出雲 大社。 出雲大社(いずもたいしゃ)とは

【出雲大社】アクセス・営業時間・料金情報

出雲 大社

現在の本殿(国宝)は延享元年(1744)造営されたもので高さは約24mですが、出雲大社の社伝によれば、太古の時代、出雲大社本殿の高さは現在の4倍、約96mあったということです。 本殿の後ろにある八雲山が約100mですから、山の頂上付近に千木(本殿屋根の先端にある交差した二本の木)が見えていたと想像すると、現代でも圧倒される高さです。 また平安時代の頃には約48mあったと伝えられ、平安時代中期の貴族の子弟の教科書『口遊(くちずさみ)』には、雲太(うんた)、和二(わに)、京三(きょうさん)という言葉が記されており、これは当時の建物の高さベスト3を表現していると言われています。 「雲太」とは出雲大社本殿、「和二」は東大寺大仏殿、「京三」は京都御所の大極殿を示し、当時本殿が日本一の高さを誇っていた事が分かります。 この説は明治時代から様々な研究がなされ、当時の技術ではその高さの木材建築は不可能ではないかとも言われてきました。 しかし2000年に本殿の南側で鎌倉初期の造営と推定される三本一組の巨大な柱根が発掘され、巨大な神殿の存在を裏付ける発見となりました。 出雲大社の主祭神である大国主大神は、多くの兄弟の末っ子として出雲に生まれました。 大きな袋と打出の小槌を持って米俵の上に立つ「だいこく様」の姿でもお馴染みです。 大国主大神は出雲王朝を繁栄させるという偉業を成し、多くの女神と結婚してたくさんの子供をもうけました。 大国主大神が縁結びの神様と言われる由縁でもあります。 出雲大社には「大きなもの」がたくさんあります。 出雲大社御本殿は現在も神社建築の中では日本一を誇りますが、平安時代には現在の約2倍の高さ、48mあったといわれています。 この巨大神殿は長い間伝説とされていましたが、2000年に出雲大社境内遺跡から当時のものとされる柱が発見され、神殿の存在を証明するものとして注目されました。 (実際に発掘された柱は、出雲大社宝物殿及び古代出雲歴史博物館でご覧いただけます。 ) 主祭神の大国主大神は、とにかく大きいものを好まれたのでしょうか?雄大な雰囲気の漂う出雲大社は、「大いなる国の王」の名を持ち、福徳の神でもある大国主大神のおおらかさを表現しているようです。 名称 出雲大社 住所 出雲市大社町杵築東195 問い合わせ電話番号 0853-53-3100 営業時間 参拝可能時間/6:00~20:00 御守所 6:00~20:00 16:30より警備の都合上、十九社から北側へは行けなくなります。 定休日 年中無休 駐車場 有り 385台 平均予算 お一人様 【料金】 宝物殿/大人300円、大学・高校生200円、中・小学生100円、幼児無料 彰古館/大人200円、大学・高校生100円、中・小学生50円 土・日・祝日、大祭礼期間(5月14日~16日)、神在祭期間(旧暦10月11日~17日)、正月(概ね元日から5日)、大型連休期間(ゴールデンウィークほか)のみ開館 交通アクセス 山陰道出雲ICよりR431を出雲大社方面へ。 車で20分。 山陰道斐川ICよりR9を出雲市方面へ、県道28号線経由出雲大社方面へ。 車で約30分 一畑電車出雲大社前駅より徒歩約10分 JR出雲市駅より一畑バス「出雲大社」、「出雲大社・日御碕」行きバス「正門前」または「出雲大社」バス停下車、徒歩約1分.

