アメリカ 口座番号 桁数。 アメリカの郵便番号一覧・桁数・調べ方・書き方|ニューヨーク

日本からアメリカにいるアメリカ人にお金を払いたい。 相手の銀…

アメリカ 口座番号 桁数

マイナンバー制度が昨年から始まり、マイナンバーの通知カードを受け取った人も多いであろう。 日本国内では、マイナンバーの導入に際して、セキュリティやプライバシーを始めとする様々な議論が巻き起こった。 この点、アメリカは、マイナンバー類似の「社会保障番号」という制度を1930年代から導入しているマイナンバー制度の先進国である。 マイナンバーは、もはや日常生活と切り離せないほどにアメリカ市民の生活に入り込んでいる。 実際に、アメリカ人はマイナンバーのことをどう思っているのだろうか? そこで、私の知り合いで誰かアメリカ人の意見を聞けないかと思い、 日本で英語教師をした経験もあるアメリカ人のBさんに、日本のマイナンバー制度について聞き、簡単な英文レポートを執筆してもらった。 今回は、アメリカ人が社会保障番号をどのように考えているかを、現地の生の声で語ってもらい、それを翻訳し、日本のマイナンバー制度について考えてみる。 また、 せっかく英文記事をアメリカ人に書いてもらえるので、これを英語教材しても活用しようと考えた。 英文に翻訳をつけるだけではなく、覚えておくべき英語の重要表現なども解説しながら、英文解釈を行っていく。 時事ネタを英語で読みながら、日本社会について考える。 今後、こうしたスタイルの記事は「Report from Abroad」シリーズとして連載していくので、期待していてほしい。 「Report from Abroad」シリーズとは 友達の外国人が執筆した英文レポートを読み解き、英語学習をしながら、日本の未来を考察する連載シリーズです。 日本に関する英文記事を、知り合いのアメリカ人に書いてもらったら、面白いコンテンツができるのではないかと考え始まりました。 毎回、様々なバックグラウンドを持つ外国人に、海外から見た日本の姿や、海外のニュースからみる日本社会の考察など、質の高いコンテンツを執筆してもらいます。 それぞれの英文レポートには、TOEICやTOEFLの高得点者が多いnipponomiaのライター陣が翻訳を行い、英文法や単語の解説も付けているので、英語学習者・英文読解初心者にも読みやすいレポートになっています。 アメリカ人教師が英語で語る!マイナンバー制度と米社会保障番号 Is there a My Number system in the U. 「アメリカにマイナンバー制度はあるのか?」日本語訳 In October of 2015, Japan launched the Social Security and Tax Numbering System, more commonly known as My Number. The initial rollout was preceded by an ad campaign featuring actress Aya Ueto and mascot Maina-chan. Some of the goals of the program are to make taxation and social security more streamlined for the government and general public, as well as prevent tax evasion and welfare fraud. However concerns over privacy and security continue. 2015年10月、日本政府は、「マイナンバー制度」として知られる社会保障・税番号制度を開始した。 制度の開始に先立って、女優・上戸彩とマスコットキャラのマイナちゃんによる広告キャンペーンが展開された。 この制度の目的の一部は、政府と市民のため税と社会保障をより合理化し、また課税逃れや福祉の不正受給を防ぐことである。 しかし、プライバシーやセキュリティに関する懸念は継続している。 In the United States, all citizens are also given a number that they will keep for the rest of their lives. This is called a Social Security number. Most children are assigned a number shortly after they are born. In fact, parents can apply for a Social Security number for their baby at the hospital. アメリカでは、すべての市民が、一生使用し続けるナンバーをあたえられる。 これは、社会保障番号(Social Security number)と呼ばれる。 大部分の子供は、生まれた直後にナンバーを割り当てられる。 