びわ の 木 の 育て 方。 ビワの育て方

ビワの木の摘蕾・摘花をしました。|花ひろばのウキウキブログ

びわ の 木 の 育て 方

びわにはどういう特徴があるの? びわはバラ科の常緑樹で、中国が原産です。 もともと民家で育てられていたものが野生化して繁殖し、日本では比較的温暖な本州西部や九州などに広く分布しています。 高さ8mほどにまで大きくなるのが特徴で、庭木として育てる場合は実の収穫のことを考え、高さ4mくらいまでに抑えて育てるのがいいでしょう。 びわの葉や幹はどんどん大きくなるので、ある程度の広さがある環境で育てるのに適している木です。 びわの木は、秋の終わり頃から冬にかけて、白くて小さな花を咲かせます。 初夏にはオレンジ色の実が収穫でき、生食できる果物として昔から親しまれてきました。 また、20cmほどもあるびわの葉には薬効があることも知られており、びわの種である杏仁は薬として使われるなど、人々の生活に密接に根付いた樹木といえるでしょう。 実をならせるなら剪定時期は重要 びわの楽しみは、なんといっても生食できる実の収穫ではないでしょうか。 びわは、自宅で栽培する果樹としても人気の木ですね。 しかし、びわの木はとても大きく生長するため、放置しておくと実を収穫することが難しくなってしまいます。 おいしい実を楽しむためにも、剪定してきちんと手入れをすることが大切なのです。 枝葉が茂ってしまったびわの木は、思いきって刈り取りたくなりますが、適当に切ると実が付かなくなってしまう可能性があります。 さらに、間違った剪定をした年だけでなく、2~3年にわたって実が付かないということもあるようです。 剪定をする際には、正しい剪定方法に加え、剪定する時期もきちんと見極めることがとても大切です。 びわの生長サイクルを理解しよう 剪定の時期を見極めるのが難しいとされるびわですが、びわの生長サイクルを知ることで剪定の時期を判断することが可能になります。 びわは、花芽が付き始めるのがだいたい6月頃となります。 春先に伸びた枝の先端に花芽が付くことを覚えておきましょう。 夏の間2カ月ほどかけて付いた花芽は、11~2月頃に開花を迎えます。 その後、3月中旬~4月にかけて実ができ、実が収穫できるのは5~8月くらいにかけてでしょう。 びわの剪定時期は結局いつなの? びわの生長サイクルを見ると、一見剪定に適した時期がないように思われます。 しかし、一般的には、びわの花が咲き終わってから実がなり始める前の期間が剪定に適しているといわれています。 具体的には2~3月くらいになるでしょう。 ただし、3月中旬以降になると新しい枝が伸びてくる時期なので、強い剪定は避けておいたほうがいいです。 剪定をしすぎることで、翌年の実の付きが悪くなる可能性があるので気をつけましょう。 3月中旬から花芽が付き始める6月くらいまでは、実に気をつけながら間引き程度の剪定であれば可能です。 すでに実がなっているので、間違って残すべき枝を切ってしまう心配はありませんね。 また、実の付きを良くしたい場合には、10月頃にもつぼみを間引くのが効果的です。 このときには、2~3年実を付けた枝も思いきって刈り取りましょう。 びわの上手な剪定方法は? そもそも、びわの剪定は風通しを良くすることを目的に行います。 剪定作業は主に、枝の間引きと切り詰めの作業となります。 大きく伸びた幹や枝を間引き、びわの木に十分に日光が当たるようにするのが目的でもあります。 間引きする際には、事前に樹形を仕立てる作業が必要となりますが、木の種類によって仕立て方が異なるので注意が必要です。 枝がまっすぐに上に伸びるタイプのびわの木であれば、2~3mくらいで幹の高さを切り落としましょう。 枝が横に伸びるタイプの木であれば盃形になるように整え、高さ1. 8~2mくらいで切り落とすのがおすすめです。 間引きのポイントは、枝の分岐点から枝を数本残すように間引きすることです。 その際は、分岐点ギリギリではなく、少し上の箇所を切るようにしましょう。 強い剪定をすると数年実が付かなくなることもあるので気をつけたいものです。 一方の切り詰め作業は、数年に分けて少しずつ行いましょう。 一度に行うと木が枯れる原因にもなってしまいます。 4年ほど放置しておくと樹高が高くなり枝の幅が広がってくるため、4年を目安に切り詰め作業を行うといいでしょう。 剪定時期に気を付けて実が付くようにしよう 毎年花を咲かせ実を付けるびわですが、間違った剪定をすると実が付かなくなる可能性があります。 毎年確実に実を付けさせるためには、限られた剪定時期を見極め、正しい方法で剪定することが必要です。 その際には、あまり強い剪定を行わないことも重要です。 花が終わってから実がなるまでの時期が最適の剪定時期とされるので、この時期に剪定を行い、長くびわの実を楽しめるように手入れをしましょう。

