ある日お姫様になった件について 61話。 【ある日、お姫様になってしまった件について】いち早く読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

「ある日お姫様になってしまった件について」の結末を知りたいです。少し前にこ...

ある日お姫様になった件について 61話

霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛の姫〜あらすじ32話 「親友の死」 暮辞(ぼじ)が錦覓(きんべき)を狙って放った滅霊箭は、羌活(きょうかつ)に刺さります。 羌活は錦覓に、らいせがあるなら…また友達に…と言って亡くなります。 錦覓はその瞬間、肉肉が亡くなった時の記憶を取り戻します。 錦覓は、肉肉なの?と涙を流し、二度も永遠に親友を失ったことを嘆き、喀血し、逝ってしまいます。 その頃、鎏英(りゅうえい)は暮辞が錦覓に滅霊箭を射るのを見て、錦覓を害する者は敵だと言ったはず!今日こそ 全てを説明してもらうわ!と責めます。 暮辞は、この件はついきゅうしないでくれ…君にも危険が及ぶと言います。 今さら私の心配?穂禾と会ったのは天后の差し金?と問い詰めます。 暮辞は、見逃せないのなら私を殺せと言います。 鎏英は、あなたは変わった…私たちの過去には何の意味もないの?と問います。 暮辞は、私と魔族が不倶載天の敵だと知った日から私たちの思い出は意味を失ったのだ…と言います。 鎏英は、私たちの想いは恨みになんて負けないはず。 あなたと私しかいない所に行ってやり直しましょうと説得します。 暮辞は鎏英を愛してはいなかったと偽るのでした。 鎏英は、錦覓や魔族を傷つけたらあなたを敵とみなす!決して容赦しないわと立ち去ります。 戦を終えた熠王が都に戻ってくると、 錦覓の亡骸を前に熠王は悲しみに暮れます。 そして婚儀の衣装を錦覓に着せてやり涙を流します。 王陵に錦覓の亡骸を連れていき殉死を選んだ熠王は 錦覓の横になります。 そして、錦覓と旭鳳は人間界での歴劫修行が終わり、天界にもどってきます。 天帝は神仙となった錦覓を花神に封じます。 しかし、錦覓は、花神の地位を辞退し、父と家族の時間を多く過ごすことが私の願いですと言います。 天帝は、3ヶ月後の吉日を錦覓と潤玉の婚儀の日とすると告げます。 天帝は水神を呼び止め、子供たちが結婚すれば我々の絆も一層深くなるであろうと言います。 一方、潤玉は鄺露から、天后が洞庭水族に刑罰を与えると言って鯉児(りじ)と彦佑が連行されましたと伝えられます。 霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ33話 「天雷電火の刑」 潤玉は鄺露(こうろ)から、天后が洞庭水族に刑罰を与えることを伝えられます。 潤玉は天帝に[…]• 霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ23話 「熠王の恋煩い」 錦覓は熠王付きの聖女として診察を継続していました。 今日のご気分は?と問診する錦覓に熠王[…]• 霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ15話 「潤玉との婚姻」 旭鳳は錦覓が異母兄妹ではないことが分かったものの、水神の娘であれば潤玉の許婚であるため落[…]• 霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ37話 「母の罪の報い」 温厚だった水神でしたが、錦覓を殺めようとしたことへの怒り、そして梓芬を死に追いやった恨み[…]• 霜花の姫〜香蜜が咲かせし愛〜あらすじ31話 「味も色もない薬」 穂禾は父の南平侯に内緒で戦地にいる熠王の元にやってきます。 兵法を学ぶ穂禾は、心身とも[…].

