せ ふれ と 本命 の 違い。 これって脈あり?男心を正しく理解して本命彼女になる方法まとめ

【男性100人に調査】セフレ(浮気相手)と恋人(本命)の違いは?

せ ふれ と 本命 の 違い

あなたはセフレ?それとも本命? お付き合いの形は人ぞれぞれ。 彼とのお付き合いでは、自信を持って 自分が愛されていると感じることができていますか? だんだん彼とのお付き合いに不安を感じてきている女の子も多いのではないでしょうか。 彼にとって 私は本命なの?それともセフレなの?第3者から見たらあからさまな違いでも、当事者の視点だとその違いって分かるようで分からないものです。 あなたを本命の彼女にしているのか、セフレにしているのかの違いは、 男性の態度の違いで見極めることができます。 その態度の違い、知りたいですよね?本命女性に対する態度とセフレ女性に対する態度について、分かりやすい違いをご紹介します。 自分は彼からどう思われているのか、ちょっと怖いかもしれませんがチェックしてみてください。 男性がセフレ女性にとる態度 急に会う約束を取り付けようとする セフレ女性に対して、会う1番の目的は 【体】。 本命彼女と会えないけどセックスはしたい…そんな願望を叶えるために彼はふと思い立ったように連絡してくるのです。 その連絡は 「今日会えない?」「これから飲まない?」といった急なお誘いばかり。 しかも夜に会おうとする連絡がほとんどです。 本命女性に対しては、急な約束はしません。 もちろん時には急な約束をすることもありますが、基本的には前もってスケジュールのお伺いを立て、どこに出かけるか、何を食べるか、どんなことをするか綿密に計画しているのです。 返信が遅い 連絡に対する返信が遅いのも、セフレ女性に対する態度の代表的な特徴です。 本命女性に対しては 即レスが基本。 仕事など多忙によりなかなか返信できないパターンもありますが、本命女性にはいかなる手段を使ってでも時間を作ります。 つまり、セフレ女性は彼にとって優先順位が低いため放置されやすいのです。 ドタキャンが多い 急な約束も多いですが、 ドタキャンが多いのもセフレ女性に対する態度の特徴です。 彼自身の都合で振り回していることに罪悪感を持っていません。 しかも、ドタキャンの後に埋め合わせの約束をすることがありません。 口では約束しても実現しないことが多いのです。 もちろん、本命女性に対してドタキャンなんてありえません。 本命女性との約束は、たとえ天変地異が起ころうとも守ろうとするのが男性の分かりやすい所なんです。 彼の友人や家族への紹介がない 本命の彼女に対しては、長い付き合いをふまえて彼にとって大切な人に紹介をすることがほとんど。 特に家族への紹介は、結婚も視野に入れた本気度がかなり高いでしょう。 逆にセフレ女性に対しては、その紹介がありません。 友人くらいには紹介されることはあるかもしれませんが、はっきりと 彼女であると明言しないのが違いと言えます。 男性が本命女性にとる態度 マメな連絡 本命女性に対して1番分かりやすい男性の態度は、 マメな連絡です。 さらにその返信も早く、返信が遅れた場合にはきちんと謝罪をいれます。 浮気性な男性と紙一重な部分もありますが、本命女性に対しての連絡は マメさに加え、誠実さが見極めるポイントと言えます。 デート代を渋らない 男性は口には出さないものの、プライドの高い生き物です。 プライドを守るため、女性にかっこいいと思われたいため、特に 本命女性の前ではかっこつけたがります。 分かりやすい態度としては、 デート代や食事代を男性側が持つというもの。 割り勘だから本気じゃないというわけではありませんが、本気の女性の前ではやはり見栄を張りたくなってしまうのが男性の性のようです。 将来や自分の家族についての話をする 本命女性に対しては、自分のいろいろな部分を知ってほしいという思いが働きます。 そして、自分の考えについて 共感・理解してほしいという面も。 特に将来のビジョンについての話をする場合は、本気度が高い証拠。 同じ将来を一緒に歩みたいという思いがそうさせるのです。 セフレから本命彼女になれる? 本命女性とセフレ女性への態度の違いをいくつかご紹介してきました。 思い当たる違いはありましたか? 今まで彼女だと思っていたのにセフレの可能性が…なんて人もいるかもしれません。 そんなときに考えるのは、 セフレから本命彼女になれるのか、ということ。 セフレから本命への可能性は…あります! お付き合いの形は実にさまざま。 上記に挙げたような違いは、ほんのささいな見極め方にしかなりません。 付き合いを続けるうちに気持ちが動いていくことはよくあることなので、今の時点ではセフレの可能性が高くても、これからの付き合い方によっては本命彼女になることも可能なのです。 セフレから本命彼女になるためには セフレから本命彼女になるのはとても大変。 本命彼女になるためにあなたが努力しても、その努力が報われるとは限りません。 【彼にとって心地いい女になる】 体の相性だけでなく、性格面での相性も大事です。 彼が日頃どんなことを求めているのか研究してみましょう。 【時には反抗的に】 彼に嫌われるのがこわくて、なんでも言いなりになっていませんか?彼の都合を優先しすぎると、都合のいい女になってセフレから抜け出せなくなります。 時には反抗してみるのもいい刺激になります。 【諦めも肝心】 セフレから本命へなりたくてもなかなかなれない…そんなときはその彼を諦めて、他の男性の本命彼女になることを目指した方が幸せへの近道になります。

次の

セフレから求められるキスの意味。本命との違いは?

