鬼滅の刃かっこいい画像煉獄。 鬼滅の刃 煉獄の最後 伊之助・善逸・ねずこの名言名場面ベスト5

【鬼滅の刃】死なないで兄貴!カッコよすぎる煉獄杏寿郎の最期とは?家族との関係は?

鬼滅の刃かっこいい画像煉獄

まず煉獄さんが[火の呼吸]について何か知っているかもしれないと、 炭治郎たちと会う約束を取り付け待ち合わせたのは列車の中。 実はこの列車に鬼が出るとういことで、 煉獄さんと共に鬼を倒す任務も担っていた。 するとこの列車自体が鬼と同化しており、 乗客二百人を人質に取られ苦戦を強いられた。 辛くも勝利した炭治郎たち。 が、腹を刺された炭治郎に止血するよう呼吸の仕方を教える煉獄さんのすぐ後ろに、 突然[上弦の参]というケタ外れに強い鬼、 猗窩座(あかざ)が現れる。 (猗窩座は偶然列車の近くにいたため ボスである鬼舞辻に命じられて、 炭治郎たちを始末するために駆けつけた。 ) 手負いで煉獄さんより弱そうだった炭治郎に、 いきなり攻撃を仕掛ける猗窩座。 華麗に反撃し攻撃を防ぐ煉獄さん。 2人の戦闘が始まった。 猗窩座の「お前も鬼にならないか?」の提案に、 「老いることも死ぬことも、人間という儚い生き物の美しさだ。 老いるからこそ死ぬからこそ、堪らなく愛おしく尊いのだ。 強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない。 俺は如何なる理由があろうとも鬼にはならない。 」 とバッサリ否定。 (このセリフ好きすぎる…!) 猗窩座と煉獄さんの真っ向勝負になる。 互角と言える規格外の強さでお互いの攻撃が相手に入るが、 どれだけ傷を負わせても猗窩座はたちまち回復してしまう。 対して煉獄さんは片目、肋骨、内臓… 人間である煉獄さんは回復することが出来ない。 どれだけ強くとも、人間は一度傷つくと取り返しがつかない。 (炭治郎は単純にケガで動けないし。 ) 追い詰められる煉獄さん。 お互いの渾身の一撃が相打ちになり… 砂埃が晴れ2人の姿が見えた時、 煉獄さんの腹にはずっぽりと埋まった猗窩座の腕。 『ああ…ああ!!』 愕然とする炭治郎。 「死んでしまうぞ杏寿郎!鬼になれ!」 しつこくもう一度誘う猗窩座。 煉獄さんの心には幼いころ亡くなった母の言葉が蘇る…。 「なぜ自分が人より強く生まれたのかわかりますか。 弱き人を助けるためです。 弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。 」 そして元気よく返事をする幼い煉獄さんをぎゅっと抱きしめ、 「わたしはもう長く生きられません。 強く優しい子の母になれて幸せでした。 あとは頼みます。 」と涙を流した。 その言葉を胸に…刀を握り直す煉獄さん。 最後の力を振り絞り、腹に腕を食い込ませたまま、猗窩座の頸に斬りかかる。 反撃する猗窩座の拳を逆の手で受け止め、尚も刀を斬りすすめる。 右腕は腹。 左腕も掴まれたまま、身動きが出来なくなる猗窩座。 日が昇り出す。 ここにいては死んでしまう…焦る猗窩座。 「オオオオオオオオオオ!!!」 「ああああああああああ!!!」 お互い渾身の力を振り絞る。 「伊之助動けーーーっ!!煉獄さんのために動けーーーっ!!!」 叫び駆け出す炭治郎、その声と共にハッと攻撃に入る伊之助。 伊之助の助太刀が届きそうになったその時ーー… ドゥッ 自分の両腕を引きちぎり、頸に刀を差したまま何とか抜け出す猗窩座。 逃げ出す猗窩座の腹に槍投げのように刀を突き刺す炭治郎。 「逃げるな卑怯者!!逃げるなァ!!! いつだって鬼殺隊はお前らに有利な夜の闇の中で戦ってるんだ!! 