ニュージーランド バレット 兄弟。 ニュージーランドラグビーのバレット兄弟の見分け方!誰が一番凄い?

NZバレット3兄弟、史上初「先発&全員トライ」快挙 弟が兄をイジる「もっと早くに…」

ニュージーランド バレット 兄弟

html 生年月日:1991年5月27日 出身地:ニュージーランド・ニュープリマス 身長:187cm 体重:92キロ 趣味は、海釣りや食事とワインを楽しむことだそうで 静(趣味)と動(ラグビー)を併せ持っているのが、またかっこいいですよね。 経歴 2010年、国内リーグでデビュー。 2011年からハリケーンズでプレー 2012年にはオールブラックス初キャップを獲得しました。 2015年のワールドカップにも選出され、6試合に出場し優勝に貢献しました。 2016年はスーパーラグビーで223点を挙げて得点王にも選ばれており 2016、2017年と2年連続でワールドラグビー年間最優秀選手賞に輝いた オールブラックスのスーパースターです。 [ad] ボーデンバレットの兄弟がすごい! バレット兄弟は、みんなで8人。 そのうち男性は5人で、ボーデン・バレットさんは次男です。 その兄弟から、4人のプロのラグビー選手がいるだなんて、凄すぎます! さらに、兄弟3人がニュージーランド代表入りというのは、史上初の快挙です! この3兄弟で並ぶと、187cmのボーデン・バレットさんが小さく見える不思議。 スコット・バレットさんは、1つ下の弟で1993年生まれ。 ジョーディー・バレットさんは、末弟で1997年生まれ。 本名はジョーダンですが、ジョーディーと名乗っているそうです。 今は引退してしまいましたが、長男のケイン・バレット選手も 有名な選手だったようです。 お父さんは元ラグビー選手で ボーデン・バレット選手が所属しているハリケーンズに在籍していましたが 以前は、酪農場の運営を息子の誰か1人に継がせようと思っていたようです。 兄弟8人で、そのうちプロのラグビー選手が4人ですか。。。 農場を持っているとはいえ、食費がすごそうですね。 ボーデンバレットの結婚相手は?出会いは? イケメン・ボーデンバレット選手は独身ではなく 2019年に結婚していました。 (Instagramより) お相手は、ハンナ・ライティ(ハナ・レイティ)さんという スタイルのいい美人さんです。 5歳年下で、公認会計士という才女のようです。 2人は、2018年1月に婚約し、2019年に結婚しています。 インスタグラムには、美男美女のカップルの素敵な写真が 数多く投稿されていました。 出会いについては、わかりませんでしたが ボーデン・バレットさんが在籍するハリケーンズの本拠地・ウェリントンには ハンナさんが通った大学があるということで ラグビーを応援しにきたハンナさんと出会ったのかもしれませんね。 彼女もオールブラックスの応援のために 来日するかもしれないので、楽しみです。 [ad] ボーデンバレットの今後は?日本でプレーする? 先日の、ニュージーランド対南アフリカ戦では 鼻血を出すアクシデントもありましたが、それでもイケメン!と評されていた ボーデンバレット選手の今後が注目されています。 ラグビーW杯の後の去就についてですが 長期休養後、来年もニュージーランドでプレーすることが決まりました。 9年在籍したウェリントンのハリケーンズから、 オークランドを拠点とするブルーズへ4年契約で移籍することがわかりました。 ニュージーランドラグビー協会は 海外を拠点とする選手はオールブラックスに選ばないというポリシーを持っているため 長期休養と期間限定のジャパンリーグ参戦を認めるという柔軟な契約をしたようです。 「認める」ということは決定ではありませんが、 可能性があるってことで、喜んでいいですよね。 オールブラックス・ボーデンバレットまとめ イケメンラガーマン、ボーデン・バレット選手についてまとめました。 生年月日は、1991年5月27日の28歳。 出身地はいわずもがなニュージーランド。 8人兄弟の次男として生まれ 男兄弟5人のうち4人がラグビー選手。 しかもお父さんも元ラグビー選手というラグビー一家。 身長は189センチもありますが 兄弟で並ぶと、一番小さいっていうのが凄いですよね。 2019年に結婚したお相手は、ハンナ・ライティさん。 5歳年下の美人さんです。 そして、今後、日本でプレーする可能性があるって なんか期待が持てますね。 ラグビーW杯、ぜひ日本でいい思い出を作ってほしいなと思います。

