慢性 じんましん。 慢性じんましんとは?

じんましん │ 皮膚症状一覧 │ ひふ研 「ひふ症状、ひふ薬の使い方の疑問に答える情報サイト」 │ 第一三共ヘルスケア

慢性 じんましん

Mさんは、半年前からじんましんがなかなか治らず、通院していた患者さんです。 じんましんは、たいてい食べたものによって引き金が引かれ、虫さされのような斑点や、それらが融合して地図状に拡大して、とても痒くなります。 いったんじんましんが発症すると、元々の刺激とは別の刺激、例えば温度や圧迫などの機械的刺激にも反応して、じんましんが出現するようになることがあります。 一般的には、抗ヒスタミン剤を内服して、人工的にじんましんが出ないようにして、身体に忘れてもらうという治療をします。 たいていは、辛いものやショウガなど身体が火照りやすいものを食べたり、アルコールを飲んだり、サウナに行ったりなど、じんましんを誘発するような刺激を与えなければ、抗ヒスタミン剤を飲むことにより、速やかにおさまります。 しかし、治療開始までに時間がかかったり、治療が不十分で、じんましんを充分に抑えられない状態が長く続くと、慢性じんましんに移行してしまいます。 慢性化してしまうと、先に挙げたような刺激によって容易にじんましんが起こるようになります。 こうなると、身体が忘れてくれるまで時間がかかるので、抑え込める内服薬の組み合わせを早く見つけて、三か月以上様子を見ながら治療を続ける必要が出てきます。 場合によっては、内服薬を減らすのが難しくて、年余に渡って抗ヒスタミン剤を飲み続ける必要がでてきます。 Mさんも、もともと受診するまでに数カ月かかっていたので、既に慢性じんましんの状態でした。 まず、比較的効果の高い第二世代抗ヒスタミン剤を一剤服用していただいて…全然ダメ 第二世代に加えて第一世代も併用して 「先生!まだ出るよ!」…これもダメ 数種類の抗ヒスタミン剤をいろいろ試してみて 「先生!まだ出るよ!」…似たり寄ったりで効果なし アレルギーを抑える抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンの受容体のタイプ1を阻害するのですが、これだけでは不十分なのかもしれないとヒスタミン受容体タイプ2に対する薬(通常はH2ブロッカーといって胃酸を抑える薬です。 )も加えてみたらどうだろう 「先生!まだ出てるよ!」…効果なし ステロイドの内服薬を、それなりの用量で飲んでいただいて 「先生!まだ出てるよ!」…効果なし これもだめ、あれもだめ、でこちらは結構落ち込んでいるのですが、診察室で私の顔をみると、Mさんは明るく元気に、「まだ出てるよ! 」と報告して下さるので、ちょっと救われました。 でも、一方で申し訳なくて… 当院にいらしていただいている皮膚科の専門医の先生方にも時々診ていただきましたが、これといった解決策が見つからず、みんなで頭をひねっておりました。 また、採血をして、食物や環境にある何らかのものに反応しているかどうかも検査してみましたが、いまひとつ原因となる物質もわかりません。 Mさんも、食事に気をつけたり、アルコールを我慢してみたりと、いろいろと工夫して下さいましたが、どうも良く抑えきれません。 ところが、ある日、何の拍子か、慢性感染巣がある場合、細菌に対するアレルギー反応としてじんましんがでることがある、ということを思い出しました。 確かに以前、ヘリコバクター・ピロリ菌を除菌して、じんましんが良くなった患者さんもありました。 「Mさん、もしかして歯とか鼻とか、悪くありませんか? 」 「えっ?歯?悪いよ。 この間からずっと膿みたいのが出てて、もういい加減、歯医者に行かなきゃだめかなあと思ってたの。 」 何と! お口の中を見せていただくと、確かに右の上の奥歯の歯茎に炎症があって、潰瘍があり、奥の方で良く見えませんでしたが、何やら穴も空いているようです。 「色々手を替え品を替えと治療してみましたが、これだけ抑えるのに難渋するじんましんも珍しいです。 虫歯の菌にアレルギーを起こしているのかもしれないので、抗生剤を飲んでみましょう。 まず、3日だけ飲んでみてください。 」 と、週末にかけて3日間、口腔内に多い嫌気性菌にも効く抗生物質を服用していただきました。 すると… 「先生!出なくなったよ!」 Mさんがニコニコ顔で、月曜日に報告して下さいました!何だか、あっけない感じ…。 でも、良かった! 「抑え込むまで、こんなに時間がかかって、すみませんでした。 やはり、ばい菌に対するアレルギー反応だったようですね。 」 「もう歯茎から膿が出なくなったから、大丈夫だね!歯医者さんにも行かなくていいよね!」と、Mさん。 …よっぽど歯医者さんが嫌いなのね…。 でもダメ!! 「いやいや、歯医者さんにはいかなくてはいけません。 抗生物質をずっと飲むわけにもいかないし。 歯を治さないと、またじんましんになりますよ!そもそも、膿が出ているのに、歯医者さんに行かなかったから、こんなことになったんじゃないのかなあ...。 」 「そうかあ、やっぱり、行かなきゃいけないかあ...。 」 Mさんは、苦笑いをしながら、追加の抗生物質の処方箋を受け取って帰られました。 歯科治療も無事終了し、続けていた抗ヒスタミン剤も、どんどん減量していって、とうとう終了。 それでも、抗生物質を飲み始めて以来、あれだけしつこかったじんましんは、二度と出ることはありませんでした。 もう少し早く原因を見つけられたらなあ。 Mさんを経験して以降、原因がはっきりしないじんましんの患者さんには、「歯は、悪くないですよね。 」と伺い、お口の中を見せていただくようにしました。