せ ふれ と 本命 の 違い

セフレの定義とは?本命彼女とはどう違う? セフレの定義 セフレとは セックスフレンドの略語で、つまりはセックスをする友人という意味の言葉です。 通常友人同士でセックスはしないものですが、セフレは友人関係と同じように 恋愛感情や社会的責任などを伴わずに、セックスをお互いに提供し合う関係となります。 付き合っているとか将来的に付き合うことを考えているわけではなく、セックスをすることだけを目的としている人間関係が、セフレの定義となります。 セフレに恋愛感情はない? セフレという関係でも、実は密かに相手に対して恋愛感情を抱いている人はいます。 特に女性の場合は回数を重ねるごとに、相手への依存度や恋愛感情が高まってしまったり、初めから好きだった人とセフレ関係を持っていたりするという人も少なくありません。 しかしどちらかが 恋愛感情を表に出してしまえば、それは純粋にセフレと呼べる関係ではなくなります。 セフレ関係を続けるためには、感情を抜きにした利害の一致が必要なのです。 どちらかに恋愛感情がある場合、セフレとしての対等な関係は築けなくなってしまいます。 本命彼女とセフレの違い 男性は女性に比べると、セフレと本命の恋人を区別することに抵抗を持たない人が多いです。 それは男性が本能的に、好意を持っていない女性相手にでも性的に興奮できて、セックスすることに抵抗を持たない人が多いからです。 本命彼女に対して男性はもちろん愛情を持っていますし、自分の力で幸せにしてあげたい、自分だけのものにしたいという感情を持ちます。 その延長線上には結婚という責任の持ち方もあるでしょう。 しかしセフレと認識している女性に対しては多少の好意はあっても愛情は伴わず、相手に彼氏がいようと特に気になりませんし、 社会的な責任を持つという感情は起こり得ないものなのです。 男女別のセフレの意味 男性側には好都合の関係 そもそもこの「セフレ」という関係。 男性にとっては非常に都合のいい関係なんです。 もともと男性は生殖本能を持っていて、できれば多くの子孫を残したいという性欲があります。 そういった本能のために基本的には多くの女性に関心をもってしまう生き物なのです。 ですから、女性のフェロモンに対するアンテナも女性に比べて高く、「好き」という感情よりも「好みのタイプ」という本能に訴えかける感情が優先することもあり、 たいして好きでもなく愛してもいない女性とセックスができるのです。 男性が考えるセフレとは 男性にとってのセフレとは、純粋にセックスだけを楽しめる相手です。 自慰の延長線上にある関係と言ってもいいかもしれません。 本来男性はセックスにたどり着くまで数多くの努力をするものです。 彼女とデートの約束をして、服装や外見に気を使って彼女をエスコートし、ご機嫌を取ってやっとセックスに持ち込めるのですが、 セフレはその過程を省略してセックスにありつける相手なのです。 また特殊な性癖の持ち主だと、本命彼女には無理をさせたくないという理由から、嗜好が同じセフレとだけ自分が本当に好むセックスを楽しむという人もいます。 女性にとってのセフレって? 男性にとってセフレは性的欲求を満たす存在ですが、女性の場合はセフレに対しての感情が主に2タイプに分かれます。 男性と同様に性的欲求だけを満たすためという場合と、 寂しさを埋めるためにセフレという関係を持つ場合があるのです。 女性は異性から女として扱われることで承認欲求が満たされます。 なんとなく人恋しい時、友達では埋められない寂しさをどうにかしたい時、恋人ではない男性にセックスを求めるのです。 多くのセフレを持つ女性にとってセフレとのセックスは、 孤独感を埋める手段であり、異性から特別扱いされているという満足感や安心感を得るための手段と言えます。 男女の性に対する考え方の違い 男性と女性では、セックスに至るまでのハードルの高さも性的なストライクゾーンも大幅に違うものです。 男性にとってセックスができるかどうかのストライクゾーンは広いものですが、好きになった相手に身も心も受け入れてもらうためにはそれ相応の努力が必要となります。 そのプロセスを省いてセックスにありつけるなら、それは男性にとってありがたいことです。 一方で受け入れる側の女性は、異性に対する要求が多くなりストライクゾーンが狭まりますが、感情を抜きにして受け入れられるならセックスに至るまではそう難しいものではありません。 