アズレン データ。 【アズレン】複数端末でのプレイについて画像付きで解説!Twitter連携もできる!OSが違ってもOK!【アズールレーン】

【アズレン】マスクデータは運、速力・武器の火力補正値・艦載機の武装あたりかな

アズレン データ

戦術データ収集とは 経験値が必要な開発項目 戦術データ収集とは、開発艦を製作するために必要な開発項目のこと。 達成には300万~360万という膨大な経験値を要求されるため、開発に長期間かかる要因のひとつとなっている。 そのため、同時に進めることはできないことに注意。 キャラごとに陣営や艦種が異なる 経験値を取得できるキャラに条件あり 戦術データ収集の経験値は、取得するキャラにも制限がある。 陣営や艦種、主力か前衛かなど条件が設定されており、要求されるキャラを育成していない場合は少し厄介。 経験値の入手方法にも条件あり 毎日クエストを含めた海域のみが対象 経験値の入手方法も「出撃」に限られており、海域やデイリーチャレンジで取得した経験値しかカウントされない。 無凸キャラでもカウントされる 表示は0でも経験値はカウントされる 限界突破が完全でない場合、レベル上限に達すると入手できる経験値は0になる。 ただ、表示上は0だが戦術データ収集にはカウントされているので安心してほしい。 戦術データ収集の効率の良い進め方 得られる経験値を増やそう コンディションボーナス キャラのコンディションが最大だと、 戦闘後の獲得経験値量が1. 2倍になる。 キャラを寮舎に入れておくことでコンディションがアップするので、周回する予定のあるキャラは、忘れずに寮舎に入れておこう。 MVPボーナス 戦闘で最もダメージを稼いだキャラは「MVP」となり、 得られる経験値が2倍になる。 経験値効率にかなり影響してくるため、編成に応じて艦隊内のダメージを調整しよう。 Point 前衛艦にMVPを取らせたい時は、主力に工作艦や低火力のサポートキャラを編成したり、装備を無しにしたりなどで、ダメージ調整ができます。 旗艦ボーナス 旗艦に設定したキャラは、獲得できる経験値が1. 5倍になる。 戦艦キャラで経験値を稼ぐ際は頭にいれておこう。 規模が大きいほど敵が強く獲得できる経験値も多いため、レベリング時は積極的に挑んでいくことをおすすめ。 消費燃料を無視して、経験値の蓄積のみを考えるのであれば、 対象艦を複数編成したほうが効率的。 当然増えた燃料分周回できる数は減ってしまうので注意。 無凸Lv70キャラを活用しよう 時間効率重視で複数艦編成する場合、できれば燃料は低めに抑えたい。 低レアリティかつ、 限界突破していないキャラであれば燃料消費が少ないため、この機会に育成しておきたい。 Point 勿論、 無凸キャラでは厳しい海域であれば無理に編成しなくてOK。 前衛艦は6章程度まで、戦艦は自爆ボートさえ対処できれば8章もいけます。 あくまでドロップ狙いのついでなら 3-4,6-4など、レア艦や装備を狙っての周回であれば、 対象艦を無理に複数編成する必要はない。 対象艦をメインに編成しつつ、低燃費でおさまるように編成しよう。 編成に余裕ができるのでMVP調整しやすいこともメリット。 6章 夕立はもちろん、強化パーツT3や優秀な装備設計図等、周回するメリットが多い。 6章よりやや難易度があがるものの、 無凸Lv70キャラなどが揃えば低燃費周回できる範囲。 当然6章より入手できる経験値が多い。 9章 改造でSSRとなる「ニコラス」、ドロップ限定の「新月」などが目当てとなる海域。 9章から難易度が一気に上がるため、無凸キャラを活かした低燃費編成を組むのが難しくなる。 所持していない場合は、ドロップを狙いつつ積極的に周回していきたい。 11章 魚雷と敵回避率ダウンが強力な軽巡「川内」がドロップする海域。 開発しつつ低燃費での周回は厳しくなるので、あくまでドロップ狙いが主目的での周回がおすすめだ。 12章 SSRの重巡艦「鳥海」が入手できる海域。 性能面では「神通」「川内」より優先度が下がるので、周回の優先度も低め。 13章 13章で入手可能なSSR空母「バンカー・ヒル」は強力だが、ここを周回できる戦力であれば有用な空母が揃ってきている筈。 したがって編成も縛られがちな13章で開発艦の周回を行う必要性は薄い。 