次の

じんましん(特に慢性じんましん)について

慢性 じんましん

名前の由来 [ ] 人が(蕁麻)の葉に触れると痒みを伴う発疹が出現するためこの名前がついた。 なお、尋常性の「尋」と蕁麻疹の「蕁」は混同されやすい。 英語での Hives も語源はイラクサを意味するである。 症状 [ ] 皮膚の灼熱感・かゆみを伴う発疹が生じる。 数分〜数時間で消退するが、発作的に反復して発疹が起こる。 発疹の特徴として、軽度の膨らみをもった「みみず腫れ」を特徴とし、医学用語では 膨疹(ぼうしん)と表現する。 気道内にも浮腫を生じることがあり、この場合、呼吸困難を併発し、死亡することもある。 病態生理 [ ] 皮膚の血管や血管の周囲には、(好塩基性の細胞)が散在しており、この肥満細胞の中にという成分が多数含まれている。 何らかの原因で、肥満細胞がヒスタミンを分泌する。 それにより、ヒスタミンが血管に働いて、血管を拡張させるとともに、血管の透過性が亢進し血管外への血漿成分の漏出を起こさせる。 そして、皮膚の真皮内に流出した血漿蛋白が真皮の組織間隙圧によって抑制され、限局した浮腫になるが、それが膨疹という表現形になる。 さらに、ヒスタミンは皮膚の神経を直接的に刺激し掻痒を誘発させる。 急性の蕁麻疹は特に子供で、食物、医薬品、ウイルス感染のような特定可能な原因がある可能性が高い。 慢性の場合は特定が困難なことがある。 アレルギー性蕁麻疹 [ ] 抗生物質によるアレルギー性蕁麻疹 I型に起因すると考えられている。 IgEと呼ばれる抗体が肥満細胞に付着しており、抗原がその抗体に付着すると肥満細胞が活性化し中に蓄えられていたヒスタミンを大量に放出して症状を引き起こす。 抗原被曝から30分以内には症状が出る。 ヒスタミンの放出は15分程度であり、通常はすぐに治まる。 しかし、繰り返しの抗原被曝により肥満細胞が活発になり皮疹の出現・消腿が1ヶ月以上も続くことがあり、その場合、慢性蕁麻疹ということになる。 なお、(かぶれ)でみられるは、 IV型であり、機序が異なる。 経過による分類 発疹の出没が1ヶ月以内のものを「急性蕁麻疹」、1ヶ月以上のものを「慢性蕁麻疹」と分類することがあるが、分類する意義がないという意見もある。 原因による分類 食物性蕁麻疹 [ ] 原因食物を摂取してから30分以内に起こるのが通常である。 アレルギー性蕁麻疹の一つ。 などの生魚が多いが、古くなるとすぐ醗酵してヒスタミン性の物質を作るためとされている。 また、その食物そのものに対してアレルギー反応がないが、消化器官で代謝された代謝産物に対してアレルギー反応をもっている場合も多い。 食べ過ぎ・飲みすぎ・風邪による感染性胃腸炎などがあると、体にとって異物とみなされる不純物(抗原物質)が吸収され蕁麻疹が生じやすくなるということもあり、アレルギー反応だけでなく、何らかのプラスアルファの要因が加わって生じることも多いと考えられる。 薬剤性蕁麻疹 [ ] 薬剤によるアレルギーである。 薬剤摂取後30分以内に起こるのが通常。 抗生剤・NSAIDの頻度が高い。 2〜3年以上続く慢性蕁麻疹の中には、や内臓疾患を合併していることがある。 非アレルギー性蕁麻疹 [ ] みみず腫れ(機械刺激による物理性蕁麻疹) アレルギー性の反応はないが、何らかの刺激でヒスタミンが肥満細胞から分泌されたり、神経末端よりアセチルコリンなどの物質が分泌され、それより血管透過性が亢進して症状が出るものなどがある。 その一方で、原因機序が確定していないため非アレルギー性と扱っているものも含まれる。 なお、アレルギー性と異なりヒスタミンなどの放出が長かったりして、すぐに治まるとは限らない。 原因による分類 物理性蕁麻疹 [ ] 機械刺激・温度・圧迫・汗・運動などで誘発される場合がある。 寒冷により生じる 寒冷蕁麻疹もこの一つで、冷たい飲み物(ビール、ジュース、水)を一気に飲むと咽頭や喉頭に浮腫を生じ呼吸困難になりやすい。 みみず腫れは接触による膨疹が線上に配列し融合することで生じる。 日光蕁麻疹 [ ] 日光被曝により起こる蕁麻疹。 膨疹は日光の当たった皮膚に限局して現れ、日光を避けると1〜2時間くらいで痕跡を残さず消えていくのが特徴である。 波長の違いで6型に分類されている。 光のエネルギーにより皮膚の成分が修飾されて構造が変化し、それが抗原となって即時型アレルギー反応が成立するという意見もあり、アレルギーの関与はまだ完全には否定できていない。 