拝見させていただきました。 「拝見させていただく」「お戻りになられる」が誤った敬語な訳

「拝見させていただきます」は、間違いか?

拝見させていただきました

「拝見する」の使い方・例文 「拝見する」は自分の動作に対して使う 「拝見する」は謙譲語です。 自分を謙る言葉なので、相手の見る動作に「拝見」を使うと失礼に当たります。 例えば目上の相手に「こちらの資料は拝見されましたか?」と聞くと、逆に相手を下げて自分を高めているという表現になってしまいます。 「拝見」はメール・手紙や資料を確認したことを、相手に伝えるときに使うのが一般的です。 「拝見しました」「拝見します」といったように使うことができます。 「拝見します」が正しい表現 「拝見します」は「見る」の謙譲語「拝見する」+丁寧語「ます」なので、丁寧な印象を与えることになります。 例えば、目上の人に見せてもらえるか確認をする場合に「拝見してもよろしいでしょうか」と使いましょう。 「拝見」を使うことで正しい謙譲語を使いこなせているスマートな印象になります。 「拝見いたします」は二重敬語 「拝見いたします」はよく使われる言葉ですが、文法的に正しい使い方ではありません。 「拝見いたします」は「見る」の謙譲語「拝見する」+「する」の謙譲語「いたす」になるため、二重敬語になってしまいます。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため、良くないとされていますが、ビジネスシーンで「拝見いたします」「拝見いたしました」は頻繁に使用されています。 文法的には正しくありませんが、慣習的によく使う表現なので、ほとんどの人にとってそこまで違和感のある表現ではありません。 ただ、実際には「拝見します」が正しい使い方なので覚えておきましょう。 「拝見させていただきます」も二重敬語 「拝見させていただきます」は「見る」の謙譲語「拝見する」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」なので、二重敬語になります。 「させていただく」は、相手から許可をもらい何かをして、それを敬語で報告する表現です。 「拝読いたします」と同様で文法的には正しくありませんが、ビジネスシーンではよく使われています。 「拝見します」の例文 「教授が出版された本を拝見しました」 「御社の求人広告を拝見して、メールをお送りいたしました」 「参考文献を送ってくださりありがとうございます。 さっそく拝見しました」 「企画書を拝見してもよろしいですか?」 「見る」の尊敬語は「ご覧になる」 「拝見する」は「見る」の謙譲語でした。 では、「見る」の尊敬語は何でしょうか? 「見る」の尊敬語は、「ご覧になる」「見られる」になります。 尊敬語の場合、相手の行為に対して使います。 目上の人が何かを見る場合に、「ご覧ください」や「ご覧くださいましたか?」というのが正しい言い方です。 また、自分自身のものや会社のものなどを見てもらう場合には、「ご覧になる」に謙譲語「いただく」を付け加えた「ご覧いただく」を使います。 「ご覧いただく」は「見る」の尊敬語「ご覧になる」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」となるので、へりくだった印象を与えます。 また、「ご覧になる」のさらに丁寧な表現に「ご覧くださり」があります。 「ご覧になる」+「〜してくれる」の尊敬語「くださり」になるので、相手が行ってくれたことに感謝の意を表します。 ちなみに「ご覧になられる」は二重敬語となるので、注意しましょう。 「詳細につきましては、お手元の資料をご覧ください」 「パンフレットを送付しました。 一度ご覧いただければ幸いです」 「当社の商品をご覧くださり、誠にありがとうございます」 「拝見」に似ている言葉 「拝聴」は聞くの謙譲語 「拝聴」はと読みます。 「聞く」の謙譲語で、「つつしんで聴く」という意味です。 「今日もテレビを拝聴しています」などと口頭ではあまり使わない表現です。 「拝聴」は基本的にメールや手紙など、文面上で使う言葉になります。 よく似た表現に「清聴」という言葉があります。 「ご清聴ありがとうございます」などと聞いたことがある方も多いと思います。 「拝聴」は自分が相手の話を聞くときに使う言葉なのにに対して、「清聴」は相手が自分の話を聞いてくれたことに敬意を表す言葉です。

