夏休み の 過ごし 方 小学生。 夏休みの過ごし方!小学生や幼稚園の子供は夏休みに何するべき? [子供のしつけ] All About

夏休みの過ごし方で小学生の将来が変わる!?お子さんのための4つの提案!

夏休み の 過ごし 方 小学生

サッと読みたい人は目次!• 梅雨が明けて暑い日が続くな・・と思っていたら気が付けば夏休み。 夏休みの予定、計画はお決まりですか?子供たちは約1か月も休みだなんて、とてもうらやましいものですが、ママにとってはどう過ごせばいいのか?と今から悩みの種ではないでしょうか。 夏休みだから旅行やイベントごとは盛りだくさんですが、1か月のうちの数日程度です。 そもそも、夏休みのほとんどが自由時間であり、予定を埋めるのは困難ですね。 家族揃ってお出かけの日以外の予定が問題です。 そして、低学年などで多いのが日記です。 絵日記などの学校もあるでしょうか。 毎日の日記をつける事になるので、日々の予定、計画、過ごし方はある程度決めなくてはなりません。 【今日も家で遊びました。 】と日記に毎日書かれて、何もしていない日が続くのも・・・と先輩ママの話で聞いても、日記があるからダラダラと過ごさせることができない・・・とも言いますね 笑 そんな、毎年やってくる長期休みである「夏休み」の過ごし方についてまとめてみました。 遊びだけじゃない!夏休みの過ごし方でより充実させる! 夏休みは長いなーなんて思ってダラダラと過ごしてしまうと、あっという間に過ぎ去ってしまうものです。 有意義な夏休みにするためにも計画を立てるのがおすすめ。 もちろん、小学校でも計画表などが配られますから、ぜひとも一緒に楽しく計画を立てたいですね。 どんな小さな事でも、その日にやる事を決めておけばメリハリがつきます。 そして、子供たちの気になる事・・・と言えば宿題や夏休みの自由研究、自由工作の課題です。 これも早めに計画を立てておかないと、最後にあわてて中途半端に取り組む事になってしまいます。 事前に下調べはしておいた方が良いのかもしれませんね。 夏休みの過ごし方と言えば・・基本のラジオ体操で1日をスタート 夏休みと言ったらラジオ体操ですよね。 朝の6時半には近所の小学生や、保護者やお年寄りも集まって体操をしますね。 私が住む地域でもラジオ体操はあります。 と言っても、1か月間のうち約2週間程度です。 ひとまず、ラジオ体操も一日の出来事の一つですからできるだけ参加させたいですし、早寝早起きの生活習慣、リズムをキープできます。 ラジオ体操についてはこちらの記事も参考になります。 夏休みの過ごし方のポイント!宿題の時間を確保!時間を決める 夏休みの過ごし方で親の立場で気になるのは、何と言っても宿題や勉強です。 この宿題を後回しにしてしまうと、夏休みの最終日目前ギリギリになって必死になってやる子供もいるかもしれません。 ここは、やっぱり親のサポートが必要かもしれないですね。 できるだけ、毎日宿題や勉強をする時間を決め、一定のリズムで夏休みの習慣化するのが理想的かもしれません。 ラジオ体操が終わってから、朝食の後、など午前中の涼しい時間にお勉強タイムを設けたいですね。 夜の睡眠にも影響する!夏休みも適度に運動を! 夏休みにだらけて体を動かさない日が続くと、夏バテしてしまいそうですし、夏休み明けの学校生活もうまく軌道に乗せる事ができそうもありません。 毎日・・・とはいかないかもしれませんが、適度に身体を動かして運動する事が大切ですね。 海、公共のプールで運動にもなる水遊びを満喫 海やプールも夏休みになると必ず事故がありますね。 家族で楽しむために行くはずが悲しい事故に合わない為にも親は目を離せない・・・遊びの一つですね。 息子も今年は海に行ってきました。 この夏休みに行きたいところ・・・というのが海と言う事で行きましたが、先週も2回目の海に行こうとしたら【もう行かなくていい!】と・・・なぜ?海はしょっぱい、砂で汚れる、暑い・・・そうです。 それが海の良さ、自然の良さなのですが。 街中に住んでいるとこうなるんですよね。 自然が苦手。 そうなるとプールです。 最近はレジャープール的な感じで、公共のプールでもウォータースライダーや幼児用のプールを併設している事が多いですね。 身近なプールについて調べてみると、結構良いものが見つかります。 