ガラ ル マタドガス 弱点。 ガラルのすがたのマタドガスの弱点とレイド対策は?何人で倒せる?

【ポケモンGO】少人数撃破も簡単! ガラルマタドガス対策ポケモン一覧

ガラ ル マタドガス 弱点

マタドガス どくガスポケモン ガラルNo. 251 ぜんこくNo. 110 高さ 3. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力40 タイプ• 英語名• Weezing タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 35で『ドガース』から進化• また、技『どくびし』『まきびし』『ねばねばネット』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 『エレキフィールド』『サイコフィールド』『グラスフィールド』『ミストフィールド』の効果も受けない。 このポケモンが場にいる限り、すべてのポケモンの特性の効果が無効になり、発動しなくなる。 ただし、『バトルスイッチ』『ばけのかわ』などフォルムに関わる特性や、一部の固有の特性などには効かない。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 相手を『どく』状態にする。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 ダブルバトル用。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 通常攻撃。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 2回使うと『もうどく』状態になる。 『ひこう』タイプ、特性『ふゆう』のポケモンは効果を受けない。 『どく』タイプのポケモンが出ると効果がなくなる。 『どく』『もうどく』状態のすべての相手の『こうげき』『とくこう』『すばやさ』ランクを1段階ずつ下げる。 通常攻撃。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 場の状態が『ミストフィールド』で、自分が『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではなく地面にいる時、威力が1. 5倍になる。 道具を持っているポケモンは、道具を持っていない状態になる。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。

次の

【ソードシールド】マタドガス(ガラルのすがた)の種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

ガラ ル マタドガス 弱点

また、特性ふゆうを絡めれば対策必至のじめん技を無効にできるのが超強いです。 弱点はエスパー・はがね・じめんしかなく、ふゆうならエスパー・はがねのみです。 エスパー・はがねははがねポケモン1匹で相性補完が完結するので対策しやすいですね。 種族値 2019年8月17日現在では種族値の発表はありませんが、今まで出現したリージョンフォームは合計種族値に変化は無く、配分のみの差となっていますので、マタドガスの種族値を見てみます。 H 65 A 90 B 120 C 85 D 70 S 60 合計:490 種族値を見ると物理耐久に厚く、特殊方面はぺらいです。 マタドガスは高い物理耐久とおにびを覚えることから、物理受けとして使用されることが多いです。 個人的に残念配分な種族値ですが、ガラルのすがたになるときは種族値配分が変わるので、 それ次第では化けると思っています。 スポンサーリンク 新特性:かがくへんかガスがヤバい! から抜粋 マタドガス ガラルのすがた で登場する新特性:かがくへんかガスが超強力です! 効果は、かがくへんかガスのポケモンがいる間、 全てのポケモンの特性が無くなる。 という効果です。 ポケモンバトルにおいて、特性というのは勝敗を決する強力な能力です。 また、強力な特性を持っているだけで使用されているポケモンは非常に多いです。 それらすべてを無にするかがくへんかガスはポケモンバトルの環境を変える特性と言えるでしょう。 スポンサーリンク かがくへんかガスが刺さるポケモン リージョンフォームのマタドガスによるかがくへんかガスでマイナス方面に影響があるポケモンを見てみましょう。 ミミッキュ まず最初に思い浮かんだのがこのポケモンでした。 わたしはシングルバトルはやらないので、動画を見ているぐらいですが、特性が強すぎるが故にシングル環境でTOPなのかなという印象です。 もちろん、フェアリー・ゴーストという優秀な複合タイプもあるでしょうが、ばけのかわが無いミミッキュはそんなに強くないと思います。 つまり、マタドガス ガラルのすがた は ミミッキュにとって天敵といえるでしょう。 でも本当に?ミミッキュに安定して受けだせるのかな?でもZ技ないから剣舞積まれても行けるのか。 個人的にミミッキュに安定して出せるようなポケモンでは無い感じ。 対面は有利でしょう。 シングルやってないからわからん。 種族値次第? スポンサーリンク いかくもち全般 これはダブルバトルの話で、刺さっているのか?と言われれば疑問ですが、いかくでこうげきを下げて立ち回るのができなくなるのは厳しい気がします。 今までいかく対策といったら、まけんき・かちき・あまのじゃく・ビビりだま・クリアボディ系などがあげられていました。 しかしどれも最前で戦えるポケモンはあまりいなく、それに枠を使うならいかくは甘んじて受け入れよう。 というパーティがほとんどだと思います。 いかくや特性つぶしのためにマタドガスを入れるのは流行らない気がしてきました。 かがくへんかガスがメリットとなるポケモン 続いて、特性が消されることがメリットになるポケモンを紹介します! レジギガス 誰もが思いつく、特性がデメリットであるポケモンですね! レジギガスは特性:スロースターターにより、こうげき、とくしゅこうげき、すばやさが半分の状態でスタートします。 5ターン後元のステータスに戻るのですが、まもるを覚えないなど時間を稼ぐ術が乏しいため実用性皆無のポケモン。 しかしかがくへんかガスを展開すれば、最初から全力の 合計種族値670禁止伝説級のレジギガスが暴走します!! かがくへんかガス中はいかくも効かないため、レジギガスにデバフをかけることが難しく、にぎりつぶすで半壊させられることも珍しくなさそうです! こいつがダイマックスしたらどうなるんだよ・・・。 スポンサーリンク ケッキング 次に思いつくのがケッキングですね! とくせい:なまけで2ターンに1回しか行動できないため、そのターンにまもるを合わせれば何もさせずに倒せてしまうのでダブルバトルでは非常に数が少ないポケモン。 こちらもかがくへんかガスでなまけを消してあげば、フルパワーのケッキングが大暴れ! スカーフすてみタックルしているだけで強そう。。。 いかくでとめれんし。 あれ?結構つよい? まとめ マタドガス ガラルのすがた はダブルバトルで結構活躍するのではないでしょうか! マタドガスとレジギガスを組ませた、マタギガスが強そう!いかくきかないし。 ただ、元のマタドガスが合計種族値490のため、合計種族値は変わらず490でしょう。

