的確 適確 違い。 「的確」の意味と使い方・「適格」「正確」「適切」との違い

【組織再編】非適格合併も悪くない

的確 適確 違い

あ、そればっちりです!ということを表現できる言葉に「適切」「適正」「的確」といったものがあります。 それぞれの違い・意味・使い分けは?と聞かれると、分かるようなピンとこないような。。。 調べて分かりやすくまとめました。 適切・適正・的確:意味の違い まずそれぞれの意味を見ていきましょう。 適切 「そのときの状況や場面、目的などに対して、いい感じ・ばっちりなこと」といったところです。 「駅員の適切な対応でみんな笑顔になった」「適切なツッコミがボケを面白くします」みたいな感じですね。 適正 「何かに対してちょうどよくて、正しいこと」となります。 「最近のキュウリは適正な価格とは思えない」「適正な組織運営でみんなハッピー?」といったところでしょうか。 的確 「間違いないこと」「核心を捉えていること」「はっきりとしており、確かであること」といった意味の表現です。 「的確な返答をもらった」「的確な指示をくれない上司は嫌い」「あの人の説明はポイントが的確で分かりやすい」みたいな使い方がありそうですね。 こうして見てみると、「的確」は他の2つとの違いが分かるかと思います。 ですが、「適切」と「適正」はなんだか、同じような意味のような違うような。。。 適切と適正の違いと使い分け では「適切」と「適正」は一体どう違うのでしょうか。 どちらも、「ちょうどよい」という部分は同じ意味合いを含んでいます。 特に適切の方は「まさにふさわしい」ということを表現するための言葉です。 一方の適正は、「ちょうどよい」のですが、さらに「正当・正しくて道理や人の道などに当てはまっている」という点が重要となります。 使い分けを見てみましょう。 例えば「適切な価格設定」と「適正な価格設定」とを比べてみた場合、「適切な価格設定」だと、その商品に対して「妥当な価格、その商品だとそのくらいの値段だよね」という感じになります。 いかがでしたか? これで3つの言葉を適切・適正・的確に使ってくださいね。

次の

「適確」と「的確」の違い

的確 適確 違い

「的確」と「適切」の違いを教えてください。 考えているうちに、余計にわからなくなってしまいました。 以下の文の「・・」に、それぞれ「的確」か「適切」のいずれかが1つずつ入ります。 「実態を・・に財務諸表に反映させ、投資者に対して・・な財務情報を提供する」 私は、両方とも「的確」でいいと思ってしまいます。 「適切」にすると間違いなのでしょうか。 あるいは意味がどう変わるのでしょうか。 補足回答ありがとうございます。 皆さんの回答を読み、自分の感覚がそれほど間違っていなかったとわかりました。 実は、皆さんからいただいた回答とは逆で、原文では一つ目が「適切」、二つ目が「的確」となっていました。 前後の文脈からか、原文は通常とは異なる用法となっているため、わからなくなったようです。 参考までに原文を示しますと、リンク先のPDFファイル21ページの64 1 です。 自分の中では言語化出来なかった違和感を言葉にしてくださった回答もありました。 改めて読み直した上でベストアンサーを選ばせていただきます。 ありがとうございました。 両方とも「的確」としても間違いではありません。 しかし、両方とも「適切」にすると「実態を・・に財務諸表に反映させ」が恣意的に行うというニュアンスになってしまします。 従って、いずれか一つづつを入れなさいであれば「的確」、「適切」と入れるのが正しいことになります。 前者は「的確」で、後者は「適切」です。 違いは正解を求めることを重視するか、ニーズに応えることを重視するかということです。 前者の例ですと、「実態」とは客観的な数字やデータで表せるものであって、誰の目で見ても納得できる形で、「財務諸表に反映させ」るべきものですよね。 そこで、「的確」が妥当になります。 後者の場合は、投資者のニーズというものは、人によってさまざまです。 たとえば長期的な運用を考える人もいれば、短期決戦でとにかく速く利益を得たいという人もいるでしょう。 つまり、最適解がいくつもあって、ニーズに応じて選択しなければならないということです。 その投資者のニーズに応えることが第一ということから、「適切」が妥当になります。 確かに、質問者様が疑問を呈しておられるように、後者で「的確」を使っても意味は通じます。 ただし、この場合、「適切」の方が、適切ということです。 最初は「的確に」で、次は「適切な」が入ります。 迷ったときは、類似する表現と置き換えてみるとわかりやすいですよ。 「的確」は、的をはずさずまちがいのないことですから、「まちがいのない」と置き換えられれば、その部分は「的確」でよいのです。 また、「適切」は、ある条件や事情、要求などにぴったりと合うこと、ふさわしいことで、「(ある条件に)ぴったり当てはまる」などと置き換えられるか試してみましょう。 実態を「まちがいなく=的確に」財務諸表に反映させ、投資者に対して「ぴったりと当てはまる=適切な」財務情報を提供する.

次の

「的確」と「適切」の違いを教えてください。考えているうちに、余...

的確 適確 違い

4です。 再び失礼します。 あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。 「適」と「的」の違いを考えてみます。 「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。 「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。 だから、意味がとても似ているのでしょう。 「適」は「かなう」。 資格に合っている、という意味。 反対語は「失格」(「不適格」もありますね)。 大事な点は押さえている(あるいは外していない)状態。 いずれにせよ、「的」には面積がありますので、「ぴったり」(的の中心)から一定の許容範囲があります。 法令用語としても、こう解釈すれば理解しやすいですね。 あるいは、No. 2様のご回答にある「適正確実」、「適切確実」と読み替えるのも一法。 ちなみに、このサイトでは、「適確」を「適正かつ効率的」、「的確」を「迅速・適正」の意味で使用しているようです。 もっとも、国語として吟味されたわけではないでしょうが・・・。 (さて、「適確」と「的確」はどこにあるでしょう?探してみてください。 笑) 「的確」は、的を外れず確かで間違いのないこと。 的確な判断を下す。 的確に表現する。 「適確」は、適正で確実なこと。 最もよい方法。 よく当てはまって間違いがないこと。 適確な措置を講ずる。 適確に遂行する。 意味としてはほとんど一緒ですね。 新聞では「的確」に統一してますし、かなり古いですが昭和36年の国語審議会でも一般用語としては「的確」だけでよいという扱いです。 要するに「的確」が一般的な表記です。 「適確」を用いているのは法令用語くらいかもしれません。 その法令ですが、「的確」を用いている法令は275本、「適確」を用いている法令は183本です。 う~ん、一緒ですね(笑)。 ちなみに、「適格」という語もあります。 これは定められた資格にかなっていることで、適格者、適格性、適格審査、税制適格、適格退職年金制度などがあります。

次の