次の

ビワの育て方|摘果や摘蕾など一年間のお手入れ

びわ の 木 の 育て 方

ビワの栽培環境と品種の選び方について 【栽培環境】 常緑樹のビワは 寒さにも比較的強いので、素人でも育てやすい果樹です。 東北や新潟でも実がなりますが、太平洋側の温暖な地域の方が美味しい実をつけてくれますよ! 【品種選び】 温暖な地域であれば、どの品種でも実をつけることができます!やや寒い地域であれば、晩生種の「田中」がオススメです! びわの育て方のポイントは? びわは 暖かく水はけのよい場所で育てるのがポイントです。 真冬に花を咲かせるためほかの果樹とは少し違います。 実が未熟な状態の時に寒い環境だと収穫量が減ってしまいます。 枇杷は湿気にとても弱いので、水はけに注意をし剪定して風通しをよくしてあげてください。 【土づくり】 土は水はけがよいものが適しています。 鉢植えで育てる場合は赤玉土(小粒)7~8腐葉土2~3の割合で混ぜて土を作るか市販で売っている果樹用培養土を使うようにします。 地植えの場合は植穴を掘りその土に腐葉土を2~3割り混ぜます。 【水やり】 鉢植えの場合は表面の土が乾いてからたっぷりと水を与えるようにします。 地植えの場合は水やりは特に必要ありません。 でも日照りが続いてしまった場合は水やりをするようにしてください。 【肥料】 2~3月、6月、9月、11月の年に4回肥料を施します。 速効性化成肥料を2~3月と6月に9月と11月は堆肥や油かすなどの有機資質肥料を施します。 施す場所は株から少し離れた場所です。 スポンサーリンク 種まきや鉢植えの時期について 種まきの適期は5月~6月です。 枇杷は実を付けるまでなんと8年から10年もかかると言われています。 そのためじっくりと育てたい!接ぎ木の台木として育てたいという人におすすめです。 今回は 脱脂綿などを使い発根する方法を紹介します。 このほかの方法として、洗った種を2~3㎝の深さに植えても大丈夫です。 1 実から取り出した種を取り出し水洗いをして果肉をしっかりと落とします。 2 種の周りの茶色の皮をむきます。 3 水に湿らせて厚さ1~2㎝の脱脂綿やスポンジを容器に入れます。 4 上に種をおきます。 5 種が半分つかるくらい水を入れます。 6 1週間くらいたってから発根をしたら育苗ポットなどの小さな鉢に移し替えます。 7 苗木が十分に育ったら鉢や地面に植え替えます。 【苗木】 2月下旬から4月に鉢や地面に植え付けて育てます。 7から8号の鉢植えを準備し植え付けてそのあとにたっぷりと水を与えます。 袋かけや摘果のやり方はこちら 【袋かけ】 びわは、開花が11月~2月、収穫の時期が5月~6月となっています。 そのため、鳥に食べられないよう4月には枇杷の実に袋かけをします。 袋をかけていないと 味は同じでも傷だらけの枇杷になってしまうので必ず袋かけをしましょう。 【摘果】 全ての花が実になると、栄養が分散して1つ1つの実が小さくなってしまうので、蕾を3分の1~2分の1まで減らします。 蕾はかたまっているので 4~5個ほど残すと良いです。 枝についている花数が少ない場合は切り落としても大丈夫です。 実が小さな段階で数が多ければ早めにもぎ取ってしまいましょう。 スポンサーリンク 枇杷の剪定の時期と方法はココ 剪定の時期は 木の成熟の度合いによって変わってきます。 剪定するときは上から下へ向かって作業していきましょう。 大きく伸びた幹や、混み合っている枝を間引き、幹に光が当たるようにします。 〈剪定時期〉 1回目:3月上旬 2回目:5月中旬 3回目:8月頃 3年程の若木であれば剪定しなくても大丈夫ですが、4年以上経つと高さが出てくるため間引きや剪定が必要です。 3月上旬は萌芽力が強いため強い剪定にも耐えられますよ! また、品種によって剪定後の樹形が変わります。 まっすぐ上に枝が生える茂木などの品種は横の伸びる枝を残す「変則主幹形」で、田中などのような枝が横に広がる品種は「盃状形」にします。 それぞれの 剪定のやり方は続きでチェック! 【盃状形】 盃のような形になるように2~3本の枝で樹形を整えます。 高さを1. 8~2mにするようにそえよりも上にある枝は途中で切って高さを整えます。 【変形主幹形】 2~3mの高さから幹を切り落とします。 横に広がる枝を3~4本互い違いにしていきます。 横に生えている上下の間隔は30~45㎝ほどあけます。 ビワの袋がけはビニール袋でもいいの? 比較的簡単に育てられるビワですが、 果実は害虫や強風に弱いため「袋がけ」が必要になります。 ビワの果実袋にはいろいろな種類がありますが、ビニール製の袋は費用が高く菌や水を防げないので、できるだけ 紙製の袋を使いましょう!1枚当たり6円ほどとコスパも良く遮光率も高いのでとてもオススメです。