恋愛感情を持たないからこそ、男性にとってセフレは労力を払わずにセックスを楽しめる相手として、女性にとっては自分に不足しているものを埋めてくれる都合のいい存在として、利害の一致が生まれます。 逆を言えば、もしどちらかに 恋愛感情が生まれてしまった場合、話が複雑化するのはやむを得ないことなのです。 良いセフレ関係とは お互いが納得している お互いがセフレという関係に不満を持たず、納得の上で関係を続けているのであれば、それはwin-winの関係と言えるでしょう。 セフレとのセックスに満足していて、かつそれ以上の関係を望まないのであれば、 お互いに利益を与え合うだけの関係を築けます。 またセーファーセックス(安全なセックス)が大前提で、責任問題を生じさせないためにも避妊や病気の予防などをしっかり行わなければなりません。 本命との関係に干渉しない 双方もしくは片方に本命の恋人がいる場合、本命の相手にセフレの存在が知られてしまったり、セフレが本命との関係に干渉してしまったりするのは本末転倒です。 わざわざセックスだけを共有するセフレという関係を築いている意味がなくなります。 いくら体を重ねても お互いの真剣な恋愛に関しては不干渉であることが、良いセフレ関係を築くポイントとなります。 友人として付き合える セックスを抜きにして考えた時に、相手のことをただの友人として見れるのであれば、割り切ったセフレ関係と言えるでしょう。 友人としての付き合いなら、相手が自分以外の異性と恋愛を成就させれば心から祝うことができますし、結婚するからもうセフレ関係をやめようと言われれば、納得して引き下がることができるでしょう。 もし嫉妬心や不満が生まれるのであれば、それは 少なからず相手に対して恋愛感情を抱いてしまっているということになります。 恋愛感情が生まれてしまうといずれ不満が生まれ、セフレという関係は破綻してしまうでしょう。 体の相性がいい セフレ関係を築く上で最も重要視するべきは、体の相性です。 恋人ではないのですから、セックスをしている時以外に優しさや愛情深さを求めるのはお門違いです。 外見や清潔感が許容範囲内で体の相性や性的嗜好が一致していることが、良いセフレ関係を築くために必要な要件となります。 お互いに執着しない セックスという深い関係を結ぶにも関わらず、セフレという関係は希薄な繋がりを持つ人間関係です。 人によっては相手の本名も実年齢も知らずに、連絡先のみで繋がってセフレ関係を結んでいる人もいます。 どちらかが音信不通になれば、それまでの関係です。 しかしだからこそ、 しがらみや余計な情報に惑わされずに純粋にセックスだけを楽しむことができます。 執着心を持ってしまえば途端に関係がこじれてしまうこともあるので、お互いに執着しない、セックスに関すること以外に興味を持たないことが良いセフレ関係を続けるコツと言えます。 セフレとソフレとの違い ソフレって何? ソフレとは 「添い寝フレンド」を略した言葉で、セフレと同様に恋人同士ではなく、その名の通り 「添い寝」をするだけの男女関係を指す言葉です。 セックスがしたいわけではないけれど人恋しい夜に一緒に寝てくれる人が欲しいという女性は意外にも多く、仲のいい男友達とソフレという関係を築いている女性も少なくありません。 一線を超えないため、セフレより抵抗を持たない人が多いのも特徴です。 ソフレが満たしてくれるもの セフレは性的欲求や、セックスを通じて心を満たしてくれる関係ですが、 ソフレは精神的な安心感を得ることに重点を置いた関係です。 特に女性は、落ち込んだ時や孤独感に襲われた時に誰かが隣にいてくれるだけで、気持ちが落ち着くと言います。 女性にとって妊娠などのリスクが伴うセックスを抜きにした関係であり、また相手が同意なしには手を出してこないという信頼の元に成り立つ関係ですから、女性にとってはメリットの方が多い関係とも言えます。 セフレとの違い セフレとソフレの決定的な違いは、2人の間にセックスがあるかないかです。 男性にとってはセフレとソフレに求めるものはまったく異なりますが、女性にとっては精神的な安心感を得られるという点では似通っている部分もあります。 またセックスをしないためにお互いに対する執着がより薄く、まるで 幼い頃に家族と添い寝をしていた時のような感覚で、ソフレとの添い寝を満喫しているという人も多いです。 セフレと浮気の違い セフレ=割り切った関係 セフレ関係は、お互いが割り切った関係である必要があります。 どちらかが割り切れない感情を抱いているのなら、それはもうセフレとは言えません。 