生身の人間がだ!!傷だって簡単には塞がらない!!失った手足が戻ることもない!! 逃げるな馬鹿野郎!馬鹿野郎!!卑怯者!! お前なんかより煉獄さんの方がずっと凄いんだ!!強いんだ!! 煉獄さんは負けてない!!誰も死なせなかった!!戦い抜いた!!守り抜いた!! お前の負けだ!!煉獄さんの、勝ちだ!! うああああああ!!(号泣)」 猗窩座は逃げ、膝をつき泣く炭治郎に、煉獄さんが声を掛ける。 「こっちにおいで。 最後に少し話をしよう。 そして炭治郎の妹、鬼である禰豆子を鬼殺隊の一員として認める、 胸を張って生きろ、と煉獄さんは告げた。 「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと、心を燃やせ。 歯を喰いしばって前を向け。 君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない。 共に寄り添って悲しんではくれない。 もっともっと成長しろ。 そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ。 俺は信じる。 君たちを信じる。 」 そして煉獄さんの目には母親の姿が見える。 『母上。 俺はちゃんとやれただろうか。 やるべきことを、果たすべきことを、全うできましたか?』 その問いに、母は優しく微笑んだ。 『立派にできましたよ』 煉獄さんはニッコリと笑った。 … 気絶していた為、事の顛末を炭治郎から聞いた善逸。 「死んじゃうなんて、そんな…ほんとに上弦の鬼来たのか?そんな強いの?そんなさぁ…」 「悔しいなぁ。 何か一つできるようになっても またすぐ目の前に分厚い壁があるんだ。 こんな所でつまずいてるような俺は…俺は… 煉獄さんみたいになれるのかなぁ…」 泣き崩れる炭治郎に、後ろから伊之助のゲキが飛ぶ。 「弱気なこと言ってんじゃねぇ!! なれるかなれねぇかなんてくだらねぇこと言うんじゃねぇ!! 信じると言われたなら、それに応えること以外考えんじゃねぇ!! 死んだ生き物は土に還るだけなんだよ。 べそべそしたって戻ってきやしねぇんだよ。 悔しくてもなくんじゃねぇ!!!」 と、言い終わると同時にかぶり物の猪の目から大粒の涙が溢れ出す。 (あの猪突猛進の伊之助から溢れ出す涙。 あの伊之助が泣いてる。 もうこれ泣く以外選択肢ないですよ…) 跪いたままこと切れた煉獄さんを囲んで、 三人は泣き崩れるのだった。 (伊之助は泣きながら「修行だ!」って炭治郎ポコポコしてたし泣いてるの突っ込んだ善逸は伊之助に殴られて気絶してたけど) はい。 もう、自分で書いた文章読んで泣く。 本当に心も身体も強く穢れのない正義の人だった煉獄さん。 こんな素晴らしい人が目の前で亡くなるなんて、 もっと自分が強かったらと、 炭治郎と伊之助はどれだけ打ちのめされたでしょうね。 本当に辛いだろうけど、これを乗り越えまた強くなる若者たち。 もうね、応援するしかないよね。 まとめ ありがとう煉獄さん。 どうぞ安らかに。 マンガなのについ祈っちゃうよね。 本当に素晴らしい人物の悲しすぎる最期でした。 あと、この作品は終始セリフがすごくいいんですよね。 こういうシリアスな時の胸打つセリフも ギャグの時の言い回しも、 本当センスの塊。 大好きです。 鬼滅の刃は本当に全てのキャラが魅力的で、 みんな応援したくなっちゃうんですよ。 そんな他のキャラについても 別記事で読んでみてくださいね!! ではまた別の記事で! ありがとう煉獄さん!!.

次の

【鬼滅の刃】名シーンランキングTOP10!