Point 敵の攻撃が激しくなる 9章以降は低燃費周回が難しいです。 デイリークエストの編成を工夫する デイリークエストでも経験値を入手でき、毎日やることなので意外と経験値が貯まりやすい。 種類が選べる 「戦術研究」などは、編成とクエスト内容を一致させておきたいところ。 Point 対象艦が 前衛艦か主力艦かで「主砲」「雷撃」をわけて選択するようにしましょう!巡洋艦は魚雷をもったキャラにするのも忘れずに。 高水準のステータスと、使いやすい味方全体強化スキルを持つ。 入手も簡単なので育成しやすい。 基本性能はクリーブランドとほぼ同じで、スキルのみ巡洋艦強化スキルに変化している。 当然強力なキャラだが、SSRなので低燃費周回には向かないことに注意。 基本性能はクリーブランドとほぼ同じで、スキルのみ自身のダメージUPスキルに変化している。 クリーブランドより優先度は下になるが、強力なキャラなので育成しても問題ない。 こちらも基本性能はクリーブランドに似ているが、スキルが自己強化に特化している。 ドロップ入手は10-3と難易度が高いが、建造でも入手可能なので所持している場合は育成しておこう。 アズレンでは貴重なデバフ持ちのキャラ。 敵の被ダメージをUPできるスキルを持ち、他で代用できないキャラなので育成しておいて損はない。 重巡だが元がR艦の改造キャラのため、燃料消費は控えめ。 周回の際は回避値を高める設備等で待ち伏せ艦隊対策することをおすすめ。 優秀な回復スキルを持ち、単艦での運用で真価を発揮する。 未育成なら必ず育成しておこう。 基本性能はフェニックスとほぼ同じで、スキルが巡洋艦強化スキルになっている。 フェニックスの回復スキルが発動しない状況なら、ブルックリンのほうが活躍できるので、低燃費用に育成しておいてもいい。 こちらも基本性能はフェニックスとほぼ同じで、スキルが自身のダメージUPスキルに。 優秀なキャラだが、入手手段が10-2ドロップのみと限られている。 そのため、ユニオン主力 空母OK という制約しかないジョージアの開発にうってつけ。 消費燃料こそ多いものの、最高難度の海域にも対応できる強力な空母。 このキャラが育っていなければ併行して育成しても後悔しないだろう。 空母ながら砲撃を行うスキルは序盤において多いに活躍し、改造によって後半も末永くお世話になれるキャラ。 初回課金特典の報酬でもあるキャラなので、課金ながら確実に入手できる点も魅力。 攻防共にハイレベルな、超優秀艦。 完凸が未育成なら育成すべきだが、周回時の燃料消費が多いことには注意したい。 戦闘が早く終了するのはもちろん、元がR艦の改造キャラなので低燃費なのも評価できる。 エイジャックスと同性能なのでどちらかをお好みで育成。 両方育成も悪くないが、改造の負担が大きくなることに注意。 戦闘毎の回復も低燃費編成時には嬉しい効果だ。 ただし、イベントのみでの入手なのでそこは注意。 使いやすい徹甲弾強化スキルと高い耐久値を持つ、ロイヤル編成の鉄板キャラ。 ただし、開発後に入手できるネプチューンと役割が被ってしまっているので、そこは注意したい。 元がN艦の改造キャラなので低燃費。 未改造でもスキルが優秀なので、無凸Lv70で低燃費運用するのもかなりおすすめ。 非常に高い耐久値と、発動が安定する広範囲の特殊弾幕が強力。 あらゆる場面で出番があるので、是非育成しておきたい。 高ダメージの主砲攻撃で演習から海域までどこでも出番のある強力なキャラ。 支援砲撃を行うので手数が多く、時間効率も良い。 所持している場合は必ず育成しておきたいキャラだ。 発動はやや不安定なものの、強力な特殊弾幕で手数を増やせる。 突破しても悪くないが、スキルLvをあげれば低燃費で運用できる、無凸状態での育成をおすすめ。 ネルソンとほぼ同性能。 どちらを育成するかはお好みで。 両方の育成も悪くはない。 スキルでロイヤル艦を強化できるため、前衛艦をロイヤルで統一するネプチューンの開発時に活躍。 当然、ロイヤル戦艦でもあるのでモナークの開発時にも使えるキャラ。 その為、新規の指揮官にとっては比較的参入しずらい陣営となっている点に留意したい。 周回の適正は低めだが、高難度海域の攻略で活躍するので、この際に育成しておいてもいい。 育成優先度は低めだが、鉄血巡洋艦は数が少ないので育成してもOK。 トップクラスの火力値と強力な全弾発射を持つキャラ。 