次の

「拝見いたしました」は間違いか|正しい敬語表現と例文

拝見させていただきました

同様に、下記のような文例もよく見ます。 御社のメールマガジンを拝読させていただきご連絡差し上げました。 この文例の「拝読する」は「読む」の謙譲語。 その後に謙譲語「~させていただく」は必要ありません。 上記に挙げた2つの文例は、下記のように書き換えることができます。 XXXのサイトを改めて拝見しました。 自分が所属する団体名に「さん」は不要なので、取っています。 御社のメールマガジンを拝読し、ご連絡いたしました。 「差し上げる」に代わり、「~いたしました」としました。 当メールマガジンでも何度となく取り上げているのですが、「見る」の謙譲語「拝見する」、「読む」の謙譲語「拝読する」なので、その後の「する」を謙譲語「~させていただく」に変換する必要はありません。 しかし、敬語を使う際、「拝見する」「拝読する」だけでは物足りなく感じるのか、「拝見させていただきました」「拝読させていただき」としている文を多く目にしたり、聞いたりします。 気になる敬語 「お戻りになられる」 山田部長が出張からお戻りになられるのは、いつでしょうか? 相手が出張先から戻る日を尋ねる際、「お戻りになられる」を使っていませんか?一見、敬語らしく見えますが、敬語が重ねて使われている二重敬語 です。 「戻る」の尊敬語は「お戻りになる」でよく、さらに尊敬の「~られる」を付け加える必要はありません。 したがって上記の文例を正しく書き換えると…… 山田部長が出張からお戻りになるのは、いつでしょうか? です。 似たような二重敬語の間違いの例として、次のようなケースがあります。

次の

「拝見しました」の意味・使い方と例文

拝見させていただきました

日本語には約24万語以上の語彙があると言われています。 広辞苑 第6版より 日常よく使う言葉、と日常は使わないが、聞いてわかる言葉があり、前者を使用語彙、後者を理解語彙と言います。 その中でも成人の日本人ネイティブスピーカーで、理解語彙は4万語から5万語彙、使用語彙は1万語から2万語ぐらいと言われてます。 日本語には他の国とは違い、敬語という言葉が存在します。 最近ではビジネスシーンで日本人ネイティブスピーカーでさえも、使い方が分からなかったり、「拝見いたしました」など、間違った文法でサービスをするシーンも見た事があります。 2007年に文化審議会国語分科会から「敬語の指針」が答申され、従来の「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」の3分類から、5分類になりましたが、ここでは、3つに分けてお話ししていきます。 敬語には「尊敬語は」、「謙譲語」、「丁寧語」があり、これからは謙譲語の一つである、「拝見いたしました」にスポットを当てていきます。 敬語の中には尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。 (1)尊敬語 相手の行動・動作について、その人物を立てて述べます。 例)「ご覧になる」 (2)謙譲語 自分の行動・動作をへり下って話すことで、相手に対して敬意を言い表します。 例)拝見する」 (3)丁寧語 相手に対し敬意を表して丁寧に話すことです。 例)「見ます」 尊敬語は話の中心・話し手(主人公)が歳上・目上の方の場合に使い、謙譲語は話し手が自分自身の場合の時に自分をへり下って、相手を立てる時に使うと頭にあるとわかりやすいでしょう。 「言う」の尊敬語は「おっしゃる」、謙譲語は「申し上げる」、丁寧語は「言います」と他にも言い換えられる動詞があります。 敬語の一般的表現 最近のビジネスシーンでも、よく見られる言葉です。 この「拝見いたしました」は「拝見する(謙)」+「いたす(謙)」と「謙譲語」+「謙譲語」と二重で敬語が使われていることになります。 「拝見いたしました」のように二重に敬語を並べることを「二重敬語」と言います。 「拝見いたしました」の二重敬語は文法的に誤りと言われており、二重での敬語を使い続けることは適切ではありません。 「拝見する」の動詞だけで立派な敬語なので、「拝見いたしました」(拝見+いたしました)と、付け加える必要はなく、「拝見しました」と、そのまま堂々と使って行くことが望ましいです。 上の表を見て頂いて表の中にあるものは2回続けては使えないと覚えてください。 「拝見いたしました」ですと、「拝見する」「いたす」と両方表の中に記載されてます。 「拝見させていただきました」 ビジネスメールを送る時にも、要注意です。 取引先相手にメールを送るとき、「お世話になっております。 先日は素敵な食事会にお誘いいただき、ありがとうございました。 早速ですが、メールに添付された資料を拝見いたしました。 」「レポートのメモを拝見いたしました」なんて書きますと、相手の方にもビジネスマナーがなっていません。 正しい使い方として「メールに添付された資料を拝見しました。 」「原稿の下書きを拝見しました。 」となります。 自信がなければ、「拝見する」の代わりに「見ました」「見させていただきました」「確認いたしました」と言い換えてみてください。 それでも「拝見する」と書いた方が相手もこの人はしっかり敬語使えてるな、と印象付けるにはもってこいです。

次の