新幹線 こまち 動画。 はやぶさ・やまびこ・こまち・なすの違い【東北新幹線】駅料金・時間

秋田新幹線こまちは無料wifi・電源コンセント使える?利用の条件・注意点・座席の位置をまとめて紹介【東北新幹線】

新幹線 こまち 動画

東北新幹線で、東京駅などで時刻の表示板などをみると 「はやて・はやぶさ・こまち・やまびこ・なすの」 といった列車の名前を見ます。 まずは基本的な部分として 東北新幹線の基礎知識 「東北新幹線」は、その名の通り、東京駅から東北地方を結ぶ新幹線です。 下の画像は、東北新幹線の路線図で「主要駅」が出ています。 途中で秋田方面・山形方面に枝分かれしながら、東北の最北の県、青森県の新青森駅を結んでいます。 東北地方は「福島県・宮城県・山形県・岩手県・秋田県・青森県」の6県があります。 1番南の県が福島県、1番北の県が青森県です。 大まかにいえば、「はやぶさ・はやて」は東北の最北の県の青森県まで行きます。 一方で、後で解説しますが、「やまびこ」は岩手県の盛岡駅までです。 上の特徴で説明した通り、大きい違いは、列車によって、どこの駅まで行くか、さらに途中で駅を飛ばすか飛ばさないかで違いがあります。 例えば福島県の「福島駅」に旅行で行きたいと思えば 到着時間の違い 料金の違い 列車の最高スピード 全席指定席か、自由席もあるか 車両の種類による違い などもあります。 次に大きな違いになる停車駅についてくわしく解説します。 所要時間や料金、その他の特徴で比較 東京駅~盛岡駅までの所要時間で比較 列車の最高速度や、停まる駅数が違うので、同じ東北新幹線でも大きめな駅に到着する所要時間に差が出ます。 新幹線以外の普通の電車でも、各駅停車と急行があって、大きい駅に着く時に時間が差がでますが、それと一緒です。 はやぶさ・やまびこの違い 「はやぶさ」と「やまびこ」の違いは、おおざっぱに言うと速度も速く、途中駅を飛ばして主要駅に早く着く「はやぶさ」が急行だとすれば 1ずつの駅を停まる各駅停車のような役割を「やまびこ」が担っています。 必ず他の列車とくっついて運転されます。 他の路線との違いは、盛岡駅までは、はやぶさと、連結されて一緒に同じ駅を進み、そこから切り離されて 単独で秋田新幹線として終着の秋田駅まで、秋田方面に向かう列車です。 もしくは上りだと、秋田駅よりスタートして、盛岡でくっつけられて東京方面に向かいます。 電車の先端と先端がくっつけられて運転してますね 停車駅の違い こまちは、東京駅から盛岡までは、はやぶさと連結されます。 はやぶさと連結されていれば、盛岡までは、はやぶさと同じ停車駅をたどります。 と停まります。 ということは 各駅停車である「やまびこ」の停まる駅には、一部は停まらずに行くようになります。 下は盛岡駅までの、「はやぶさ・やまびこ・こまち」の停車駅の比較です。 やまびことこまちの違いは、大宮から仙台の間(はやぶさ・こまちはノンストップ) 仙台から盛岡の間の停車駅(はやぶさ・こまちは一部列車が停車)に違いがあるのが分かります。 一方で、はやぶさは主に やまびこで使用される車両の1つの と車両の種類が違うので、デザインや色や席の形にも違いが出ます こまちは全席指定席 こまちは、全席指定席となります。 自由席はありません。 ですので、「やまびこ」のように自由席もあるタイプの新幹線とは違いがあります。 こまち 料金の違い はやぶさと連結されている場合 「はやぶさ」の追加料金が「こまち」にもかかります。 ですから、前述の、「はやぶさとやまびこ」の料金を比較したように、「こまちとやまびこ」でその分で料金が違ってきます。 逆に「はやぶさ」と連結された「こまち」なら途中までの駅は料金は同じになります。 はやて と はやぶさの違い 「はやて」と「はやぶさ」の違いは大きく 最高速度の違い はやぶさは320km、はやては275km(宇都宮~盛岡間) のスピードになります。 はやぶさの方が早いです。 速度や停車駅の兼ね合いもあり所要時間も「はやぶさ」の方が、早く着きます。 あくまで個人的な感想ですが、このスピードの差は、はやぶさは、実際に両車乗ってみると、 席に座っている分には、座りやすい席なのもあり、あまり揺れや音を感じにくい気がしますが、 トイレなどで席を移動して立っているときは、おお高速だな、と早く動いている感じがします。 加速感が違うといいましょうか。 車両の違い こまちの違いのところで見ましたが、「はやぶさ」は「E5系(H5系)」 という車両を使用しています。 「はやて」は「E5系」さらに「E2系」が使用されています。 例えば、東京駅から盛岡駅まで行ったとすると、新幹線代の違いは 停車駅の違い はやぶさの方が追加料金の分、高くなります。 東京から盛岡間を見ると はやぶさ … 14740円 はやて … 14230円 (2018 4月調査時点) となります。 停車駅の違い 停車駅は、仙台から盛岡間を各駅で停まる「はやて」があり、「はやぶさ」は仙台と盛岡の間の駅を 停まらずに行くタイプが多い、という違いです。 大宮から仙台間はどちらもノンストップです。 なすのを漢字にしてみると「那須野(なすの)」ですから。 何となく、栃木県 の那須方面をイメージできます。 他の路線が福島県の郡山駅より北の、福島・仙台・秋田・盛岡などを 通るのに対して、「なすの」は福島県の郡山駅が終着です。 そして「なすの」の席の種類は、自由席が多めの路線です。 なすのは東京駅から郡山駅まで、各駅停車 他の違いとしては、停車駅を見ると、「なすの」は東京駅から、福島県の郡山駅の間は 各駅停車となっております。 「はやぶさ」や「はやて」が大宮から仙台の駅を途中に停まらずに行くのと違い、その間を各駅停車するのが「なすの」です。 「やまびこ」との違いは、郡山駅まではどちらも各駅停車(一部で例外あり)ですが、 郡山が「なすの」の終着であるのに対し、「やまびこ」はそれより北の岩手県の盛岡まで行きます。 他 車両の種類が違うと、座席の幅やデザインが違う 車両の種類が違うと、E5系とE2系とE6系で席の色やデザインが違います。 席の幅も違ってきます。 自分がどの車両の種類に乗ったかで、席の乗り心地やデザインが違ってきます。 「やまびこ」は他の列車に抜かれることがある 上記のように、やまびこは、停まる駅数がはやぶさなどより多いため 他の列車より、出発時刻が早い「やまびこ」であっても、状況によって、後から出発する、停まる駅数が少ない「はやぶさ・こまち」などに途中で抜かされることがあります。 例えば下は「はやぶさがやまびこを追い抜いた」動画です。 やまびこに乗っていると、ときどきアナウンスされるのが.