ただし速力が非常に遅く自爆ボートを迎撃しづらいので、設備で速力を補っておきたい。 性能はドイッチュラントほぼ同じ。 前衛艦に重巡を編成しすぎると、待ち伏せ回避が難しくなるので、バランスを考えつつ編成したい。 レア軽巡で低燃費かつ、優秀な巡洋艦強化スキルを持つ。 鉄血軽巡艦は数が非常に少ないので、低燃費編成を組む際は重要なキャラになる。 元がノーマルの改造艦なので低燃費。 自爆ボートへのダメージUPスキルが、主力艦隊を守りたい低燃費編成で活躍できる。 ノーマルキャラなので低燃費。 ステータスは当然低めだが、スキルで巡洋艦を強化できるので悪くない。 基本的に低燃費編成での使用になるので、無凸での育成をおすすめ。 自己強化スキルをもつが、元のステータスが低めなのでやや活躍しづらい。 こちらも出番は低燃費編成なので、無凸での育成をおすすめ。 かつて厳しい評価だった鉄血の爆撃機だが、爆撃機の挙動に調整が入り十分実用可能なレベルに押し上がった。 現在は運要素の少ない安定感のある空母となっている。 戦艦としての能力は十分以上で、主に海域において心強い主力艦に育つ。 強力な砲撃型特殊弾幕を展開できる空母。 グラーフ・ツェッペリンが鉄血全体の防御を上げるのに対し、こちらは編成した鉄血の数だけ自身の攻撃性能が上昇する。 ティルピッツと編成する際は先方のスキル発動を阻害してしまう点には注意。 グナイゼナウが威力強化なら、こちらは手数強化と言える構成。 戦力はほぼ同等ながら、砲撃スキルの対象がランダムなのでグナイゼナウの方が僅かに扱いやすいか。 その為、新規の指揮官にとっては参入しずらい陣営となっている。 2種の攻撃系スキルを持ち、スキル発動時のダメージは高い。 ただしスキル発動率が低めなことと、SSレア重巡なので燃料消費が多いことに注意。 バランス調整で榴弾強化スキルにダメージUP効果が追加され、使いやすいキャラになった。 ただし、高雄と同じく燃料消費が多いことは頭にいれておきたい。 軽巡砲搭載可能な点とスキルの特性がかみ合った傑作重巡。 巡洋艦の取得経験値アップスキルを持ち、レベリングが楽になる。 更に燃料消費が他のSレアより低く、性能もそこまで悪くない。 伊吹開発時は優先して育成しておきたいキャラだ。 元がノーマルの改造艦なので低燃費。 重桜の軽巡艦は入手難度が高いキャラが多いが、阿武隈は入手しやすい。 改造で戦力増強を図ったり、低燃費編成用に無凸育成でも問題ない。 ノーマルキャラだがステータスはバランスがよく、自己強化スキルもあわさって意外と使いやすい。 無凸育成しておけば低燃費周回時に活躍できる。 最初期から存在する雷撃の鬼で、その戦闘力は現在も衰えない鉄板キャラの1人。 ペアで運用することで航空値の強化、及び初回の航空攻撃を2倍の速度で装填完了することが出来る。 海域でも演習でも強力なペアの為おすすめ度は高いが、ドロップ限定かつドロップ率がとても低いのが難点。 改造は手間だがドロップ率が比較的易しいのも魅力。 重桜キャラを強化できる戦艦。 自爆ボート迎撃が得意で、自身の被ダメージダウンのスキルも含めてかなり打たれ強い。 三笠軸の重桜艦隊を編成する予定なら、この際に育成しておいてもいい。 発動確率が高く、攻撃範囲も広い特殊弾幕が強力。 ただ、無凸時の消費燃料が多いことがネックか。 基本性能は霧島と同じ。 スキルも自身含めた金剛型を強化する、常時発動する効果なので扱いやすい。 基本性能は霧島と同じ。 基本性能は霧島と同じ。 スキルがやや使いづらいので、霧島より育成優先度は低い。 優秀なステータスと特殊弾幕スキルを持つハイスペックなキャラ。 旗艦に配置しないと特殊弾幕の数が減ってしまうことには注意。 高い主砲のダメージと、低レアならではの少ない消費燃料が魅力。 山城改にしてましうと副砲が装備できなくなるので、近代化改修前の段階でストップしておくのがおすすめ。 山城とほぼ同性能。 育成するのは好みで選んでOK。 もちろん両方育成するのもあり。 山城とほぼ同性能。 こちらは期間限定建造キャラなので入手が難しい。 自身の火力値アップスキルと、戦艦の火力値アップスキルを持つキャラ。 2種類とも自身は対象に入るので非常に火力値が高く、常時発動スキルなので使いやすい。 スキル上げは、味方戦艦のサポートスキルを優先して上げていきたい。

