桜 を 見る 会 半 グレ。 【アベどうすんのこれ?】桜を見る会に紛れ込んだ半グレに「4600万円詐欺」「傷害」「牛殺し」で逮捕の過去

「桜を見る会」 半グレ組織のトップ、暴力団幹部も集まる

桜 を 見る 会 半 グレ

安倍昭恵夫人と半グレリーダーA氏が握手 昭恵夫人とツーショット写真を撮影した半グレのリーダーについてFLASHは次のように報じています。 彼らが利用するのは、 半グレグループのリーダーであるA氏が、 安倍昭恵首相夫人(57)とがっちり握手をしている写真だ。 「A氏とその取り巻きは、 石垣島では有名な半グレグループです。 この写真を見せられたのは、 今年(2019年)、 A氏が『桜を見る会』に参加した直後でした。 政治家との人脈を誇示するために、 昭恵夫人との写真を仲間の半グレや取引先にばらまいているのです」 (B氏) A氏とは何者なのか。 彼を知る会社社長は、こう話す。 「もともとは、 大阪の格闘技団体の代表だった人物です。 「彼は、『大阪の半グレ集団の初代トップ』といっていい存在でした。 凶暴さで有名でしたが、 大阪で暴力団関係者と揉めて、 沖縄に逃げたと聞いています」 (前出・社長) (2019年12月11日配信) 上記の通り、A氏は石垣島を拠点に活動する半グレのようです。 ちなみに、A氏は昭恵夫人だけではなく菅官房長官とも記念写真を撮っていいます。 一体、このA氏とは誰なのでしょうか? 世間の反応 安倍が隠蔽せず、証拠隠滅せず、 安倍が招待した客の名簿を出せばいいだけの話。 自分の身が潔白なら自分が招待した客の名簿を出せるはず。 なぜ出さないのか? だせない理由でもあるのか? この会には税金が使われてますが、 まさか自分のお友だちや自分の支持者、 有権者を税金で会に招待などしてないでしょうね? 何万という人が参加する桜を見る会で、 一人一人の身辺を調査して認識するのは不可能だと思うけど、 この人は、一国の総理夫人にしては これまでの言動も今回の言動に関しても少し脇が甘い気がする。 安倍昭恵は私人、 反社定義できないと勝手に閣議決定したもんね。 私人の安倍昭恵にも多額の税金が注がれてるし、 税金で行う桜を見る会では安倍昭恵枠があったそうだが… これの宣伝をOKと政府が黙認するのかね? 安倍は約200日以上の予算委員会審議拒否と7年間以上の記者クラブでの会見拒否… 逃げて、責任転嫁せずに説明責任に答えろ。 『税金』を使っているくせに 領収証、名簿、データなど証拠となるものはありませんで通ること自体がおかしい。 国民が納税した『税金』なのに、 政治家は自分たちの財布と勘違いをしている。 一般企業だったら税務調査入って即アウトなのですが… いいですね、公務員は。