実際に、両親は自身の子供の社会保障番号を、病院で申し込むことができる。 The Social Security number has nine digits and the first cards were given out in 1936. Since then, these numbers have become an important part of life for American citizens. The Social Security number is used for taxes and social security, like in Japan, but it is also very important for identification. It is used for a variety of things in the United States. The number is so important that most citizens actually have their number memorized! 社会保障番号は9桁で、1936年に最初のカードが発行された。 それ以来、これらの数字[9桁の社会保障番号]は、アメリカ市民の生活の重要な一部となっている。 日本のように、税や社会保障に使用されるだけでなく、身分証明としても重要である。 アメリカでは、社会保障番号が様々なことに使用されているのだ。 例えば、銀行口座を開くため、携帯電話を手に入れるため、クレジットカードを作るため、アパートを借りるため、仕事に応募するため、そして自動車運転免許証を手に入れるためにも、市民は社会保障番号が必要になる。 多くのアメリカ市民が自身の社会保障番号を記憶しているほどに、社会保障番号は非常に大切なものなのである。 In fact, people are discouraged from carrying their card. If you lose your Social Security card, you cannot just change or cancel the number. It is a number to be used for the rest of your life, so losing your card could cause problems for a very long time. しかし、日本の場合と違って、普段はカードは必要なく、番号さえあればいい。 実際、自身のカードは持ち運ばない方が良い。 もし社会保障番号カードをなくしてしまうと、番号を変えることも、キャンセルすることもできない。 生涯にわたって使用されるナンバーであるから、カードを紛失することは長期間にわたって問題を引き起こすのである。 今回の英語長文の英単語・英熟語・重要表現まとめ! 上記の英語長文から、特に重要な英語表現や英単語をピックアップして、解説していく。 今回のテーマについて考えるだけではなく、せっかくの英文なので英語学習の参考にしてもらえれば幸いだ。 英語重要表現1「be preceded by〜」 第一パラグラフでは、マイナンバー制度のスタート時に行われた広告キャンペーンのことを表現する文の中で、次のような一文が使われていた。 The initial rollout was preceded by an ad campaign… パッと見ただけでは、どういう意味か分からなかった人もいるかもしれない。 これは、precede(〜より先に起こる)という他動詞の受動態を使った熟語表現である。 「A is preceded by B」で、直訳すると「Aは、Bに先行される」という意味になる。 ここでは、「 [マイナンバー制度の]開始に先立って、広告キャンペーンが展開された」と訳しておいた。 英語重要表現2「streamlined」 「streamline」という単語は、「流線型」という意味の名詞である。 単語の言葉そのままの意味なので、非常に覚えやすい単語だろう。 しかし、実は名詞としての機能だけではなく、他動詞としての機能もあり、「〜を流線型にする、〜を合理化する」という意味がある。 英語重要表現3「welfare fraud」 第一パラグラフに登場する「welfare fraud」という表現は、単純な名詞表現であるが、社会保障制度や、生活保護関連の英文を読んでいると、頻繁に登場するので覚えておきたい。 「Welfare」で「福祉、生活保護手当」という意味で、「Fraud」で「詐欺、イカサマ」という意味だ。 ここでは二つ合わせて、生活保護や福祉給付の不正受給といった意味で使用されている。 英語重要表現4「…but it is also…」 第三パラグラフに登場するこちらの表現は、中学や高校でも習う定番の英語構文「A, but also B」(=AだけでなくBも)が使用されている部分だ。 第三パラグラフの該当部分を分かりやすく訳すと、「社会保障番号は税や社会保障にも使われているが、それだけではなく、身分証明にも使用されている」となる。 