茶トラ。 茶トラ

茶トラの性格とは 人懐っこい甘えん坊猫ちゃん!

茶トラ

茶トラは茶色の濃淡の縦縞模様がある毛色です。 英語でレッドマッカレルタビーと呼ばれています。 猫には茶系の毛色がいくつもあるので、誤りのないように、日本語でも赤トラと呼ぶべきかも知れません。 茶色の発現に関わっている O遺伝子座は、性染色体( X染色体)上に格納されています。 そのためオスとメスでは発現の条件が異なります。 こうした遺伝を伴性遺伝といいます。 いずれにしても、 O遺伝子座に劣性の o遺伝子を持たなければ、被毛は茶色になります。 オスの性染色体は XYですから、対立遺伝子を X染色体上に1個だけしか持つことができません。 つまり OYの時に被毛全体が茶色になります。 どちらか片方の親から優性遺伝子 Oをもらう必要がありますが、 Y染色体は父親からしかもらえませんから、優性の Oは母親からもらうことになります。 メスの性染色体は XXで、 O遺伝子座には2個の対立遺伝子が入ります。 被毛全体が茶色になるには、 O遺伝子座に劣性の o遺伝子を持たないことが条件ですから、メスは優性ホモ接合 OOでないと被毛全体が茶色になりません。 つまり、両親から O遺伝子をもらう必要があります。 このため茶トラはメスよりオスの方が発現率が高くなります。 一般的に茶トラは大きいといわれるのも、茶トラにオスが多いからと思われます。 メスの場合、優性の法則からして、ヘテロ接合の Ooでも茶色になりそうなものですが、この場合はほかの色 黒やキジ色 が混じります。 哺乳類では、 X染色体が2個あると、受精直後の細胞分裂の時に、どちらか片方の遺伝子発現が抑えられます(不活性化といいます)。 不活性化は細胞ごとにランダムに起こるので、 Ooの場合は、 Oの働く細胞と働かない細胞がそれぞれ成長して、被毛に茶色以外の色が混じるのです。 不活性化した細胞は Oが働かなくなっているわけですから、本来は下位である Aや Bといった遺伝子の働きが発現して、混じる色はキジ色や黒になります。 この状態の猫がいわゆる「二毛」です。 茶トラの毛色には黒系の色素であるユーメラニンが含まれませんが、ほかの毛色に比べてメラノサイトーマ(ほくろ)が生じやすいようです。

次の

茶トラ

茶トラ

実家で飼っている愛猫が、茶トラ女子です。 性格は天真爛漫なかまってちゃんで、人懐っこさも人一倍ならぬ"猫一倍"と言ったところ。 まだまだ現役で、猫じゃらしを勢い良く追いかけてはジャンプを繰り出す遊びっぷりにも、驚かされています。 甘えん坊で、他の兄弟姉妹猫にお構いなしに一等席を確保する場面もあります。 遠慮の無さは少しお勉強しても良いのかな、と感じる事もありますが、許せてしまう可愛さです。 ・天真爛漫な甘えん坊 ・愛嬌ばっちり ・遊ぶ事が大好きな活発さ 茶トラの性格を改めて確認すると、初めて猫を飼う方や、お子様のいるおうちでも、家族として受け入れやすい猫種だと思います。 茶トラには、スター猫が多いですよね!某携帯電話会社のキャラクターも茶トラ、ドラマに出演している猫も茶トラ、日本人には何となくホッとする存在なのかもしれません。 確かにあのほんわかとした毛色には、和やかさと癒しが詰まっている気がします。 甘えん坊な性格と合わさって、ぎゅっと心を掴まれてしまうのでしょうね。 茶トラは8〜9割がオスのようですから、甘えん坊な性格と言われるのも、納得がいく気がします。 見た目のかわいらしさと、人懐こい性格からタレント猫になりやすいのでしょうか。 性別についてですが、三毛猫はオスが珍しいことは良く知られていても、茶トラのメスが珍しいというのはあまり知られていないと思います。 我が家の猫は野良出身なのですが、外にいた子猫の頃に母猫と茶トラのオスがいつもそばにいたので、茶トラが父猫なのではと思っています。 あまり人を怖がらないようで、家の周りでくつろいだり、歩いている私を小走りで追い越したりと、他の野良猫とはちょっと違いかわいいです。 家猫になったら甘えん坊になるのかもしれません。 その野良猫は人懐っこいとまではいきませんが、そんな性格だから茶トラが愛されるのかもしれないと感じました。 お世話をしている私に対してはデレデレですが、それ以外の家族には固まってしまったり、速攻逃げてしまったりする場面も。 警戒心が強いと言うより、根っからの箱入りで臆病なのかもしれないです。 テレビで観る茶トラ猫ちゃん、多いですよね! うちは別として、人が好きだから警戒心なく、テレビを撮影する側もやりやすいのかも。 と、ピンと来てしまいました。 女の子は珍しいんですね。 三毛猫のオスの珍しさの理由が、遺伝子の関係だったと思うので、茶トラ女子も同じ理由なのでしょうか。 飼っている愛猫を見ても思いましたが、三毛猫男女、飼い易い猫種に間違いなさそうですね。 某CMで話題の茶とら猫を見て茶トラ猫を飼いたくなったものです。 すでに三匹のキジトラを飼っているためこれ以上は無理ですが。 茶トラ猫ちゃんって愛想がいい子が多いイメージです。 近所の猫の溜まり場に行くと茶トラ猫ちゃんは凄いゴロゴロ来てくれますけど、他の猫ちゃんはあまり来てくれないか、こちらに対し無関心な事が多いような気がします。 毛色によって性格の違いって、本当にあるんですね。 それか野良ちゃんの先祖の猫ちゃんの個体の関係とかもあるんですかね? あと野良の茶トラ猫ちゃんは高確率でふくよかなボディをしているような気がします。 社交的な子が多いから近所のいろんな所でご飯をもらって愛想を振り撒いているのかなと思っています。