恋愛感情がないからこそ成立する関係であり、セックスをするために会うのですから、 デートや甘いセリフもセックスの演出以外の場面では必要ないものです。 浮気には恋愛感情が伴う 一方で浮気という関係には、少なからず恋愛感情が伴います。 ですからデートももちろんしますし、相手を喜ばせようとプレゼントをしてみたり、連絡を頻繁に送り合ったり、 恋人同士のようなやり取りが発生するものです。 人によってはセックスをしている点で浮気もセフレも同罪と認識する人もいますが、気持ちがあるかないかで本命への感情も違いますし、むしろセフレがいるからこそ本命を大切にできるという人も中にはいるのです。 浮気の方が質が悪い? 恋愛感情が発生してしまう分、当然浮気の方が質が悪いです。 浮気の末に略奪されたという話は珍しいものではありませんし、浮気相手に夢中になって本命への態度が冷たくなるという現象もよくあることです。 反面セフレを持つ人は、本命にぶつけたら嫌われてしまいそうな欲求を外で解消することで、本命に対して穏やかな気持ちで接することができるという人も多いです。 気持ちがあるかないかで本命への感情にも、大きな違いが生まれるのです。 恋人がいるのにセフレを作るのはあり?なし? あり派の意見1.完全に割り切った関係ならあり セフレという関係の本質を理解している人は、完全に割り切った関係であるのなら恋人がいてもセフレを作る、または作られることに抵抗がないという人が多くいます。 むしろ 本命には嫌われそうで言えない性癖や欲求を密かに解消することで、本命に対して身勝手な不満をぶつけずに済んで、優しく接することができるのだから、結果的には誰も損をしないという意見もセフレあり派にはよく見られました。 あり派の意見2.本命との関係を大切にできるならあり たとえセフレがいたとしても、本命と一緒に過ごす時間を減らすことなく、また恋人として大切にできるのであればかまわないという意見もあります。 セフレを持つ側の意見としては、1人に背負わすには重すぎる負担の一部を、他所に預けることで本命相手にかかる負担が減るし、自分の欲求が解消され 気持ちに余裕が生まれ、より本命を大切にできるというものもあります。 あり派の意見3.極論バレなければOK あり派の中にはセフレを作ろうが浮気をしようが、絶対にバレないようにして秘密を墓の中まで持っていってくれればかまわない、という意見も見られます。 また相手がセフレを持つことに反対しないという人は意外に女性が多数で、 自分もセフレを作りたいので相手にも許すといった意見を持つ人が多くいました。 男性の場合はセフレを持つ人に対してはどうとも思わないが、自分の彼女にはセフレを作ってほしくないという人が多く、こういった意見は男性の所有欲が表れた結果と言えますね。 なし派の意見1.絶対に許せない! なし派の人ではセフレが どんなに割り切った関係であろうが、恋人が自分以外の異性と肉体関係を持つことは感情論で許せないという人が大半です。 いくら浮気と違うと言われても、気持ちの面で納得できないのであればそれは仕方がないことです。 なし派の意見2.恋人で満足するべき なし派の意見の中には、 セフレがいるうちは本命の恋人を作るべきではないという人もいます。 恋人ができたら恋人だけで満足するべきであって、もし不満があるのならきちんと話し合って解決していけばいいという意見です。 一夫一婦制の日本ではこういった考え方が一般的であり、健全な男女関係とも言えますね。 なし派の意見3.好きな人以外とするなんて考えられない 女性や潔癖な男性の中には、好きな人以外と性的関係を持つことが考えらないという人もいます。 自分が好きな人以外を受け入れられないので、セフレを持ちたいという人の考え方がそもそも理解できないのです。 許せないという怒りの感情よりは、その気持ちが想像もできないという感情なので、実はあり派と最も相容れない意見と言えるかもしれません。 セフレにされやすい女性の特徴 すぐに肉体関係を持ってしまう いい感じの雰囲気になった男性や、好きになった男性に対してすぐに体を許してしまう女性は、そのままなし崩しにセフレとして扱われてしまうことが多くなります。 男性側としては すぐに体を許す女性はお手軽な分、他の男性にもフラフラついていってしまいそうで本命彼女にはしたくない存在と認識されやすいのです。 好きな男性の言いなりになってしまう 好意を持っている男性の言うことを全部聞き入れてしまう女性も、セフレにされやすい女性です。 