英語重要表現5「…so important that…」 第三パラグラフに登場する「so important that」の部分は、日本語に訳すのが少し難しく感じる英語的な表現である。 「A is so XXX that YYY」で、「Aはとても XXX なので YYY 」とか、「 YYY するほどAは XXX である」といった意味になる。 第三パラグラフでは、 The number is so important that most citizens actually have their number memorized となっていたが、that節以下のYYYの部分を「多くのアメリカ市民が自身の社会保障番号を記憶しているほど」と訳し、so以下のXXX部分を「社会保障番号は非常に大切なものなのである」と訳した。 実際に英文和訳をする時には、このように臨機応変に自然な表現になるように文の順序を変えて訳す必要があるので、ぜひ覚えておきたい重要表現である。 英語重要表現6「…have their number memorized」 最後のパラグラフに登場したこちらの表現だが、高校で英語の勉強をそれなりにしっかりやった人ならば、すぐに「have A done」の構文が頭に浮かんだのではないか。 「have get A done」には、大きく3つの意味があるので、すべてきちんと覚えておきたい。 「have get A done」=完了「Aを・・・してしまう」• 「have get A done」=被害の受け身「Aを・・・されてしまう」 使役と被害の受け身は、記憶している人も多いかもしれないが、完了「Aを・・・してしまう」という意味もあることを忘れてしまいがちなので気をつけよう。 第三パラグラフの「 most citizens actually have their number memorized」の部分は、「彼らのナンバーを記憶してしまう」と完了の意味で訳すのが正解だ。 マイナンバー制度の懸念点は、日米共通 上記のレポートの中でBさんが言っている通り、アメリカにおける社会保障番号(ソーシャルセキュリティーナンバー)は、アメリカ社会全体のシステムの中に位置付けられ、役所に行く時や、契約をするときなど、重要な場面では大抵社会保障番号が必要になる。 今のところ、日本のマイナンバーは、個人に関係のあるところでは税務署に提出する確定申告書や、年金の資格確認に使用される程度であろう。 まだまだマイナンバーカードを実際に使用する場面は少ないが、アメリカのように重要な身分証明書の一つとして使用されることになる日は近いかもしれない。 実際、マイナンバー通知カードを受け取った後、ICタグ・証明写真入りのマイナンバーカードを作成すれば、写真付きの身分証明書として使用できたり、図書館利用などの場面でも使用できたりと、日本でもかなりアメリカの社会保障番号の状態に近くなる。 あらゆる行政サービスと紐づくようになると、当然日米共通の課題として浮かび上がってくるのが、個人情報の安全性や、プライバシーが暴かれることへの懸念である。 日本でマイナンバー制度に対して批判的な立場をとる人々は、多くの場合「個人情報が漏れるのではないか心配」ということを根拠にしている。 実際、 アメリカでは、2014年にソニーがハッキングされ、ソニーの労働者47,000人分の住所、所得、個人情報が漏洩した事件が発生したことが また、上記レポートにもある通り、カードを利用者自身が落としてしまう可能性もある。 日本でも、給料を労働者に対して支払うために、企業がマイナンバーを収集することになるため、アメリカのソニー事件と同様の問題が生じる可能性は非常に高い。 企業経由でマイナンバーが漏洩すれば、少なくとも個人名・所得・マイナンバーが明らかになってしまう懸念が生じるわけだ。 とはいえ、日本のマイナンバー制度は、当然諸外国の前例を見ながら制度設計されているがゆえに、一箇所にすべての情報が集約されないような工夫がなされている。 仮に、マイナンバーと個人名が漏洩してしまったとしても、それを使用して即座にその人物の個人情報や行政サービスにアクセスできるようになるわけではない。 落とした場合も名前とマイナンバーが知られてしまうことになるが、マイナンバーカードは、悪用を防ぐために顔写真が挿入されているため、若干リスクは低下すると言えるだろう。 必ずしも、ナンバーそのものは他人に知られても問題はないのだ。 もちろん、漏洩した場合には様々な悪用リスクがあるので、漏洩しないに越したことはないのだが・・・。 むしろ、マイナンバーが使用されることによるメリットも考えるようにしたい。 住民票の発行などで、市役所で永遠と待たされる不快感が仮に軽減されるとすれば、それだけでもマイナンバーがもたらしてくれる恩恵は非常に大きいし、当然行政コストも削減される。 「なんとなく危なそう」だからマイナンバーを避けるのではなく、諸外国の事例も参考にしながら、自分のマイナンバーをどう扱うべきか、自分の会社はマイナンバーのセキュリティをどう考えているのか、行政の安全対策は十分かなど、建設的な議論が行われることに期待したい。