料金も公共施設や民間施設でも100円~500円程度なので週1回、2回なら良いかもしれません。 公共の体育館を借りる 体育館は個人で利用する場合には、利用料金が100円~300円前後です。 団体利用で貸切にしてしまう・・・という手もありますよ。 団体利用であれば1時間あたり500円~4000円程度なのですが、何人か集まって利用すれば人数が多いほど低額で利用できます。 利用施設の広さによって料金は違うので、少人数なら規模に応じてそれなりに抑える事も可能ですね。 実際のところ、この人数集めが大変な場合もありますが、お友達が集まれば子供達は自分で遊びをみつけるもので、幼稚園~低学年であればおすすめです。 夏休みの過ごし方で困る事の一つ、外出による出費 夏休みにしかできない事・・・というとついつい、水族館、博物館、テーマパークなどレジャー施設に行かなければ!と思いがちです。 しかし、張り切って外出しすぎるとみるみる、お財布からお金が無くなってしまいますよ・・・。 家計を預かる主婦としては、夏休みも無駄なく節約生活を実行したいところです。 夏休みにしかできない事は、自宅でできる事もたくさんあります。 一緒にお菓子作りをしてみたり、花火をしたり、庭でしゃぼん玉も楽しめます。 夏の暑い日、時間帯はなんだかんだ言っても屋外で過ごすのは体力を消耗してしまいます。 そんな時間を有効利用するためにも家遊びを充実させてみましょう。 小学生、夏休み中の暑い日の家遊び 子供の頃何してたかな?って思い浮かべてみてますが、家にいると工作、絵を書く、おもちゃで遊ぶなどしか思いつきません。 私が子供の頃にもファミンコン(元祖)がありましたが、ゲームもしてたような気がします。 ラジオ体操に行くと近所の同級生と会うので、遊ぶ約束をしてきて誰か家に集まったり、お邪魔したりしてたかな。 そう考えると、息子にも当てはまるような気がします。 シャボン玉 シャボン玉なら100円ショップで買ってきたもので十分遊べますし、なんなら食器用洗剤でもできてしまいます。 いろいろな形で吹いてみるなど、ストローを改造して工夫するのも楽しいかも?! しれません。 水鉄砲 水鉄砲も100円ショップにあるし、トイザラスに行くと5メートル、10メートルも水が飛ぶ水鉄砲があります。 庭でやるには小さ目が良いと思いますが、手軽に暑くても、濡れても楽しい夏休みならではの遊びですね。 住宅地の中の庭でやる場合には、ご近所の洗濯物を濡らさないようにする…ことに注意が必要ですが。 さらに、あえて水鉄砲を手作りしてみる・・・というのもいいかもしれないですね。 夏休みの工作にもなります。 昔ながらの竹筒で作る水鉄砲は、風流な感じもして素敵ですが、何と言っても都会暮らしの方は手に入らないw 我が家も田舎ですが、そこそこの都市ですから手に入りません。 流しそうめんをするときにインターネットで通販する時代ですからね。 確か、1本3000円くらいだったと思います。 高いですね。 現代ならではの代替えで、ペットボトルとかで作れそうですよね。 そうしたらですね、いいのみつけました。 勝手に共有させてもらいます。 (問題あれば連絡ください!) ペットボトルで水鉄砲作ってます!これいいかも!動画にコメントしてる方がいますが、同感です。 ペットボトルで水鉄砲の作り方動画(拝借) 水風船 夏のお祭りの定番でもある、水風船もいいですね。 実際に去年の夏休みにやりましたね。 かなり喜んでバンバン遊んでいたのですが、すぐに飽きてしまいました・・・。 でも、ちょっといつもと違う事をするなら手頃でピッタリです。 さすがに小学生ではビニールプールは入らない・・よね?! 幼稚園の頃なら定番の遊びだった、庭でのビニールプールも小学生はもう入らないよね?!そんな使わないビニールプールに水風船でも浮かべて、水鉄砲して遊べばそれなりに家で涼しい遊びができるんじゃないかな? って思いましたが、小学生の男子数名集まると騒々しいんだよな・・・・。 ホットケーキ、パンケーキ作り ホットケーキ作りとかもいいですね。 お料理女子、お料理男子にしてしまいましょう。 型枠などを買ってくると面白いカタチにできていいかもしれません。 手づくり石鹸も、粘土感覚で遊びながら作れて自由研究になります! 博物館や水族館へ行く 博物館にも様々なテーマがありますね。 