前述の通り男性は愛情がなくても、見た目や体型が許容範囲の女性であればセックスをすることに抵抗を持たない人がほとんどです。 そのため女性に対して思いやりのない男性を好きになってしまうと、その男性の言いなりになってしまいます。 付き合ってもいないのに肉体関係を持ってしまい、 一度許すとなまじ好きな人が相手だけに断る理由が見つからず、その関係がズルズルと続いてしまうのです。 体以外の武器がない 自分の外見や内面、能力に自信がない自己肯定感の低い女性は、人を好きになった時に体を許すことで相手の気を引こうとする傾向があります。 セックスをすればその間だけは相手を自分のものにした気分を味わえる上に、そもそも自分が愛されるべき女性だと思っていないので、本当の愛情をもらえなくてもそれで納得しようとしてしまうのです。 あなたは「セフレ?」彼の態度をチェックしてみよう 1.「今から、ひま?」などいつも唐突に連絡がある 「今から、ひま?」などいつも唐突に連絡がある。 深夜など変な時間に連絡がある。 これは、彼の日常のメイン行事(例えば楽しい合コンや飲み会など)が終わってこんな時間に。 ふと気づくと酔いも手伝ってちょっと遊びたくなった。 そういう時に気軽に誘える相手としてあなたがいるという事。 彼の中では別に断られても構わないし、OKならば「それはそれでラッキー」というだけの相手です。 一方本命の相手には、あえて嫌われるようなことはしないでしょう。 断られると彼が寂しいですからそんな誘い方はしないです。 2.こちらからの連絡をあからさまにスルーすることがある こちらからの連絡をあからさまにスルーすることがある。 が、思い出したころに連絡がある。 割り切った関係だとは頭の中で理解はしているけれど、自分が寂しいときに相手をしてもらいたい。 そんな時に連絡をしてもほとんどつながらない。 これは、相手にとってあなたが自分の都合のいい時にだけいればいいという存在だということです。 男女の別はありませんが、本命の相手に連絡がつかない状態というのは極力避けたいものです。 ですから、連絡が一方的にもならないしそのやり取りは最優先事項にするはずです。 3.デートや恋愛関係に必要といえるお金を使ってくれない 食事や映画、プレゼントなど一般的なデートや恋愛関係に必要といえるお金を自分に使ってくれない。 いつもこれらのプロセスを端折っているのは、あなたには気を使う必要がないという現れ。 ただの体だけの関係だから余計な気もお金も使いたくないということです。 本命の相手にはそうではありませんよね。 何とか喜んでもらおうと色々考えてくれるはず。 それはすべて相手にもっと好きになってもらいたいとか好きな気持ちを伝えたいということからきているからです。 4.真面目な話などをゆっくりと話し合ったことがない そういえば真面目な話などをゆっくりと話し合ったことがない。 私のことに関心がない。 こちらのことを知りたがらない、自分のことを語らない。 これは、あなたに対して必要以上のことを知りたくないし、関心がないということです。 恋愛関係はまずは気になる相手ができると、その人を知りたいという気持ちから始まります。 ですから、相手についてはいろいろ知りたくなり、知ってもらいたくなるのが当たり前です。 関係が深まれば深まるほど、それは相手の価値観や人生観を共有するために話題は尽きないものです。 5.体調が悪いと会うのを中止される こちらの体調が悪いと(生理や風邪など)会うのを中止される。 お見舞いもない。 あなたの体調が悪ければ、あなたと会う目的が果たせないですよね。 ですから、無駄なのでやんわり断ってくるでしょうし、残念ながらお見舞いなどは期待できませんし、考えてもいないかも。 大切な人の場合、体調が悪い時ほど相手を思いやり、心配し何かと手助けしたくなります。 6.行為が終わった後は、さっさと帰りたがる 行為が終わった後は、さっさと帰りたがる。 これこそが、一番わかりやすい行動でしょう。 恋人同士との決定的な違いはその行為の後の彼の状態がどうかという事。 目的が果たせたので、用事を思い出したと急にいなくなるなんてわかりやすすぎますね。 セフレから本命になる方法 体以外の魅力をアピールする 男性が女性をセフレと認識しているうちは、その女性に対して体やセックス以外のことに興味を抱きません。 内面などの魅力に気付いていないことがほとんどです。 しかし気付いていないだけなら、気付かせればいいのです。 細やかな気遣いや女性らしい一面を見せることで、性の対象としてだけでなく、恋愛対象になる女性として見てもらえる可能性が上がります。 