次の

【出雲大社】アクセス・営業時間・料金情報

出雲 大社

概要 [ ] の出雲大社の境内に本部(教務本庁)があり、出雲大社の職員が出雲大社教の職員を兼務している。 ただし、出雲大社が神社本庁に所属するのに対し、出雲大社教は神社本庁には所属していない。 法的に言うと、宗教法人出雲大社が宗教法人神社本庁の被包括宗教法人であるのに対し、宗教法人出雲大社教は宗教法人神社本庁の被包括宗教法人ではなく、単立宗教法人となっている。 明治時代に、日本の神道諸派を糾合して国家()における宗教行政を定めるために設立されたにおいて、出雲大社系の神官(「出雲派」、または「大社派」)が伊勢神宮系の神官(「伊勢派」、または「神宮派」)と対立した結果、伊勢派が主流を占める国家神道から出雲派が独立する形で設立された物である。 宗教としては神道系新宗教(教派神道)に分類される。 明治13年に東京都日比谷の神道事務局に設けられた神宮遥拝所において、神造化三神(、、)およびの四柱を祀ると決定されたことに対して、出雲派は大国主大神も祀るべきだと主張し、伊勢派との間で大きな論争になったが、伊勢派がの支持を得たこともあって、出雲派は敗北し、大国主は祀られないことになった(明治13年の祭神論争)。 さらに、明治15年1月に明治政府が布告した「神官教導職分離令」によって、神社に奉仕する神官と布教を行うが分離され、これによって出雲大社に勤務する神官が国家とは別に独自に出雲信仰の布教を行うことが禁止された。 そのため、当時の出雲派(千家)のトップである千家尊福は、出雲大社大宮司を辞職して自らが教団の開祖となり、信仰組織を出雲大社本体および国家神道から分離させる形で明治15年に設立した。 出雲大社教は昭和26年に出雲大社と統合されたが、その後も法人としては出雲大社教と出雲大社は別団体となっている。 大神を主神として祀っており、大国主への祭祀を担う出雲国造家の始祖であるを「教祖」としている。 出雲大社教の事実上の創始者である千家尊福は「開祖」とされており、代々の出雲国造は天穂日命の子孫としてその霊魂を継承しているので、出雲国造家第80代の千家尊福もまた天穂日命であるとされる。 なお、伊勢派の神道(昭和21年に設立された宗教法人神社本庁を運営している)において祭祀を担っている天皇家は、を始祖としているが、この瓊瓊杵尊は天穂日命の兄()の息子と言う位置づけである。 なので、天皇は「出雲大社教の教祖の兄の息子の子孫」と言う位置づけになる。 明治6年に千家尊福が全国各地の出雲講(出雲大社を宗祠とする組織)を結集して設立した「出雲大社敬神講」を母体とする。 布教機関は全国に渡り設けられていて、特にを中心としたに多くの、等がある。 これらは神社本庁にも出雲大社にも所属せず、あくまで「出雲大社教の布教機関」であるため、「神社」や「分社」などと名乗ることはない(法的に言うと、宗教法人神社本庁の被包括宗教法人であるところの「神社」でもなく、宗教法人神社本庁の被包括宗教法人である宗教法人出雲大社の被包括宗教法人であるところの「分社」でもなく、あくまで宗教法人出雲大社教の被包括宗教法人である)が、アメリカ占領時代の沖縄に設置された「出雲大社沖縄分社」のみは、当時「教会」の呼称が認められなかったため、例外的に「分社」を名乗っている。 有名なところでは、出雲大社教の成立に伴って出雲派の神社であったから分離する形で設立されたなどがある。 また、全国に出雲大社を信仰する組織があり、「講」と呼ばれる。 出雲大社教は教団としてこれらの講を包括する組織であるが、組織性はあまり強くない。 統理者にあたる職はが代々している。 現在の管長は六代・である。 出雲大社附属の養成所であるでは、卒業の際、の神職の階位のほかに出雲大社教の教師資格も授与される。 なお、同じく出雲大社と大国主を祀るは、南北朝時代に出雲家から分かれた千家とともに出雲国造を担った北島家(北島国造家)が興した神道の一派。 北島家は明治時代まで出雲大社の宮司職を千家と分担していたが、明治15年の「神官教導職分離令」に伴い千家が出雲大社教を起こしたのと同様に、北島家も出雲大社から分離して出雲教を結成した。 