次の

アメリカ携帯の電話番号事情と米国への国際電話のかけ方は?

アメリカ 口座番号 桁数

小切手(check)を使う場面 日本にいると、見かける機会自体が少ない小切手。 しかし、 アメリカでは日常生活のさまざまな場面で、「check(小切手)」での支払いを求められることがあります。 下に、代表的な例をいくつか挙げてみます。 賃貸物件入居時の手付金• 家賃(特に、個人の大家による賃貸の場合)• 公共料金• 陸運局(DMV)への自動車登録手数料、更新料• 医療費(診療当日に支払うのではなく、後日、自宅に請求書が届く)• 自治体や学校などへの手数料 クレジットカード払いや銀行口座からの引き落としができる場合もありますが、まだまだ check 文化は根強い様子。 郵便でも送れること、(銀行口座に残額がある限り)高額の送金も可能なことから、ビジネスだけでなく、個人間でのお金のやり取りにも使われています。 また、• 給与受取口座を雇用主に伝える場合• 自分の銀行口座番号を確認する場合 にも、check を使うことができます(後ほど「Void check」の項目でご説明します)。 Check の使い方 Check は、 アメリカで銀行口座を開設すると発行してもらうことができます。 口座の種類により、無料で何枚でも発行してもらえる場合、最初の数枚だけ無料の場合などがありますが、 一般的には、「checkbook(小切手帳)」と呼ばれる、束になった状態のcheckを受け取る場合が多いかと思います。 束になった check(checkbook:小切手帳)の箱。 Check を追加発行するための連絡先が書かれています。 お財布に数枚入れておくと、いざという時に便利です。 では、check の券面に何が印刷されているのか、どの欄に何を書くのかを、写真を見ながら確認していきましょう。 2)には、記入当日の日付を書きます。 3)の支払先欄の横には「Pay to the order of」と書かれているはずです。 ここに続ける形で、 支払先の名前や住所を書きます。 家賃であれば大家さんの名前を、公共料金や医療費の支払であれば、請求書に印刷されている支払先(「Make checks payable to:(支払先名、住所)」といった形で載っています)を記入しましょう。 4)の金額欄には、注意が必要です。 2種類の書き方をすることで、金額の読み間違いを防いでいます。 5)の品目欄には「For」と書かれています。 支払先から指定があった場合、商品名やサービス名、手数料の名称、請求書番号などを書きます。 受験料なら「examination fee」、医療費なら「medical service」など。 支払先からの指定がなければ、この欄は空欄でも構いません。 6)の欄にサインをしなければ、この check は有効になりません。 必ず最後に記入しましょう。 ちなみに、 小切手の左下(7)には、Routing number(銀行コード)、Account number(口座番号)、Check number(小切手の通し番号)が、特殊な字体で印刷されています。 この3種類の番号のうち、左から2つ(Routing number、Account number)は、銀行送金でお金を受け取る際に尋ねられる番号です。 誰かから銀行振込でお金を受け取る機会があれば、手元の check を見て、これらの番号を確認しましょう。 8)の「Endorsement(裏書き)」欄は、check の裏面にあります。 この欄は、主に 受取人がサインする時に使います。 受取人がサインする時に邪魔にならないよう、こうした書き込みは1行に収まるようにしましょう。 「Number」という言葉は「 」の1文字で置き換えることができます。 もし、check を途中で書き間違えてしまったら、券面に大きく「VOID」と書くことで、無効化することができます。 Check を受け取ったら? 続いて、自分が check を受け取った場合の手続きを知っておきましょう。 こうした check で支払いを受けるための手続きは、 銀行の窓口、もしくは銀行ATMで行うことができます。 公的機関から送られてくる check の場合、 「deposit only」という指定がされていることが多いです。 これは、現金の形でお金を受け取ることはできず、 銀行口座に入金(deposit)する形でしか、支払いを受けられないというもの。 受取人として指定されている人の口座にしか入金できないため、万が一盗まれても悪用を防ぐことができます。 窓口で入金手続きをする場合には、 「deposit slip」という小さな用紙に記入します。 「List checks singly」(小切手を1つずつ列記)と書かれた欄がありますので、 そこに受け取ったcheckの金額を書き込みます(金額の隣に、券面右上のcheck numberを書く場合も)。 複数枚のcheckがある場合には、1枚ずつ行を改めます。 窓口担当者に deposit slip を渡し、サインを促されたら、check 裏面の8)endorsement 欄にサインを入れ、入金依頼は完了です。 その場で口座に入金が行われ、入金明細を受け取れるはずです。 ATMの場合には、裏面の8) endorsement 欄にサインした状態の check をATMに持参します。 以下同様)のメニューを選びます。 続いて、 「Deposit with check」(小切手で入金)を選んだら、画面の指示に従って、check をATMの指定の入り口に差し込みます。 これだけ?と不安になるかもしれませんが、check は無事に回収されるはずです。 ATM 操作から1日〜数日後には check の処理が完了し、自分の口座に check の額面が振り込まれます。 「Void check」とは 最後に、check のちょっと違った使い方についてご紹介します。 アメリカで暮らしていると、 時々「『void check(ヴォイド・チェック)』を提出して欲しい」と言われることがあります。 この「void check」とは、自分では何も記入していない check に、大きく「VOID」と書いたものです。 (書き損じのチェックを無効化する時と、同じやり方です) 給与振込などの手続きに使う、「void check」(無効化したcheck)。 銀行口座の情報を相手に伝えることができます。 Void check は、誰かにお金を払うときではなく、 お金を受け取る(正確には、銀行口座に振り込んでもらう)時に使います。 あなたに対して銀行送金でお金を送りたい人に、void check を渡すと、相手がそれを見て、銀行送金に必要な Routing number と口座番号(Account number)、そして氏名・住所を確認します。 「VOID」の文字により、checkとしての機能は無効化されていて、これを使って相手がお金を受け取ることはできません。 給与の銀行振込の手続きの時に、雇用主から求められることが多いようです。 実際に void check を出す機会は少ないかもしれませんが、「VOID」と書くだけで簡単ですので、覚えておいて損はないと思います。 まとめ 初めて check を書く時には緊張するかもしれませんが、画像を見ながら練習しておけばきっと大丈夫です。 もし間違えたら、大きく「VOID」と書いて無効化しましょう。 皆さんのアメリカ生活が順調にスタートしますように!.