女性としての価値を上げる セフレから本命になりたいのであれば、 相手の認識を変えることも大切ですが自分を変えることも必要です。 女性が好意を持っているにも関わらず、男性がセフレというある意味いつでも切れる関係でいようとするのは、他の男性に取られたくないという感情がないからです。 体の相性がいいという強みが最初からあれば、さらに外見を彼好みに磨いたり内面から素敵な女性になったりすることで、手放したくない女性として認識してもらえるようになれます。 1度セフレ関係を切る 定期的に会ってセックスをしている限り、男性はたとえセフレの女性に好意を抱き始めていたとしても、今のままの関係でも満足だと考えるでしょう。 責任のない関係は男性にとって気楽なものです。 ですから本命の彼女になりたいのであれば、思い切って1度セフレ関係を断ってしまいましょう。 相手の女性を失うことが惜しくなれば、男性の方から何らかのアクションを起こしてくるはずです。 またセフレ関係を切ると言っても、 恋人関係になりたいのなら連絡だけは取り合うようにしましょう。 付き合わない状態でのセックスを避け、相手には好意を持ってしまったからセフレには戻れないということを伝えてください。 セフレと別れるときのポイント 別れを切り出す時はきっぱりと セフレと別れたいと考えている時は、なるべく早めにその意思を伝えるようにしましょう。 また次でいいかと先延ばしにしているといつまでも別れられなくなるので、別れたいと思ったタイミングで切り出すことが大切です。 また曖昧な態度で別れを切り出しても相手にまともに取り合ってもらえないかもしれないので、「もう会わない」「セックスしない」という固い決意を相手に伝えるようにしましょう。 別れたい理由をしっかり伝える セフレと別れたい理由は人によって様々だと思います。 本命の彼氏ができたからや、体だけの関係から卒業したいからなど、セフレと別れなければならない理由があるのなら、それをしっかり相手に伝えましょう。 体だけの関係だったのであれば、 理由がわかれば相手もそれで納得し引き下がってくれるはずです。 もし食い下がってくるのであれば、相手はあなたに対してセフレ以上の感情を抱いているのかもしれないので、しっかりと話し合って決断しましょう。 セフレとの時間より楽しいことを見つける セフレと過ごす時間が居心地がいいものだと、なかなか別れる決心ができません。 別れようとしてもつい寂しくなって、ズルズルと関係を続けてしまうことになります。 そういった事態を避けるためには、セフレとのセックスよりも楽しめることを見つけましょう。 新しく趣味を始めたりジムに通って体を動かしたりするなど、 ある程度時間を確保する必要があるものがおすすめです。 そういったものに時間を使えば、自然とセフレと会うための時間もなくなっていきます。 すべての連絡手段を断ち切る セフレ関係を結んでいる相手に本名も住所も知られていなくて、 実生活での繋がりがまったくないのであれば、別れようと思ったその時から連絡を断ってしまうという方法もあります。 相手も恋愛感情を持って関係を持っていたのではないでしょうから、そういうものだと割り切って諦めてくれることでしょう。 相手に別れたくないと言われたら セフレに別れを切り出した時に、相手から別れたくないと言われたり引き留められたりしたら、 どうして別れたくないのか理由を聞き出してみましょう。 体の相性がいいから放したくないというのであれば、自分はもういい加減な関係を続けたくないと伝え、恋愛感情があるというなら、その気持ちに応えられるのかどうかを考えてみましょう。 いくらセフレといっても、これまで自分も納得した上で築いてきた人間関係です。 無情に切り捨てていいのかどうか、きちんと考えて行動するようにしましょう。 まとめ 些細なことで分かる男性の本音。 頭ではわかってちゃんと割り切っていたとしても、女性にとって「セフレ」という関係は心と体にダメージを与えるものです。 「今が楽しければそれでいい」「相手にされるならそれでもいい」という感情は一過性のものです。 魅力的なひとりの女性として愛されたくはありませんか?男性にセフレとして便利使いされてもなにもいいことはありません。 さらにそういうセフレを常に募集している男性なんてあなたの相手ではないかもしれませんよ。 男性をしっかりと見極めて、素敵な相手を見つけましょう。

次の

【競馬】本命、対抗、大穴の違いを理解しよう!