第二次大戦後に出雲大社と出雲大社教が統合され、出雲大社の宮司職は千家が独占するようになったため、北島家は出雲大社の敷地に隣接する北島家の屋敷(北島国造館)にて出雲大社を祀っている。 常陸国出雲大社(旧・出雲大社常陸教会)は、出雲大社教からの分派である。 2013年、出雲大社常陸教会がとタイアップしたことに対して、神社本庁の昭和54年通達「神符守札を一般商品の付加品としたり、宣伝の材料にしてはならない」という規定に反するとして出雲大社教が通告文を提出したが、本来なら神社本庁と対立する存在であるはずの出雲大社教が神社本庁の通達を名目に通告文を提出してきたことなどに、出雲大社常陸教会側が不満を募らせ、独立した。 なお、出雲大社が常陸教会にたいして(出雲大社宮司で、出雲大社教では「国造様」と呼ばれる)の名前を出して通告した、とで報道されたことに対しては、出雲大社と出雲大社教は無関係であるのでそのようなことはない、と出雲大社教側ではしている (このように、戦後の出雲大社と出雲大社教は実質的に統合されているにもかかわらず、名目上は別団体であり、出雲大社は神社本庁に従属しているのに対して出雲大社教は神社本庁と対立しているという、微妙な関係にある)。 教義 [ ] (おおくにぬしのおおかみ)を奉斎し、「生死一つながらの の道 」を説く。 また、人間は「霊止(ひと)」として霊的な存在であり、親神の、(さきみたま・くしみたま)の恩頼(みたまのふゆ) によって先祖からの一貫した霊を継承し、現身(うつしみ)の誕生があるとする。 教書として「教旨大要」「大道要義」「出雲大神」「国の真柱」「大道問答」「風教百首講説」「幽顕分界話」「教会撮要」「氏子の心得」「道の一草」などがある。 沿革 [ ] 1873年(明治6年)、千家尊福が布教のため創設した「出雲大社敬神講」を前身とする。 (明治15年)の「 分離令 」によって神職の布教活動が原則禁止されたため、出雲大社より独立し別組織「神道大社派」(のちに「神道大社教」へ改称)となる。 (昭和26年)、出雲大社は国家管理を離れ、1882年の分離令も失効したため、出雲大社に復帰合併し、出雲大社の職員が出雲大社教の職員を兼ねる。 また教団名を「〜たいしゃきょう」から「 〜おおやしろきょう」と改称する。 年表 [ ]• (6年) - 出雲大社が「 出雲大社敬神講」を組織、社務所内に大社教院を設ける• (明治8年) - 全国の神道家によって設立• (明治15年)• 1月 - 政府により、神官の布教および葬祭の禁止法令(神官教導職分離令)• - 出雲大社と分離、「 神道大社派」の設立• 11月 - 「 神道大社教」と改称、千家尊福が宮司職を後継へ譲り初代管長となる• (明治19年) - 祖霊社が出雲大社(銅鳥居前)を離れ、西方の現在地へ移転• (26年)4月 - 出雲大社と出雲大社教が復帰統合• (昭和57年) - 特立100周年祭• (6年)- 初代管長生誕150周年祭 施設 [ ]• 出雲大社阪神分祠(地方教会例。 兵庫県尼崎市) 神語 [ ] しんご とは 出雲大社教や出雲大社などがなどで用いる最も重要な唱え詞。 神語は、すなわち「幸魂奇魂守給幸給」(さきみたま くしみたま まもりたまえ さきはえたまえ)である。 で、大国主大神は少彦名に去られてしまい、大変に困っていた。 その時、海原を照らし寄ってくる神があった。 それが「幸魂奇魂」であった。 大国主大神は、自分の生命の中に潜む「幸魂・奇魂」という偉大な御霊力により「縁結びの大神」になられた。 「幸魂奇魂守給幸給」は、花が「咲く」、布を「裂く」という言葉のように、「増加」や「分裂」の意味と、「櫛」や「串」の言葉のように「整える」や「統一する」という意味を持つ。 神語を唱えれば、分化繁殖したものを統一し、調和のとれたものとなり発展し、大国主大神の道に神習い、明るく和やかな日々が送れるという。 この「神語」を「奉書」して出雲大社に奉納る 神語奉書も大切な儀礼である。 では「南無阿弥陀仏」とか「南無妙法蓮華経」…、またでは「アーメン」ともいう。 出雲大社では「神語」すなわち「幸魂奇魂守給幸給」 「さきみたま くしみたま まもりたまえ さきはえたまえ」 である。 神語を唱える事により、大国主大神から御霊力を頂く事ができ、大きな幸せの縁を結んで頂けるという。 