プロパンガス アパート。 プロパンガスの契約方法は?|賃貸・新築・中古で手続きが変わります!|【enepi

プロパンガスのアパートが多い!なぜ不動産投資はプロパンガスにすべきなのか解説!

プロパンガス アパート

まず、 年間を通しての一人暮らしの毎月の平均使用量は5㎥、平均請求額は4,505円です。 次に、夏(7月〜9月)と冬(12月〜2月)では使用量に差があるため別々に見てみると、 夏の平均使用量は 3㎥、平均請求額は 3,459円、 冬の平均使用量は 7㎥、平均請求額は 5,551円となっています。 平均請求額 平均使用量 年間平均 4,505円 5㎥ 夏の平均 3,459円 3㎥ 冬の平均 5,551円 7㎥ 「使用量も請求額もこの表と同じ」、「使用量は同じくらいだけど請求額が高い」という方は、これからご紹介する4つのポイントをしっかり確認してプロパンガスの節約に励みましょう。 また、「この表の使用量よりもが多い!」という方は、も確認しましょう。 ほとんどの会社の料金体系は、 基本料金と従量料金の2つからなる二部料金制です。 そのうち基本料金とは、プロパンガス使用の有無にかかわらず毎月必ず発生する費用のことです。 その金額は毎月固定です。 もう一方の従量料金は使用量に応じて掛かる費用の事で、従量単価と使用量をかけ算した金額が請求されます。 毎月の請求額を計算式で現すと以下のようになります。 ガス会社ごと、ご家庭ごとに異なるのです。 それではなぜガス会社ごとに単価が異なるのでしょうか。 その答えは、プロパンガスが自由商品であり ガス会社が自由に単価を決めることができるものだからです。 この点は、都市ガスや電気、水道など単価が法律で決められている公共料金と違うところで、大変多くの方が勘違いされていらっしゃいます。 また、プロパンガスの単価は原油輸入価格や為替レート、配送コストなどにより常に変動しています。 そのため、 同じガス会社を利用していていも契約開始時期や地域などによって基本料金と従量単価が異なるという事があり得るのです。 さらに、単価の設定権限は多くの場合、現場担当者にあるため、同じガス会社を利用するお隣さん同士や同じアパートに住む方同士で単価が異なる事さえあるのです。 そして、 一人暮らしのプロパンガスが高い原因の多くは 基本料金と従量単価が高い事にあります。 いくら頑張って使用量を抑えても、もともとの基本料金と従量単価が高ければ大幅な節約は見込めないため、この問題を解決する事が最も重要なポイントです。 しかし、ほとんどの会社では 検針票や請求書に基本料金と従量単価がいくらかを記載していません。 そのため、ご自宅の基本料金、従量単価がいくらなのか、相場の価格はいくらくらいなのかを確認・理解しておく必要があります。 こちらのページからをご確認ください。 使用量が少ない一人暮らしのご家庭では、請求額における基本料金の割合が高いため、 基本料金をいかに抑えるか節約のポイントです。 下記のグラフは、賃貸アパートに住む、一人暮らしの方の一般的な請求額の内訳です。 基本料金はなんと請求額の 42%も占めている事が分かります。 夏にはこれよりも使用量は減りますから、基本料金の占める割合はさらに多くなります。 一人暮らしにおいて、いかに基本料金が重要かはご理解頂けたかと思います。 ご自宅の基本料金が適正な範囲内か、こちらのページから確認してみてください。 当センターがお勧めする最も効果的な方法は、事です。 今のガス会社さんに交渉して安くしてもらう方法ももちろん可能ですが、賃貸アパートの値下げ交渉はかなり難易度が高いのが現状です。 (その理由は後述します) そのため、 少ししか安くならなかったり、安くしてもらえない可能性が大いにあり、あまり効率的ではありません。 その点、安い基本料金で供給しているガス会社へ切り替えれば、ほぼ 100%基本料金が下がります。 また、切り替え後に不当な単価の値上げが起きないよう、当センターが保証しているため値上がりのリスクもありません。 まずはその理由をご説明しましょう。 賃貸アパートの場合、ガス会社と契約を結んでいるは大家さんです。 入居者の方は利用をしているだけで直接契約を結んでいる訳ではありません。 契約を結んでいないと言う事は、つまり 解約して新しい会社に切り替える権利が入居者にはないということです。 自由に切り替えできないわけですから、入居者の不満はガス会社にとってはあまり脅威ではありません。 そのため交渉が難しいのです。 「じゃあ、どのすれば切り替えできるの?」その答えは、大家さんです。 契約者である大家さんの承認が得られれば、切り替えを行う事ができます。 大家さんの承認を頂いた後、当センターにご相談頂ければ、当センターが条件やご要望に合った新しい企業をお調べしご紹介致します。 そのためプロパンガス会社切り替えの手続きで大家さんや入居者の方に特にして頂く事はありません。 しかし切り替えについて大家さんに相談する場合、大家さんから反対を受ける可能性があります。 なぜなら、大家さんは全部屋分の給湯器代金や工事費用などをガス会社に肩代わりしてもらっている事があるためです。 そのため、ガス会社を変更する事による大家さんのメリットを伝えるなどして大家さんを説得する必要があります。 一人暮らしのプロパンガス節約ポイント:まとめ プロパンガスは料金形態が分かりづらいため、まずはどのような仕組みになっているのかを理解する事が重要です。 プロパンガスの仕組みを理解して、賢く節約しましょう。 一人暮らしの平均請求額は4,505円。 料金形態は基本料金と従量料金によって構成されており、各家庭でその単価は異なる。 使用量の少ない一人暮らしの家庭では基本料金を抑える事が重要• 基本料金が高い場合、プロパンガス会社の変更が最も効果的• 賃貸住宅でプロパンガス会社を変更する場合は、大家さんの承認が必要.

