寅 さん みつお。 映画「男はつらいよ」第48作で甥のみつおが過去の寅さんが恋...

おかえり みつお

寅 さん みつお

寅さんってどんな人? まず、若い方のために、寅さんがどんな人かをご説明しますね。 寅さんは、本名「車寅次郎(くるま とらじろう)」。 実家は、葛飾柴又で団子屋を営んでいるのですが、16歳のとき、父親と大げんかをして家を飛び出してしまいます。 その年齢だと高校に通っているはずなのですが、家出してしまったため、中退。 その後は、各地を放浪しつつ、テキ屋(お祭りなどで露店を出す人)に。 まともに学校に行っていないため、難しい漢字が読めなかったり、書く文章もちょっとおかしかったり…。 そんな寅さんですが、ちょっと血の気が多いところをのぞけば、義理人情に厚い、気の良いおじさんなんですよね。 寅さんの言葉は、本人が深く意識していないにしろ、聞く人の心を動かす温かいメッセージとなっています。 寅さんが、長く愛される理由は、そんなところにもあるのかもしれませんね。 どうして勉強しなくちゃいけないの?そんなとき、寅さんは… 寅さんには、寅さんの異母妹・さくらが生んだ甥っ子がいます。 甥っ子の名前は、満男(みつお)。 そんな満男が学生時代、勉強することについて悩んでいたのでしょう、寅さんにこう聞きました。 「何のために勉強するのかな?」 それに対して寅さんは「(前略)人間長い間生きてりゃいろんな事にぶつかるだろう。 」と話し始めます。 寅さんが言うには、自分のように勉強をしてこなかった人間は、そんなとき、サイコロの出た目で決めるか、そのときの気分次第で決めるしかないとのこと。 これは、シリーズ40作目となる『男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日』で披露された言葉。 寅さんが、自分の経験を踏まえ、甥っ子にわかりやすく説明していると思います。 詳しくは、「40」とナンバーがふってある画像をクリックしてみてくださいね。 [ad ad-1] 寅さんの名言、若い人の心にだって染みますよ 寅さんは、中年のおじさんなんですが、若者たちに向けてたくさんのメッセージを贈ってくれています。 例えば、第45作の『男はつらいよ 寅次郎の青春』では、「思っているだけで何もしないんじゃな、愛してないのと同じなんだよ」というセリフが。 第47作『男はつらいよ 拝啓車寅次郎様』では、「お前まだ若いじゃないか 燃えるような恋をしろ」と叱咤しています。 恋多き寅さんらしいセリフばかり。 もちろん、恋愛指南だけではなく、人生に迷ったときハッとさせられるような「どうした みんな元気をだせ もうすぐ青い鳥が見つかるぞ」(第37作『男はつらいよ 幸福の青い鳥』より)というセリフもあります。 寅さんにそう言われたら、元気を出すしかないですよね。 Amazonでは、寅さんの名言集も買えますよ〜。 まとめ 全48作が制作された人気映画『男はつらいよ』。 主演の渥美清さんが亡くなってしまったことで、物語は最後まで描かれることはありませんでしたが、今も、ファンの心の中では、寅さんは全国各地を旅しているんでしょうね。 寅さんが残してくれた言葉の数々は、名言として今後も伝えられていくことと思います。 寅さんの地元、葛飾柴又には「葛飾柴又寅さん記念館」もあり、足繁く通っているファンの方も多いとか。 記念館には、映画の名場面を振り返ることができるコーナーもあるようなので、往年のファンの方はもちろん、映画を見たことがない方にも足を運んでもらいたい場所となっています。 寅さんの名言に触れ、初めて作品を目にするという方も多いかもしれませんが、一つの作品を見るだけでも、きっと得るものはあると思いますよ。

