プラスドライバー 種類。 ドライバー、レンチ、スパナの種類と用途のご紹介。

プラスドライバー

プラスドライバー 種類

こんにちは、工具屋てっちゃんです。 プラスのネジなら何でも一緒っと思っていませんか? 似た様な形をしていても違うんです。。。 この2つのネジ、十字が切ってあって同じプラスネジでしょ。 って思われるかもしれませんが、違うんです。 よく見る十字のネジは、アメリカのフィリップス・スクリュー社が発売したネジの規格のもので一般的にプラスのネジと呼ばれています。 (上の写真の右のネジ) それには、 これでいいんすが、 もう一つのネジ、写真の左のネジですが、よく見ると、ちょっと違いますよね。 十字の溝にバッテン印みたいな線が入っています。 これはポジドライブといってイギリスのEIS社が特許を持つネジなんです。 似ているようでも全く違うんです。 このポジドライブの特徴は舐めにくいというところです。 一般的はプラスドライバーはカムアウトといって、力を掛けて回すとドライバーがネジの溝から浮き上がりやすく、その時に舐めてしまうんですが、このポジドライブネジは浮き上がりにくくしっかりトルクを掛ける事が出来るというのが特徴です。 また、イギリス発祥のネジなので、ヨーローッパ製品に多く見られます。 ヨーロッパ製品のプラスネジを回すときはちょっとよく見て下さい 十字にバッテンがあるのはポジドライブです。 ポジドライブネジにはポジドライブのドライバーを使いましょう〜! 動画でも説明しております、よかったらご覧下さい。

次の

プラスドライバー

プラスドライバー 種類

>>>> プラスドライバー プラスドライバーは言わずと知れたドライバーの中でも一番ポピュラーな工具です。 PB製のプラスドライバーです。 今更説明することもないと思いますが、プラスドライバーは先端が『+』の形状をしています。 私は工具に興味を持ち始める以前、プラスドライバーなんてどれも同じだろ!といった感覚でいました。 しかし、本当に良いプラスドライバーを使用した時にかなり感動した覚えがあります。 ねじの『+』の形に対して限りなく誤差がゼロなので、何の不安も無く回せるのです。 しかも、サイズが限りなくぴったりなのでねじを緩めた後も自然に先端にねじが引っ付いてきます。 磁石付きのドライバーもありますが、そうでなくても引っ付いてきます(汗) 見た目で分からなくても、精度は全然違うんです! きっと一度使うと安いドライバーを使いたく無くなります。 間違いありません。 写真のプラスドライバーは、私が非常に多くの種類のプラスドライバーを試した末に一番だと思った物です。 ドライバーを選ぶ際、先端の精度はもちろんですが「グリップの握りやすさ・滑りにくさ」が非常に大切です。 実際に握って見て、 「おお!」 と思えるようなフィット感がなければ長時間使用する時に非常に疲れます。 私もかなりの本数を試しましたが、写真の「」というドライバーが最高です。 スイスグリップドライバーには『SwissGrip』という印字が入っています。 絶妙なグリップ感、PB製が誇る最高レベルの精度。 はっきり言って文句なしです。 一つ言えることは、このグリップでも出してほしいなぁという事くらいでしょうか。 中には「スイスグリップはすぐに汚れるから嫌だ!」という方もいらっしゃるようですが、パーツクリーナーを使用 すれば瞬時に綺麗になりますので個人的には全く気になっていません。 (工具は値段が変化しやすいため) そのため、楽天市場内で該当工具が全く販売されていないタイミングが稀にございますので、その際は お手数ですがその他サイトで確認するなどの対処をよろしくお願いいたします。 【ドライバーのサイズが分からない方はを参考にしてください】 当サイトは運営者のモチベーションのみで作られています。

次の

ドライバーの選び方 【通販モノタロウ】

プラスドライバー 種類

>>>> プラスドライバー プラスドライバーは言わずと知れたドライバーの中でも一番ポピュラーな工具です。 PB製のプラスドライバーです。 今更説明することもないと思いますが、プラスドライバーは先端が『+』の形状をしています。 私は工具に興味を持ち始める以前、プラスドライバーなんてどれも同じだろ!といった感覚でいました。 しかし、本当に良いプラスドライバーを使用した時にかなり感動した覚えがあります。 ねじの『+』の形に対して限りなく誤差がゼロなので、何の不安も無く回せるのです。 しかも、サイズが限りなくぴったりなのでねじを緩めた後も自然に先端にねじが引っ付いてきます。 磁石付きのドライバーもありますが、そうでなくても引っ付いてきます(汗) 見た目で分からなくても、精度は全然違うんです! きっと一度使うと安いドライバーを使いたく無くなります。 間違いありません。 写真のプラスドライバーは、私が非常に多くの種類のプラスドライバーを試した末に一番だと思った物です。 ドライバーを選ぶ際、先端の精度はもちろんですが「グリップの握りやすさ・滑りにくさ」が非常に大切です。 実際に握って見て、 「おお!」 と思えるようなフィット感がなければ長時間使用する時に非常に疲れます。 私もかなりの本数を試しましたが、写真の「」というドライバーが最高です。 スイスグリップドライバーには『SwissGrip』という印字が入っています。 絶妙なグリップ感、PB製が誇る最高レベルの精度。 はっきり言って文句なしです。 一つ言えることは、このグリップでも出してほしいなぁという事くらいでしょうか。 中には「スイスグリップはすぐに汚れるから嫌だ!」という方もいらっしゃるようですが、パーツクリーナーを使用 すれば瞬時に綺麗になりますので個人的には全く気になっていません。 (工具は値段が変化しやすいため) そのため、楽天市場内で該当工具が全く販売されていないタイミングが稀にございますので、その際は お手数ですがその他サイトで確認するなどの対処をよろしくお願いいたします。 【ドライバーのサイズが分からない方はを参考にしてください】 当サイトは運営者のモチベーションのみで作られています。

次の