せ ふれ と 本命 の 違い

男性100人に「セフレ女性から毎日ラインが来るのは迷惑か」「セフレとのベストな連絡頻度は1週間のうちどれくらい」かアンケートをとりました! Q. セフレ女性から毎日ラインが来るのは迷惑? なんと約6割の男性が「はい」と回答しました。 多くの男性が、セフレ女性から毎日連絡は欲しくないと考えているようです。 もともと女性より男性の方が、連絡頻度は高くありません。 毎日の連絡は彼女ヅラしていると思われてしまうのかも……。 セフレとのベストな連絡頻度は1週間のうちどれくらい? 2人に1人が「週1日」と回答しました。 セフレとの連絡は、週1のたまにくらいがちょうどいいようですね。 では、セフレに連絡する頻度はどのくらいがベストか解説していきます。 セフレに連絡する頻度はどのくらいがベスト? セフレとの連絡頻度は、あなた自身が 相手とどの程度のセフレ関係でいたいかによります。 例えば、本命の相手が他にいて、セフレとはたまに会って刺激的なエッチがしたいというだけの関係なら、日程調整のため月に1回程度で良いでしょう。 反対に、繋ぎ止めておきたい程大切なのであれば、週1~2回程度連絡をすると良いでしょう。 しかし、連絡のし過ぎには注意です。 そもそもセフレの段階で、関係を続けている目的はエッチをすることです。 毎日セフレから連絡が来た場合、面倒と感じて関係を絶ってしまう男性も少なくありません。 連絡は、週に1~2回程度にとどめておいた方が無難でしょう。 セフレと連絡を取る目的 では、セフレと連絡を取る目的をみていきましょう。 セフレと連絡を取る目的には、以下のものがあります。 会うための日程調整• 関係性を繋ぎ止めるため• 寂しい時の話し相手• エッチなトークがしたい 続いて、セフレと連絡を取る目的を、それぞれ詳しくみていきます。 しかし、セフレの場合は、エッチをするのが目的と割り切った関係のため、連絡する目的の大半は 会うための日程調整です。 この日程調整の連絡も女性とは違い、男性の場合は連絡を取るのを面倒と感じる人も多く、短い文章で「〇日は暇?」といったように、少々雑に都合を聞いてくる人も少なくありません。 さらに、セフレの場合は約束の優先順位も低いため、予定の日にちを空けていてもドタキャンされることも多いでしょう。 セックスの相性が良く、深入りもされず、会いたい時にだけ会って欲求を満たせる相手であれば尚更、男性はどうにかして繋ぎ止めたいと考えるでしょう。 この場合、本命の相手同様に毎日もしくは2日に1回など、マメに連絡をする男性も少なくありません。 こうした、らしくない男の行動に女は弱いものです。 決して相手は、本命としてあなたを思っているわけではありません。 大切にしているというポーズだと思って、本気にならないように気をつけましょう。 体の関係だけではなく、話を聞いて欲しい時に聞いてくれるといった都合の良さも、相手の男性は求めています。 また、寂しい時だけではなく、酒に酔った際に、ふと誰かと話したくなる男性もいます。 その時に選ばれるのがセフレです。 これは、本命の女性には見せられない醜い姿や滑稽な姿を、セフレが相手なら見せられるという男性が多いからです。 いつもとは違う男性の姿に母性を感じて、必要以上に優しくするのは止めましょう。 さらに都合のいい女になる危険性があります。 本命相手に言ったら引かれてしまうかも……と不安になる内容も、セフレ相手なら割り切った関係のため心配いりません。 男性にとってセフレの女性は、性の対象でしか見ていません。 そのため、用事があって会えないけれど、エッチなことを話したりメールしたいという目的のみで、連絡をする男性もいるでしょう。 後々何があるか分からないため、悪用されたら困るような内容の画像や文章は絶対に避けましょう。 連絡に差が出る!男性がセフレにしか送らない連絡の内容 では、セフレにしか送らない内容をみていきましょう。 セフレにしか送らない内容には、以下のものがあります。 自慢話• 下ネタ• はっきりしない返事• 都合の悪い質問はスルー• 「会いたい」「好き」と突然言う 続いて、セフレにしか送らない内容を、それぞれ詳しくみていきます。 本命の女性には、自分の優れているところや自慢話はしにくいため、セフレ相手に自慢話をすることで、褒められたいという欲求を満たそうとしているのでしょう。 同級生や同じ会社の人間など、ある程度、素性を知っている相手なら心配はいりませんが、なかには褒められたいがために、経歴をウソついたり、作り話をする人もいます。 セフレだからと適当なことを言う可能性もあるため、会話のすべてを信じ込むのは危険です。 気を付けましょう。 本命相手に送る男性も中にはいますが、内容が下ネタ中心ということはありません。 あくまでも、男性にとってセフレはエッチをする相手のため、性欲を満たす以外に用事はなく、本命相手にするような、とりとめのない内容のメールや電話をする気はありません。 