次の

『男はつらいよ』寅さんが語る名言集!人生に、寅さんを。

寅 さん みつお

BSテレ東さんに感謝!!おかげさまで映画【男はつらいよ】にハマってる今日この頃。 毎週土曜日が待ち遠しくなってます(笑)。 といっても36話位で「ちょっと見てみようかな?」と何気に観たのがきっかけで、それまではとらさんの名前位は知ってても全く興味はありませんでした。 だがしかし・・・私もそれなりな年齢になったのか?はさておき、毎回同じパターンで展開する映画で、ちょっと寂しく、ちょっとおかしく、ちょっと現実離れした話だけど、毎回見終わるとなんだか「ほっと」する?心がHOTする(笑)?映画だと知りました。 さらに今でも活躍している俳優さん、女優さんがたくさん出演されているのでその人たちの演技を見るのもすごく楽しみで、特に笹野高史さんの役どころが毎回変わって今度はどこに登場するのかな?というのも私にとっては見所になっています。 今まで見た中で一番面白かったのは「ウィーン」を「湯布院だろ、知ってるよ、うん、湯布院」って勘違いする寅さんのセリフ。 久しぶりに大笑いしました。 さて、途中から見出した中で私の最大の疑問は何でずっと「とらや」だったのに40話で突然「くるまや菓子舗」になったのか??急にのれんが変わってすごく違和感がありました。 ひょっとして何かエピソードを見過ごした??と思ったのですが、どうやらそうではなかったようです。 これについてはすごく詳しく、関係者さん?とも思える位詳細に書かれているブログを見つけました。 その他いろいろな情報によると、撮影モデルとなったのはまた別のお店で、髙木屋さんという老舗のお菓子屋さんをスタッフなどの休憩などにも使わせていただいていたそうで、【男はつらいよ】の中では「とらや」(多分とらさんが継ぐであろう店ということだと思われます・・・)という名前でずっとやっていたそうなんですが、ある時同じ柴又に「とらや」という名前のお菓子屋さんができたんだそうです(情報を総合すると、多分ごにょごにょした事情があると思われます)。 そこで、そのまま「とらや」という名前を使うのはどう?という配慮から名前を「くるまや」にしたんだそうです。 てっきりせっかく名前を寅次郎から取って「とらや」にしたのに一向に継ぐ気配なし、そのうち妹のさくらさんが継ぐ可能性が濃厚になってきたから苗字の「車」から「くるまや」にしたんじゃ?と考えていましたが、これもちょっと違うみたいです。 髙木屋さんについては で詳しく掲載されています。 映画【男はつらいよ】は全48作で、42作目の「ぼくの伯父さん(1989年)」頃から主演「渥美清」さんの癌が発覚して体調が悪くなったことから寅さんの出る機会が減ってきてるのも感じるし、だんだんと生い立ちとかの昔話が増えてきたし、体調が悪い中撮影した映画だということが分かっているから感じるのかもしれないけど、なんだかさくらさん他家族の人たちの態度からも「寅さんがそのうち・・・」という感じが伝わってくる気がして、もちろん笑い要素、ほっとする要素はそのままあるんだけどなんだか寂しい感じの方が大きくなってきました。 今年50周年記念の新作映画がやるそうですけど、できれば劇場で見たいなぁと思ってます。 さらに「寅んく」っていうDVD BOXなどが入ったトランクも記念に発売されるようですが.