昆虫専門の博物館や自然や歴史の博物館、古代の博物館などなど。 とは言っても博物館にも規模や料金が様々なので、場合によってはテーマパークの入場料と変わらない場合もあり、お金の掛かる遊び・・・でもあります。 近くに博物館があるのですが、様々なテーマでイベントをしたり、息子が好きなコーナーがあるので何回言っても楽しんでいます。 有料ですが、数百円程度で済むので困った時の遊び的な位置づけです。 体験教室やイベント参加 夏休み向けに様々な教室で体験レッスンをしたり、イベントを開催しています。 息子もお友達が一緒にいれば意外と積極的になるもので、夏休みを利用して習い事教室の体験や短期教室などに参加しています。 夏休みに一時的に体験を受けるだけで終わってもOKですし、子供が興味を持てばその後も入会したり継続することもできます。 キッカケになる場合もあるのでおすすめです。 特に体験などは無料~500円程度で受けられるのでお得な場合が多いです。 夏休みの工作や自由研究向けのイベントもあります。 題材がなかなか見つからないし、親だけのアイディアにも限界を感じる場合もあります。 特に低学年のうちはある程度協力できる範囲ですが、高学年になると本人の興味も十分に考慮する必要がありますから、イベントなどがある場合にはフル活用するのも手ですね。 もちろん、年齢に応じたイベントが様々に開催されていて、人気ジャンルになると予約が必要になり、すでに定員でいっぱい・・・と言うのも多いです。 そのため、夏休み前にはできれば事前にチェックして予約を入れて、夏休みの予定を埋めてしまうのがおすすめです。 それでも、定員に達していないイベントや飛び込み参加OKのイベントもあるので、情報誌やパンフレットは収集、保管しておくと良いですよ。 図書館を利用する 読書をする・・・これって子供にとっても大切ですね。 また、夏休みには図書館でもイベントを開催している場合があります。 読み聞かせをしてくれたり、工作や自由研究に使える本の推薦コーナーも併設されたりとおすすめです。 何と言っても無料で利用できますし、涼しい・・・いいですね。 小学生は国語力には読書が欠かせない。 小学校でも学習塾でもとにかく読書量は重要視されています。 学習教室やスイミングなど習い事の夏季教室に参加させる 入塾、入会のきっかけにもなる習い事教室の夏季講習、夏季スクールも人気が高いですね。 短期間だけですから、子供も興味がちょっとでもあれば体験できます。 学研でも夏の特別教室があり、この夏通ってみる予定です。 実際に体験してみると、子供も雰囲気が良ければその後も続けていこう!と思えるようですよ。 スイミングも短期教室は夏休みだけではなく、冬、春などの長期休暇に実施している事が多いですね。 夏の暑い日のプールはとてもいいかもしれません。 音楽練習室で楽器に触れる 公共の施設利用で体育館などもそうですが、音楽ホールなどに併設されている練習室なども、実は借りる事ができます。 すでに音楽に精通してる人が引率する必要があると思いますが、練習室もやはり規模が様々で500円~10000円、ホールももちろん借りれます。 時間も午前のみ、1日など様々です。 平日と休日利用で料金が違う場合もあります。 そして、楽器なども借りる事ができて、1回数百円~2000円前後です。 自宅では防音設備が無いと思い切り楽器の音を鳴らせないですから、既に習い事をしていてセッションをしたい、合奏をしたい・・・と言う方にはおすすめです。 特に児童が利用する場合には割安料金になる場合があります。 もちろん、楽器は繊細なものなので、レンタルする場合には取扱いは要注意です。 経験がある人がいないと厳しい場合もありますし、利用目的の団体が不明だと利用できない施設もあるので、事前に確認してみましょう。 最後に・・・ いかがでしょうか?公共の施設って利用する事が少ないのですが、調べてみるとやはりお得感があります。 知っている人は結構利用しているのですよね。 ついつい民間の商業施設に頼ってしまいがちですが、公共の施設利用は節約にもつながります。 と言う事で、まだまだ夏休み長いですね。 避暑地に行けるくらいな家庭でしたら、悩まないのかな?でも、子供はすぐ飽きるんですよね。 ってことで、いろいろな事をして過ごしてみましょう。

