夢と色でできている 攻略。 誠也の部屋【夢と色でできている 攻略】

レベル 61 赤夢秘苑 1NM のマイナーダンジョン 「貪欲の密室」 攻略

夢と色でできている 攻略

karoryさん原画ということでイラストだけですでに買って損することもない買い安定作品。 CG90枚ということでかわいい絵を最高に楽しめた。 でこの組み合わせといえばかつて『マリンブルーに沿って』や『キスのひとつで』という名曲を生み出したコンビなので今回も最高に楽しみだった。 結果、今回のOPテーマ『夢と色でできている』も最高にあたり曲!すでにCD購入してヘビロテしているところだ。 肝心の内容だが、かつて防衛軍という組織を立ち上げ、自分たちの秘密基地を作り、そこで遊んでいた仲間たち。 姫色の海外転校をきっかけに疎遠になっていった防衛軍。 しかし、再び姫色が町に帰ってくることで、次は防衛部へと名を変えかつての仲間たちがふたたび集まり過ごしていくというお話。 完全に路線だと思っていたら結構シリアス路線強くて驚いた。 以下各ルート感想。 紫織 学園長の娘のお嬢様。 おっとりしているようで武術に長けている。 想定外のことが起きるとあわあわしちゃうところがすごいかわいい。 大きく偽の恋人として過ごす話と猫のミドリとの話に分かれる。 偽の恋人の話では、藍が学園長室で紫織の唇を奪うシーンは主人公がかっこよくてほれぼれした。 そこからの「私をお嫁さんにしてくれる?」の破壊力がやばい。 ミドリの話では、生意気でたような猫だったが主人である紫織に対しての想いがとても強く伝わってきた。 主人公に紫織を任せるところやラスト去っていくシーンの落ち着いて悟ったような表情がとても印象的だった。 ここのミドリのポーズどこかの現場なんとかに似てるなぁ・・・ 普段から下ネタに走って藍を誘惑するもののいざとなると恥ずかしがってしまうところがとてもかわいい。 なんかいろんな必殺技(藍限定)使ってるけど本当に藍のことよくわかっていていいなぁと思った。 このルートで特に良かった、好きだったのが「藍に恋した自分を、私はすきになる。 」というフレーズ。 藍を好きになれたことで自分自身を好きになれるという、主人公との出会い、恋仲になれたことに対し、心の底から感謝し誇りに思っていることがうかがえる。 本当に好きだ、このフレーズ。 姫色 僕がこの作品で、ルート、キャラともに一番好きになったヒロイン。 共通ルートの序盤は特に口調のせいでそこまで魅力を感じていなかったが終わってみると一番好きになっていた。 僕は最初一番魅力を感じていなかったキャラが最後には一番好きになることが多々あるが今回も完全にそのパターンだった。 この娘は本当に素直でまっすぐな娘。 バカだけど一生懸命な姿勢はとても美しいと思った。 そのせいで藍への想いが隠しきれてないところとか本当にかわいい。 こういう元気なキャラがシュンとしているところに僕は最高の萌えを感じる。 ここはかわいすぎて叫んだ。 主人公への想いがまるでその体に収まりきらなくなったかのように自然とあふれ出た告白はこの作品屈指の告白シーンだった。 ここは完全にセンターヒロインの風格をまとっていたと思う。 そして主人公が姫色の父親と対峙するシーン。 「姫色は連れていかせない--なぜなら、俺が姫色さんを連れていくからです」というセリフ、OPのサビの歌詞も相まって最高にしびれた。 やっぱり主人公がパッとしないともやもやしてくるタイプの人間なのでこういうシーンは最高に好き。 このヒロインは本当に僕の好きなタイプだった。 雲 まぁジュースを飲むという行為は本来手段であって元々目的じゃないのは確かなんだけどね。 地味にこのシーン好きでした。 雲は見た目がものすごい好きなんだけどヒロインとしての魅力はいまいち最大限に感じることができなかった。 つかみどころのない、その名の通り雲のようなキャラ。 このルートはグランドエンドへのつなぎとなっているせいでヒロインとしての魅力を出すルートというよりは完全に次への踏み台となってしまっているのでもったいないと感じた。 それに終わらせ方もいまいちでこの時点ではシリアスさが中途半端。 ナツユメナギサの真樹ルートもこんな感じだったけど2ルート用意してあって救済はあったから雲ルートももうすこしなんとかして欲しかったというのが本音。 この娘がこの作品で一番頑張ってたかもしれないのに・・・。 恋 この作品のグランドエンドに位置するルート。 完全になのかな?は結構倫理観の葛藤とかが出てくることが多いけどこのルートはその辺ほとんどなく薄めで、グランドエンドなだけあって作品の根幹となる話となった。 雲ルートでは中途半端に感じたシリアスも思っていたよりしっかりしていた印象。 妹がいるのでってだけどあまり乗り気ではなくなってしまう性分なため本来のキャラの魅力を感じることができなかったので悔しい。 シリアスシーンで、結構ギャグ要素あったりそんなにしゃべっている場合じゃないだろと思うところは多くあった。 淫乱ヒロインとして自爆していくところなんかはみていて面白かった。 自分がこの作品に求めていたものが純粋なであったためシリアスシーンがいらなく感じてしまったところがあった。 これはとしてプレイしていた心持ちの問題も大きいと思う。 そのため、作品の根幹に触れることがあまりなかった、姫色、かもめ、紫織ルートがおもしろく感じた。 ただシリアスもそこまで悪くなかったという印象で終わったので結果的には楽しむことができたと思う。 姫色に出会えただけで自分の中ではやってよかったと思えた。 最後に、ED『これくらいで』も歌詞がマッチしていてとても素晴らしい曲だった。 ANDoE.

