ゴーヤ 豚肉 レシピ。 ごはんが進むゴーヤの味噌炒めのレシピ/作り方:白ごはん.com

ごはんが進むゴーヤの味噌炒めのレシピ/作り方:白ごはん.com

ゴーヤ 豚肉 レシピ

アレンジそうめん第2弾は夏野菜のゴーヤをたっぷり消費 夏の定番料理、そうめん。 それにプラスして夏野菜の代表のゴーヤとトマトをいっぱい使った、 夏と夏と夏の夏トリオな、そうめんアレンジです。 豚肉の旨味、ゴーヤの苦み、トマトの酸味で、僕自身大好きなメニューです。 たっぷりとゴーヤを使うのでゴーヤチャンプル以外ではちょっと珍しい、 待望のゴーヤの大量消費メニューでもあります。 笑 今回の食卓構成は、たこの酢の物と万願寺唐辛子のじゃこ和えをプラス。 まさに夏の食卓となっています。 トマトとゴーヤと豚肉そうめんのレシピ 【材料】 5~6人前 [素材] 豚肉 1パック ゴーヤ 1本 トマト 2玉 そうめん 6束 ねぎ 1束 みょうが 1パック 大葉 1パック [調味料] めんつゆ 適量 【下ごしらえ】 ゴーヤを半分に割って、中のワタを捨て、厚さ1cmくらいにスライスする。 豚肉を食べやすい大きさにカットする。 トマトを1cm角くらいにダイスカットする。 ねぎは小口切りにしておく。 もちろんパック入りの刻みネギでも可。 みょうがと大葉は細切り。 鍋に水をたっぷり入れて、お湯を沸かしておく。 【調理手順】 1 フライパンにお湯を沸かし、ゴーヤの苦みを抜くためにたっぷりのお湯で煮こぼす。 2 ゴーヤがしんなりしたら、いったんザルにあける。 3 フライパンに豚肉を入れ炒める。 豚肉に火が通ったらゴーヤを加える。 ゴーヤの色が変色する前に火を止める。 4 大きなボウルに炒めたゴーヤと豚肉を入れダイスカットしたトマトを合わせ、めんつゆで味をつける。 5 お湯を沸かした鍋にそうめんを入れて茹でる。 麺に火が通ったらザルにあけ流水で洗う。 6 お皿にそうめんを盛り付け、ゴーヤ豚肉トマトを上から掛けて、ねぎやみょうが大葉を散らし、めんつゆを回し掛ければ、トマトとゴーヤと豚肉そうめんの完成です。 今回、トマトを湯剥きしましたが、皮つきのままでも問題ありません。 キュウリは5mm幅にスライス、わかめは、ざく切りにしておく。 【調理手順】 1 調味料を小鍋に入れ、一度軽く煮沸。 粗熱を取っておく。 2 ボウルに調味料、たこ、きゅうり、わかめを入れ、よく混ぜ合わせる。 3 ボウルごと冷蔵庫に入れ、10分程度たてば、たこの酢の物の完成です。 〇調理のポイント わかめは、乾燥タイプではなく生のわかめを使えば食感も良く、 戻す量が多すぎるなどのミスもなくなるのでオススメです。 【調理手順】 1 フライパンにサラダ油をひき、カットした万願寺唐辛子をくわえて炒める。 2 万願寺唐辛子に火が通ったら、ちりめんじゃこを入れ、よく混ぜ合わせる。 3 材料が混ざったら残りの調理量を加え、さらに混ぜ合わせれば、ちりめんじゃこと万願寺唐辛子の炒め和えの完成です。 〇調理のポイント 今回は京野菜の万願寺唐辛子を使用しましたが、手軽にピーマンでも大丈夫です。 投稿に関してはこちらで掲載したいと思います。 まちけい食堂が提案するアレンジそうめん第2弾のコラム アレンジそうめん第2弾に使用する食材についての、 うんちく的コラムを書いてみました。 あわせてお読みください。 ま・と・め! 炒めたゴーヤと豚肉、茹でたそうめんとカットしたトマトを和えてめんつゆを掛けるだけで、 美味しくて簡単なアレンジそうめんの完成です。