次の

夏休みの過ごし方!小学生や幼稚園の子供は夏休みに何するべき? [子供のしつけ] All About

夏休み の 過ごし 方 小学生

ママジュレ目次• 低学年の夏休みは学童クラブ 小学生の夏休みは、学童クラブに預けることが一番です。 4年生くらいにもなると、お弁当を親が準備しておいて、子どもだけで1日過ごすという家庭も出てきますが、1~3年生のうちは、それはちょっと無理かな・・・と。 低学年のうちは高くなっても、1日見てくれる施設を探すのが良いです。 私が住んでいるところはかなり田舎なのですが、それでも数箇所あります。 公的な学童保育に比べると万単位でお金が飛ぶのでかなり高くつきますが・・・。 児童館は夏休み、たくさんのこどもたちが来ています。 お弁当を持たせて、朝からずっと児童館に行かせる、図書館などで過ごすようにさせる。 私が住んでいる地域は児童館は公園と併設されていることが多いです。 私は平日が仕事のお休みなのですが、子どもと公園に行ったとき、お弁当を持って遊んでいる小学生がちらほら目に付きました。 お弁当がない子はコンビ二でお昼を買っていたり。 やっぱり共働き家庭が多いんだな~と思ったものです。 ただ、一人で過ごせるお子さんかどうかはその子の性格によってずいぶん違います。 また、兄弟がいるかどうかでも。 我が家は一人っ子で、寂しがり屋なので、学童クラブに入れないであろう4年生は民間の預け先を確保する予定です。 親代わりをしてもらえるので安心です。 また、ママ友を作っておくことで、たとえば、午前中は家で勉強などをして過ごさせるけれど、お昼からは遊びに行かせる、ということも出来ます。 実際、私の周りは働いている親が多いのですが、休みがそれぞれずれているので、親がいる友達の家に遊びに行くという感じで過ごしていました。 預け先が確保できるあんしんかもありますし、学習能力が伸びるので、3、4年生以上の場合はおすすめです。 共働き家庭の夏休みのタイムスケジュール スポンサーリンク 一つの参考として、1、2年生のときの我が家のスケジュールを載せておきます。 私は家を9時半に出れば間に合います。 学校があるときよりも少しゆったりしたスケジュール^^ 普段のタイムスケジュールはこちらをどうぞ。 夫の朝ご飯は子供のお弁当の残り(笑) 朝からおかずいっぱい。 朝ごはんを作っている時間は、夫と子どもはテレビを見たり、前日に洗った食器の片付けがあればしてくれます。 時には起きたと同時に息子は自分で勉強を始めます。 7時半 家族で朝食 8時 夫出勤。 子どもは勉強(基本的に算数、国語の冊子1ページとドリル、読書、1行日記) 児童クラブへ行く準備。 最近では私がチェックしなくても全部一人でできるようになりました^^ この間は着替えを入れ忘れていたようで、困ったみたいです。 まあ、困ると忘れないようになるので、今のうちにいっぱい失敗したほうが良いと考えています。 息子が勉強しているときは隣に座って、漫画を読んだり、本を読んだり携帯いじったり・・・・。 時々、間違ってないかチェックしたり。 9時 子どもは自由時間(勉強が早く終わればそれだけ朝の自由時間が増えるので、さっさと終わらせています。 ) DSをしてもよいけど、DSは夏休みは一日1時間と決まりがあるので、自分で夜遊びたいときは朝はしないとか、決めているようです。 夏休みは車で送っています。 17時過ぎ こどもは帰宅(まだ誰も帰っていない)帰宅と同時に友達の家へ遊びに行っています。 18時 夫帰宅。 ムスコも友達の家から帰宅。 夫とムスコはシャワー。 その後洗濯物があれば取り込んで二人で畳んで片付けます。 私は洗濯物を畳むのがあまり好きではないので我が家では洗濯畳はうまいこと夫息子の仕事にしました。 最初のころは私が洗濯もの干しも畳むのもしていましたが、うまくことが運んで今は楽ちんです。 19時過ぎ 私、帰宅。 夕飯作り。 