月27日。 提出期限からは2週間近く経過してしまったので、まだ受け付けてくれるかが不安でした。 公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンの書類に書いてあった対処法 2通目に届いたハガキには、既に確定申告書を提出してしまった場合の対処法として、 『確定申告書の控えと一緒にこのハガキも税務署に郵送してください』 と書かれていました。 ただ、どうも確定申告の期限前に提出してもらうことを前提に書かれている説明のようだったので、提出期限を過ぎた場合に間に合うのかはわかりませんでした。 確定申告書控えと提出を忘れた添付書類を税務署に持参 ネットでも調べましたが、対処法というのは結局わかりませんでした。 添付書類の漏れや不備がある場合は税務署から連絡が来ることもあるそうです。 ただ、自宅の留守電には税務署からの連絡はありませんでした。 なので、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンの書類に書いてあった、 「確定申告書の控え+2通目のハガキ」 という組み合わせで提出を受け付けてもらえるか、書類を持参して税務署に行ってみることにしました。 税務署に書類を持参したら簡単に提出を受け付けてもらえた 税務署に行ったのは、この記事を書いている3月28日。 3月15日は過ぎていましたが、税務署には確定申告書の作成・相談コーナーがまだ設置されていました。 確定申告書の作成・相談コーナーで聞いてみると、どうやら税務署の総合受付で提出ができそう、ということでした。 税務署の総合受付に行くと提出を忘れた添付書類の提出を受け付けてもらえました。 特にペナルティなども無いみたいです。 書類の名前は忘れてしまいましたが、「住所と氏名を記入する書類1枚」「氏名のみ記入する書類1枚」の計2枚の書類を記入するだけで簡単に提出できました。 ちなみに、確定申告書の控えは不要でした。 確定申告書の提出期限後に提出忘れの添付書類の提出はできる 今回は、「寄附金控除の添付書類」「3月28日」という状況で提出が間に合いました。 でも、添付書類の種類が違う場合、もっと後になってからの提出の場合など、対応が変わることはあるかもしれません。 また、基本的に確定申告書の添付書類など、そこまで一人ひとりの内容を細かく精査、確認していないから、そもそも添付漏れの書類を提出しなくてもそのまま確定申告書の金額通りに処理されることがほとんどだという意見もネットで目にしました。 実際に、提出書類の不備があるままでも、特に指摘されずに確定申告書に記載の金額通りに処理されたという実例もあるようです。 不備について税務署から指摘が入ってからでも対応は遅くないという意見もあります。 ただ、個人的にはこれからはマイナンバーでの管理も始まるだろうし、なるべく不備の無いようにやるのが大事じゃないかなと思います。

次の

法人税・地方税申告書の添付書類・綴じ方・提出先・提出の仕方

確定 申告 添付 書類

もくじ• 申告書の添付書類とその綴じ方 法人税申告書の添付書類と綴り方 添付書類 法人税の確定申告書(別表)に添付する書類は次のとおりです。 勘定科目内訳書• 事業概況説明書• 別表1OCR• 消費税の申告義務がある場合は消費税の申告書の提出もお忘れなく。 綴り方 次の書類を順番に並べ左端をホチキスで2箇所留めして1冊にします。 決算書(貸借対照表・損益計算書・販売費及び一般管理費の内訳書・株主資本等変動計算書・個別注記表の順)• 普通の白色の紙に出力して提出できます。 別表1OCR• 事業概況説明書• 適用額明細書(該当がある場合のみ) 地方税申告書の添付書類 道府県民税(都民税)・事業税の確定申告書、市町村民税の確定申告書については基本的には添付書類はありません。 しかしながら道府県民税・事業税の確定申告書に貸借対照表と損益計算書の提出を求めている自治体もありますので、提出先の自治体のホームページなどで確認してください。 申告書の提出の仕方 確定申告書を提出するときには必ず2部作成し、2部提出しましょう。 1部は提出用で1部は控え用です。 事業をしていると、金融機関や行政機関から確定申告書の控えの提出を求められる場面があります。 それに次の年度の申告に必要な数字もありますので必ず控えを作成し、提出しましょう。 窓口ならその場で控えに収受印を押して返してくれます。 郵送の場合は切手を貼った自分宛の返信用封筒を同封し、控えも併せて郵送しましょう。 数日で収受印を押した申告書の控えが郵送されてきます。 申告書の提出先• 法人税・・・管轄の税務署• 道府県民税(都民税)・事業税・・・管轄の県税事務所(都税事務所)• 市町村民税・・・区役所等の役場 なお、提出期限の日には三税一括収受といって、税務署に県税事務所と市役所の担当者も仮設の窓口を作り、1箇所で法人税と地方税の3つすべての申告を済ませることができる場合がありますので、提出を1回で済ませたい方は事前に三税一括収受を行っているか税務署にお問い合わせいただくとよいでしょう。 提出期限と納付期限 全力法人税で計算した法人税、地方税の提出期限と納付期限は同日で以下のとおりです。 事業年度終了の日の翌日から2か月以内 申告期限・納期限が、土曜日、日曜日、祝日等の場合は、その翌日が期限となります。 代表者自署押印(H30. 31以前終了事業年度のみ) 平成30年3月31日以前終了事業年度の法人税申告書別表1及び都道府県の申告書第6号様の「代表者自署押印」欄と「経理責任者自署押印」欄は、それぞれ本人が氏名を記入の上押印になります。 平成30年4月1日以降開始事業年度より代表者自署制度は廃止されましたので、該当の年度については全力法人税では氏名が表示されます。