次の

【ポケモンGO】マタドガス(ガラル)のレイド対策と弱点!おすすめポケモンは?人数何人なら倒せる?

ガラ ル マタドガス 弱点

もくじ• また、『どくびし』『まきびし』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 【かがくへんかガス】 このポケモンがいる限り、場にいる全てのポケモンの特性の効果が無効になり、発動しなくなる。 特性「ふゆう」採用時は、弱点が2つだけになり、耐性を5つ持つので耐久面は優れています。 防御種族値が高いので、アーマーガアと同じように物理受けで機能します。 とは言え、攻撃能力も悪くはないですし、「かえんほうしゃ」なども覚えるので、苦手なはがねタイプに対抗できるのはいいですね! 特性「かがくへんかガス」、夢特性「ミストフィールド」などの特性も非常に有用ですね! マタドガス ガラルのすがた の育成論 特性 【ふゆう】 じめんタイプの技を受けない。 また、『どくびし』『まきびし』や特性『ありじごく』の効果を受けない。 トリックルームを意識しない場合は、「ずぶとい」で構いません。 道具「くろいヘドロ」は、どくタイプ専用のたべのこしの効果を持ちます。 その他のポケモンに「たべのこし」を譲れるのもメリットですね。 マタドガス ガラルのすがた は、 高い物理耐久と「おにび」で「ミミッキュ、ドラパルト」などに強く出れます。 特に、ミミッキュの「つるぎのまい」からの攻撃は、「おにび」で封殺できますしね。 能力ランクの上がる効果を無効にする「クリアスモッグ」もあるので、積み系のポケモンにかなり強く出られます。 今作ではダイマックスでどんどんステータスを上げてきますし、クリアスモッグはかなり刺さるんですよね! タイプ一致のメインウェポン「ワンダースチーム」は、混乱効果も狙える優秀な技です。 「かえんほうしゃ」は、苦手なはがねタイプへの打点を持てますし、物理耐久が高いので特殊の少ないはがねに対抗しやすいです。 まとめ アーマーガアもいいですが、マタドガス ガラルのすがた も物理受けとしては超優秀です! 出来ることが違ってくるので、使い分けてみるのが良いと思いますよ。 アーマーガア対策はされやすいですが、マタドガス ガラルのすがた 対策はまだ薄い印象なので有利に働きやすいです。

次の