一生友達 クワガタ。 日本にいるクワガタの種類まとめ。気になる生息地は?

クワガタムシ-動物|翻訳家の部屋-明瀬一裕-

一生友達 クワガタ

好きなところに飛べます• コクワガタの特徴 コクワガタは名前は『コクワガタ』ですが日本全体で見ると中型の種類です。 オスは最大でも55mm以上になり、メスは36mmほどになります。 大顎の形もオオクワガタやヒラタクワガタに比べて細長いのが特徴です。 個人的な印象では自己主張が強くなくて奥ゆかしさを感じますね! コクワガタの飼育や飼い方は? コクワガタはクワガタの中でも 温度や湿度の適応幅が広いため、非常に飼育がしやすいクワガタです。 また、小型のためケースなど飼育スペースも小さくて済むのと餌も少量で良いので 日本のクワガタで最も飼いやすいと言っても過言ではありません。 コクワガタの飼育していて楽しいところは長く楽しめるというところですね! 成虫になってから 2~3年生きることもあるのと、繁殖も比較的簡単にできるため初心者にもオススメです。 大きさは産卵や繁殖を考えている場合は産卵材の朽木を入れることになるので 産卵材に合わせたものを選ぶと良いでしょう。 クワガタ用のマットなども販売されているので好みのものを選ぶと良いでしょう。 産卵材にはクヌギ・ナラやカワラタケの産卵材などいくつか種類があります。 スイカなどの果物も以前は餌として与えられていましたが水分が多すぎてあまり体に良くないので 無難に昆虫ゼリーを与えるようにしましょう。 コクワガタを越冬のさせ方は? Sponsored Link コクワガタは前述の通り成虫になってからも2~3年と比較的長い間生きます。 夏が終わると毎回越冬をすることになります。 爬虫類や両生類もそうですが昆虫も変温動物なので温度が低くとなると動きが鈍くなってしまいます。 冬眠する目的は暖かい季節が戻ってくるのももちろんですが、エネルギーを消費しないようにするために行います。 人間も季節の変わり目など 急な温度変化があると体調を崩したりするように、温度変化に適応するのは非常にエネルギーを使います。 そのため、変温動物で越冬する生き物は温度変化が少ない土の中で越冬します。 これらのことを踏まえると 越冬させる際の大事になるのは『温度管理』です! 急な温度変化というのは良くないので野外の気温と同じように少しずつ温度を下げていくと良いです。 そうなったらまた、来年の暑くなり始めて地上に出てくるまで待ちましょう。 色んな所で言われていますが、長生きさせる場合は越冬させた方が良いです。 通年暖かい状態で飼育すると生きていくときに使うエネルギーを使い続けてしまうからか、早いうちに死んでしまいます。 もしも、 長きに渡って飼育したい場合は冬眠させて冬を越した方が良いでしょう。 コクワガタの繁殖方法は 飼育に必要なものにも出ていますが、クワガタを繁殖させるには産卵用の木が必要になります。 中にはクワガタの産卵用マットなどもありますが、 自然下でも朽木に卵を産みつけるからか効果はいまいちと言われています。 そのため今回紹介する繁殖方法では産卵用の木を使ったやり方になります。 なので 繁殖を試みる場合はその産卵材が入るような飼育ケースで飼育をしましょう。 クヌギやナラの産卵材は購入してから樹皮を剥いでしばらくの間水につけます。 その後は産卵材を水から取り出して6時間ほど陰干しします。 後はマットを敷き詰めたケースに産卵材を入れて、さらにそこにマットを敷き詰めるようにします。 目安は産卵材の上部がやや見えるくらいか隠れてしまうくらいです。 後はケースの中に転倒防止用の枝や木片、餌を入れて飼育していれば産卵をしてくれます。

次の

よく、外国では、日本人のようにクワガタやカブトを愛でる人が少なく、(日本人にも虫嫌いな人はいますが、小学生男子はカブトクワガタ基本好き、そして、虫は苦手でもカブト、クワガタ、チョウ、バッタ、アリは触れ