次の

真・鏡界トランス 夢喰いの館 攻略

夢と色でできている 攻略

アクション・操作 ゲームシステム関連 アイテムウィンドウ スタートボタンを押すと、アイテムウィンドウが開きます。 この画面でAボタンとBボタンに使用するアイテムをセットできるほか、ダンジョンの鍵やセイレーンの楽器などの非装備品も確認できます。 ダンジョン内では、そのダンジョンのマップが表示されます。 また、アイテムウィンドウでセレクトボタンを押すと、着ている服の色・ハートのかけらの入手状況・写真の撮影枚数を確認できます。 マップ セレクトボタンを押すと、フィールドマップを見ることができます。 セーブ A・B・スタート・セレクトボタンをすべて同時に押すと、セーブ画面が開きます。 アクション 移動 歩く 十字ボタンを上下左右および斜めに入れることで、その方向に進むことができます。 草むらや浅い水場などでは、歩くスピードがやや遅くなります。 飛び降りる 柵や手すりなどがない段差は飛び降りることができます。 ジャンプ ロック鳥のハネを入手すれば、装備したボタンを押すことで、ジャンプすることができます。 1~2ブロック分の穴を飛び越えることができます。 ジャンプ中は敵の攻撃の大部分を受けないため、防御にも役立つアクションです。 ダッシュ ペガサスの靴を入手すれば、装備したボタンを押すことで、走って移動することができます。 ダッシュジャンプ ペガサスの靴でダッシュしながらロック鳥のハネでジャンプすると、より飛距離の長いダッシュジャンプになります。 3ブロック分の穴までは飛び越えることができます。 泳ぐ アングラーの水かきを入手すれば、水場の深いところを泳ぐことができるようになります。 十字キーだけでも泳げますが、Aボタンを押しながらだと速く泳げます。 潜る 泳いでいるときにBボタンを押すと、水の中に潜ることができます。 敵の弾をよけたり、水の中に沈んでいるアイテムを見つけたりすることができます。 攻撃 剣技 斬る 剣入手後は、装備したボタンで前方に向かって剣を振ることができます。 目の前の敵を倒したり、草木を刈ったりできるほか、ハートやルピーなどを剣で取ることもできます。 剣を突き出す 剣を振った後、Bボタンを押しっぱなしにすることで、剣を前方に突き出したままにすることができます。 これで前方から来る敵を迎撃することもできます。 また、剣で壁などを突いたり、草木を突いて刈ることもできます。 回転斬り 剣を突き出して1秒くらい経過すると、剣に光が宿り、そのままBボタンを離すと1回転しながら剣を振ります。 普通に剣を振ったときと比べて攻撃力が2倍になり、しかも周囲の敵を攻撃できるので、耐久力の高い敵に効果的です。 ジャンプ斬り ロック鳥のハネでジャンプしながら、剣を振る攻撃方法です。 ジャンプ中は敵の弾などが当たらないため、防御も万全な攻撃方法と言えます。 また、今作には高さという概念がないため、画面で上の方にいる敵であっても、離れたところからジャンプ斬りで倒せてしまいます。 ジャンプ回転斬り ロック鳥のハネでジャンプしながら、回転斬りをする攻撃方法です。 敵の攻撃をジャンプでよけながら、かつ回転斬りで大ダメージを与えることができます。 当たり判定の面積も多く、極めて有用性の高い攻撃方法です。 ダッシュ斬り ペガサスの靴と剣を装備してダッシュすると、剣を前方に向けた状態でのダッシュになります。 前方にいる敵を斬り散らしながら進むことができるので便利です。 また、草むらや草木などがあっても、止まることなく刈りながら進むことができます。 ビーム レベル2の剣でライフ満タンの状態ならば、剣を振ると同時にビームを撃つことができます。 攻撃力は普通に斬るときと同等です。 動かす 拾う 敵を倒したり草木を刈ったり壺をどかすなどして出てきたアイテムは、触れることで拾うことができます。 踏む 床のスイッチなども、それに触れれば踏むことができます。 押す 四角いブロックの中には縦横に動かせるものがあります。 そのものに接して、動かしたい方向に十字キーを入れれば動かすことができます。 また、敵キャラのウニは、盾を構えながら同じことをすれば動かせます。 引く 壁に付いているレバーは、パワーブレスレットを装備したボタンを押しながら十字キーを下方向に入れると引くことができます。 宝箱を開ける 宝箱の目の前に立ってAボタンを押せば開けることができます。 持ち上げる 草木や壺、ドクロなどは、目の前に立って、パワーブレスレットを装備したボタンを押すと持ち上げることができます。 顔の神殿にある像を持ち上げるには、パワフルブレスレットが必要です。 爆弾はブレスレットがなくても持ち上げられます。 投げる ものを持ち上げた状態でもう1回同じボタンを押すと、それを投げることができます。 敵に当てればダメージを与えられます。 体当たり ペガサスの靴でダッシュして障害物にぶつかると体当たりになります。 木の上にあるアイテムを落としたりできます。 コミュニケーション 話す 人やフクロウの石像と話す場合は、その人や物に接してAボタンを押します。 読む 立て札や本などは、目の前に立ってAボタンを押すと読むことができます。