鬼滅の刃かっこいい画像煉獄

『鬼滅の刃』無限列車編とは? 那多蜘蛛山戦での傷も癒え、蝶屋敷をあとにする炭治郎・善逸・伊之助の3人。 ヒノカミ神楽の情報を得るため、 炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)に会うべく無限列車に乗り込みます。 しかし、煉獄からヒノカミ神楽の情報を得ることはできず…。 しかも、 無限列車は短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているいつ鬼が出るとも限らない危険な列車だったのです!煉獄が送り込んだ剣士数名も消息を絶っているという異常事態、このため柱である煉獄自ら無限列車に乗り込むことになったのだとか。 そこで待ち受けていたのは 十二鬼月最後の下弦、眠り鬼・魘夢。 「幸せな夢」をだしに人間をたぶらかし炭治郎たちの精神の核を破壊させ、廃人にしたうえで殺害しようともくろんでいたのでした。 関連記事をご紹介! 無限列車編ストーリー1:蝶屋敷を出発! 戦ってるのは前線の兵士だけじゃない 【鬼滅の刃】 炭治郎に『俺を手助けしてくれたアオイさんはもう俺の一部だから アオイさんの想いは俺が戦いの場に持って行くし』と言われた時のアオイの表情が美しい。 束ねた髪を風に流され一人ぽつんと。 — 織田蘭世ZZ シャア専用 ODARANSE アオイたちに機能回復訓練をして貰うことで、那多蜘蛛山の傷も癒え再び鬼と戦うことができるようになった炭治郎たち。 蝶屋敷を出発する前に、そのお礼を言いにアオイを尋ねます。 しかし、アオイは「あなたたちに比べたら大したことはしていない。 最終選別を生き残っても怖くて戦いに行けなくなった腰抜けなので」とつれない態度。 しかし炭治郎は 「自分の手助けをしてくれたアオイは自分の一部」だと、そしてアオイの戦いの想いは自分が持っていくと伝えます。 アオイがいたからこそ、再び鬼とたたかうことができる、アオイもまた、鬼と戦う戦士だということでしょう! 剥くで純粋な瞳でそんな風に言われて嬉しくないはずがありません!この言葉は「鬼から逃げてしまった」と後ろめたさを感じているアオイの救いとなったことでしょう。 広い列車、それなりに乗客もいますが匂いを覚えているから大丈夫…と煉獄を探そうとした瞬間、 「うまい!」と大声で駅弁を食べながら悪目立ちしている人物が… 彼こそ炎柱・煉獄でした。 炭治郎はヒノカミ神楽について煉獄に尋ねますが、全く知らないとのこと。 炎・水・雷・岩・風を基本の呼吸とし、ほかの呼吸はこれらを基本として派生してできているのだそう。 数ある派生した呼吸のなかでも、ヒノカミ神楽にまつわるものはない…手掛かりは途絶えてしまうのでした。 しかも、炭治郎の日輪刀が黒刀だと聞いた煉獄は「それはきついな!」と更なる不安要素を語り始めます。 なんでも、 黒刀の剣士が柱になったのを見たことがなく、呼吸の系統の適正も見極めにくいのだとか。 そんな状態の炭治郎を 「俺のところで鍛えてあげようもう安心だ!」と強引ながらも面倒を見ようとする、懐が大きい煉獄なのでした。 関連記事をご紹介! 煉獄家の手記に手掛かりが? もし仮に水が月の呼吸、炎は日の呼吸を色強く受け継いでるとすると歴代の柱には必ず炎と水がいたのも納得。 そうなると始まりの剣士は5人いたみたいなので基本の呼吸にも日と月の様な上位の呼吸があってもおかしくはないかな。 煉獄は昔の夢を見た時に、 煉獄家の柱が代々記していた「手記」があることを思い出します。 それを求めて炭治郎は煉獄家を尋ねますが、ボロボロに破かれてしまっている…。 ヒノカミ神楽の情報収集は苦戦を極めているのです。 関連記事をご紹介! 無間列車編ストーリー3:鬼の影を求めて無限列車へ 煉獄が無限列車に乗っていたのは、 鬼が出るという噂を聞きつけていたから。 短期間のうちに40人以上の行方不明者をだし、しかも派遣した鬼殺の剣士も消息を絶つという異常事態…。 柱自らの出陣です! それを聞いた 善逸、たちまち顔が真っ青になり「俺下りる!」と大騒ぎ。 鬼が出る場所に向かっているんじゃなくて、鬼が出る列車に乗り込んでしまっていた…。 ただでさえ臆病なのに、覚悟もなしに鬼の巣窟に送り込まれる形となりました。 