一生友達 クワガタ

好きなところに飛べます• コクワガタの特徴 コクワガタは名前は『コクワガタ』ですが日本全体で見ると中型の種類です。 オスは最大でも55mm以上になり、メスは36mmほどになります。 大顎の形もオオクワガタやヒラタクワガタに比べて細長いのが特徴です。 個人的な印象では自己主張が強くなくて奥ゆかしさを感じますね! コクワガタの飼育や飼い方は? コクワガタはクワガタの中でも 温度や湿度の適応幅が広いため、非常に飼育がしやすいクワガタです。 また、小型のためケースなど飼育スペースも小さくて済むのと餌も少量で良いので 日本のクワガタで最も飼いやすいと言っても過言ではありません。 コクワガタの飼育していて楽しいところは長く楽しめるというところですね! 成虫になってから 2~3年生きることもあるのと、繁殖も比較的簡単にできるため初心者にもオススメです。 大きさは産卵や繁殖を考えている場合は産卵材の朽木を入れることになるので 産卵材に合わせたものを選ぶと良いでしょう。 クワガタ用のマットなども販売されているので好みのものを選ぶと良いでしょう。 産卵材にはクヌギ・ナラやカワラタケの産卵材などいくつか種類があります。 スイカなどの果物も以前は餌として与えられていましたが水分が多すぎてあまり体に良くないので 無難に昆虫ゼリーを与えるようにしましょう。 コクワガタを越冬のさせ方は? Sponsored Link コクワガタは前述の通り成虫になってからも2~3年と比較的長い間生きます。 夏が終わると毎回越冬をすることになります。 爬虫類や両生類もそうですが昆虫も変温動物なので温度が低くとなると動きが鈍くなってしまいます。 冬眠する目的は暖かい季節が戻ってくるのももちろんですが、エネルギーを消費しないようにするために行います。 人間も季節の変わり目など 急な温度変化があると体調を崩したりするように、温度変化に適応するのは非常にエネルギーを使います。 そのため、変温動物で越冬する生き物は温度変化が少ない土の中で越冬します。 これらのことを踏まえると 越冬させる際の大事になるのは『温度管理』です! 急な温度変化というのは良くないので野外の気温と同じように少しずつ温度を下げていくと良いです。 そうなったらまた、来年の暑くなり始めて地上に出てくるまで待ちましょう。 色んな所で言われていますが、長生きさせる場合は越冬させた方が良いです。 通年暖かい状態で飼育すると生きていくときに使うエネルギーを使い続けてしまうからか、早いうちに死んでしまいます。 もしも、 長きに渡って飼育したい場合は冬眠させて冬を越した方が良いでしょう。 コクワガタの繁殖方法は 飼育に必要なものにも出ていますが、クワガタを繁殖させるには産卵用の木が必要になります。 中にはクワガタの産卵用マットなどもありますが、 自然下でも朽木に卵を産みつけるからか効果はいまいちと言われています。 そのため今回紹介する繁殖方法では産卵用の木を使ったやり方になります。 なので 繁殖を試みる場合はその産卵材が入るような飼育ケースで飼育をしましょう。 クヌギやナラの産卵材は購入してから樹皮を剥いでしばらくの間水につけます。 その後は産卵材を水から取り出して6時間ほど陰干しします。 後はマットを敷き詰めたケースに産卵材を入れて、さらにそこにマットを敷き詰めるようにします。 目安は産卵材の上部がやや見えるくらいか隠れてしまうくらいです。 後はケースの中に転倒防止用の枝や木片、餌を入れて飼育していれば産卵をしてくれます。

