履歴書 添え状 書き方。 履歴書の添え状の書き方

履歴書を持参する場合の封筒マナー・添え状の書き方・渡し方

履歴書 添え状 書き方

Technique 添え状の書き方とサンプル【履歴書作成ガイド】 履歴書や職務経歴書などの書類を 企業へ郵送する場合には、あいさつ文である「添え状(送付状、送り状)」をつけるのがビジネスマナー です。 応募書類だけを入れて送りつけるのは、受け手である採用担当者の多くがマナー違反だと感じて心証が良くありません。 ビジネス文書としてフォーマット通りとするのが一般的ですから、気負わず用意しましょう。 ここでは添え状の書き方の基本ルールやマナー、サンプルをご紹介します。 また、ダウンロードして使える「添え状フォーマット」を用意しているので、ぜひ活用してください。 添え状の書き方 基本ルール 添え状(送付状、送り状)フォーマット(サンプル) サイズはA4で用意する 添え状はビジネス文書ですから、 A4サイズが基本 です。 1枚に必要事項をまとめます。 Wordで横書き、フォントは明朝体やゴシック体を使用するのが一般的です。 装飾もせず、ビジネス文書としてシンプルな書面としましょう。 ダウンロードできる添え状のフォーマットを用意していますので、ぜひ活用してください。 日付は西暦、和暦どちらでもかまいませんが他の書類と統一します。 省略せず、全て正式名称で記載します。 「住所」「氏名」は必ず、連絡先として「携帯番号」「メールアドレス」の記載があればより丁寧です。 ただし、記載しなくても問題ありません。 頭語と結語は組み合わせが決まっています。 さまざまな組み合わせがありますが「謹啓」「謹白」ではやや堅く、「前略」「草々」はビジネスシーンにふさわしくありません。 「拝啓」「敬具」と記載しましょう。 時候の挨拶とせずシンプルに 「貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」「貴社ますますご清栄のことと存じ、お慶び申し上げます」 といった定型文で問題ありません。 最後は「以上」と記入 します。 志望動機や自己PRは書かなくてOK 添え状は「履歴書や職務経歴書といった応募書類を送りますので、よろしくお願い致します。 」という挨拶状です。 そのため、ビジネスマナーを守っていれば良く、 志望動機や自己PRを書いてアピールする必要はありません。 添え状の中のアピール文は読んでもらえない場合が多く、 要件を礼儀正しく伝えれば良い と考えましょう。 どうしても書きたい!という方は簡潔に記載 します。 長文だとマナーを知らないとして逆効果になりかねません ので、気を付けましょう。 企業へ持参する場合は、添え状は不要 履歴書を応募企業へ持参する場合には、添え状は必要ありません。 対面で渡せない場合に、あいさつ文や同封の書面について伝える役割を持つのが、添え状だからです。 面接官に直接手渡しする場合も同様に不要です。 ただし、添え状があったからといってマイナス評価にはなることもありません。 ここもあわせてチェック!.