なおや慰霊祭などでは 幽冥神語 ゆうめいしんご 「幽世大神憐給恵給幸魂奇魂守給幸給」 かくりよのおおかみ あわれみたまえめぐみたまえ さきみたまくしみたま まもりたまえさきわえたまえ)を唱える。 「神語」も「幽冥神語」も通常は三唱するが、非常にゆっくりと、また独特な節回しを用いる。 教師の称号・等級 [ ]• 大教正 (一級)• 権大教正(二級)• 中教正 (三級)• 権中教正(四級)• 少教正 (五級)• 権少教正(六級)• 大講義 (七級)• 権大講義(八級)• 中講義 (九級)• 権中講義(十級)• 少講義 (十一級)• 権少講義(十二級)• 訓導 (十三級)• 権訓導(十四級) 服制 [ ] 出雲大社教では服制を定め、身分別に規定がある。 正装 [ ]• 六級以上 - 紫(輪無唐草紋)、紫(有紋、三級以下無紋)、(繁紋)• 七級以下 - 緑袍(輪無唐草紋)、浅黄奴袴(無紋)、冠(繁紋) 斎服 [ ] 白袍(無紋)、白差袴(無紋)、冠(遠紋、二級以上繁紋)。 略服 [ ] 有紋、差袴(色目は正服に準ずる)、。 葬祭服 [ ] 白絹又は無紋鈍色衣冠。 従者は布衣、笏または中啓、烏帽子、鈍か白袴。 女教師正服 [ ] 上着は固地織紫有紋、紅色、垂髪、檜扇かボンボリ、靴か草履、ただし三〜六級の上着は平絹濃色とし七級以下は平絹松葉色。 女教師略服 [ ] 有紋狩衣、烏帽子、紫有紋袴、笏又はボンボリ、靴又は草履。 ただし三級以下は紫無紋袴、七級以下は浅黄無紋袴。 女教師礼服 [ ] 白生絹か白平絹無紐水干、額当、紅繁菱綾単、紫有紋袴、笏かボンボリ、靴か草履。 ただし三級以下は浅黄無紋袴。 専門用語 [ ]• おくにがえり-へすること。 おにわふみ-出雲大社のを参進すること。 戒諭文-で斎主が遺族に対し宣読する教え。 御親大神-のこと「みおやのおおかみ」。 国造-出雲大社だけはコクゾウではなく「コクソウ」と発音。 神誡-神前で斎主が新郎新婦に対し宣読する教え。 琴板-重要神事で用いるだが弦はなく撥で打ち鳴らす。 みつえしろ-の称号のひとつ。 御玉串-御神威を拝礼祈念するみしるしで「箱玉串」と「板玉串」がある。 おつち-稲佐の浜の塩掻島の海中の塩砂でに用いる。 はだかまいり-病気を治すために行う海と出雲大社での儀式。 蟇目講-災いを祓い福を呼ぶための。 出雲屋敷-出雲大社に伝わる特殊な。 出雲年貢-出雲屋敷を行った家が毎年納める。 福徳会-旧正月に越年参詣し抽選を行う。 神饌講-御祭神にお供えをさせて頂く講。 龍蛇神講-御使神の龍蛇神の意味を理解し崇敬する講。 御神供-お供えした御洗米が封入されたもので、ご飯と炊きこんで頂く。 顕世 うつしよ -見える世界。 この世。 画像-大国主大神の御神像を描いた御神札。 剱先-剱の形をした御札で玄関などに祀って災難を防ぐ。 幽世-見えない世界、あの世。 かくりよ。 五方札-四方と中央の柱などに貼付し御霊威を頂く。 関札-玄関などに祀って御守護を頂くもの。 丹所-江戸時代に出雲大社の布教などに使用された地方の建物。 古伝新嘗祭-を出雲大社では古伝新嘗祭 こでんしんじょうさい と呼ぶ。 御忌-神在祭期間中の謹みのこと。 おいみ。 神等去出祭 からさでさい -全国の神々を出雲大社から送り出す神事。 身逃-御神幸前にが自宅を出て他のに移ること。 宗祠-出雲大社のこと。 幽顕 ゆうけん -見えない世界と見える世界。 また出雲大社教新聞の名称。 御師 おし -の布教。 出雲ではオンシではなくオシ。 教信徒-出雲大社教の信者のこと「まめびと」ともいう。 玉串拝礼-出雲大社では奉奠ではなく「玉串拝礼」。 拍手数、作法等、一般神社とは異なる。 