次の

【秋田新幹線こまち乗車記】グリーン車の座席はやや狭い

新幹線 こまち 動画

こまちの車内WiFiの使い方 では、実際に無料WiFiを使ってみましょう。 秋田新幹線こまちに乗り込んだら、スマホやパソコンでWiFiの接続先を見てみましょう。 すると、JR東日本の無料WiFiのページに移ります。 ど〜んと出ている「上記に同意のうえインターネットに接続する」をタップして進み、「利用登録」をタップしましょう。 登録画面に入ると、まず利用規約がズラーッと出てきます。 規約に同意し、メールアドレスを入力して「確認」をタップしましょう。 ここまでくればゴールは目の前です。 あとはメールアドレスを確認して「登録」をタップし、セキュリティについて同意してください。 セキュリティに同意したら登録は完了です。 もうインターネットに接続できますよ! お疲れ様でした〜。 これで3時間は連続で使えますし、もし接続が切れても何回でも同じ手順でつなぎ直せばokです。 充電できるかな?秋田新幹線こまちの電源コンセントの位置について 無料WiFiが利用できるのがわかったところで、お次は電源コンセントです。 新幹線でスマホの充電ができたらうれしいですよね?僕は・・・すごく幸せですよ(笑) 結論から言いますと、秋田新幹線こまち車内の電源コンセント事情は以下のようになっています。 秋田新幹線こまち車内の電源コンセント• グリーン車・・・全席あり• 東北新幹線と似たようなタイプですね。 こまちで充電しながら移動したいときは「窓側か一番前か一番後ろ!」と覚えておきましょう。 まとめ さいごに、今回の「秋田新幹線こまちの無料WiFi・電源コンセント」についてのポイントをまとめて並べておきますね。

次の

こまち (列車)

