コロナ 世界 感染 者 数 グラフ。 ◆【新型コロナ】世界の感染確認者数、死亡者数の推移のアニメーショングラフです:対数軸にしたら、わかりやすくなりました

世界中で日本だけ「コロナ感染のグラフがおかしい」という不気味 絶対的な死者数は少ないのだが…

コロナ 世界 感染 者 数 グラフ

なるほど。 ところで世界的に広がってしまった新型コロナウィルス(COVID-19)の現況についてまとめてみたよ。 今回は新型コロナウィルス(英名:COVID-19)に関しての注意喚起を海外在住ブロガーの端くれとしては、しっかり実施していかなければと思い立ち、急遽、記事にまとめてみました。 3月27日現在、新型コロナウィルスは(欧米、アジア圏に比較すると)日本では影を潜めておりますが、無症状であっても感染拡大の怖さがあるので、どうか気を抜かないでほしいと思います。 本記事の構成としては、世界中に広がるの新型コロナウィルスの アウトブレイクといっても過言ではない感染状況や死亡者数をグラフにしたものを外部から引用しつつ、それにちょっとした解説をしたりしています。 全世界が早期の新型コロナウィルスの抑え込みに成功し、また日常が戻ってくるように心より願っています! 注意台湾も3月19日より、諸外国からの入境を大幅に制限し、3月27日現在、実質的な鎖国状態に有りますが、ここ数日で感染者数が急激に増えており、引き続き予断は許されない状況です。 もちろん日本だけの対応を責めるだけでなく、東南アジア各国や欧米諸国なども同じく初手を誤った(もしくは 経済優先で打つ手がなかった)と言えるでしょう。 ですがこれは、新型コロナウィルスが全世界50万人を超えるまで(2020年3月27日時点)に広がってしまったから言える話であり、現在の事実を基にした結果論としか言えませんね。 なので、今回は「 じゃあ、どう対策するの?」ってところを踏まえつつ、現在の世界の 新型コロナウィルス拡大状況をインターネット上で得られる情報を基にまとめていきますね。 世界の新型コロナウィルス状況(事実部分) 2019年3月、ロンドンにて筆者撮影 世界の感染者数(3月27日時点) 画像引用元: 3月27日時点• 中国:1月19日に100人超え、1月24日1,000人超え、1月31日に1万人超え• 韓国:2月20日に100人超え、2月25日に1,000人超え• 日本:2月21日に100人超えるが、比較的オーバーシュートしていない(?)• イタリア:2月23日に100人超え、2月29日に1,000人超え、3月11日に1万人超え• イラン:2月26日に100人超え、3月2日に1,000人超え、3月13日に1万人超え• ドイツ:3月1日に100人超え、3月9日に1,000人超え、3月18日に1万人超え• スペイン:3月1日に100人超え、3月9日に1,000人超え、3月17日に1万人超え• フランス:3月2日に100人超え、3月8日に1,000人超え、3月19日に1万人超え• アメリカ:3月3日に100人超え、3月11日に1,000人超え、3月19日に1万人超え• スイス:3月13日に1,000人超え、3月25日に1万人超え• イギリス:3月14日に1,000人超え、3月26日に1万人超え 死亡数の増加率グラフ(〜3月25日迄)• 3月26日現在、イタリア、中国、スペイン、イラン、フランスが死者数1,000人超え• 2月25日辺りから韓国が、3月に入ると欧州・北米地域を中心にオーバーシュート現象がみられた。 いずれにせよ、各国でも検査をして新型コロナウィルス陽性と診断を得なければ、数字上の感染者数は増加しない仕組みなので、どこかのタイミング水面下で既に相当数に広がっていたことが考えれる。 本当に危険な新型ウィルスなので、やばいなって思ったら自宅待機推奨だよ。 未だに「危険じゃない、慌てすぎだ」という 馬鹿野郎はまじで危険なのでソーシャルディスタンス(社会的距離を置くこと)を口実にそっと距離をとりましょうね。 新型コロナ:感染経路、症状、防疫対策は? 2019年3月、アムステルダムにて撮影 感染経路は?• 飛沫感染(ツバやクシャミで感染します)• 接触感染(キスなど濃厚接触) どんな症状がでるか?• 初期症状は、発熱、乾いた咳、軽度の肺炎• 重症化すると、呼吸不全などにより息切れなどを起こし死に至る• 持病を持っている人や、高齢者ほど死亡率が高くなる傾向が高い• 味覚や嗅覚の異常があるかもしれない、との新症状の浮上有り 防疫対策は?• 石鹸での手洗い・うがいの徹底• 外出する人はアルコール消毒液持ち歩く• 外食時に大皿で食べず、取り分けて食べるなどの工夫• 飛沫感染と接触感染を避ける• とにかく移動を制限する• 密室での人混みを避ける(イベント、集会、満員電車)• 体調を整える(在宅でもラジオ体操、筋トレ)• 体調崩したら、会社や学校を休み安静にして様子見る• タバコも控える(肺炎ですから) 疑わしいと思ったら、自宅待機。 人類存続の為に仕事休もう。 みんなの自覚が世界を救うはず!休ませてくれない会社は、察しましょう.. 新型コロナについての個人見解 2019年3月、中国・深センにて撮影 さて、つい先日の3月25日に武漢市を除く中国・湖北省全域の封鎖が解除される中、反対にヨーロッパ全域、アメリカ、アジア各国などに広がり、現在進行形で世界中が大混乱に陥っています。 日本も例外ではなく、東京都のロックダウンも噂されているなかで、今後新型コロナウィルスの拡大はどうなっていくのでしょうか? 人類が、各国がウィルスを克服するためには、一人ひとりが感染源にならないように防疫の努力をして、自分の住んでいる国家の政策・方針を信じて生きるしか無いでしょう。 2020年3月、台湾でもトイレットペーパーや麺類などの食料が.. そして日本にいる皆さんは、なぜ今、世界で感染者が増大して、なぜ日本では感染者数が比較的抑え込まれてるかを今一度、冷静に考えてみると良いかもしれません。 全ての経営者の皆さんも、懸命な判断を下すことを願っております。 従業員は経営者の判断に従うしか生きる術はありませんから。 今後の感染拡大の最悪のシナリオは、中国系住民の欧州・北米(拡大地域)から中国大陸への帰国による新型コロナウィルス逆輸入かもしれない、と噂されています。