次の

プロパンガスを導入している大家は注意! 高いガス代の入居者への説明必須化|あそぶろ

プロパンガス アパート

アパートオーナー様・大家様 賃貸アパートの経営でお悩みのオーナー様・大家様は多く、当社にも多くのアパートオーナー様・大家様からご相談をいただいております。 全国各地から寄せられるご相談の中で、よくご相談いただく内容には以下のようなものがあります。 入居率アップのため設備交換をしたいが、資金確保が難しい• 賃貸アパートを取得したので、費用をかけずにグレードアップしたい• 家賃収入以外の収入源が欲しい• 収益改善について相談できる、不動産管理会社以外のパートナーが欲しい ガス屋の窓口ではそういった悩みの解決を、プロパンガス会社変更を通じてお手伝いしております。 ご存知ない方も多いですが、プロパンガス会社を変更するとガス給湯器の無償設置だけでなく、エアコンやモニタ付インターホンなどの無料設置、ガス代の値下げ、ボンベスペース借上げによる付帯収入など、様々なメリットがあるのです。 無償設置してもらえるのは給湯器だけですか? いいえ、ガス給湯器(追い炊き付、給湯専用等)以外にも、モニター付きインターフォンやIHコンロ、エアコン、ウォシュレットといった人気設備の中から、オーナー様のご所有物件に一番必要と思われる設備をサービス設置させていただきます。 入居者様に人気の設備の設置することは、入居率UPにもつながります。 ただし、闇雲に全ての設備を無料でつけようとすると、ガス料金をさほどお安くできなくなる可能性もございますので、物件状況を確認しバランスを取りながら、アパートオーナー様にとっても入居者様にとってもメリットのあるご提案をさせていただきます。 詳しくは、当社専門スタッフまでご相談ください。 ガス料金値下げで、入居者の満足度UP! アパートオーナー様、ご所有物件の入居者様のガス料金ご存知ですか?ガス料金の詳細までは知らないなぁ…というアパートオーナー様・大家様も多いかと存じます。 賃貸住宅(アパート・マンション等の集合住宅)にお住まいの方のプロパンガス(LPガス)料金は、一戸建てにお住まいの方のガス料金と比べて、2~3割ほどお高いケースがほとんどです。 ガス屋の窓口では、入居様のプロパンガス料金に対する不満を少しでも解消・軽減して頂けるよう、検針票を基にした現状のガス料金調査を行い、今よりもお安いガス料金にてプロパンガスを安定供給させていただいております。 入居者様の満足度を高めることは空室対策にもつながりますので、ガス料金をお安くすることはアパートオーナー様・大家様にとっても有意義なものです。 また、ガス会社の変更に際しては、当社又は新しいガス会社から全ての入居者様(世帯毎)にプロパンガス会社の変更とガス料金値下げのご案内を書面にて投函させていただきますので、アパートオーナー様や管理会社様にご面倒はお掛け致しません。 安いプロパンガスって、安全性は大丈夫なの? プロパンガスそのものの品質は法律で定められておりますので、どのガス会社のプロパンガスも同等品質となっております。 また、当社がご案内しているガス会社は、24時間365日可動のセキュリティーシステムを全てのお部屋に標準設置。 ガス漏れや火の消し忘れなど万が一の事態に備えます。 詳しくはについてをご覧ください ボンベスペースに対して、賃料をお支払い プロパンガス(LPガス)物件の場合、ガスボンベが設置してあるかと思います。 ガスボンベはプロパンガスを供給する上で必要なものですが、設置するのに一定のスペースを必要とするため、ご所有の敷地にデッドスペースを生んでしまいます。 そこで当社は、アパートオーナー様・大家様のご所有物件に設置させて頂くプロパンガス(LPガス)のボンベスペースに対して、毎月固定の賃料をお支払いする「ボンベ設置スペース借上げサービス」を行っております。 当社を通じてプロパンガス会社をご変更いただく際、前述の各種サービスと合わせてご提案させていただいており、ガス会社を変更するだけで、収益増加を実現することが可能です。 その他にも、入居者様がご利用される通信などのサービスや、今まで活用されていなかったスペースを収益を産む商材に転換するご提案など、様々な角度からアパートオーナー様にメリットの有るサービスをご提示させて頂きます。 具体的な内容に関しましては物件調査後、無料でご提示しているご提案書にてご案内致しますので、お気軽にお問い合わせください。 同様に、既存の都市ガス物件からプロパンガスへと変更するケースも増えています。 ご存知かと思いますが、都市ガス物件の場合は給湯器や配管工事費用などは全て、オーナー様・大家様の負担となります。 しかし、プロパンガスの場合は、給湯器や配管工事費用について、ガス会社に負担させて進めることができます。 さらに多額の配管・その他の工事費用も無償となりますので、プロパンガスを導入することに多大なメリットが見込めます。 少し前までは都市ガスからプロパンガスへの変更を請け負ってくれるガス会社が少なかったのですが、最近では多くのガス会社が意欲的に対応してくれるようになりました。 災害時の利便性(プロパンガスは専用発電機で簡易的に発電することも可能)を考慮される方や、維持費・修繕費の大幅削減を望む方、新築時の建築コストを抑えたい方など、多くのオーナー様・大家様がプロパンガスの導入を検討していらっしゃいます。 当社では、専門スタッフが詳細な内容相談にも全て対応。 オーナー様・大家様のプロパンガス導入を全力でサポートいたします。 オーナー様がガス会社を変更するメリット アパート・マンションのオーナー様がプロパンガス会社を変更される場合も、様々なメリットがございます。 よく知られているメリットとしては「給湯器の無償修理・交換」がありますが、それ以外にも「ボンベ設置スペースの借上げ(付帯収入UP)」、「設備サービス(エアコン・モニタ付インターフォン等)」など、様々なメリットがあります。 ただし闇雲に、全てのサービスをつけてくれ!とガス会社と交渉すると、ガス料金が非常識に高く設定されたり、契約条件が悪くなってしまったりと、逆に悪い結果を招きかねません。 そこで当社が間に入り、オーナー様のご要望を最大限叶えられるよう、最大限の好条件をガス会社から引き出す交渉を行います。 当社はグループ全体で90,000世帯のプロパンガス会社変更を行っている実績がございますので、ガス会社からも特別な好条件を引き出すことが可能です。 もちろん、費用は一切無料。 費用を一切かけることなく、オーナー様のご所有物件をバリューアップすることができます。 お問い合わせいただいて以降は、物件確認を行わせていただいた上で詳細なご提案を行わせていただきますので、その提案内容をご確認いただいた上でガス会社を変更するかご判断いただくかたちとなります。 プロパンガスのアパート・マンションでお悩みのことがございましたら、いつでもお気軽に当社専任スタッフへとご相談ください。 オススメ関連記事.