次の

履歴書の添え状の書き方

履歴書 添え状 書き方

履歴書の送付状(添え状)とは? 履歴書を郵送する時は送付状(添え状)を同封するのがマナーデジ。 とはいえ「マナーだから同封しておくか」では、何となく納得いかないデジよね。 やっぱり同封する意味を知っておきたいところじゃないデジか? たしかに。 「決まりだから」で終わってしまうのはモヤモヤするね。 送付状には「挨拶状」的な役割があるデジ。 みんなも誰かと会話する時に挨拶から入るデジよね?ところが、履歴書や職務経歴書には挨拶を書くスペースが無いデジ。 そこで、送付状が代わりに挨拶をしてくれるわけデジね。 親しい人ならともかく、初対面の人に「いきなり本題だけど~」じゃ失礼だからね。 また、 送付状には「誰が」「どんな書類を送ったか」を知らせる役割もあるデジね。 詳しくはあとで紹介するデジが、送付状には添付書類の内容を書くのが基本デジ。 これで、ちゃんと意味のある書類だってわかったね! ちなみに、送付状の未添付で評価が著しく下がることは無いと言われてるデジが、転職サイト「」が採用担当者300人にアンケートをとったところ、31%もの回答者が「履歴書の送付状が評価に影響する」と答えたデジ! 約3割もか!これは正しい書き方を知っておくべきだね。 送付する日付• 氏名・連絡先• 同封する書類内容• 以上 それぞれの詳しい情報は下記で掘り下げるデジよ。 ちなみに、日付は書いた日ではなく、履歴書を郵送する時の日付デジよ。 今回のサンプルでは西暦になってるデジが、和暦(平成〇〇年など)でも大丈夫デジよ。 この時、(株)は使用せず、きちんと「〇〇株式会社」または「株式会社〇〇」と記入しようね。 ちなみに、採用担当者の名前が分からない時は「採用ご担当者様」と書いておけば大丈夫だよ。 基本的な要素としては「住所」「名前」「電話番号」「メールアドレス」あたりデジね。 電話番号は携帯のもので問題ないデジ。 本文は下記の要素で構成することが多いね。 本文の構成• 書き出し 拝啓~時候のあいさつ• 応募の経緯 〇〇の掲載を見て~• 簡単な自己PR 前職の経験を活かし~• 面接の申し込み文 面接の機会を~ 基本は拝啓~挨拶とはじめて、応募したきっかけ(〇〇に掲載されていた~)、簡単な自己PR(前職の経験など)、面接の申し込み文(面接の機会を~よろしくお願いいたします)と続けていくよ。 自己PRはあくまでも簡単に。 長くなりすぎると送付状の役割と外れてしまうから、長くても5行以内には収めるのがおすすめデジ。 本文の後、右下に「敬具」と記入するデジ。 これは、相手に伝える内容を箇条書きする時に使うものなんだ。 「記」の後には同封する書類の内容を箇条書きしていくのさ。 今回のサンプルでは「履歴書」と「職務経歴書」デジけど、他にも同封する書類があれば記入するデジ。 逆に、職務経歴書が必要なければ履歴書のみの記載になるデジね。 「記」と記入した後は「以上」で締めるのが基本なんだ。 というわけで、文章の最後、右下に「以上」と記入しておこう。 履歴書の送付状のマナー 履歴書の送付状の基本的な書き方は分かってもらえたデジ?ここからは同封する際のマナーなどを紹介していくデジ! 手書きではなくパソコンで作成しよう 送付状の手書きも無しではないデジが・・・ ビジネス文書だからパソコン作成の方がいいデジよ。 手書きの方が熱意が伝わるイメージもあるデジけど、手書きの方が時間がかかりやすいことから「送付状に時間をかけるのはビジネスパーソンとしてどうなんだ?」とマイナス評価を受ける可能性もあるデジ。 送付状(添え状)はPC作成推奨だけど、履歴書自体は手書きでもOK。 次の記事で履歴書・職務経歴書の手書き・パソコン作成、それぞれのメリット&デメリットを紹介しているよ! サイズはA4、枚数は1枚 送付状はA4用紙1枚でまとめるのが望ましいデジ。 あくまでも挨拶や同封内容を伝えるのが目的デジから、2枚、3枚と量が増えるのはよくないデジね。 本来の役割を考えれば1枚が妥当ってことか。 サイズがA4なのは、多くのビジネス文書がA4で作成されるためデジ。 また、職務経歴書のサイズが基本的にA4デジから、重ねた時にまとまりが良いというメリットもあるデジね。 送付時は一番上に! 送付状は履歴書や職務経歴書と一緒にクリアファイルに挟んで、封筒に入れて郵送するデジ。 この時、 送付状は全ての書類の一番上に置いておくデジ。 送付状は「挨拶」「何が同封されてるか」を伝える書類デジから、一番最初に目に留まるのが好ましいデジよ。 送付状は一番上に入れるのさ!次の記事では履歴書(応募書類)の封筒の郵送方法や宛名の書き方、切手の料金なんかを詳しく紹介しているよ。 テンプレートそのままはNG テンプレートを用意しておいて何デジが、テンプレートそのままに送付状を作成するのはNGデジよ。 送付状には簡単な自己PRも書くデジからね。 その部分だけでもオリジナルにしないと違和感が出ちゃうデジ。 それに、テンプレートまんまだと、他の人と被って・・・なんてこともありそうだ。 自己PRは自分だけのもの。 そして志望先の企業だけに通用する内容を心がけ、自分で作成した場合も使いまわしはやめておくのがおすすめデジ! 長く書きすぎない 送付状の目的はあくまでも、 同封書類の内容を伝えたり、挨拶の代わりデジから、長くなりすぎるのはよくないデジね。 中には延々と自己PRや志望動機を書いてしまう人もいるデジが、それは履歴書や職務経歴書に任せておくデジ! その書類の目的にあった内容を心がけることが重要ってことさ。