次の

【アズレン】【悲報】接続切れて再起動したらデータ消えたんだけどどうしたらいいんだ!?⇐あーぁ…

アズレン データ

作戦履歴とは? 作戦履歴の仕様早見表• 過去に開催されたイベントをいつでも遊べる新機能• イベントの開放には「データキー」が必要• 常設化されたイベントはイベントアイテム、アイテムによる報酬の入手が不可• ドロップ及び出現率に変更はなし 作戦履歴で開放されるイベントの注意点 攻略進捗は引き継がれない 作戦履歴で開放されるイベントでは、作戦履歴に実装されるまでの、過去にプレイしたステージの攻略進捗は引き継がれません。 イベントアイテムの入手ができない 作戦履歴で開放したイベントでは、イベントアイテムを入手することができません。 したがって、イベントアイテムで交換する報酬も入手することができません。 ドロップに変更はなし イベントアイテムは入手することはできませんが、ドロップ及び出現率は変更がありません。 EXステージに挑戦できない 作戦履歴で開放したイベントでは、EXステージに挑戦することができません。 作戦履歴でイベントを開放する方法 専用アイテム「データキー」で開放 作戦履歴で過去のイベントを開放するには、専用アイテムの「データキー」が必要になります。 データキー1個で15分開放される データキーで開放されたイベントステージは、データキー1個につき15分開放されます。 データキーはまとめて使用することはできず1個ずつ使用しなければなりません。 時間切れになっても強制的に終了されない データキーで開放したイベントは、イベントの攻略中に時間切れになっても、強制的に終了されることはありません。 つまり、残り10秒でも出撃さえすればステージクリアまで遊ぶことが可能です。 右上のタブで海域の規模を切り替え 大型は「E. 」小型は「S. 」 作戦履歴には大型、小型イベントどちらも追加され、大型イベントは「E. 」小型イベントは「S. 」に振り分けられます。 振り分けられたイベントは、開放画面の右上のタブから切り替えられます。 データキーの入手方法 デイリー任務で入手 作戦履歴で必要となるデータキーはデイリー任務で入手することができます。 なお、デイリー任務で入手できるデータキーは 2個のため、イベントを一気に攻略するには数日分のデイリー任務のクリアが必要です。 最大所持数は30個まで データキーの最大所持数は30個までとなっています。 30個を超えた分のデータキーは自動で削除 入手できない ので注意しましょう。

次の

【コラム】おすすめのアズレンサイト

アズレン データ

は、Yostarが運営しているである。 ジャンルはとなっている。 美少女化した世界中の艦船が「海戦-ロマン-」を繰り広げるゲームとなっており、横スクロールなので操作性も抜群である。 のプレイヤーは軍事連合「アズールレーン」の指揮官となり、艦隊を率いて平和の為に戦い続ける。 では、海域を選択し、目標地点にある旗艦の撃破を目指していく。 途中敵に遭遇すると迎撃か回避か選ぶことができる。 しかし、回避は、残りの燃料によって成功確率が変動する。 バトルでは移動ボタンをスワイプすることで前衛艦隊を自由に移動、艦は自動で弾を撃ち続ける。 ボタンタップで魚雷を発射したり、画面外に控える主力艦隊から主砲を発射したりできる。 ユニットは建造やバトルのドロップで獲得。 それぞれが艦種、火力や耐久といったステータス、スキルを持っている。 バトルでレベルアップする他、不要なユニットを素材にして強化することも可能だ。 他にも防具や建造などもカスタマイズ可能なので、ぜひ一度遊んでみて欲しい。 が気に入った人は、やなどもチェックしてみて欲しい。 アズレン アズールレーン について アズレン アズールレーン のおすすめポイント は、中国のビリビリ動画で人気を博したキャラクターが登場するである。 「艦これ」や「戦艦少女R」の流れを継いだ作品で、キャラを集める楽しみと、深いやり込み育成がタップリ楽しめる。 の戦闘は艦これなどと一味違い、完全オートでないところがおすすめだ。 本作は、可愛いミニキャラが弾幕を撃ち合う横スクロールSTG風になっている。 プレイヤーの技術介入が必要で、弾幕を避けながらも魚雷、スキルで巨大砲弾や戦闘機爆撃を敵に当てていく。 のイラストは高品質で、ボイスもついている。 通常ステージでも高レアキャラがドロップすることがあり、すぐに多くの美少女キャラを獲得することができる。 またアップデートによって親密度の高い艦と「ケッコン」できるシステムも搭載された。 キャラの指に指輪をはめる演出が見られるなどかなり凝っている。 艦隊パーティは前衛と主力(後衛)に分かれていて、実際に動かすのは前衛の3体。 主力は援護射撃担当。 通常ショットは連結した3体が行うが連射やショットガン系など特性があり、編成次第でプレイスタイルが変わる。 には本格的な要素も揃っており、非常におすすめだ。

次の