女の子が大好きな善逸、蝶屋敷という天国から一変、鬼の巣窟である無限列車への乗車…まさに 天国から地獄な展開なのでした。 無限列車編ストーリー4:乗務員は眠り鬼・魘夢の傀儡… 眠らされる炭治郎たち 善逸が「おりるー!」と騒いでいる中、顔色の悪い車掌が切符を切りに現れます。 それと同時に、炭治郎の鋭い嗅覚が異臭を察知。 次の瞬間、 列車後方から突如鬼が出現するのでした。 ここは柱の腕の見せ所。 煉獄は 「炎の呼吸 壱ノ型 不知火」で鬼を瞬殺!そして、炭治郎や善逸、伊之助から兄貴と慕われ始める煉獄…。 しかし、これはすべて煉獄の夢。 切符を斬られた瞬間、 魘夢の術により乗客すべてが眠らされてしまっていたのでした。 無限列車編ストーリー5:辛い現実と幸せな夢…ガラス細工のように脆い人間の心 いやめっちゃ意味深な台詞言ってたし回想楽しみにしてたら呆気なく殺された上に空気にされては?って感じだったんだけど魘夢 無惨様とにかく累くんがお気に入りだった説 — みかふぁる mikafaru 魘夢の言うとおりにすれば、幸せな夢を見せて貰える…それがたとえ現実でないとしても、辛い現実を受け入れることができない人間たちは幸せな夢を求めていました。 切符を切ることで炭治郎たちを眠らせた車掌が見たい夢は、死んだ妻と娘に会うことができる夢。 そして、無限列車にはそんな人間たちが多く集まっていました。 幸せな夢を見るために、魘夢のいいなりとなってしまっていたのです。 そんな人々の心の隙間に取り入り、魘夢は乗客が眠っている隙に、 魘夢は「縄」を使って夢に干渉し精神の核を壊すように人間たちに命じます。 魘夢の見せる幸せな夢はまるで麻薬。 幸せな夢を見せて欲しいがゆえに、人間たちは魘夢に言われるがままに炭治郎たちの夢へと侵入するのでした。 無限列車編ストーリー6:願望丸出し?!善逸の夢 桃の花言葉が気になって調べたら 「私はあなたのとりこ」「天下無敵」と出てきてぜんねずが尊い… 改めて7巻の善逸の夢と禰豆子ちゃんを守る善逸を見て花言葉のままだなぁと思いました…この幸せな夢が夢じゃなくて現実になる日を祈っています。 — 真夢? NLnMEGmvCJa2haA 善逸のが見た夢は、 炭治郎の妹・禰豆子(ねずこ)とデートする夢。 「白詰草で花の輪っかを作ってあげる」と絵にかいたようなキャッキャウフフを繰り広げます。 お花畑の途中に川があるというと「どうしよう善逸さん私泳げないの」と不安げな禰豆子。 これは善逸にとって超ラッキー!どんな川でも有頂天の全いつならひとっ飛び! 禰豆子をおんぶして幸せの跳躍です。 女の子を見るだけでも幸せ、触れたらもっと幸せ…そんな女の子大好きの善逸らしい夢ですね。 蝶屋敷でのはしゃぎっぷりを見ると、ハーレムのような夢を見るのかと思いきや、禰豆子とのデートの夢…。 善逸、禰豆子には本気なのかも?! 無限列車編ストーリー7:親分はオレ!伊之助の夢 みんなの幸せな夢に涙。 炭治郎の「ごめん ごめん!ごめんな」に涙。 そしてやはりこんな扱いの善逸に涙。 炭治郎の夢にもこんな善逸出てきて「禰豆子ちゃんをおいらにくれダス」とか言いそうだな…w — はちべえ hatibee 伊之助の夢は、洞窟の探検。 「俺たち洞窟探検隊!! 」と楽しそうな伊之助…冒険心をくすぐる洞窟が広がっています。 どうやら、洞窟の主を探すという設定のよう。 そして伊之助を「親分!」と慕っているのは、炭治郎似の狸「ぽん治郎」、善逸似のネズミ「チュー逸」。 そして、禰豆子似のうさ耳の「子分その3」。 ツヤツヤのドングリをだしに仲間を引き連れ、 伊之助の大冒険がスタートします。 これはこれで、結末が気になる…?!「猪突猛進!!!」がモットーの伊之助らしい、大味ながらに微笑ましい夢ですね。 無限列車編ストーリー8:もしかして過去の出来事?!煉獄が見た夢 これが煉獄さんの幸せな夢なのだから、正直弟くん死んでそうないしそれに近しいことになってそうだし、煉獄さんが千寿郎であった場合杏寿郎さんがそうなってるじゃん?しのぶさんと被っちゃうよ — Mandom mandomofthedead 煉獄が見たのは、 柱になったことを父に報告している夢でした。 しかし、父は「どうでもいい」と一蹴。 自分を熱心に指導してくれていた父、そして自らも柱まで上り詰めていた父…。 