その間、おとこどもは自由時間 19時半過ぎ 夕食 寝るまでおのおの自由時間。 学校がある場合は、夕食後の時間が学校の準備やら宿題やら忙しいのですが、夏休みは児童クラブの前に全て勉強を終わらせているので楽です。 翌日の準備もないし、なので、トランプをしたり家族でテレビを見たりのんびりしています。 21時半 就寝 一応21時半は寝る時間と決めているのですが、夏休み、ついつい22時になったりも・・・。 22時になると私が翌日きついです。 なのでがんばって寝るようにしています。 こんな感じで夏休みの平日は過ぎていきます。 お祭りの日は寝るのが遅くなったりとイレギュラーもありますが、日曜日は勉強はしなくていい日なので、こどもは朝から自由を満喫。 私は日曜日は必ず仕事なので、夫が子どもの面倒を見ます。 プールに行ったり、お友達と遊んだりと充実している模様。 夏休みは楽しいらしい。 私も、日曜には夫が夕飯を作る係りなので、楽です。 夕飯作りを気にせず仕事ができるのは嬉しい。 児童クラブはお友達がたくさんだから家で過ごすより楽しいみたい。 ほんと、ありがたいです。 子どもの友達の親とメアドを交換したので、タイミングが合えば一緒に映画に行ったり、お祭りに行ったりしています。 深い付き合いは苦手なので、現地集合で子どもだけ遊ばせて、親は別行動という軽い付き合いですが。。 保育園のときよりも親同士のつながりが大切になっています。 保育園のときは子どもと親だけの関係でしたが、小学生になると、子ども同士の付き合いが生まれてきます。 低学年のうちは、子供同士が約束をしていてもあやふやだったり、一緒に映画にいくときは親が付き添う必要があったりと、親同士、連絡をする必要が出てくる場面があります。 これが高学年になるとまた親の出番はなくなるのでしょうけどね。 夏休みの宿題は前半にやってしまう 学校から出る宿題ですが、昔と比べると少ないのかな?と思うくらい少しです。 宿題は、問題集と、感じの書き取りなどが出ましたが、問題集は頑張れば1週間で終わるレベル。 大変なのは毎日の読書と、漢字ドリルくらいです。 我が家はさっさと宿題を終わらせて、その後は、1学期中に終わることが出来なかった家庭学習の問題集を解かせています。 家庭学習についてはこちらの記事を参考にしてみてください。 保育園と違い、勉強があるのが少し大変です。 我が家は塾に通う余裕も時間もないので、2年生のころから「教科書ワーク」という問題集をさせています。 これは地域別に作られているので学校の授業に沿って進めることが出来ますよ。 1年間使ってよかったので、3年でも継続的に使うことにしました。 3年生は、社会や理科が入ってくるので全部で4冊です。 このようにオールカラーで勉強のやる気をそそるようになっています。 また、ついている解答も、ただ、答えを書いているのではなく、分かりやすく解説してあるので、こどもが間違ったときに説明がしやすいです。 お金をあまりかけずに学習したいという方にはおすすめですよ。 親が大変なのは毎日の弁当作り 夏休みは給食がないので毎日お弁当を作る必要があります。 夏場だし、毎日だし結構大変なんですよね~。 働きながらで大変だけど、お弁当は愛情表現だと思って頑張って作っています。 とはいえ、結構手抜きです。 私も楽です。 つかれきった日は、パンを買って持たせることもありますが、できるだけ、簡単でも作るようにしてます。 自己満足かもしれないけれど、親が手作りしたということで、将来、愛情を思い出してもらえればな、なんて思っています。 まとめ はじめての夏休みはいろいろ不安になることも多いかもしれませんが、過ぎてみれば何とかなるものです。 子どももだんだん成長していきますしね。 あんまり考えすぎずに、でも準備をしっかりして、頑張って乗り越えていきましょう^^ こちらは他にも仕事と子育てを両立するためのヒントが詰まっている記事です。