次の

ガス代が高いです! 先月4日から賃貸アパートに引越しました。 今日、検針票が入ってたのですが、使用量27.4m3で21,677円の請求になっててびっくりしています。 ガスはプロパンで夫婦二人で

プロパンガス アパート

プロパンガス会社は会社によってまったく料金が違う上に料金設定が完全に業者の自由です。 「楽だから」という理由で複数社で比較・検討などをせずにガス会社を決定すると、相場の数倍の価格でガスの供給を受けることになる場合もあります。 最終的にボンベ・メーターを残していったガス会社と契約する場合にも、必ず他のガス会社の話も聞いてみましょう。 以下が、中古物件の詳細なプロパンガス契約の手順です。 料金はすべてガス会社が自由に決めていいということになっています。 なので、ガス会社が違うと同じ使用量でもプロパンガス料金は2倍ということが珍しくありません。 質の変わらない同じプロパンガスを購入するのに、倍近くお金を払うなんて損ですよね? だからこそ、しっかりと各社の料金プランを比較して、適正価格で契約することがとても重要になっています。 以下の表は、 全国平均のプロパンガスの料金を月別にまとめたものです。 この料金表よりも高い、あるいは同じくらいのプランを提示している場合、そのガス会社は適正価格よりも割高な可能性が高いので、別のガス会社の話をきいてみましょう。 プロパンガスの契約は、ガス会社が初期費用を毎月のガス代に上乗せて回収する無償貸与契約の影響で比較的長くなる傾向にあります。 無償貸与契約とは、月々のガス代に給湯器やガスコンロなどのガス機器代金を上乗せして払うことで、機器購入代金をはじめに支払わなくてよくする仕組みです。 携帯電話の機種代金などを思い浮かべて頂くと分かりやすいかもしれません。 なお、無償貸与契約について詳しく知りたい方は下記の記事を御覧ください。 契約前に契約期間をしっかり確認しておくことを強くお勧めします。

次の