布教機関 [ ] 分社 [ ]• 分祠 [ ]• 分院 [ ]• (出雲大社布哇分院) 教会 [ ]• 出雲大社網走教会• 出雲大社敬神恵紘教会• 出雲大社三神教会• 出雲大社函館教会• 出雲大社石川教会• 出雲大社岩手教会• 出雲大社北鹿教会• 出雲大社会津教会• 出雲大社東京甲子教会• 出雲大社金沢教会• 出雲大社富士教会• 出雲大社豊多摩教会• 出雲大社美濃教会• 出雲大社飛騨教会• 出雲大社釜戸教会• 出雲大社吉永教会• 出雲大社三河教会• 出雲大社愛知日の出教会• 出雲大社一宮大和教会• 出雲大社淡海教会• 出雲大社紫野教会• 出雲大社都教会• 出雲大社七条教会• 出雲大社伊勢泉教会• 出雲大社加古川教会• 出雲大社安積教会• 出雲大社日高教会• 出雲大社玉置教会• 出雲大社中紀教会• 出雲大社礫山教会• 出雲大社新宮教会• 出雲大社浜村教会• 出雲大社鹿野教会• 出雲大社由良教会• 出雲大社上道教会• 出雲大社妹尾教会• 出雲大社倉敷教会• 出雲大社英田教会• 出雲大社久世教会• 出雲大社真庭教会• 出雲大社尾原教会• 出雲大社新見教会• 出雲大社野馳教会• 出雲大社矢神教会• 出雲大社木之子教会• 出雲大社星田教会• 出雲大社比婆教会• 出雲大社東城教会• 出雲大社尾道教会• 出雲大社備南教会• 出雲大社岩国教会• 出雲大社玖珂教会• 出雲大社玖西教会• 出雲大社三丘教会• 出雲大社大向教会• 出雲大社中須教会• 出雲大社宇部教会• 出雲大社大津教会• 出雲大社昼間教会• 出雲大社美馬教会• 出雲大社長生教会• 出雲大社土居教会• 出雲大社越智教会• 出雲大社市木教会• 出雲大社安芸教会• 出雲大社豊永教会• 出雲大社伊勢川教会• 出雲大社幡多教会• 出雲大社屋形原教会• 出雲大社唐津教会• 出雲大社庄内教会• 出雲大社木佐上教会• 出雲大社熊本教会• 出雲大社高千穂教会 講社 [ ]• 出雲大社三本木講社• 出雲大社岩手講社• 出雲大社十和田講社• 出雲大社仙台光健講社• 出雲大社福島中央講社• 出雲大社信達講社• 出雲大社福信講社• 出雲大社千葉総国講社• 出雲大社代々木講社• 出雲大社東京大神宝講社• 出雲大社武蔵野未来講社• 出雲大社川崎和貴講社• 出雲大社横浜講社• 出雲大社伊勢支教会• 出雲大社越後石沢講社• 出雲大社佐久之宮講社• 出雲大社信州飯田講社• 出雲大社藤枝講社• 出雲大社島田講社• 出雲大社尾張講社• 出雲大社神満講社• 出雲大社草津支教会• 出雲大社相馬講社• 出雲大社高槻和講社• 出雲大社浪速講社• 出雲大社堺神光講社• 出雲大社和歌山至福講社• 出雲大社鴨方講社• 出雲大社神目支教会• 出雲大社鶴山支教会• 出雲大社安藝講社• 出雲大社広島敬神講社• 出雲大社通津長野講社• 出雲大社宇和講社• 出雲大社佐世保講社• 出雲大社小倉講社• 出雲大社八幡講社• 出雲大社マレーシア講社 その他 [ ]• 出雲大社旭川分社• 常陸国出雲大社• 出雲大社境陸乃社• 関西出雲大社• 出雲大社分神出雲神社• 鎮西出雲大社• 出雲大社先嶋本宮 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• - 出雲大社教• - 産経新聞 2014年6月19日• - 常陸国出雲大社• - 出雲大社教(いづもおおやしろきょう)• 出雲大社教神道青年会『縁結び大国主大神とわたくしども』1978年6月17日発行全229頁中40頁• - 出雲大社東京分祠• 『見えざる世界』発行出雲大社教教務本庁昭和63年4月1日全179頁中154頁• 『えんむすび』発行出雲大社教青年部昭和55年6月17日発行全226頁中53頁• 『出雲大社教教規』出雲大社教教務本庁昭和58年6月9日発行全31頁中18頁• 『出雲大社教教規』発行出雲大社教教務本庁昭和58年6月9日全33頁中33頁• 『出雲大社教布教師養成講習会』発行出雲大社教教務本庁平成元年9月全427頁中 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (1814年)• (1840年)• (1859年)• (1869年)• (1872年)• (1873年)• (1880年)• (1882年)• (1882年)• (1892年)• (1900年)• (1905年)• (1908年)• (1916年)• (1927年)• (1930年)• (1930年)• (1932年)• (1935年)• (1941年)• (1945年)• (1946年)• (1947年)• (1948年)• (1948年)• (1949年)• (1952年)• (1952年)• (1954年)• (1955年)• (1957年)• (1958年)• (1970年)• (1970年)• (1972年)• (1984年)• (1985年)• (1999年) 天理系.