次の

【テンプレあり】就活で送付状(添え状)は必要?書き方と注意すべきマナーを解説

履歴書 添え状 書き方

初対面の人に対するあいさつ文• 送付書類の内容を伝えるため 面接で履歴書や職務経歴書を手渡しするときに「〇〇です。 こちらが提出書類です。 ご確認よろしくお願いします。 」という本来、 対面であなたがする作法を企業担当者への挨拶、依頼を添え状・送付状が代行している役割を果たしています。 送付書類の内容を伝えることで、受領した採用担当者が提出書類に不足がないかどうかを確認する資料になります。 1-2.添え状・送付状を添付するメリット ビジネスマナーが身についていることをPRできる 添え状・送付状の中には、ビジネス文書を作成するうえで必要な記法が含まれており、それらの知識を既に習得しているということを間接的に伝えることができます。 特に書類選考の場合、受け取る担当者は人事部や総務部の担当者であることが多く、経歴に加え、面接までの全てのやり取りでビジネスマナーが身についているかどうかをチェックしています。 文書作成スキルをPR するチャンスとなりますので、添付するようにしましょう。 2.人事採用責任者がおすすめする添え状・送付状のテンプレート 添え状・送付状は実は、決まった記法を押さえておけば非常に簡単な書類です。 下記よりファイル(Word版)をダウンロードして、活用してください。 それぞれの記法に関する一般常識をご説明します。 頭語結語の記法を入れる• 時候の挨拶は入れなくてよい 添え状・送付状には頭語(本文の前に使われる表現:拝啓~~。 )と結語(本文の末尾に使われる表現:敬具)を入れます。 ビジネス文書として形式的にいれる記法です。 こちらのページのテンプレートをそのまま利用しておけば問題ありません。 時候の挨拶を入れる方がいますが、必要ありません。 季節ごとに表現が違いますので、普段使い慣れていない人にとって、使い間違うリスクもありますので、控えておきましょう。 5.経緯 応募に至った経緯について、求人媒体と求人職種を記載します。 この記載があれば使いまわしをしているという印象を持たれにくくなりますので入れておきましょう。 6.概要 概要欄に 簡単な経歴の概要を記載しておきましょう。 ここで採用担当者の興味を引かせるように、応募企業の職種との接点があるように書きましょう。 「応募する職種に活かせる経験をしているかもしれない。 」という印象を持たせることです。 あくまで簡単に記載するようにしましょう。 文字数にすると200文字程度です。 それ以上は、過度なPR文として扱われ、逆効果となります。 7.依頼 書類選考の時に書くべき内容は以下の2点です。 書類の内容確認のお願い• 面接機会のお願い 気を付けておくことは「謙虚さ」のある表現であることです。 「面接の機会をいただけましたら~~」というようにへりくだる表現にしておきましょう。 8.結語 頭語「拝啓」につづき、「敬具」と結語をいれておきましょう。 ページ右揃えにすることを忘れずに配置しましょう。 9.記書き ビジネス文書において、書類の中で見てほしい個所を記書き(しるしがき)「記」を入れて記載します。 頭語と結語がセットで使用されるのと同様に、「記書き」と「以上」はセットで使用します。 10.同封書類 記書きに続き送付書類で最も目を通してもらいたい内容を書く項目です。 