なお、似た症状をもつ疾患としてがあり鑑別が必要である。 多形日光疹は日光照射後数時間してから発疹が現れ、発疹が数日間持続するという違いがあるので、その臨床経過で鑑別が可能である。 コリン性蕁麻疹 [ ] 発汗刺激により生じる場合が多いが、ストレスや不安や興奮など、生じる原因は数多くある。 膨疹とその周囲に紅斑を伴うという特徴的な発疹を生じる。 痒いというより痛痒さを訴える人が多く、激痛であるという人さえいる。 一過性であり、をかくたびに生じる。 発生機序はまだ確定されていないが、一つの説として、発汗刺激因子により中脳の発熱中枢が刺激され、コリン性神経を介して皮膚の神経末端でが分泌され膨疹が生じるというものがある。 また、 心因性蕁麻疹といってストレスが原因によるものがあるが、その蕁麻疹が起こる原因の多くはアセチルコリンが関与していることが最近、分かってきた。 遺伝性の蕁麻疹 [ ]• CINCA症候群(chronic infantile neurological articular syndrome) 生後に発症。 皮疹・中枢神経症状・関節症状を3主徴とする。 Muckle-Wells症候群 蕁麻疹と腹痛が1〜2日続き、それを周期的に繰り返すのが特徴。 家族性寒冷蕁麻疹 生後〜10歳位までに発症。 寒冷によって誘発され、発熱・関節痛を伴う発疹の出現がある。 1日以内には消褪する。 診断 [ ] と区別されることは重要であり、その他の原因が除外された後に蕁麻疹の診断が残る。 診断は既往歴と検査によってなされる。 検査 [ ] 診断するための検査 [ ] 赤色皮膚描記症という症状があり、皮膚を擦過すると赤く膨隆する。 では白色になる(白色皮膚描記症)ので対照的である。 湿疹との鑑別は経過から明らかであるが、形態学からも鑑別ができる。 湿疹は湿疹の三角形で示されたとおり多様な形態をとりうるがその中に膨疹は含まれていない。 よって膨疹を見つけることで湿疹を除外できる。 しかし膨疹がない蕁麻疹もありえる。 原因を調べるための検査 [ ] 血液検査で特異的IgEを調べる。 RAST法とも呼ばれる(それに対して、総IgEはRIST法と呼ばれる)。 ヒスタミン遊離試験が血液検査で調べられる。 血液に原因と思われる物質を注入し、アレルギーの原因となるヒスタミンが増加するかを見る検査である。 費用がかかる。 皮内テスト、プリックテストなどがある。 原因と思われる物質を皮内・皮下等に注入してアレルギー反応が誘発するか、を調べる試験である。 しかし、テストが原因で症状を誘発することもある。 誘発試験があるが、ショックの危険があるため慎重に行う。 寒冷蕁麻疹を例にあげる。 洗面器に水を入れ、片方の手を水の中に入れ、他方は外に出しておく。 10分後コントロールに比べ水の中に入れた手に紅班・膨疹・掻痒が出現すれば寒冷蕁麻疹と診断できる。 治療 [ ] が基本となり、特に鎮静作用(眠気など)の低いから開始され、これは国際、日本、欧米のガイドラインに共通する。 また共通して、特定可能な蕁麻疹のきっかけがあればそれを避けることで、 NSAID を使用することで3分の1の人々の症状を悪化させることも避けられる。 無効であれば第二世代抗ヒスタミン薬を増量することもできる。 さらには、別の第二世代抗ヒスタミン薬や別の薬を使用する。 日本のガイドラインは、や抗ロイコトリエン薬を推奨しているが 、国際的なガイドラインはこれらの使用を推奨していない。 最終段階の治療として、 ()、、内服のステロイドがあるが、長期的な副作用や副作用の発生率から、この順に考えることが必要となる。 オマリズマブのほうがシクロスポリンより副作用の発生率が少なく、ステロイドでは長期使用に懸念がある。 急性期 [ ] を使用するのが一般的。 血圧低下などのショック症状があれば、(商品名)の注射が奏功する。 呼吸困難を合併していれば、気管挿管などの気道確保が必要である。 発疹が強い場合、が奏功することがある。 一般に「キョウミノ」と略され頻繁に使われる 日本でのみ。 慢性期 [ ] 抗ヒスタミン薬を使用するのが一般的。 漢方としては、(さいこかりゅうこつぼれいとう)・(さんそうにんとう)・(じゅうみはいどくとう)がよく使われる。 慢性合併の場合除菌療法、慢性合併の場合扁桃摘手術を施行すると、蕁麻疹も治癒することがあり、行われることもある。 と同様の機序が考えられている。 有効性 [ ] 寒冷蕁麻疹では、鎮静作用の少ない第二世代抗ヒスタミン薬でも有効であるため副作用は弱い。 (抗ヒスタミン薬)の鎮静作用は、ほかの第二世代抗ヒスタミンと同等である。 第一世代抗ヒスタミン薬でも慢性的な蕁麻疹に有効である。 妊婦における第一世代抗ヒスタミン薬の使用は胎児の予後にリスクをもたらしていなかった。 慢性的に自然発症する蕁麻疹では、寄生虫駆除によって治療できることがある。 はアレルギー疾患に関与すると考えられ、慢性の蕁麻疹人では血中ビタミンDが有意に低く、週60,000 IUなど高用量に摂取した場合に症状が改善された。 ただし、慢性蕁麻疹の頻度は非常に少ない。 血管浮腫 [ ] 蕁麻疹の一種に 血管浮腫( クインケ浮腫とも)と呼ばれる病態がある。 蕁麻疹と同様に皮膚の毛細血管の拡張と透過性の亢進によりおこる。 蕁麻疹との違いは蕁麻疹が皮膚の表層で起こるのに対して、血管浮腫は深在性に起こるということである。 死因はおもに喉頭浮腫による窒息死である。 日本、欧米の治療ガイドラインにて蕁麻疹の定義は、血管浮腫を含む。 蕁麻疹の4割が血管浮腫を伴う。 症状 [ ] 真皮深層や皮下組織など深いところでを起こし、一過性限局性の浮腫が生じることがあり、血管浮腫と言われる。 特に口唇やまぶたに生じるのが典型的。 蕁麻疹とは異なり、掻痒はなく、出現すると3〜4日続くのが特徴。 まれに、腸管にも浮腫を生じることがあり、その場合、消化器症状を伴う。 気道内にも浮腫を生じることがあり、この場合、呼吸困難を併発し、死ぬこともある。 原因 [ ] 降圧剤のが原因のことがある。 ACE阻害薬によりブラジキニンの産生が生じ、それが血管透過性の亢進を招くのが原因である。 また、近年、でも生じる例も多く、注目されている。 そのほか、遺伝性もあり、HAE(遺伝性血管浮腫)と呼ばれる。 第一成分阻害因子(C1-INH)の先天的欠損や凝固の先天異常などである。 この場合は補体の過剰な活性化により血中補体価の低下がおこる。 治療 [ ] 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬を使用するのが一般的。 ステロイド内服薬も使用することも多い。 外用剤は、ステロイド外用剤が使用される。 血管浮腫に対しては、の産生を抑制するためを使用することがある。 呼吸困難を合併していれば、気管挿管などの気道確保が必要である。 特異的なアレルギーをする病態 [ ] この項目では、蕁麻疹を伴うアレルギー反応のうち、特異的な病態を示すものを羅列している。 FDEIA• OAS 出典 [ ]• , p. 2504. Kudryavtseva AV, Neskorodova KA, Staubach P August 2018. Pediatr Allergy Immunol. Curr Allergy Asthma Rep 7 : 36. , p. 2513. Weinstein ME, Wolff AH, Bielory L June 2010. Ann. Allergy Asthma Immunol. 6 : 518—22. Snidvongs K, Seresirikachorn K, Khattiyawittayakun L, Chitsuthipakorn W February 2017. Drugs 2 : 175—186. Sharma M, Bennett C, Carter B, Cohen SN October 2015. Acad. Dermatol. 4 : 710—716. Etwel F, Faught LH, Rieder MJ, Koren G February 2017. Drug Saf 2 : 121—132. Kolkhir P, Balakirski G, Merk HF, Olisova O, Maurer M March 2016. Allergy 3 : 308—22. Tuchinda P, Kulthanan K, Chularojanamontri L, Arunkajohnsak S, Sriussadaporn S 2018. Clin Transl Allergy: 51. 参考文献 [ ]• 日本皮膚科学会蕁麻疹診療ガイドライン改定委員会「」『日本皮膚科学会雑誌』第128巻第12号、2018年、 2503-2624頁、 :、。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