次の

【刀剣ワールド】出雲大社|刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀

出雲 大社

現在の本殿(国宝)は延享元年(1744)造営されたもので高さは約24mですが、出雲大社の社伝によれば、太古の時代、出雲大社本殿の高さは現在の4倍、約96mあったということです。 本殿の後ろにある八雲山が約100mですから、山の頂上付近に千木(本殿屋根の先端にある交差した二本の木)が見えていたと想像すると、現代でも圧倒される高さです。 また平安時代の頃には約48mあったと伝えられ、平安時代中期の貴族の子弟の教科書『口遊(くちずさみ)』には、雲太(うんた)、和二(わに)、京三(きょうさん)という言葉が記されており、これは当時の建物の高さベスト3を表現していると言われています。 「雲太」とは出雲大社本殿、「和二」は東大寺大仏殿、「京三」は京都御所の大極殿を示し、当時本殿が日本一の高さを誇っていた事が分かります。 この説は明治時代から様々な研究がなされ、当時の技術ではその高さの木材建築は不可能ではないかとも言われてきました。 しかし2000年に本殿の南側で鎌倉初期の造営と推定される三本一組の巨大な柱根が発掘され、巨大な神殿の存在を裏付ける発見となりました。 出雲大社の主祭神である大国主大神は、多くの兄弟の末っ子として出雲に生まれました。 大きな袋と打出の小槌を持って米俵の上に立つ「だいこく様」の姿でもお馴染みです。 大国主大神は出雲王朝を繁栄させるという偉業を成し、多くの女神と結婚してたくさんの子供をもうけました。 大国主大神が縁結びの神様と言われる由縁でもあります。 出雲大社には「大きなもの」がたくさんあります。 出雲大社御本殿は現在も神社建築の中では日本一を誇りますが、平安時代には現在の約2倍の高さ、48mあったといわれています。 この巨大神殿は長い間伝説とされていましたが、2000年に出雲大社境内遺跡から当時のものとされる柱が発見され、神殿の存在を証明するものとして注目されました。 (実際に発掘された柱は、出雲大社宝物殿及び古代出雲歴史博物館でご覧いただけます。 ) 主祭神の大国主大神は、とにかく大きいものを好まれたのでしょうか?雄大な雰囲気の漂う出雲大社は、「大いなる国の王」の名を持ち、福徳の神でもある大国主大神のおおらかさを表現しているようです。 名称 出雲大社 住所 出雲市大社町杵築東195 問い合わせ電話番号 0853-53-3100 営業時間 参拝可能時間/6:00~20:00 御守所 6:00~20:00 16:30より警備の都合上、十九社から北側へは行けなくなります。 定休日 年中無休 駐車場 有り 385台 平均予算 お一人様 【料金】 宝物殿/大人300円、大学・高校生200円、中・小学生100円、幼児無料 彰古館/大人200円、大学・高校生100円、中・小学生50円 土・日・祝日、大祭礼期間(5月14日~16日)、神在祭期間(旧暦10月11日~17日)、正月(概ね元日から5日)、大型連休期間(ゴールデンウィークほか)のみ開館 交通アクセス 山陰道出雲ICよりR431を出雲大社方面へ。 車で20分。 山陰道斐川ICよりR9を出雲市方面へ、県道28号線経由出雲大社方面へ。 車で約30分 一畑電車出雲大社前駅より徒歩約10分 JR出雲市駅より一畑バス「出雲大社」、「出雲大社・日御碕」行きバス「正門前」または「出雲大社」バス停下車、徒歩約1分.

次の