次の

準確定申告のやり方、必要書類や添付書類と注意点! [確定申告] All About

確定 申告 添付 書類

確定申告をした経験がない人にとっては、添付書類の貼り方はどうするべきか、悩むところでしょう。 確定申告に添付書類が必要とは知らなかったと感じる人は多いですね。 確定申告をする際は、添付書類が必要です。 それはパソコンで作成したとしても添付します。 例外はe-taxというオンラインで内容を送信する場合のみ。 確定申告の添付書類一覧 そもそも添付書類には何が必要なのでしょうか?主なものは以下の通りです。 ・源泉徴収票 ・社会保険料控除関係書類 ・生命保険料控除関係書類 ・地震保険料控除関係書類 ・寄附金控除関係書類 前年度分のこれらの書類をまとめて添付しますので、早いうちから集めて準備しておきましょう。 確定申告に提出する添付書類の貼り方の基本 そもそも確定申告に提出する添付書類の貼り方の基本は、どのようなものでしょうか?まず、どこにどんな貼り方をするか。 現在は、確定申告をパソコンで作成する人が増えています。 必要事項を入力し、いざ最後に印刷となった時がポイントです。 印刷され出て来る用紙の(現在は2枚目)中に、「添付書類台紙」というのがあります。 その台紙に書類を添付してください。 書類の貼り方は台紙に明記してある通りに項目別に添付するだけ 確定申告に提出する添付書類の貼り方について説明しましたが、では実際どのように貼り付けるのでしょうか?求められているのは、項目別に貼り付けることです。 先ほどの台紙の中にすでに、上記の項目(源泉徴収票、社会保険料関係書類、生命保険料控除関係書類など が記載されており、そこに貼るよう明記されています。 ですから、その項目の場所にそれぞれの添付書類を貼り付ければ問題ありません。 確定申告の添付書類の貼り方における注意点 始めて何かの作業に取り組む時は誰しもが不安を感じ、あれはどうするのだろう、これはどうするのだろうと感じるものです。 例えば、実際何で貼るのか?沢山の書類をどうやって貼るのか?といった点です。 確定申告で提出する書類を添付する際の注意点について説明しましょう。 添付書類は取れないようにのりでしっかりと添付する 確定申告の添付書類は実際に何で貼るのでしょうか?基本的には糊で貼ります。 セロテープがNGというわけではありませんが、劣化の可能性を考慮すると、避けた方が無難でしょう。 ホッチキスは難しいです。 用紙の体裁上、全て左端に留めるのでなく上から順番に降段していくためです。 加えて、沢山の書類をどうやって貼るのでしょうか?書類が沢山ある場合は、上から一枚ずつずらしては貼るイメージになります。 書類は全体を貼るのでなく、書類の上段1cmぐらいをのりで貼ります。 確定申告で提出する書類は台紙に項目別でのりを使って添付すること 確定申告の添付書類の貼り方を知らない人にとっては、イメージも湧かず、不安でしかありません。 しかし、一度聞くと、それほど難しいものでもありません。 まずは実行してみましょう。 確定申告の添付書類は、期限に十分な余裕を持って準備しておきます。 そうすれば、確定申告 、添付書類、貼り方はもう完璧です。 後回しにして、確定申告の期限までに間に合わなかった、ということのないように注意しましょう。

次の