次の

外務省 海外安全ホームページ|各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況

コロナ 世界 感染 者 数 グラフ

R言語でグラフ作成をしていますが、ggplot2は細かな設定が可能です。 y軸を対数軸にして、x軸も見やすく整理しました。 新型コロナウイルスの感染は、急速に拡大することがよくわかります。 第1波の急拡大が中国、第2波の急拡大が欧米というようなことが、対数軸グラフからわかります。 感染者の多くが、軽症や無症状であることが、感染を拡大させているようです。 y軸を対数軸にし、x軸も見やすくしました。 グラフのデータは、右上部分の操作でダウンロードすることができます。 アメリカの「地域別の変数」を前処理して、「州別」での推移をグラフ化できるようにしました。 また、州コードのフィールドを作成してコロプレス地図も作成しています。 無料で利用できる、グーグルの「データポータル」のダッシュボードです。 データさえあれば、簡単に作成できます。 「国」別、「地域」別に日ごとの感染者数の推移を見ることができます。 下記リンクのページから利用できます。 関心がある場合は、一日に一度見るといいのではないかと思います。 都道府県別にグラフ化可能です。

次の

外務省 海外安全ホームページ|各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況

コロナ 世界 感染 者 数 グラフ

なるほど。 ところで世界的に広がってしまった新型コロナウィルス(COVID-19)の現況についてまとめてみたよ。 今回は新型コロナウィルス(英名:COVID-19)に関しての注意喚起を海外在住ブロガーの端くれとしては、しっかり実施していかなければと思い立ち、急遽、記事にまとめてみました。 3月27日現在、新型コロナウィルスは(欧米、アジア圏に比較すると)日本では影を潜めておりますが、無症状であっても感染拡大の怖さがあるので、どうか気を抜かないでほしいと思います。 本記事の構成としては、世界中に広がるの新型コロナウィルスの アウトブレイクといっても過言ではない感染状況や死亡者数をグラフにしたものを外部から引用しつつ、それにちょっとした解説をしたりしています。 全世界が早期の新型コロナウィルスの抑え込みに成功し、また日常が戻ってくるように心より願っています! 注意台湾も3月19日より、諸外国からの入境を大幅に制限し、3月27日現在、実質的な鎖国状態に有りますが、ここ数日で感染者数が急激に増えており、引き続き予断は許されない状況です。 もちろん日本だけの対応を責めるだけでなく、東南アジア各国や欧米諸国なども同じく初手を誤った(もしくは 経済優先で打つ手がなかった)と言えるでしょう。 ですがこれは、新型コロナウィルスが全世界50万人を超えるまで(2020年3月27日時点)に広がってしまったから言える話であり、現在の事実を基にした結果論としか言えませんね。 なので、今回は「 じゃあ、どう対策するの?」ってところを踏まえつつ、現在の世界の 新型コロナウィルス拡大状況をインターネット上で得られる情報を基にまとめていきますね。 世界の新型コロナウィルス状況(事実部分) 2019年3月、ロンドンにて筆者撮影 世界の感染者数(3月27日時点) 画像引用元: 3月27日時点• 中国:1月19日に100人超え、1月24日1,000人超え、1月31日に1万人超え• 韓国:2月20日に100人超え、2月25日に1,000人超え• 日本:2月21日に100人超えるが、比較的オーバーシュートしていない(?)