次の

【どろろ】推しの相棒になった件について 2【百鬼丸】

ある日お姫様になった件について 61話

ある日、お姫様になってしまった件について ジェニットのデビュタント 「かわいらしいお姫様」のワンシーン。 ジェニットが、アルフィアス公爵とイゼキエルに伴われてクロードに謁見する。 ジェニットは、おじきをしながら恐々とクロードの顔を盗み見る。 純粋でかわいらしいジェニット。 謁見室で話を聞くと玉座を立つクロード。 ジェニットは、イゼキエルにエスコートされクロードのもとへと誘われる。 残されたアタナシアは、誰にもエスコートされず、周りの陰口の洪水の中、ただその場に立ち尽くすのみ。 それが、小説の中のアタナシアとジェニットのデビュタントでした。 今のアタナシアは、クロードの庇護のもとで平和に暮らしているけど、こうして可哀想なアタナシアの話が出てくるたびに、いつかドンデン返しがやってくるのかとドキドキします。 アタナシアの誕生日プレゼント さて、アタナシアもいよいよ14歳を迎える年になり、日々デビュタントでのダンスの練習に励んでいるようです。 ダンスを教えてくれる夫人は、アタナシアの動きを褒めてくれるけれど、母親が身分の低い踊り子だったことをチクリと言わずにはいられないのですね。 心の中で「またか」と思いつつ、笑顔で答えるアタナシア。 クロードとの仲も順調のようです。 クロードに会うと、今日も会いたかったと抱きついてほっぺにキス。 それを嫌がりもぜず、受け入れているクロード。 食事中に、アタナシアの誕生日の話が出ました。 もうすぐ、アタナシアの誕生日でダイアナの命日。 お互いに毎年、複雑な思いで過ごしているのでしょうか。 7歳の誕生日。 初めて欲しいものはあるかと尋ねられたアタナシアは、「チョコをくれたメイドのお姉ちゃんたち。 」 と、ルビー宮のメイドが入れ替わった時にいなくなったセスとハンナのことを挙げます。 すると、クロードはたくさんのチョコとともに、セスとハンナを戻してくれたのですね。 9歳の誕生日。 小説の中で、アタナシアが初めてクロードに出会った年。 その時の誕生日プレゼントは、宝物庫のカギ。 アタナシアが黄金に目がないことを、覚えてたのでしょうか。 大喜びのアタナシアは、クロードに抱きつき思わずほっぺにチューを。 何が起こったかわからないみたいに呆けた顔のクロードですが、アタナシアにしたら9歳の誕生日を最高の気分で過ごせたわけですからね。 喜びもひとしおでしょう。 今年も欲しいものがあればと聞くクロードですが、パパがくれるものなら全部!と特別欲しいものがないというアタナシア。 するとなぜかクロードが沈黙してしまい、何なのかよくわからないアタナシアなのでした。 デビュタントのエスコート役 そのあと、フィリックスからプレゼントについて答えたか?と聞かれます。 それでも、宝石も図書館も庭園もドレスも何もかも持ってるアタナシアは、欲しいものを思いつきません。 次に聞かれたのは、デビュタントのデビューダンスを誰と踊るのか。 アタナシアは、フィリックスと踊ればいいんじゃない?と軽く言いますが、なぜかフィリックスはあたふたと落ち着かない様子。 爵位の高い公爵家の人間で、ロイヤルガードで、未婚でイケメン。 これ以上ない条件だと思うのですが、もっと適した方が・・・と煮えきらないフィリックス。 そんなに嫌なの?とショックを受けたアタナシアは、「もっと考えてみる」とフィリックスに冷たい態度。 デビュタントのデビューダンスは、普通は親の決めた婚約者か未婚の兄や従兄弟など近しい人と踊るのですね。 パパと踊るのはダサいらしく、踊る人はほとんどいないみたいです。 しかし、ルーカスが言うには、クロードがそのダサいことをしたがってるんだろうと。 アタナシアは前世が孤児で親子の愛情に恵まれなかったことと、小説の中のアタナシアの運命に思考が引っ張られているので、クロードがアタナシアに向けている愛情にまるで気付いていないのですね。 読者にはバレバレですが、フィリックスやルーカスにもバレバレで、でも気付いてないのはアタナシアだけという。 アタナシアの運命の開花 ルーカスに言われても信じられないアタナシアは、クロードにカマをかけてみることにしたようです。 クロードとのティータイムで、デビュタントのエスコートについて相談するアタナシア。 そこでアタナシアはフィリックスを候補に挙げます。 クロードは顔色ひとつ変えずに、「悪くない。 好きなようにしろ」と言います。 でも、そこからのクロードのフィリックスへの言葉にはトゲだらけ。 その嫌味の応酬を見ていたアタナシアは、ルーカスがクロードは想像以上にアタナシアのことが大好きなんだと言った言葉を思い出します。 すると、頭の中になにやら鐘の音が。 そう、それはアタナシアの運命が開花した音! クロードに愛されてるんだと、心底実感できた日なのでした。 そういえば、ルーカスが髪を切ってました。 短髪になってましたね。 なんで切ったのかな。 また魔法でパパッと伸ばしたりできるのかな。