次の

カブトムシやクワガタの採集 その方法と適した時間と時期

一生友達 クワガタ

へラクレスオオカブトは、 いくつかの亜種に分かれていて、それぞれ大きさや胸角、頭角の突起や太さ等に違いがあるんだ。 まずは、ヘラクレスの亜種を1つずつ紹介していくね。 ヘラクレス・ヘラクレス 基亜種で、市場でも最も出回っており、価格も安定しています。 大きさも全亜種の中で最大になります。 一方で最近は生息国の規定によりワイルド品が全く入荷していません。 ヘラクレス・リッキー ヘラクレス・ヘラクレスに次いで大きくなる種類で、流通量も2番目に多く価格も安定しています。 ヘラクレス・ヘラクレスに比べると角が細くなります。 ヘラクレス・オキシデンタリス 基亜種の流通が少なかったころは、リッキーと並んで流通の多くを占めていました。 胸角が細いのが特徴で、細ヘラクレスという異名があります。 ヘラクレス・レイディ 最大でも100mmを少し超える程度で、小型のヘラクレスです。 胸角、頭角が短いのが特徴的です。 ヘラクレス・トリニダデンシス オスの最大サイズは140mm程度とやや小型です。 名前は産地のトリニダード島に由来しています。 ヘラクレス・パスコアリ 突起のない頭角が特徴です。 最近はワイルド品の入荷がなく、日本でブリードされたもののみが出回っています。 マニアを中心に人気のある種類です。 こちらも日本でブリードされたもののみが出回っていて、マニアを中心に人気があります。 マニアを中心に人気があり、価格も結構変動が大きい印象です。 オキシデンタリスによく似た外見をしています。 容姿はヘラクレス・ヘラクレスに似ており、幼虫期間がやや短めになる傾向にあります。 ヘラクレス・タカクワイ 胸角、頭角ともにほとんど突起がないのが特徴的です。 現在は生きたものは出回っていません。 しかしレイディとよく似ており、レイディと同亜種とされることが多く、流通の際にもレイディのバウドリータイプとして流通していることが多いです。 バウドリータイプは通常のレイディよりやや高値で取引される傾向にあります。 出典: 出典: ヘラクレスオオカブトの大きさ、最大サイズ 先程紹介したように、ヘラクレスオオカブトはいくつかの亜種が存在 現在はシノニムとして扱われているようです し、それぞれ大きさは違いがあります。 最も大きくなるものはヘラクレス・ヘラクレスで、 最大 178mmほどまで達します。 ちなみに、飼育下でのギネスサイズは180mmを超えています。 もちろん、大きくなるほど値段は高くなります。 ヘラクレスオオカブトの飼い方 へラクレスオオカブトは、温度さえ気を付ければ基本的に日本のカブトムシやクワガタと同じ要領で飼うことができるよ。 それじゃ、飼育法を具体的に見ていこう。 用意するもの 用意するものは以下の通りです。 飼育ケース• 昆虫マット• 止まり木• 餌ゼリー 飼育ケース 入れ物となる飼育ケースは、なるべく大きい入れ物を用いてください。 オス1匹を飼う場合、最低限プラケース中ぐらいの大きさが必要です。 最低限の広さがあれば入れ物は飼育ケースでなくても何でもいいですが、力が強いので脱走の危険性を少なくするため、• フタが閉まるもの• 最低限の深さがあるもの を使ってください。 昆虫用の飼育ケースを使えば基本的には問題ありません。 餌ゼリー 餌には、昆虫専門店やホームセンター等で売られている昆虫ゼリーを使うのが無難です。 大食漢なので、できれば昆虫ゼリーは65gのものを使うのがお勧めです。 昆虫マット 下には昆虫用のマットを敷いてください。 単に飼育するだけならマットの種類に拘る必要はありませんが、産卵をさせたい場合は、発酵が進んで黒っぽくなったカブトマットを使ってください。 マットの深さは数cmでもOKですが、産卵をさせたい場合は飼育ケースの深さの7割程度詰める必要があります。 産卵セットの組み方は後程改めて解説しますので、是非ご覧になってください。 止まり木 転んだ時でも起き上れるよう、転倒防止用の止まり木は必ず入れてください。 転んだまま起き上がれないと最悪死んでしまいますので注意が必要です。 温度管理について ヘラクレスオオカブトは 熱帯の山のなかに生息しています。 なので外国産の生き物全般に言えることなのですが、 温度管理が必要になります。 最近はエアコンも省エネになりつつあり、建築材料によってはエアコン管理でもそこまでお金はかからない場合が多いです。 エアコン管理がきつい方は、ペットボトルに水を入れたものを凍らせておき、暑いときは利用するとよいと思います。 外出時には、ふろなどに水を薄く入れて、その中に容器を入れておけば気化熱で温度の上昇を少し抑えられます。 冬も理想はエアコン管理や温室管理ですが、ヒーターなどを利用することで十分カバーできます。 産卵させるには ヘラクレスオオカブトは国産カブトと同じく昆虫マットに産卵します。 昆虫マットには、一般的に カブトマットと呼ばれる黒っぽい発酵の進んだマットを使用する必要があります。 入れ物に関しても、プラケース特大や衣装ケースなどの大きな入れ物を用意することで、産卵数を増やすことができます。 そこに容器の深さの7割ほどカブトマットを固く詰めます。 そこに 転倒防止用の止まり木と 昆虫ゼリー、そして 交尾が済んだメスを入れます。 何週間かすればマットを出してみるとよいでしょう。 産んでいれば卵や幼虫が出てきます。 幼虫は産卵時と同じカブトマットで飼育できます。 幼虫の飼育法については、以下の記事で詳しく解説しています。 大きくするためのコツも記載しています。 交尾のさせ方 交尾に関しては、オスとメスを同じ容器に置いておき、何日かおいておけば交尾してくれる場合が多いです。 カブトムシは交尾欲が強いので、オスメスが出会えばすぐに交尾してくれることも多いです。 交尾を目視していない場合でも、昆虫ゼリーのところにオスメスが一緒にいれば交尾済みとみなしてよいでしょう。 なお、ワイルド品 野外採集されて入荷されたもの のメスを買えば、交尾済みの場合が多いですが、いかんせん高価ですし寿命も予測できないため、初心者の方は無理に買う必要はないと思います。 ヘラクレスオオカブトの寿命は? 寿命はだいたい 6か月程度で、国産のカブトムシよりは長いです。 長いもので最大 1年ほど生きることもあります。

次の