以下の2点に注意しましょう。 ページ右揃えにする• 最後の行から「1行」改行する 4.添え状を書くときにやってはいけないNG事例 必要以上に自己PRを書いてしまう 添え状・送付状の役割はあくまで「あいさつ文と同封書類の内容を伝える」ための書類です。 そのときに必要以上に自己PRを書いてしまうとマイナスの印象を持たれてしまいます。 「書類の目的を理解していないのでは?」 「過剰な自己主張がある人なのでは?」 というように履歴書と職務経歴書に目を通す前から、評価が下がってしまいますので注意しておきましょう。 どこの会社でも通用してしまう定型文 使いまわしの文書だと思われてしまうと、企業の採用担当者の印象は良くありません。 「数多く応募した内の一つの会社に過ぎず、うちの企業に入りたい気持ちがあるのか?」というように応募企業に優先的に入りたいという意欲が伝わりにくくなります。 添え状・送付状の「経緯」欄に応募職を記載し、使いまわしの印象を回避していきましょう。 職務経歴書と同じ内容を書いてしまう 簡単な自己紹介として「概要」欄に良くありがちなNG事例として、職務経歴書に書いてある「職務経歴要約」、「自己PR」、「志望動機」の3つの項目のいずれかとほぼ同じ内容になってしまうことがあります。 あいさつ文で簡単な自己紹介をしていき、職務経歴書で詳しく書くというスタンスで記載しましょう。 5.採用担当者の印象を良くするためのテクニック 1.手書きでなく、PCで作成する 応募書類である履歴書、職務経歴書、添え状についてはPCで作成することをおすすめしています。 手書の方が丁寧な印象になるのでは?と考えがちですが、あくまで評価ポイントは「決まった記法が使いこなせているか?」、「誤字脱字は無いか?」などを確認していきますので、丁寧さについて評価対象になりません。 職務経歴書についても同様です。 手書きとPCで迷われている方は以下のページで、詳しく解説していますので参考にしてみてください。 2.面接など訪問する時に履歴書・職務経歴書を直接手渡しする時は不要 直接手渡しする場合は、直接対面で添え状の役割であるあいさつと書類の確認を行いますので必要ありません。 3.A4用紙1枚でシンプルに書く 職務経歴書と同じサイズのA4用紙でシンプルに記載します。 空白の多い書類ですが、テンプレートで紹介した文章量が適正です。 4.応募書類に目を通してもらいやすいように、企業との接点をいれる 「概要」欄に記載するときに、自己PRの簡略版として「次の職場で活かせるスキルをもった人材」ということを伝えることが重要です。 企業の採用担当者は、日々何十名という書類に目を通しているため、興味を引くキーワードを入れるように心がけましょう。 短い文章で採用担当者の興味を引くために書き方として、こちらのページを参考にしてみてください。 6.まとめ 添え状・送付状は形式的な記法にそって述べるだけの書類となりますので、あまり力入れて作成する書類ではありません。 テンプレートを活用していけば問題ないでしょう。 送付するための封筒の書き方や送り方についてはこちらのページを参考にしてみてください。 その他、履歴書や職務経歴書など企業への提出書類で不安のある人は、転職相談として転職エージェントを利用することをおすすめしています。 こちらの記事が皆様の転職活動のお役に立てれば幸いです。

次の