瓶詰めメンマ レシピ。 たけのこで作る「自家製メンマ」レシピ。ビールが止まらなくなるおいしさ! 即席たけのこご飯にも!

メンマ炒め

瓶詰めメンマ レシピ

自家製瓶詰めで食品を長期保存する 【自家製瓶詰めを作る】 食品を常温で長期保存する方法を解説 自宅で作る瓶詰めというとポピュラーなのはジャムですよね。 もちろんジャム以外にも色々なものを自分で瓶詰にすることはできます。 ジャム同様に自分で作った加工食品をはじめ、例えば季節ごとに出回る旬の食材を瓶詰めしておけば常温で長期保存が可能な上、1年中いつでも好きな時に季節の食材を楽しむこともできます。 それ以外にも、自分で食材から準備することで安く仕上げることができ、更には自分で作っているので変な薬品や保存料などを使っていないという安心感を得ることもできますよね。 脱気、滅菌に失敗したものをそのまま放置しておくと、腐敗が進むとともにフタが膨らんできます。 4.常温で長期保存できる そのまま保存できるので便利 煮沸消毒した瓶を使い、腐敗の原因となる瓶内の空気を脱気で抜いて真空状態にし、更に瓶に詰めた食材を熱湯で殺菌・滅菌する事で、瓶詰めは常温での長期保存が可能となります。 作った瓶詰めはシンク下の収納や地下の倉庫などといった冷暗所に保存しておきましょう。 ちなみにそこまで冷暗所でなくとも、わたしの場合はリビングに酒類と共に常温で夏場もそのまま保存していますが、 特に問題はありませんので、直射日光がガンガンに当たるような場所でなければ大丈夫でしょう。 食材によっては冷蔵で保存する 瓶詰めなら常温で長期保存ができるとは言っても、使う食材によっては冷蔵で保存した良い場合もあります。 乳製品を使ったものや、痛みやすい食材は冷蔵庫で保存しましょう。 わたしも専門家ではないので、具体的にこの瓶詰めは「冷蔵」、この瓶詰めは「常温」と断言はできませんが、スーパーなどに並んでいる瓶詰めの販売状態を参考にすると良いと思います。 また、わたしが個人的にレシピを上げている瓶詰めの食材に関しては、自分で作り、自分の舌で常温での保存状態を確認していますので、そちらも参考にしてみて下さい。 5.瓶詰めに失敗した場合は? 脱気に失敗した時の対処法 フタが凹まず、脱気に失敗したという場合は以下の事が考えられます。 「脱気の工程での失敗」 「瓶自体の不良」 瓶自体の不良だった場合は、また同じ工程を繰り返しても無意味になるので、とりあえず他の瓶に替えてもう一度チャレンジしてみた方が無難かと思います。 もしくは、「もうイヤだ~」という時は、瓶詰めを諦めて、そのままその食材を料理に使ってしまうと良いでしょう。 このフタが膨らんでいる現象が起こってしまった場合は、残念ですが中身は破棄しましょう。 実験終了次第、画像をアップします。 季節の食材を一年中いつでも使えるという事は、料理の幅が広がります。

次の

ピリ辛ナスメンマ(副菜)のレシピ・作り方

瓶詰めメンマ レシピ

メンマ入り炒飯! まずは簡単に作れてとっても美味しいチャーハンからです! 材料(2人分)• ご飯・・・茶碗2杯分• メンマ・・・8本くらい• ハム・・・2枚• にんにく・・・2片• 卵・・・2個• 牛乳・・・少々• 塩胡椒・・・適量• 醤油・・・小さじ3• ごま油・・・大さじ1強• 中華だし・・・少々 作り方• 小さなボウルに卵を割り、塩胡椒、牛乳を入れてよく溶きほぐします。 熱したフライパンに卵を入れて炒め、お皿によけておきます。 卵をよけたら、フライパンを再び熱し、ごま油、ニンニクを入れて炒めます。 そこへハム、メンマを入れて炒め、ご飯を入れ強火で手早くさらに炒めます。 塩コショウ、醤油、中華だしを入れて味を整え、卵をフライパンに戻してさっと炒めたら完成です!.

次の

メンマの作り方はとっても簡単♩春は『自家製メンマ』で乾杯!

瓶詰めメンマ レシピ

自家製瓶詰めで食品を長期保存する 【自家製瓶詰めを作る】 食品を常温で長期保存する方法を解説 自宅で作る瓶詰めというとポピュラーなのはジャムですよね。 もちろんジャム以外にも色々なものを自分で瓶詰にすることはできます。 ジャム同様に自分で作った加工食品をはじめ、例えば季節ごとに出回る旬の食材を瓶詰めしておけば常温で長期保存が可能な上、1年中いつでも好きな時に季節の食材を楽しむこともできます。 それ以外にも、自分で食材から準備することで安く仕上げることができ、更には自分で作っているので変な薬品や保存料などを使っていないという安心感を得ることもできますよね。 脱気、滅菌に失敗したものをそのまま放置しておくと、腐敗が進むとともにフタが膨らんできます。 4.常温で長期保存できる そのまま保存できるので便利 煮沸消毒した瓶を使い、腐敗の原因となる瓶内の空気を脱気で抜いて真空状態にし、更に瓶に詰めた食材を熱湯で殺菌・滅菌する事で、瓶詰めは常温での長期保存が可能となります。 作った瓶詰めはシンク下の収納や地下の倉庫などといった冷暗所に保存しておきましょう。 ちなみにそこまで冷暗所でなくとも、わたしの場合はリビングに酒類と共に常温で夏場もそのまま保存していますが、 特に問題はありませんので、直射日光がガンガンに当たるような場所でなければ大丈夫でしょう。 食材によっては冷蔵で保存する 瓶詰めなら常温で長期保存ができるとは言っても、使う食材によっては冷蔵で保存した良い場合もあります。 乳製品を使ったものや、痛みやすい食材は冷蔵庫で保存しましょう。 わたしも専門家ではないので、具体的にこの瓶詰めは「冷蔵」、この瓶詰めは「常温」と断言はできませんが、スーパーなどに並んでいる瓶詰めの販売状態を参考にすると良いと思います。 また、わたしが個人的にレシピを上げている瓶詰めの食材に関しては、自分で作り、自分の舌で常温での保存状態を確認していますので、そちらも参考にしてみて下さい。 5.瓶詰めに失敗した場合は? 脱気に失敗した時の対処法 フタが凹まず、脱気に失敗したという場合は以下の事が考えられます。 「脱気の工程での失敗」 「瓶自体の不良」 瓶自体の不良だった場合は、また同じ工程を繰り返しても無意味になるので、とりあえず他の瓶に替えてもう一度チャレンジしてみた方が無難かと思います。 もしくは、「もうイヤだ~」という時は、瓶詰めを諦めて、そのままその食材を料理に使ってしまうと良いでしょう。 このフタが膨らんでいる現象が起こってしまった場合は、残念ですが中身は破棄しましょう。 実験終了次第、画像をアップします。 季節の食材を一年中いつでも使えるという事は、料理の幅が広がります。

次の