なのになぜか突然剣士を辞めてしまい無気力な人物になってしまった。 父に報告後、杏寿郎は弟・千寿郎から尋ねられます。 「私も柱になったら父上に認めて貰えるでしょうか」 少し考えた後、煉獄は正直に答えます。 父は柱になっても「どうでもいい」と言った。 でも、そんなことで 自分の心の炎が消えることはないのだと。 そして、自分と弟は違う、自分の道を歩むように言い聞かせます。 そして、どんな 道を歩んでも、千寿郎は立派な人間になると信じていると杏寿郎は熱く伝えます。 「頑張って生きて行こう!寂しくとも!」 母を亡くし、父も自分たちを見てはくれない…杏寿郎が見た夢は、彼の感じている寂しさを反映させているようでした。 炭を売って帰ると、いつものように家族が出迎えてくれたのです。 なんだか悪い夢でも見ていたみたいだ…夢の中の炭治郎は、現実世界のことを忘れてしまっているようでした。 しかし、炭治郎の潜在意識は警笛を鳴らしていました。 「起きて戦え!」その呼びかけで炭治郎は我に返り、徐々に覚醒していきます。 ずっとここに居たい。 本当なら、刀を握ることなく夢の世界のように幸せに暮らしていたはず。 それでも、この幸せな夢は既に自分が失った現実なのだと言い聞かせ、炭治郎は家族の元を去るのでした。 そして、炭治郎が夢の世界から出るために思い至ったのは 「夢の世界での死が現実の目覚め」になるという結論。 自ら首を斬りつけ、見事現実世界へと戻ることができるのでした。 無限列車編ストーリー10:怒ると怖い?!目覚めた炭治郎の底力! 目を覚ました炭治郎は禰豆子にみんなを起こすよう頼み、魘夢のいる前方の車両へと向かいます。 魘夢は幸せな夢を見せた後で悪夢を見せることが大好き。 苦しみに歪む人の顔が大好物だという悪趣味な鬼なのです。 人の心を土足で踏み荒らす所業に炭治郎は怒りに燃え、繰り出した技は水の呼吸最強の技「拾ノ型 生生流転」!向かってくる炭治郎に魘夢は「強制昏倒催眠の囁き」で再び眠らせようとします。 しかし、 炭治郎は術にかかるたびに夢の中で自決し覚醒することを繰り返し術を回避したのです。 魘夢の術を退けたのは家族への信頼 夢の中とはいえ、何度も自決を繰り返すなど並みの胆力ではありません!炭治郎がこんな行動をとることができたのは、 魘夢への強い怒りと、そして炭治郎が家族へ寄せるゆるぎない信頼あってこそ。 魘夢が炭治郎に見せていたのは悪夢…死んだ家族が炭治郎に「アンタが死ねばよかった」などの恨み言を言うものでした。 しかし、これによって炭治郎の怒りは頂点に達します。 「言うはずがないだろうそんなことを 俺の家族が!!! 」 炭治郎は家族を侮辱されたことに怒り、渾身の人たちを食らわせるのでした。 無限列車編ストーリー11:炭治郎・善逸・伊之助は最強トリオ?!向かうは先頭車両 いよいよ今週末よりTVアニメ放送開始!! 『鬼滅の刃』が表紙と巻頭カラーを飾るWJ18号、本日発売です!! 最新第152話&外伝作品『鬼滅の刃 冨岡義勇外伝 前編』が掲載中! ぜひお手逃しなく!! 今週は、TVアニメでも三人一緒に頑張る!? 炭治郎・善逸・伊之助のアイコンをプレゼント!! いまや魘夢は電車そのもの…車両全体が危険な場所と化してしまったのでした。 一人ではとても乗客全員を守り切れない!その瞬間、聞こえてきた伊之助の「猪突猛進!」の雄たけび。 いち 早く目を覚ました伊之助はさっそく暴れていたのでした。 伊之助の「獣の呼吸 伍の牙 狂い咲き」は八方を斬りつける敵に囲まれた時にうってつけの技。 電車そのものが鬼であるこの状況にぴったりです! そして、善逸は眠っている時にこそ本領発揮!禰豆子が鬼に絡めとられ身動きが取れなくなったその時善逸の剣技が火を噴きます。 「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃 六連」は全いつの必殺技の一つ。 「禰豆子ちゃんは俺が守る」 キリッと決める善逸ですが、次の瞬間大きな鼻提灯…未だ幸せな夢の中なのでした。 無限列車編ストーリー12:これぞ「柱」の実力!煉獄の力に鬼もタジタジ?! ついに目を覚ました煉獄! 「柱として不甲斐なし!! 穴があったら入りたい!! 」と細かく斬撃を入れながら炭治郎の元へと向かいます。 煉獄の態度のデカさはとても穴には収まり切れないほど大きく堂々している…。 