次の

アメリカの郵便番号一覧・桁数・調べ方・書き方|ニューヨーク

アメリカ 口座番号 桁数

IBANコードの適用国 IBANコード(: International Bank Account Number)とは、について、所在国、支店、口座番号を特定するための国際標準である。 欧州銀行規格委員会により採択された後、ISO 13616:1997として規格化され、ISO 13616:2003が最新の版である。 2008年1月現在では欧州を中心とする約41か国で使用されている。 IBANの登録機関は SWIFT であり、登録簿の内容は [ ]で確認できる。 国によって銀行口座番号の規格が異なるため、国際送金には国内送金と比較して困難が多い。 IBANは内での国際送金を円滑化するため開発された規格であり、IBAN採用国間でのにおいてはIBANコードが使用される。 日本などからIBAN採用国あてに送金する際にもIBANコードおよびが必須となることが多いので、前もって受取人にこれらのコードを確認する必要がある。 なお、国内送金では従来の口座番号をそのまま使用している国もある。 構造 [ ] IBANは、最大34文字のアルファベット・数字からなる。 最初の2文字は-1 アルファベット2文字国名コードであり、次の2文字はである(以下の例ではkkとして示す)。 その後の部分(最大30文字)は国内の銀行口座番号であり、BBAN(Basic Bank Account Number)と呼ばれる。 BBANの書式は国によって異なるが、その文字数は国ごとに決められている。 IBANコード構造表 左端2文字 左端から3文字目及び4文字目 左端から5文字目以降 IBANは電子的に記録する際は空白を含まないが、印刷時には4文字ごとに空白で区切られることが通例である(最後の部分は4文字未満となることもある)。 例 [ ]• 2006年6月5日導入。 18 書式: FOkk CCCC CCCC CCCC CC 国名コードを除きデンマークと同じ。 18 書式: GLkk CCCC CCCC CCCC CC 国名コードを除きデンマークと同じ。 なお最近、口座番号を6桁から7桁に拡張した銀行があり、これらについては、7桁の番号を使用する方が望ましい)• 27 書式: ITkk ABBB BBCC CCCX XXXX XXXX XXX 先頭11文字の英数字は銀行を表す。 21 書式: LIkk BBBB BCCC CCCC CCCC C 国名コードを除きスイスと同じ。 27 書式: MCkk BBBB BGGG GGCC CCCC CCCC CKK 国名コードを除きフランスと同じ。 銀行コードの直後のkは国内の付番方式によるチェックディジット。 27 書式: SMkk ABBB BBCC CCCX XXXX XXXX XXX 国名コードを除きイタリアと同じ。 末尾のKKはチェックディジット。 IBANチェックディジット(kk)は56に固定。 9月1日導入。 外部リンク [ ]• ISO 2108: ISBN• ISO 3297: ISSN• ISO 3901: ISRC• ISO 6166: ISIN• : 発行者識別番号 IIN• ISO 10957: ISMN• ISO 13616: IBAN• ISO 15511: ISIL• ISO 15706: ISAN• ISO 15707: ISWC• ISO 17316: () ISLI• ISO 17442: LEI• ISO 21047: () ISTC• ISO 26324: システム DOI• ISO 27729: ISNI• VIAF.

次の