次の

ビワ(枇杷)の育て方!剪定や種まき、苗木の植え付け時期と方法は?

びわ の 木 の 育て 方

栽培環境・日当たり・置き場 日光を好むので、庭植えの植えつけ場所、鉢植えの置き場ともに日当たり良好な場所を選びましょう。 水やり 鉢土の表面が白く乾いたら、鉢底の穴から少し流れ出るくらいたっぷり与えます。 庭植えの場合は、品種や土質にもよりますが、夏にひどい日照りが続くような場合は水やりが必要です。 肥料 庭植えは、2月に有機質肥料か速効性化成肥料を元肥として施します。 鉢植えは、2月、6月、9月に有機質肥料か速効性化成肥料を施します。 病気と害虫 庭先では、問題になる病害虫はほとんどありません。 病気:がん腫病、灰斑病など 前者は主に枝や幹に発生し、被害部は枯れ込みます。 後者は葉に淡褐色の斑点ができます。 害虫:モモチョッキリ(モモチョッキリゾウムシ)など 果実に穴をあけますが、早めに袋かけをすれば問題ありません。 用土(鉢植え) 一般的な市販の用土を用いる場合は、赤玉土小粒7~8、腐葉土3~2の配合土を用います。 植えつけ、 植え替え 適期は2月から3月中旬です。 根詰まりを防ぎ、通気をよくするのが目的で、鉢の大きさ、生育具合にもよりますが、通常2~3年に1回は必要です。 ふやし方 つぎ木:タネをまいて育てた台木につぎ木します。 適期は2月から3月です。 主な作業 剪定:8月から9月が適期です。 枝を下垂するように誘引すれば、どんな樹高の低い木でもつくれます。 摘蕾、摘果:摘蕾は花房が肥大し、花蕾のまとまり(段)がわかるようになってから行います。 摘果は実どまった果実の肥大がはっきりしてくる3月下旬から4月上旬に行います。 袋かけ:摘果が終わったら袋かけをします。 袋には新聞紙などを用います。 特徴 ビワは無農薬でつくれる家庭向きの果樹です。 伸びるにまかせておくと、背が高くなりますが、整枝で低くつくることもできます。 栽培にあたっては、耐寒性を考慮する必要があります。

次の