次の

そうめんアレンジレシピ第2弾!ゴーヤと豚肉とトマトのそうめん

ゴーヤ 豚肉 レシピ

ゴーヤの下ごしらえ ゴーヤは縦半分に切って、スプーンを使って種を取り除き、切り分けます。 ゴーヤを切る幅は4〜5㎜強くらいがおすすめ。 薄すぎるとゴーヤチャンプルーは美味しくありません!! 砂糖と塩をまぶしたら軽く混ぜ合わせ、5分ほどおいておけばゴーヤの下処理完了です。 ゴーヤのワタをどのくらい取るのか、塩・砂糖併用の詳細はをチェックしてください。 ゴーヤのワタをどのくらい取るのか、塩・砂糖併用の詳細はをチェックしてください。 ゴーヤの味噌炒めのレシピ/作り方 ゴーヤの他には、豚バラ肉を100gほど用意します。 肉は2〜3cm幅に切ります。 生姜、にんにくはそれぞれ皮をむいてスライスしておきます。 また、炒め物を始める前にAの調味料を容器に合わせ、よく混ぜ合わせておきます。 フライパンにサラダ油をひき、生姜とニンニクを弱火でじっくり炒めます。 次に肉を広げ入れ、肉にある程度火が通ったら下ごしらえしたゴーヤの水気をよく切ってから加えます• 強火でゴーヤを炒め、ゴーヤの表面に透明感が出てきて火が通ってきた頃に、合わせておいた味噌だれを加えます。 フライパンを振って全体を炒め、味見をして、味噌が足りなければ味噌を足すなどして出来上がりです。 器に盛ってから仕上げに粗挽きの黒胡椒を振りかけても美味しくなります。

次の

ごはんが進むゴーヤの味噌炒めのレシピ/作り方:白ごはん.com

ゴーヤ 豚肉 レシピ

豆腐とゴーヤの下ごしらえ ゴーヤチャンプルには崩れにくい木綿豆腐がおすすめですが、その下ごしらえとして、 キッチンペーパーや布巾などに豆腐を包んで、1時間ほど重しをして水切りをします。 (夏場は冷蔵庫に入れるなどしておき)手でちぎることができるくらいまで、豆腐の水気を切るようにしてください(豆腐は適当な大きさにちぎっておきます)。 ゴーヤはヘタを切り落として縦半分に切り、タネとワタを除いて 5㎜幅ほどに切ります。 豚バラ肉は3〜4cm幅に切り、 塩とこしょう少々(各分量外)をふっておきます(好みで風味の強い粗びき黒こしょうを使っても!)。 フライパンに炒め用の油(小さじ1)を入れて中火にかけます。 熱くなれば豆腐を入れ、 豆腐の両面に軽く焼き色がつくまで焼いて、一度バットなどに取り出します。 フライパンはそのまま、ごま油小さじ1を追加します。 下ごしらえしたゴーヤからは水分が出てきているので、その水分は捨て、 特に洗ったりせず、ゴーヤをそのまま入れて炒めます。 (火加減は弱めの中火ほどで)ゴーヤに透明感が出で軽く火が通るまで炒めます。 後からも加熱するので、8割ほど火を通すくらいの気持ちで。 軽く火が通ったゴーヤも一旦取り出します。 豚肉の色が全体的に変わってくれば、豆腐とゴーヤを戻し入れます。 この時、 取り出しておいた豆腐から出た水気は入れないようにします。 火加減は中火で、全体をさっと炒め合わせ、 塩ひとつまみとこしょう少々(各分量外)で下味をつけます。 次に、溶き卵1個分を全体に流し入れます。 卵を入れた後は、10秒ほど待ってからフライパンをふります。 少し待つのがポイントです。 卵が細かくなりすぎず、肉やゴーヤなどの具材に卵がしっかりと絡んで固まってくれます。 最後に 仕上げの調味料(醤油小さじ2)をフライパンの淵からまわしかけ、さっと炒め合わせれば完成です。

次の