星稜 奥川。 奥川恭伸(星稜高校)の出身中学と成績最高速度球種は⁉︎身長や性格もチェック!

星稜高校野球部 2020メンバーの出身中学や注目選手紹介!!

星稜 奥川

明治神宮大会で星稜(石川)の関係者からうれしい報告を聞いた。 取材で顔なじみになっていた3年生の選手たちが大学でも野球を続けるという。 記者は「知られざる球数問題」とひそかに思っていた。 打撃投手としてチームを支えた伊藤駿介投手(3年)。 愛知県の小学校でドラゴンズジュニアに選ばれ、中日ドラフト1位の石川昂弥(東邦)らとプレーした。 豊田シニアでも活躍し、高校は星稜を選んだ。 大きな希望と自信を抱いて石川県に越境したが、入学直後から驚かされた。 「すごい投手陣だな」。 同期にはヤクルト1位の奥川恭伸投手がいた。 現実は厳しい。 最後の夏もセンバツに続いてあと1歩でベンチ入りに届かなかった。 甲子園で登録された4投手はいずれも中学軟式で全国優勝。 しかもスーパーエース奥川がいたため投手枠は例年より1~2人少なかった。 夢破れた伊藤のもう1つの戦いが始まった。 林和成監督に「チームのために投げてくれ」と打撃投手に指名された。 171センチと小柄だが最速140キロの直球に、切れ味鋭い多彩な変化球を持つ。 15年のセンバツで優勝した敦賀気比は、のちに西武入りするOB玉村祐典投手の球を打って打撃を強化したという。 林監督はその話を引き合いに「いい投手が投げてくれるのは大きいんです。 本当にありがたい」と感謝していた。 甲子園に来てから伊藤はさらに投げまくった。 肘が伸ばせなくなるほどの激痛が襲う。 それでも顔色一つ変えず、炎天下で腕を振った。 魂のこもった球を毎日打ってきた打者陣は、甲子園で快打を連発した。 伊藤の好きな言葉は「耐雪梅花麗(ゆきにたえてばいかうるわし)」。 仲間のために、日の当たらない仕事を必死に務め上げた。 「正直、限界です。 でも選手にありがとうと言われると励みになった。 結果的に(競争に敗れ)こうなってしまったけど、ここまで成長できてよかったです」。 記者も救われた気持ちになった。 最速140キロ超を誇る芳賀大樹投手も同じく右の肩肘痛を隠して投げ通した。 芳賀は「奥川、寺沢がずっと投げていて自分はスタンド。 今でもスタンドに行くのが嫌」と悔しさを押し殺して打撃投手を全うした。 プライドを隠さない投手らしい投手だった。 この1年間、奥川の投球には何度もしびれさせられたが、「裏のエース」たちの生き様にも同じように心を揺さぶられた。 2人とも今はすっかり痛みが癒え、快速球が戻っている。 大学は2人を「投手」として評価してくれたという。 いつか、日刊スポーツで彼らの名前を見る日が楽しみだ。 【柏原誠】• photo• 野球 「今年は、ひっくり返せる」/井口監督 []• プロ野球監督談話 [6月27日 8:43]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球 [6月27日 8:01]• プロ野球 [6月27日 8:01]• プロ野球 [6月27日 8:00]• プロ野球 「今年は、ひっくり返せる」/井口監督 []• プロ野球監督談話 [6月27日 8:43]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球戦評 [6月27日 8:31]• プロ野球 [6月27日 8:01]• プロ野球 [6月27日 8:01]• プロ野球 [6月27日 8:00]• 高校野球 遊学館・山本監督ら49人「育成功労賞」高野連発表 []• 高校野球 [6月26日 21:30]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 19:56]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 18:49]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 18:17]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 17:28]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 17:01]• 高校野球 [6月26日 14:30]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 10:54]• 高校野球 [6月25日 23:31]• 高校野球 [6月25日 20:49]• 大学・社会人 JR東日本東北の山田周平、粘りの投球で4回無失点 []• アマ野球 [6月25日 15:58]• アマ野球 [6月24日 16:27]• アマ野球 [6月24日 16:26]• アマ野球 [6月23日 23:14]• アマ野球 [6月23日 18:51]• アマ野球 [6月23日 6:00]• アマ野球 [6月20日 19:19]• アマ野球 [6月19日 17:59]• アマ野球 [6月18日 15:49]• アマ野球 [6月15日 18:41]•