次の

茶トラ

茶トラ

猫は毛柄ごとに性格が違うと言われます。 でも、本当でしょうか? それを真面目に調べた研究があります。 その調査を指導した元東京農業大学教授で、『トラねこのトリセツ』(東京書籍)などの監修がある動物学者の大石孝雄さんに説明してもらいました。 飼い主との相性についても傾向があるそうです。 調査は、東京農業大学で首都圏の飼い猫244匹を対象にして飼い主にアンケートして、2010年にまとめたそうです。 「おとなしい」「おっとり」「甘えん坊」「気が強い」など17項目について、それぞれ5段階で評価してもらったものです。 茶トラ、茶トラ白、キジトラ、キジトラ白、ミケ、サビ、黒、黒白、白の9種類に分けて、平均値を出しました。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いと考えられるそうです。 茶トラなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) ミケなど、猫の毛柄と性格。 数字が大きいほど、その性格の傾向が強いという(「トラねこのトリセツ」から) 「穏やかな茶トラ」は初心者向き トラ柄は毛色によって性格が少し異なるといいます。 中でも「茶トラ」はフレンドリーで飼いやすいようです。 「トラの毛柄に共通するのは『甘えん坊』な面です。 茶トラはわかりやすい結果で、『おとなしい(3. 6)』『おっとり(3. 6)』『温厚(3. 3)』が、他の毛柄に比べて高く、『攻撃的』な面が一番低い。 穏やかな『茶トラ』は初めて飼う方に向きそうですね」 トラの中でも「キジトラ」は原種とされるリビアヤマネコに似ていて、野生の本能がもっとも色濃く残っているといわれます。 好奇心旺盛といわれるキジトラ白 「キジトラとキジトラ白は、『人なつこい』『好奇心旺盛』『賢い』面が目立ちます。 キジトラの毛柄は、身を隠すのに好都合で自然界で生き延びやすく、ハンターとしても優れています。 その利点がイエネコにも引き継がれたのでしょう。 ただし、茶トラ同様『食いしん坊』なので肥満しやすい面も。 サバトラのデータはありませんが、経験から、キジより消極的な場合が多いようです」 ちなみに野良猫と放し飼い猫の調査では、510匹のうち約55%がトラ猫で、キジ(白含む)は164匹、茶トラ(白含む)は107匹。 キジとトラの比較ではキジが倍(74:36)で、キジトラは全体でも32%を占めたといいます。 お嬢様気質だとされるミケ 「ミケはお姫様、白猫は賢い」 ミケは遺伝子の仕組みからほぼメスに限られ、オスは3万匹に1匹しか生まれないとされています。 「ミケは人の好き嫌いがはっきりしていてマイペースなタイプが多い気がします。 『甘えん坊』や『賢さ』が目立つ一方で、『気が強い』面も。 わが家でもミケはパンチが得意で、猫からも人からも一目置かれる存在(笑)。 毛柄の遺伝子から見るとミケに近いのがサビ(茶と黒のニケ)で、この毛柄もほぼメスのみ。 サビはミケよりわがままで、『臆病』な傾向があります。 「全体的にキジの結果と似ていて、ある意味、猫らしい猫、と言えるでしょう。 口元にハートがあったり頭にかつらのような模様があったり、模様の大きさの違いが性格に影響を及ぼします。 白い部分が多いブチ猫は、単色の白猫の性質に似ているかもしれません」 同じ単色でも、白猫と黒猫では性格に違いがあるそうです。 「白猫で目立つのは『賢い』こと。 自然界で、目立つ白い色で生き残るためには、慎重さ=賢さが必要なのかもしれません。 同じ単色でも黒猫は『甘えん坊』な子が多いようです。 黒猫はもらい手探しが大変という話も聞きますが、一度飼うと魅力にハマるようです。 幸運のお守りという説もありますよ」 自然界で生き延びるために賢くなった?白猫 人との相性もそれぞれ 飼い主のライフスタイルによって、合う猫と合わない猫がいるそうです。 「たとえば1人暮らしや共働きなどで一緒にいる時間が少ない場合は、活発すぎる猫より、おっとりした傾向の猫と暮らすほうが良いのかもしれませんね。 臆病で神経質な傾向の猫は、騒がしい環境よりは静かな家の方が向くでしょう」 猫の性格によって、飼い主に求められる資質もあるそうです。 「甘えん坊な性格の猫とは、しっかりコミュニケーションをとってあげてください。 気分屋の猫の相手をするには、飼い主さんにもある程度の余裕が必要かもしれませんよ」 個々の猫が持つ性格を見きわめて飼い始めることも可能です。 また、猫の毛柄と性格の関連性については、色素を形成する遺伝子と感覚機能や行動、神経機能に関わる遺伝子との関係などが推測されていますが、詳しく解明されているわけではないそうです。 【関連記事】 ・ ・.

次の