下ネタ中心の内容のメールやLINEを拒絶した場合、関係を絶つ男性もいるでしょう。 ひどい場合、そのまま音信不通になるケースもあります。 はっきりしない返事を受けて、「予定どうなってるの?」と問い詰めたりすると、面倒な女と思われて相手が離れる場合もあります。 男性にとってセフレは、 都合がいいところが魅力なのです。 関係性を壊したくないのであれば、例えはっきりしない返事でも見過ごすことも大切ですが、許し過ぎるのもまた問題です。 はっきりしない返事が続く場合は、良い距離感、良い関係性を維持するためにも、多少の話し合いは必要でしょう。 「明日は何する予定?」「今度はいつ会える?」といったような内容のメールが来た場合、セフレが相手となると完全に無視する男性も少なくありません。 また、「今度いつ会える?」と質問したにも関わらず、質問を無視した上で、「眠い、寝る、おやすみ!」と 強制的にメールを終わらせるケースもあります。 言いなりになるのも相手が好き勝手するので良くないですが、問い詰めると逃げたり音信不通になることもあるので、対応は慎重に判断しましょう。 性欲を満たしたいと思ったら、連絡をして「今すぐ会いたい」と伝えます。 セフレには、「勝手だな」「わがまま過ぎる」と思われても、全く気にしません。 それ以上に、自分の欲望を満たすことに夢中なのです。 普段は言わないのに、「好きだよ」「愛してる」「急に会いたくなっちゃった」というような内容の連絡が来た場合は、エッチがしたいという意思表示だと思ってよいでしょう。 自分から連絡しない方がいい?セフレとの連絡における注意点 では、セフレとの連絡における注意点をみていきましょう。 セフレとの連絡における注意点には、以下のものがあります。 連絡は自分からしない• 誘いの連絡を喜び過ぎない• 急な誘いを毎回OKしない• 干渉しない• 本命ではないと心得る• エッチ以外求めない• 悩み事を話さない 続いて、セフレとの連絡における注意点を、それぞれ詳しくみていきます。 相手はエッチしたい時の誘いの連絡以外してこないのに、あなただけ積極的に連絡をしていては、関係が対等ではなくなります。 セフレの関係は、対等であることが大切です。 相手が電話やLINEを無視するようなら、あなたも無視してみるといいでしょう。 セフレである以上、軽い女と見られてしまうのは仕方のないことです。 そのため、必要以上に 簡単な女と思われないためにも、自分からの連絡を控えるという手段はおすすめです。 誘った際に大喜びされたら、 簡単にエッチさせてくれる人と思われます。 エッチをするだけの関係と割り切っているとはいえ、雑に扱われるのは避けたいところです。 お誘いの連絡を受けたら喜び過ぎず、相手と同じテンションで返答すると良いでしょう。 そんな時、毎回OKするのではなく、3回に1回くらいの割合でOKするようにしましょう。 この人は、急であろうと何時であろうと呼んだらすぐ来る……と、男性にとって都合のいい女になってしまいます。 男性にとって都合のいいところがセフレの魅力でもありますが、都合のいい女になり過ぎてしまうと、関係性が対等ではなくなります。 セフレはお互いがエッチ目的の割り切った関係で、対等でなければ成立しません。 パワーバランスが男性の方が上の関係となると、それはセフレではなく単なる女性の片思いです。 急な誘いに乗り過ぎず、対等な関係であることを心掛けましょう。 セフレは割り切った関係です。 結婚など将来の責任を持ったり、相手を思いやったり気遣うなどの面倒なことがなく、エッチを楽しむだけの楽な関係にお互い魅力を感じているから続いているのです。 そのため、セフレという関係上、干渉したり嫉妬するのはタブーと言えるでしょう。 メールやLINEのやりとり一つとっても、面倒と感じたら簡単に無視をします。 そんな時に、大切にされていないと落ち込んだり、相手に問い詰めるのはやめましょう。 セフレである以上、本命ではないと心得ることが大切です。 所詮セフレだから、という気持ちを持つようにしましょう。 セフレはエッチをするための関係です。 エッチ以外のことを求めてデートが成立した場合、それはセフレではなく恋人です。 割り切った楽な関係性にお互い魅力を感じている場合は、関係性が変わってしまうので注意しましょう。 悩みを聞いてもらって優しくされたら、女性は男性を好きになってしまいます。 一方で男性もまた、女性の悩みを聞いて守ってあげたいと思い、女性に恋心を抱く可能性があります。 お互いに少しでも好意を抱いた場合、セフレは成立しなくなります。 弱っている時こそ、何も考えずに会えるセフレの存在を求めてしまいますが、例え会ったとしても弱みを見せてはいけません。 落ち込んだり心が弱っている時は、セフレに会わない方が無難でしょう。

次の