新幹線 こまち 動画

秋田新幹線こまちのグリーン車料金 区間 料金合計 運賃+グリーン料金 東京~秋田 21,400円 10,010円+11,390円 大宮~秋田 20,640円 9,790円+10,850円 仙台~秋田 13,840円 5,500円+8,340円 盛岡~秋田 6,270円 2,310円+3,960円 こまちのグリーン車には割引切符がないので、 基本的に正規料金となります。 そのため、少しでもお得にグリーン車を利用するなら 「」の利用をオススメします。 秋田新幹線こまちE6系の設備 秋田新幹線の外見です。 赤と白のツートンカラーが特徴的な新幹線です。 外見は東北新幹線のE5系と似ていますね。 連結して運転していても違和感のないスタイルとなっています。 普通車の車内 普通車は、こまち号の12号車から17号車に設けられており、全席指定席となっています。 車内は全体的に明るく、座席は秋田の 稲穂を連想させる黄金色のシートが特徴です。 ミニ新幹線なので、座席配置は山形新幹線と同様に4列配置となっています。 座席は柔らかく座り心地は良いため、東京~秋田の4時間ほどの移動時間も疲れることなく過ごせます。 ただ、柔らかい分、同じ体勢で長時間座っているとお尻が蒸れるかもしれません。 時々姿勢を変えたり、トイレへ行くために立ち上がるなど、一工夫すると良いです。 座席前後の空間には余裕があり、障害物もないので、十分に足を伸ばすことができます。 コンセントは、窓側のA席・D席の足元側面にそれぞれ設置されています。 コンセントを利用したい場合は、 A席かD席で予約を取ると良いです。 特に、こまち号は 自由席がなく予約の際は必ず座席指定が必要になるので注意しましょう。 テーブルは座席いっぱいの大きさなので、ノートパソコンで作業することも十分可能です。 実際に、パソコンで充電しながら作業している人は何度か見かけました。 駅弁を食べるのにも十分な大きさです。 総合的に普通車に関しては特に不満もなく、必要最低限の機能は備わっていると言えますね。 グリーン車の車内 グリーン車は、こまち号の末端11号車に設置されています。 また、グリーン車は列車の先頭車ということもあり、座席数はかなり少なめです。 座席数が少ないことからか、逆に普通車に比べて利用者の割合も多いように見えます。 車内の照明はやや薄暗く、落ち着きのある空間となっています。 床にもカーペットが敷かれており、アッパークラスの高級感が感じられますね。 個人的には、結構好きな雰囲気です。 座席の座り心地は、普通車の座席に比べてより体にフィットする感じですね。 座席間隔が広くなるので、足を伸ばしても余裕があります。 座席に付いている枕も、普通車のそれより厚みがあり柔らかく、思わず寝てしまいそうな勢いです。 寝るにはもったいない気もしますが。 笑 座席にはレッグレストと読書灯も付いています。 これらはひじ掛け下のボタンで自動で動きます。 同じく中央のひじ掛けの前方にはコンセントが付いています。 1席に1つ付いているので、 普通車と違ってコンセントの取り合いになることはありません。 テーブルはひじ掛けの中に小さいテーブルが1つ。 正面に大きなテーブルが1つ付いています。 用途に合わせて使い分けできるのは嬉しいですね。 ちなみに、グリーン車デッキ側の座席は、車いす利用を想定してか一人掛けとなっており、テーブルも壁に付いています。 また、座席は普通車と同様に回転できますが、レッグレストがある関係上、こちらは座席間隔が狭くなってしまいます。 レッグレストを上げると足が前にぶつかるので、4人でボックスシートとして利用するのは難しいかと思います。 (そもそも4人で利用する人がいるか分かりませんが。 笑) 総合的に小柄な私個人の目線で見ると、グリーン車としては十分満足できると思いますが、 座席の横幅が大きい訳ではないので、大柄な人には若干窮屈かもしれません。 普通の新幹線であれば、4列配置でも車両が大きいため広々と使えますが、ミニ新幹線のこまちの場合は同じ4列でも座席幅を広げるには限界があります。 また、グリーン車は座席が少ない分、えきねっとトクだ値といった割引切符も設定されていないため、利用料金は高めです。 (東京~秋田のグリーン料金:11,190円) 新幹線のグリーン車の中でも、人によって好き嫌いが分かれやすいグリーン車と言えるでしょう。 まとめ:ミニ新幹線なので座席の幅は若干狭い こまち号は、山形新幹線のつばさと同様にミニ新幹線という扱いなので、 車内空間が普通の新幹線よりも若干狭くなっています。 普通車は特に問題ありませんが、グリーン車に関しては座席の大きさ(特に横幅)が普通車のそれとあまり変わらないのが残念なところです。 むしろグリーン車の場合は、中央のひじ掛けを折りたたむことができないので、大柄な人にとっては逆に窮屈かもしれませんね。 良くも悪くも好みが分かれそうな列車ですが、他の移動手段より便利で快適なことは間違いないので、秋田へ行く際はぜひとも「こまち」を利用してみてはいかがでしょうか? 以上、参考になれば幸いです。 往復+宿泊込みなら、新幹線とホテル宿泊がセットになった 「」がお得です! 往復利用であれば、 新幹線の切符と宿泊施設を個々に予約するより安く利用できるので、宿泊込みで往復利用なら一度検討してみてはいかがでしょうか? <関連記事>.

次の