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」各エピソードネタバレ一覧|最新話まで

ある日お姫様になった件について 61話

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、ジェニットはクロードに冷たくあしらわれてしまう。 宝石眼を見せることすらできなかった。 とある日、気分転換にとルーカスがアタナシアを皇宮の外に連れ出してくれた。 服装も庶民の物に変え、市場を楽しむ。 入ったカフェの隣のテーブルに、ジェニットとイゼキエルがいた。 その場ではなんとかバレずに済んだが、小鳥を扱う店にて、イゼキエルに見つかってしまう。 一方ジェニットは、イゼキエルに置いてけぼりにされ、その後ろには黒髪の紳士が立っているのであった。 詳しくはにてまとめてあります 登場人物一覧は 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」41話のネタバレ イゼキエルに気づかれてしまったアタナシアは、彼に青い小鳥の入った鳥かごを押し付け逃走。 一方ジェニットはアクセサリー専門店で、レースの手袋、ブローチ、ネックレスなど可愛らしい商品を眺めていた。 何がいいかなと選んでいると、贈り物ですかと、黒髪の紳士が話しかけてきた。 知らない人に突然話しかけられて驚くジェニット。 知らない人だから言い切ってもいいかと、自慢気に妹のためですと答えると、その男性は優しく微笑んだ。 その顔つきは、皇帝クロードにそっくりだ。 彼は、少し拝見してもいいですかと言う。 ジェニットが持っていたアクセサリーに触れ、とても繊細にカットされたブルーサファイアだ、フレームの細工もとても美しいと、指で触れながら説明する。 妹さんがお嬢さんのように美しい青い瞳をお持ちなら、とても意味のある贈り物になりますよと、微笑んだ。 ジェニットはそれを購入。 わけあって離れて暮らしていたが、これで喜んでもらい親しくなれたらいいなと言う彼女。 そしてチラっとその紳士の顔を見て、やはり似ていると思う。 ジェニットは、妹は私を嫌いではないと言ってくれたが、父も怖いしと漏らす。 厳しい人なのかと聞かれ、本当は優しいのだが、私とは離れて暮らしていたからと、ジェニットは慌てて答える。 男は鼻で彼女を笑ったようだ。 相手の方を向くと、男は優しい表情のままだ。 見たわけではないので、笑われたのは勘違いかもしれないと、ジェニットは思うのだった。 その頃アタナシアは、遠くまで逃げすぎて、見知らぬところまで来てしまった。 ルーカスを呼べばいいかと思い、その辺の店に入る。 書店だった。 するといきなり、呪いをかけられたようだねと、店主の老人に声をかけられる。 お嬢さんが不幸になることを願う人から呪われたという店主。 アタナシアは、もしかして黒魔法使いですかと老人に尋ねる。 引退したがそうだったと答える老人。 では私にかけられた呪いはどんなものかわかりますかと聞くと、非常に巧妙なものでよくわからないと言われてしまう。 インチキなんじゃないかと疑うアタナシア。 老人は、とにかくそんなものに触れてはいけないと言う。 アタナシアが持っていたのは黒魔法入門の本だった。 黒魔法は必ず代価を払わなければならない、黒魔法を使って幸せになった者など一人もいないからねと。 アタナシアはふと、もし黒魔法で子供を持てばその子も不幸になってしまうのかと尋ねた。 何故そんな質問をするのか疑われるが、もしもの話だと言うアタナシア。 老人は、黒魔法は生ではなく死だ、もし黒魔法で子供を持てばその子は必ず呪われる、抜け出すのは相当な努力が必要だろうと答える。 無闇に不幸を呼び起こす力に頼れば、取返しのつかないことになるだろうと。 でもと言うアタナシアに、お嬢さんはこのようなところにいるべきではない、お嬢さんに売るものは何も無いから出ていきなさいと促す。 店をでたアタナシア。 黒魔法では幸せになれない、黒魔法で子供を持てば必ず呪われると言っていたが、可愛らしいお姫様の小説ではハッピーエンドだった。 じゃあ完結後はどうだったのかと、アタナシアは疑問を持つのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」41話の感想 イゼキエルに見つかったアタナシアは、鳥かごを押し付けることで逃げ出しましたが、バレバレですね。 またもやイゼキエルに弱みを握られてしまいました。 外出していたことがバレたら大変です。 一方、イゼキエルが離れたために、ジェニットにあの黒髪の男が近づきました。 ジェニットはアタナシアにプレゼントを選んでいましたね。 そのプレゼントに、いちいち指で触れる男。 アタナシアが、呪われたと老人に指摘されたので、この男があの贈り物に呪いをかけたのかもしれないですね。 ジェニットが心をこめて選んでくれた贈り物を、アタナシアが無下にするとは思えませんから。 クロードの大事な存在であるアタナシアが不幸になることで、クロードを傷つけようとしたのか、アタナシアを不運にしクロードから引き離し、自分の娘をクロードに近づけさせるつもりなのか。 とにかくアタナシアにとって見えない敵ですね。 ルーカスがそれに気づいてくれればいいのですか。 天才魔法使いなので、是非気づいて彼女を守ってほしいところ。 問題の黒魔法について、アタナシアはあることに気づきましたね。 小説はめでたしめでたしで終わっていますが、その後どうなったのか誰もわかりません。 老人の話すように、黒魔法の子供は呪われるというなら、エンディング後にジェニットに悲劇が起きたのかもしれません。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の