次の

【ゼルダ夢をみる島リメイク】隠しダンジョン(服のダンジョン)の解放条件と攻略方法

夢と色でできている 攻略

攻略について• 1周目は姫色、かもめ、紫織ルートのみ攻略が可能。 (攻略順は自由)• 雲ルートは先述した3名のうち1名のルートをクリアすると攻略が可能になる。 恋ルートは他の4名のルートをクリアした後に攻略が可能になる。 ルートの分岐点のセーブデータを残す事で使い回しが可能。 共通ルート 『夢と色でできている』における各ルートに入るまでの攻略。 ゲームのタイトル画面で『START』を選択し、次のように進める。 日付 選択肢 12月03日• 『振り返らない』 12月04日 『恋はその人物をかばっているから』 12月05日 『防衛軍の再結成』 〃• 『黒羽かもめ』以外を選択。 〃 『恋愛』 12月06日 『合っていない』 〃 『一緒に帰る』 〃 『まだわからない』以外を選択。 〃 『自分が待つ』 〃 『防衛部の部室』 〃• 『あとで考える』 〃 『帰宅する』 〃 『帰る』 〃 『ホワイト』以外を選択。 12月07日 『……人影? 気のせいだろう』 12月08日• から次のように進める。 日付 選択肢 12月08日 『電話に出ない』 クリア後、ゲームのタイトル画面の『AFTER』に姫色のアフターストーリーが2つ追加される。 黒羽かもめ 『夢と色でできている』における『黒羽かもめ』のルートの攻略。 から次のように進める。 日付 選択肢 12月05日 『恋愛』 12月06日 『合っている』 〃 『どうするか迷う』 〃 『まだわからない』以外を選択。 〃 『ヒーロに任せる』 〃 『防衛部の部室』以外を選択。 〃 『成仏させる』 〃 『帰宅する』 〃 『帰る』 〃 『ホワイト』以外を選択。 12月07日 『……人影? 気のせいだろう』 12月08日 『捨てたに決まっている』 〃 『電話に出ない』 クリア後、ゲームのタイトル画面の『AFTER』にかもめのアフターストーリーが2つ追加される。 七夕紫織 『夢と色でできている』における『七夕紫織』のルートの攻略。 から次のように進める。 日付 選択肢 12月08日 『電話に出ない』 クリア後、ゲームのタイトル画面の『AFTER』に紫織のアフターストーリーが2つ追加される。 刻乃雲 『夢と色でできている』における『刻乃雲』のルートの攻略。 から次のように進める。 日付 選択肢 12月06日 『帰宅する』 〃 『帰る』 〃 『次のページへ』 〃 『ホワイト』 12月07日 『……人影? 気のせいだろう』 12月08日 『捨てたに決まっている』 〃 『電話に出ない』 クリア後、ゲームのタイトル画面の『AFTER』に雲のアフターストーリーが2つ追加される。 乙原恋 『夢と色でできている』における『乙原恋』のルートの攻略。 から次のように進める。 日付 選択肢 12月04日 『恋はその人物をかばっているから』 12月05日 『防衛軍の再結成』以外を選択。 〃 『黒羽かもめ』以外を選択。 〃 『恋愛』 12月06日 『合っている』 〃 『どうするか迷う』 〃 『まだわからない』 〃 『ヒーロに任せる』 〃 『防衛部の部室』以外を選択。 〃 『成仏させる』 〃 『ミドリにあいさつする』 〃 『見送る』 〃 『ホワイト』以外を選択。 12月07日 『間違いない、誰かいる』 12月08日 『捨てたに決まっている』 〃 『電話に出る』 クリア後、ゲームのタイトル画面の『AFTER』に次のストーリーが追加される。 恋のアフターストーリー。 (2つ)• エクストラストーリー 乙原藍。 外部リンク• Category Tag.

次の