• イタリア:2月23日に100人超え、2月29日に1,000人超え、3月11日に1万人超え• イラン:2月26日に100人超え、3月2日に1,000人超え、3月13日に1万人超え• ドイツ:3月1日に100人超え、3月9日に1,000人超え、3月18日に1万人超え• スペイン:3月1日に100人超え、3月9日に1,000人超え、3月17日に1万人超え• フランス:3月2日に100人超え、3月8日に1,000人超え、3月19日に1万人超え• アメリカ:3月3日に100人超え、3月11日に1,000人超え、3月19日に1万人超え• スイス:3月13日に1,000人超え、3月25日に1万人超え• イギリス:3月14日に1,000人超え、3月26日に1万人超え 死亡数の増加率グラフ(〜3月25日迄)• 3月26日現在、イタリア、中国、スペイン、イラン、フランスが死者数1,000人超え• 2月25日辺りから韓国が、3月に入ると欧州・北米地域を中心にオーバーシュート現象がみられた。 いずれにせよ、各国でも検査をして新型コロナウィルス陽性と診断を得なければ、数字上の感染者数は増加しない仕組みなので、どこかのタイミング水面下で既に相当数に広がっていたことが考えれる。 本当に危険な新型ウィルスなので、やばいなって思ったら自宅待機推奨だよ。 未だに「危険じゃない、慌てすぎだ」という 馬鹿野郎はまじで危険なのでソーシャルディスタンス(社会的距離を置くこと)を口実にそっと距離をとりましょうね。 新型コロナ:感染経路、症状、防疫対策は? 2019年3月、アムステルダムにて撮影 感染経路は?• 飛沫感染(ツバやクシャミで感染します)• 接触感染(キスなど濃厚接触) どんな症状がでるか?• 初期症状は、発熱、乾いた咳、軽度の肺炎• 重症化すると、呼吸不全などにより息切れなどを起こし死に至る• 持病を持っている人や、高齢者ほど死亡率が高くなる傾向が高い• 味覚や嗅覚の異常があるかもしれない、との新症状の浮上有り 防疫対策は?• 石鹸での手洗い・うがいの徹底• 外出する人はアルコール消毒液持ち歩く• 外食時に大皿で食べず、取り分けて食べるなどの工夫• 飛沫感染と接触感染を避ける• とにかく移動を制限する• 密室での人混みを避ける(イベント、集会、満員電車)• 体調を整える(在宅でもラジオ体操、筋トレ)• 体調崩したら、会社や学校を休み安静にして様子見る• タバコも控える(肺炎ですから) 疑わしいと思ったら、自宅待機。 人類存続の為に仕事休もう。 みんなの自覚が世界を救うはず!休ませてくれない会社は、察しましょう.. 新型コロナについての個人見解 2019年3月、中国・深センにて撮影 さて、つい先日の3月25日に武漢市を除く中国・湖北省全域の封鎖が解除される中、反対にヨーロッパ全域、アメリカ、アジア各国などに広がり、現在進行形で世界中が大混乱に陥っています。 日本も例外ではなく、東京都のロックダウンも噂されているなかで、今後新型コロナウィルスの拡大はどうなっていくのでしょうか? 人類が、各国がウィルスを克服するためには、一人ひとりが感染源にならないように防疫の努力をして、自分の住んでいる国家の政策・方針を信じて生きるしか無いでしょう。 2020年3月、台湾でもトイレットペーパーや麺類などの食料が.. そして日本にいる皆さんは、なぜ今、世界で感染者が増大して、なぜ日本では感染者数が比較的抑え込まれてるかを今一度、冷静に考えてみると良いかもしれません。 全ての経営者の皆さんも、懸命な判断を下すことを願っております。 従業員は経営者の判断に従うしか生きる術はありませんから。 今後の感染拡大の最悪のシナリオは、中国系住民の欧州・北米(拡大地域)から中国大陸への帰国による新型コロナウィルス逆輸入かもしれない、と噂されています。

次の