次の

映画「男はつらいよ」、寅さんのマドンナ遍歴~プロローグ

寅 さん みつお

懐かしい葛飾の桜が今年も咲いております…… 思い起こせば二十年前、つまらねぇことで親爺と大喧嘩、頭を血の出る ほどブン殴られて、そのまんまプイッと家をおん出て、もう一生帰らね ぇ覚悟でおりましたものの、花の咲く頃になると、きまって思い出すの は故郷のこと、……ガキの時分、鼻垂れ仲間を相手にあばれ回った水元 公園や、江戸川の土手や、帝釈様の境内のことでございました。 風の便りに両親 ふたおや も、秀才の兄貴も死んじまって、今はたった 一人の妹だけが生きていることは知っておりましたが、どうしても帰る 気になれず、今日の今日まで、こうしてご無沙汰に打ち過ぎてしまいま したが、今こうして江戸川の土手の上に立って、生まれ故郷を眺めてお りますと、何やらこの胸の奥がポッポッと火照って来るような気がいた します。 そうです、私の故郷と申しますのは、東京葛飾の柴又でございます。 あとはおしんこと海苔と鱈子 たらこ 一腹ね、 辛子のきいた納豆、これにはね、 生ネギをこまかく刻んでたっぷり入れてくれよ。 あとは塩こんぶに生玉子でもそえてくれりゃ、 もう何もいらねえよ、おばちゃん。 第5作望郷編 夏になったら、 鳴きながら、必ず帰ってくるあの燕 つばくろ さえも、 何かを境にぱったり姿を見せなくなることもあるんだぜ。 第7作奮闘編 例えば、日暮れ時農家のアゼ道を一人で歩いていると考えてごらん、 庭先にりんどうの花がこぼれるばかりに咲き乱れている農家の茶の間、 灯りがあかあかとついて、父親と母親がいて、 子供達がいて賑やかに夕飯を食べている。 これが……これが本当の人間の生活というものじゃないかね、君。 第8作寅次郎恋歌 言ってみりや、リリーも俺と同じ旅人よ。 見知らぬ土地を旅する間にゃ、 それは人には言えねえ苦労があるのよ……。 そんな時よ、そんな時、なんだかわけもなく悲しくなって、 涙がポロポロと出たりするのよ。 そういうことってあるだろう、おいちゃん。 第20作寅次郎頑張れ! そりや今は悲しいだろうけどさ、 月日がたてばどんどん忘れて行くものなんだよ。 忘れるってことは本当にいい事だよ。 第27作浪花の恋の寅次郎 俺から恋をとってしまったら、何が残るんだ。 三度三度メシを食って、ヘをこいて、クソをたれる機械、 つまりは、造フン機だよ。 第30作花も嵐も寅次郎 あいつがしゃべれねえーてのは、あんたに惚れてるからなんだよ。 今度あの子に会ったら、こんな話しよう、あんな話もしよう、 そう思ってウチを出るんだよ。 いざその子の前に座ると、ぜーんぶ忘れちゃうんだね。 で、馬鹿みてーに黙りこくってんだよ。 そんなてめえの姿がなさけなくって、こー、涙がこぼれそうになるんだよ。 な、女に惚れてる男の気持ちって、そういうもんなんだぞ。 第30作花も嵐も寅次郎 そんな人生もあるのねぇ。 明日何するかは明日になんなきゃ決まらないなんて、 いいだろうなぁ。 酒の香りを嗅ぐ。 酒のにおいが鼻の芯にジーンとしみとおった頃、おもむろに一口飲む。 さあ、お酒が入っていきますよということを五臓六腑に知らせてやる。 そこで、ここに出ているこのツキダシ、これを舌の上にちょこっと乗せる。 これで、酒の味がぐーんとよくなる。 それから、ちびりちびり、だんだん酒の酔いが体にしみとおってゆく。 たゆまず流れつづける川をながめますと、何やら、わたくしの心まで 洗い流される気がしてまいります。 そうして、いつしか思いおこされるのは、わたくしのガキの頃でござ います。 わたくしは川のほとりで生まれ、川をながめながら育ったの でございます。 祭から祭へのしがない旅の道すがら、きれいな川の流れに出会います と、ふと足をとめ、柄にもなくもの悲しい気分になって川をながめて しまうのは、そのせいかもしれません。 今頃、故郷に残したわたくしの肉親たち、たったひとりの妹さくら、 その夫の博、息子の満男、おいちゃん、おばちゃんたちはどうしてい るのでございましょうか。 そうです、わたくしの生まれ故郷ともうしますのは、東京は葛飾柴又、 江戸川のほとりでございます。 こんどの旅でぼくが分かったことは、ぼくにはもうおじさんのみっともない恋 愛を笑う資格なんかないということなんだ。 いや、それどころか、おじさんの ぶざまな姿がまるで自分のことのように哀しく思えてならないんだ。 だから、もうこれからはおじさんを笑わないことに決めた。 だって、おじさんを笑うことは、ぼく自信を笑うことなんだからな。 大変だね、この道楽も金がかかって」 典子 「まるで爪に火をともすように節約して、レンズ買ったりカメラ買ったり」 寅さん「ふーん、車に乗って一年中旅暮らしか」 典子 「一年中だなんて、そんなことできたらどんなにいいだろう。 現実はね、 せいぜい一週間よ。 おじさん、ぼくはこの頃、おじさんに似てきたと言われます。 言う人は悪口のつもりなんだけど、ぼくには、それが悪口に聞こえないのです。 おじさんは、他人の哀しみや寂しさをよく理解できる人間なんだ。 その点において、ぼくはおじさんを認めているからです。 だいたい男と女の間っていうのは、どこかみっともないもんなんだ。 後で考えてみると、顔から火が出るようなはずかしいことだってたくさんあるさ。 でも愛するってことはそういうことなんだろ、きれいごとなんかじゃないんだろ。

次の