でもそれは確かな強さの証拠でしょう! 煉獄は、全8両の電車のうち5両を自分が守ると宣言。 残り3両を善逸と禰豆子で守りつつ、 炭治郎と伊之助で鬼の首をはねるよう指令を言い渡します。 5両を守り切るという自信と、そして瞬時に状況を判断し作戦を立てる決断力…これぞ柱の実力なのでしょう! そして煉獄の采配も絶妙。 鼻の利く炭治郎と触覚が優れ気配を察知できる伊之助は、鬼の首が前方車両の方向にあることを察知します。 そして2人は協力して鬼の首を見事切り落とすのでした。 猗窩座は煉獄を鬼にならないかと勧誘しに来たのです。 鬼になれば老いることも死ぬこともない…「至高の領域」へと足を踏み入れ、強くなれると猗窩座は言います。 その誘いを煉獄はきっぱりと断ります。 老いも死も、人間の儚い生き物の美しさなのだと。 「強さというものは肉体に対してのみに使う言葉ではない」 弱者を蔑む猗窩座は、この煉獄の価値基準と決して相いれないのです。 煉獄と猗窩座。 勝敗を分けたのは… もしかして。 童磨さんの前ではいつも不機嫌そうにしてるから。 童磨さんは猗窩座がこんな風に凄艶な表情を作るの知らなかったりしない? もしくは。 上弦に上がる前、今程強くなかった頃に1度だけ見たきりとかしない?猗窩座殿のあの顔をもう一度見たいとか思ってない?なにそれエモい…ハァハァ — ちどりーぬ chidoriamo 煉獄に断られようと、猗窩座は一歩も引く気はありませんでした。 「鬼にならないなら殺す」 その言葉を皮切りに、上弦の鬼と柱の本気の対決が始まります!力は全くの互角。 この状況で、勝敗を分けたのは治癒力でした。 相打ちとなった煉獄と猗窩座ですが、重傷を負った煉獄に対して猗窩座の傷は完治しかけている…。 鬼と人間の差をまざまざと見せつけられます。 それでもなお、煉獄は鬼になることを拒否し 「自分の責務」を全うするべく戦うのでした。 関連記事をご紹介! 無限列車編ストーリー14:煉獄が生まれ持った「責務」とは 強い者は弱い者を守るという教えは煉獄母から煉獄さんへ、煉獄さんから炭治郎へと着実に繋がり、煉獄さんが守った炭治郎は今アカザ殿とも戦える程に強くなったのはやっぱり良い。 猗窩座に致命傷を負わされながら、煉獄はこの言葉を思い出します。 そして 最期の瞬間まで「責務」を全うするべく、煉獄は猗窩座の首を落とそうと刀を振るうのでした。 こうしている間に、夜が明けようとしていました。 煉獄は猗窩座の腕で腹を貫かれていましたが、これを逆に利用し猗窩座を抑え込み、 太陽の光にさらそうと抑え込んだのです。 煉獄は自分の命が燃え尽きる瞬間まで、人を守るために戦いぬいたのでした。 しかし、無情にも猗窩座を取り逃がしてしまいます。 日光から逃げる猗窩座に炭治郎は「逃げるな卑怯者!」と精いっぱい叫びます。 「お前の負けだ!! 煉獄さんの勝ちだ!! 」 厳しい状況の中誰一人殺させることなく守り抜いた煉獄…彼が背負ってきた責務は、確かに炭治郎に伝わってたのでした。 『鬼滅の刃』煉獄の死を超えて…強くなる決意とともに遊郭潜入編へ 感想 煉獄さんの実力を認めていた音柱・天元さん。 「俺は信じない」の一言だけで一気にキャラを立ててきた蛇柱・小芭内さん。 そして煉獄さんの死に悲しむ岩柱・行冥さんと、その継子だったモヒカンくん。 なぜ彼は蝶屋敷に居たのか。 — ぐんぐにる Gungnir3228 たとえ鬼を連れていようとも、人を守るため命を賭けて戦う者は鬼殺隊。 「今度は君たちは鬼殺隊を支える柱となるのだ。 君たちを信じる」…そう遺言を残し、死んでいった煉獄。 炭治郎は目標とすべき人物と理解者を失ってしまいます。 圧倒的な力を持った煉獄が死んでしまい、自分の無力感に炭治郎は打ちのめされます。 そんな中 「信じると言われたらそれにこたえること以外考えんじゃねぇ!悔しくても泣くんじゃねえ!」と泣きながら叫ぶ伊之助。 そして炭治郎と同じように泣いている善逸…。 同じ悲しみを共有し、支え合いながら強くなろうと3人は前に進むのでした。 その後、蝶屋敷にて鍛錬を積むこと4か月。 音柱・宇髄天元の指令の下、【鬼滅の刃】遊郭潜入編がスタートします!ここでの3人は一味違う!?さらに成長した3人は必見です。

次の

【鬼滅の刃】名シーンランキングTOP10!