次の

桜を見る会の半グレ写真がヤバすぎる?|芸能マガジン365

桜 を 見る 会 半 グレ

多額の公費を投入した公式行事にもかかわらず、 安倍晋三首相の後援会関係者約850人が招かれていた事実が発覚し、来年度の開催は中止になった。 安倍首相が前日に地元支援者を招いて開いた夕食会の会費と実費が乖離しているとの疑惑もある。 さらに、内閣府が今年の招待名簿を早々に破棄したことも批判を浴びている。 その後、出席者はTwitterやFacebookなどのSNSに投稿した画像を一斉に消去した。 名簿に載っていてはいけない名前でもあったのだろうか。 写真に写りこむ反社会勢力 インターネット上などでは、この問題がメディアに取り上げられ始めた頃から、出席者のSNSの洗い出しが始まった。 その結果、芸能人や起業家などのアカウントがまとめサイトなどでさらされ、炎上し、各自削除対応に追われている。 いずれも、どのような基準で招待客を招いていたのかを政府が明確に公表していないことが原因だ。 菅義偉官房長官は13日の会見で、「さまざまな意見があることを踏まえ、政府として招待基準の明確化や、招待プロセスの透明化を検討したい。 予算や招待人数も含めて、全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行うこととし、来年度の桜を見る会は中止をすることにした」と釈明した。 つまり、「招待プロセスを透明化しなければならない」ほど「不透明な招待」が行われていたということだ。 東京都内の飲食店業界関係者が明かす。 「拡散されている写真に西日本の半グレ界でかなり有名な人たちが複数写っていて、びっくりしましたよ。 すでにチームを解散していますし、今はカタギですが、数年前はそれなりに業界で顔を知られていました。 最盛期には、あの関東連合とも付き合いがあったそうですしね。 まったく関わりのない事業者は少ないでしょう。 だから、『反社と会ったことがある』『飲んだことがある』くらいの人間がいても驚きません。 でも、ガチでその筋の人間が総理大臣主催の観桜会にいるなんてちょっと考えられませんよ。 なんの功績で、どんな業界の代表として呼ばれたんでしょう。 まさか極道の代表とかいいませんよね」 今年の招待客は約1万8000人。 出席者全員の「身体検査」を短期間で行うには少々難しい数字ではある。 招待客の選定は内閣官房と内閣府が各省庁に推薦依頼を行い、取りまとめを行っていたという。 そもそも政府は、暴力団対策法で厳しく反社会勢力と市民社会の接触を戒めている。 にもかかわらず、公費を使った催しに反社会勢力の人物を招待してしまうのはいかがなものなのか。

次の

桜を見る会の半グレ写真がヤバすぎる?|芸能マガジン365

桜 を 見る 会 半 グレ

「桜を見る会」には1万8000人を招待。 政府は招待者名簿を「廃棄した」という苦しい言い訳を続けている 「桜を見る会」を巡る問題が、いよいよ収拾がつかなくなってきた。 下の写真をご覧いただきたい。 これは、11月18日に衆参議員会館の議員事務所に投函されたビラ、いわゆる「怪文書」だが、問題はその内容である。 「反社とされる人物が、大勢、今年の『桜を見る会』に参加していたことを示す写真が添付されていました。 ご丁寧に入れ墨だらけの写真まで載っけてね。 さらに21日には、追加の怪文書まで投函され、そこには写っている人物の犯罪歴が書かれた新聞記事が添付されていました。 議員会館は一般人が入るには必ず荷物チェックがある上、アポなしでは議員のポストまでたどり着けない。 身内がバラ撒いた可能性も否定できず、自民党内は上を下への大騒ぎになっていますよ」(自民党中堅議員) 当該の怪文書に写っているうちの一人は、関西の裏社会では知らぬ者はいないほどの大物で、詐欺や恐喝容疑で逮捕された経歴の持ち主とされる。 「地下格闘技団体の代表も務めるなど目立った活動もしていた、有名な半グレですよ。 逮捕されたときに山口組系の組員と一緒だったことから、暴力団とも繋がりがあったと言われています」(全国紙大阪社会部記者) 安倍晋三首相 65 主催という名目のもと税金約5500万円を投じて開催された「桜を見る会」に、本当にこんな人物が参加したとすれば、会を巡る一連の問題はさらに大きくなる(会を管轄する内閣府は本誌の取材に無回答)。 いままでスキャンダルがあれば素早く火消ししてきた安倍政権も、今回ばかりはそうはいかないという。 というのも、危機管理を一手に担ってきた菅義偉官房長官 70 と安倍首相が、一枚岩ではないからだ。 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。 「『桜を見る会』問題に関しては、安倍首相が自ら釈明を繰り返し、そのたびに墓穴を掘っている。 首相が自ら釈明するのは極めて異例ですし、それを見て何もしないのはこれまでの菅さんのやり方ではありません。 おそらく、『ポスト安倍』の呼び声が高くなってきた菅さんに危機感を覚え、安倍首相が遠ざけているんでしょう。 政権のツートップの足並みが揃わない限り、事態の収束は見えてきません」 安倍首相の地元後援者を大量招待した上、前夜祭ではホテルニューオータニで会費5000円の格安接待。 税金の私的利用や公職選挙法違反疑惑が浮上しているなか、反社の招待まで……。 「桜を見る会」が、いままで蓋をされてきた安倍政権の膿を一気に噴出させている。

次の