次の

死闘のなか星稜・奥川に活を入れた「ジョックロック」と漢方薬。

星稜 奥川

昨年、甲子園を沸かせた高校生のスター球児達がプロの世界に飛び込み、連日その活躍が報道されています。 そんな中、春のセンバツ甲子園も近づき、次世代の高校球児への期待が膨らんでいます。 数々の球児に注目が集まる中、ひときわ注目されているのが、「高校生投手四天王」と呼ばれる球児達がいます。 ・投手としての完成度が高い、石川・星稜高校の奥川恭伸投手 ・最速157kmを誇る東北の豪腕、岩手・大船渡高校の佐々木朗希投手、 ・最速152kmを誇る快速左腕、神奈川・横浜高校の及川雅貴投手、 ・気迫あふれる投球が持ち味、岡山・創志学園高校の西純矢投手 すでにこの4投手は、今秋のドラフト会議での上位指名が予想されています。 今回は、この4投手の中で、石川・星稜高校の奥川恭伸投手について紹介していきます。 Contents• 奥川恭伸投手のプロフィール・経歴・成績について 引用元: 奥川恭伸投手は、2001年4月16日生まれの17歳(2019年2月現在)。 身長183cm、体重82kgとプロ顔負けの体格の持ち主です。 石川県出身で、地元のかほく市立宇ノ気中学校から、地元の星稜高校に入学しました。 宇ノ気中学校までは軟式野球でプレーをしており、中学時代は全国優勝を果たすなど、この頃から注目を浴びる存在でした。 高校入学後は、1年生の秋の北信越大会からチームのエースとして登板。 1年生の時から、最速146kmを計測するなど、大器の片鱗を見せつけていました。 2年生の時には、春、夏と連続して甲子園に出場。 快投を続けていました。 2018年のU-18日本代表にも選出されており、高校2年生としては唯一の選出となりました。 秋の明治神宮大会では、準々決勝の広陵高校戦で11奪三振を奪い、完投勝利を挙げると、続く準決勝の高松商業高校戦でも12奪三振を挙げ、勝利しました。 決勝では惜しくも敗れ、準優勝となりましたが、U-18日本代表に選出されたその才能を見せつけました。 投球内容に関しては、最速150kmを誇る快速球に加え、スライダーやツーシームなどの変化球を交えたピッチングスタイルです。 奪三振を奪う力、制球力、完投能力にも自信がある投手で、将来の日本球界を背負う投手として非常に期待のできる投手です。 関連記事 奥川恭伸投手の名前の読み方は? 期待の高校球児として、マスコミの報道などで名前を目にするようになった、奥川恭伸投手。 一見すると、難しい名前ではないように見えますが、実際に読んでみようとすると、意外と読めない名前です。 奥川恭伸投手の名前はどのように読むのでしょうか。 調べてみたところ、 奥川恭伸投手の名前は「おくがわ やすのぶ」と読むそうです。 名前が「やすのぶ」という点も去ることながら、実は名字の「奥川」は「おくがわ」と「が」が濁る読み方だそうです。 ちなみに同じく注目されている高校球児、横浜高校の及川雅貴投手の名字は「おいかわ」ではなく「およかわ」と読みます。 「意外と違った読み方をする」という意味では、奥川恭伸投手と及川雅貴投手はセットで覚えておきたいですね。 関連記事 奥川恭伸がかわいい! 引用元: プロ注目の奥川恭伸投手のモットーがとっても可愛いんです。 実は、奥川恭伸投手が試合中に心掛けていることがあるそうです。 それは 「試合中は笑顔を絶やさない」ということだそうです。 登板中に爽やかな笑顔を見せられたら、ますます人気も出そうですね。 「笑顔」といえば、阪神タイガースの藤浪晋太郎投手も、近年の不調を脱出するべく、矢野新監督から「大阪桐蔭高校時代の表情に戻れ」とアドバイスを受けたようです。 藤浪晋太郎投手も大阪桐蔭高校時代には、マウンドで見せる爽やかな表情が特徴的でした。 高校時代には笑顔を見せていた投手も、プロに入り険しい表情になってしまい、不調に陥るということもあるので、奥川恭伸投手には是非この「笑顔」を絶やさず、投げ続けてほしいですね。

次の

星稜・奥川投手のお母さんに聞いた、子育て、教育方針(後編)

星稜 奥川

初戦と同じ「5番・右翼」で先発したが、9点リードの4回から登板。 奥川がマウンドに姿を現すと、球場内はこの日一番の歓声と拍手に包まれた。 「(三振は)狙っていた」その言葉どおり、先頭から威力ある直球で、2イニング全ての打者に6者連続三振。 「やっと公式戦で投げられて楽しかったです。 感触も良かった。 次につながるいい投球ができました」。 7月から再度、ウエートトレーニングに励み、体作りに着手。 首回りが太くなるなど、より体つきはよりたくましくなった。 球場の熱量に押されたか、球場スピードガンでは4回先頭打者の2球目に自己最速を4キロ更新する156キロを計測。 幼稚園時代の同級生という、相手の3番二宮聖夢内野手(3年)に投じた初球はなんと「158キロ」の表示だった。 1球ごとに増す場内のざわめきに「何があったんだと思いました」とマウンド上で異変を感じ取った。 試合後、奥川は「あれは壊れていると思います。 多分」と笑顔でかわしたが、視察した阪神のスピードガンでも、自己最速を1キロ更新する153キロをマーク。 間違いなく最後の夏、確実にレベルアップした姿を見せつけた。 「力んでいいと思って投げました。 次は長いイニングを考えて投げたいです。 この楽しい気持ちを忘れずにやっていきたい」と気持ちを新たにした。 打線は初回、相手野手の3失策が絡み3点先制。 2回には先頭の東海林航介外野手(3年)の右越えソロなどで追加点。 この回5安打を浴びせ、4点を追加し大きくリード。 計12安打で投手陣を援護した。 あれだけ腕を振って投げてスライダーがびしっと決まるのは、モノが違う。 コース、高さともに低く来て150キロは、春先の力んでの150キロとはちょっと違う。 yahoo. 近年はバントも出来ないのに進塁打も打とうとしない。 守備や走塁ミスのオンパレード。 球数を多く投げさせることすらせず自分勝手なプレーを連発する、いわば「出来損ないのベースボール」。 そもそも高校野球の県大会レベルで、なぜ球場のスピードガン表示が動いてるんだ? 投手で言えば、スピードと三振の数は、団体競技の「野球」としてはどうでもいいもの。 こういう報道なり見方自体が、選手を勘違いさせている。 それをマスコミではなく、主催者もしくは球場関係者が助長してどうする。 まずはアウトコース低めストレートのコントロール。

次の