鬼滅の刃かっこいい画像煉獄

煉獄杏寿郎がかっこいい! 煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は鬼滅の刃に登場する柱の一人・炎柱です。 全部で5種るほどあるのですが、個人的に一番かっこいいと思ったのがこの 炎虎ですね! その名前の通り、炎を虎のようにして放つ技で、とてつもない威力でした! スポンサーリンク 柱としての覚悟 柱っていうのは強すぎるがゆえに、ちょっとクレイジーな人も多いのですが(笑) 杏寿郎に関しては まさに理想の上司そのもの! 自身の立場をしっかりと理解し、例え命をかけようとも部下を守ろうとします! 他人に厳しい分、当然自分にも厳しいのがまさに彼の性格ですね。 柱として、未来の柱となる若者のために命をかける杏寿郎・・・。 散り際もかっこよかったですね・・・涙 最強と言っても過言ではない杏寿郎ですが、ほぼ互角な上に鬼ということで再生が早い相手と戦うことになるのですが、 彼の命をかけても追い払うのがやっとでした・・・。 彼の登場期間が短いのはそのためです。 ですが、彼のその生き様は「鬼には勝てない」というイメージを 「頑張れば勝てる」に変えてくれたのです〜! 命をかけてまで後輩に希望を与える杏寿郎。 かっこよすぎ! 家族との絆 杏寿郎は父と母と弟の4人家族で、 父親も元柱という名門一家となっています。 幼い頃は 父親に剣を教わり、母親からは心の強さを学びました。 しかし、母親は病に伏していて彼が幼い頃になくなってしまいます。 おまけにタイミング悪く母親がなくなった時期に不調に悩んでいた父親は、妻をなくしたことも重なり精神的に参ってしまい、別人のようになってしまいます。 あんなに優しかった父親から全く見向きもされなくなった杏寿郎兄弟ですが、 母親が亡くなる前の最後の言葉を胸に、杏寿郎は柱になるために必死にがんばります。 その言葉がとても感動で、この母あってこの息子ありという名言となっています! 「強く優しい子の母になれて幸せでした…」 この言葉があったからこそ杏寿郎は道をそれずにまっすぐ頑張ってこれたんでしょうね。 杏寿郎自身がなくなってしまう間際にも、お母さんは出てきてくれました。 「立派にできましたよ」 いやー・・・これはやばいですよね(泣) 仲間を守るために命をかけた息子に賛辞を送る母親。 それは夢か幻かわかりませんが、このときの杏寿郎にとっては一番欲しくて嬉しい言葉だったでしょう〜。 父親に関しては、ずっと良くない関係ではあったものの、杏寿郎がいつまでも自身を父親として認めていてくれたことを知って改心します。 ずっとまともに話してもいなかった二人ですが、杏寿郎の死を知ったときには父親も号泣してしまいます。 弟はずっと兄を慕っていて、杏寿郎もそんな弟をいつも認めていました。 いろいろと不運が重なって家族関係は悪くなってしまった煉獄家ですが、 杏寿郎の努力もあり、なんだかんだ根底ではみんな繋がっていたので感動でした(泣).

次の