次の

小学生の夏休みの過ごし方アイデア15選!有意義で楽しい休暇を♪

夏休み の 過ごし 方 小学生

一日の生活のリズムはくずさないように! まずは一日の生活リズムについて。 学校がないと朝はのんびりと 過ごしたくなるものですが、 朝寝坊だけは避けるようにしました。 なぜなら、朝寝坊すると、 食事・就寝時間がずれて 見事に夜型生活になってしまうからです。 それに、 夜は成長ホルモンの分泌が活発になるため、 成長期の子どもには早目にぐっすり眠ってほしいですしね。 そこで、 生活のリズムを整えるために、 次の 3点の実践をしました。 18時半から夕飯タイム。 夕飯が遅くなると、お風呂の時間も 寝る時間も遅くなりますものね。 体がほてっていると、 なかなか寝付けませんよね。 早めにお風呂に入って、遊んでいるうちに ほてりも落ち着き疲れて寝るパターン。 小1男児のいる我が家の夏休みの過ごし方 問題集の宿題は1週間以内で終わらせる! 夏休みには、 必ず問題集の宿題が出されますが、 我が家ではそれを、 初めの1週間で終わらせることを目標にしました。 息子には、 「早く終わらせちゃうと、スッキリしていっぱい遊べるよ!後回しにすればするほど、もっと面倒くさくなるし、気になって思いっきり遊べないよ~!!」 とはっぱをかけました。 結局、マイペースな次男は、 8日かかりましたが、 ずいぶん気がラクになったものです。 宿題は他にも、 工作や絵日記、 あさがおの観察など、 時間を要するものがいろいろありますが、 問題集を終わらせたら半分終わったも同然! ただ、小1~2のうちは、 親がそばで見守る必要があります。 さもないと、 宿題のクオリティが驚くほど低いか、 そもそも手をつけません(うちだけかな?) そう。 我が家でも、夫と私の実家へ 子どもを遊びに連れていきます。 子どもにとって、新幹線に乗って 祖父母に会うのは 一大イベントのよう。 私自身、幼少の頃、 祖父母の家に滞在したことは 非日常的で楽しかった思い出になっています。 息子は昨年、おじいちゃんと 花火や海水浴、 ザリガニ釣りに行ったことが楽しかったと言っています。 毎年おじいちゃんと、 森林に昆虫採集をしに行くというお友達もいます。 娘たちに浴衣を着せて、 実家の 夏祭りに出かけるのが恒例 と言っていたママ友もいました。 日本の伝統的な夏の体験もできますし、 家族の絆が深まる良い機会にもなりますね。 1泊2日の国内旅行 夫婦の実家が遠い我が家は、 帰省の交通費だけでも相当な出費! になるため、 夏休みに家族旅行へ行くとしても 国内で1泊2日。 3年に1度のペースです。 前回の夏休みは、 経費削減のため、我が家からほど近い、 千葉県の舞浜にある シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルに一泊しました。 TDL(東京ディズニーランド) のすぐ近くですが、そこへは行かず 苦笑 、 ホテル内のプールとプレイランドで十分満喫できました。 ホテルの窓からはディズニーシーが一望でき、 リゾート気分が味わえて子どもたちも大興奮! 非日常体験を味わえたと思います。 ママ友の中には、 毎年ハワイやバリ島など 海外リゾートへ出かける人もいます。 学校のプールにも行きますが、 家族皆で一緒に行ける市営プールのほうが楽しいようです。 あるママ友は毎年、車にテントを積んで、 千葉県にある「稲毛海浜公園プール」へ行くと言っていました。 近所のじゃぶじゃぶ池のある公園へ行くことも。 あとは夕飯を食べて寝るだけなので、 楽ちんですよ。 また、 暑すぎてどこへも出かけたくなかった日は、 ベランダに子ども用プールを出し、 水遊びをさせます。 地味ですが、子どもたちは大喜び! かき氷器で氷屋さん 息子はアイスやかき氷が大好きなので、 ついに昨年、自動かき氷器を購入しました。 これが大正解!! 作る工程も楽しく、あっという間に かき氷ができて子どもに大好評でした。 そこで我が家の夏休みは、 児童館や図書館によく出かけます。 冷房が効いていて、すごーく快適! 児童館では 夏休みイベントも開催しているので、 カレンダーをチェックしてお出かけするといいですよ。 児童館なら、お友達と、 子ども達だけ行かせても安心ですものね。 図書館もよく利用します。 夏休み中はできるだけ本を読んでほしいのですが、 放っておくとゲームばかりする息子は、 自分からすすんで読書するなんてことはまずありません。 なので、図書館で子どもと一緒に本を選び、 たくさん借りて、寝る前に読み聞かせました。 紙芝居もいくつか借りましたが、ウケましたよ^^ 読書で培う国語の力は、 全ての科目につながりますし、 想像力も豊かになります。 せっかくの長期休暇。 背丈だけでなく、 中身もちょっとは成長してほしいものです。 まとめ いかがでしたか? いたって平凡な家庭の小学1年生の 夏休みの過ごし方でした。 我が家はレジャースポットへ出かける頻度は とても少ないのですが、 だからこそ希少価値があって、 たまに連れて行くと大興奮です(笑)。 どこへも連れて行かないのも寂しいですが、 未知のワクワク体験ができる場所は、 意外と身近にあるんだな~と、 このレポートを書いていて実感しました。 高学年になると学習塾で忙しくなり、 なかなか家族一緒に行動できなくなる子も多いようです。

次の