じんましん │ 皮膚症状一覧 │ ひふ研 「ひふ症状、ひふ薬の使い方の疑問に答える情報サイト」 │ 第一三共ヘルスケア

慢性 じんましん

じんましんは突然、皮膚に激しいかゆみを伴う発疹が現れる病気です。 発疹は体のどこにでも現れ、広い範囲におよぶこともあります。 通常、発疹は現れてから24時間以内に消えてしまうのが特徴で、じんましんの約9割は1週間以内には治まります。 しかし、なかには慢性化して数か月、数年と長く続く場合もあります。 繰り返したり広い範囲に現れる場合は早めに皮膚科を受診しましょう。 じんましんの原因で最も多いのは「 原因不明」で全体の約7割ほどです。 原因を特定できるのは全体の約3割弱で、皮膚のこすれや寒冷・日光などの「物理性の刺激」によるもの、入浴や運動時の「発汗」によるもの、特定の食品や薬などによる「アレルギー」、そのほか青魚、豚肉、たけのこなどを食べたときに一時的に起こるじんましんなどがあります。 実は治療で薬の効果が現れやすいのが「原因不明」のじんましんです。 じんましんの治療では"原因探し"は必ずしも重要ではありません。 原因がわからなくても、薬による治療によって多くのじんましんは治すことが可能です。 じんましんを起こす原因がわかっている場合は、その 原因を取り除き、避けます。 例えば物理性の刺激であれば締めつける衣類を避けるなど 服装を工夫したり、アレルギーがあれば原因となる 特定の食品や薬を避けるといった対処を行います。 原因が特定できなかったり、特定できても避けきれない場合は、「 抗ヒスタミン薬」の服用が治療の基本になります。 抗ヒスタミン薬は血管や知覚神経がヒスタミンの刺激を受けないようにブロックし、反応が起きるのを防ぎます。 多くの人が薬をのみ始めて数日から1週間程度で効果を感じるので、まずは治療によって症状が現れないことを目指します。 じんましんが頻繁に起こる場合は、症状が起こらなくなってもしばらく薬の服用を続け、 じんましんが起こらない状態が2か月間続くことを目指します。 最終目標は治療しなくても症状が現れないことです。 長くかかる場合もありますが、やがてじんましんが起こらない状態に到達できます。 あきらめずに治療を続けてください。

次の