次の

NZバレット3兄弟、史上初「先発&全員トライ」快挙 弟が兄をイジる「もっと早くに…」

ニュージーランド バレット 兄弟

このカナダ戦で注目されるのは、バレット三兄弟が同時に先発出場することだ。 3人の兄弟が同時にワールドカップの試合に出るのは、オールブラックス史上初のことである。 また、ワールドカップで兄弟3人が揃って先発出場するのは、1995年のトンガ代表のヴニポラ兄弟以来で、このうちのひとり、フェアオは元イングランド代表のPRマコ、No. 8ビリーのヴニポラ兄弟の父である。 兄の28歳のSO/FBボーデンは、2016、2017年と2年連続で、ワールドラグビーが選ぶ世界最優秀選手に輝くスター選手だ。 前回大会もニュージーランド代表の優勝に貢献し、今大会もイケメンのスター選手として世界の耳目を集めている(楕円球LOVE! のインタビュー記事は)。 25歳の「スクーター」ことLOスコットは、197センチと兄弟でいちばんの長身。 10代の頃から才能を見出され、20歳でスーパーラグビーのクルセイダーズでデビュー。 今年もクラブの3連覇に大きく貢献し、先日の南アフリカ代表戦でもケガのブロディ・レタリックに代わって先発出場し、サム・ホワイトロックとLOコンビを組んだ。 末弟の22歳のジョーディはラグビーだけでなくクリケットの選手としても活躍していたが、2017年に兄ボーデンのいるハリケーンズでスーパーラグビーデビュー。 BKならどこでもこなせる万能選手だ。 色白でひょろっとしていることから、家族に「うどん」と呼ばれているという。 そんな三兄弟の父のケビン・バレットは「スマイリー」の愛称で知られ、ニュージーランドの国内リーグのタラナキ代表として167試合に出場、ハリケーンズでもプレーした元ラグビー選手あり、引退後は牧場を営んでいる。 ケビンは「今、私は牧場でオールブラックスを育てているんだ」と冗談交じりに言っているとか。 牧場の広大な敷地で兄弟たちは幼い頃「ワールドカップごっこ」を楽しんでいたというが、くしくも現実のワールドカップに3人で同時に出場することになった。

次の

NZが63得点で大勝、バレット3兄弟トライでそろい踏み ラグビーW杯 写真30枚 国際ニュース:AFPBB News

ニュージーランド バレット 兄弟

ニュージーランドラグビーのバレット兄弟がすごい! W杯プールBの ニュージーランド代表。 大会2連覇中の「ラグビー界最強チーム」で、8日までの3試合も危なげなく勝ち進んでいます。 第2戦のカナダ戦では、同時に代表に招集されている バレット兄弟3人がついに同じピッチで先発出場。 何と W杯史上初めて3人ともトライを記録する「歴史的快挙」を成し遂げました。 このバレット兄弟の凄さはどこにあるのでしょうか。 それぞれの横顔をご紹介しましょう。 世界最高のラガーマン、ボーデン・バレット 3人では長兄の ボーデン選手(28)は 「世界最高の選手」と呼ばれるスーパースター。 世界No1スタンドオフとしても有名です。 正確なキックとパス、超絶なスピード、ゲーム理解度は他の追随を許さず、 16、17年と2年連続のワールドラグビー最優秀選手に。 12年に初キャップを得て以来、オールブラックス出場 80試合、639得点、34トライ、149コンバージョンキックを挙げているチーム不動の司令塔です。 走れる大型LO、スコット・バレット スコット選手(25)は 高い運動能力と走力もあわせ持つ 大型ロック。 U20代表でプレーするなど早くから頭角を現し、16年に代表入り。 今W杯の南ア戦、カナダ戦でも鮮やかなトライを決めるなど、オールブラックスでは 34試合出場、5トライ、25得点を記録しています。 期待の若手司令塔、ジョーディー・バレット 3人では末弟の ジョーディー選手(22)は将来を嘱望される司令塔候補。 196cm、101kgというFW並み体格ながらスピードもあり、 超大型FBやセンターとしても活躍しています。 17年、代表に選ばれオールブラックス初の3兄弟代表に。 まだキャップは13試合しかありませんが、W杯3戦目の ナミビア戦ではSO(司令塔)を務め、 8本のコンバージョンキックを決め大勝に導き、大器の片鱗を見せました。 🚨 TEAM ALL BLACKS EXCLUSIVE Join Beauden, Jordie and Scott Barrett as they reveal what it was like to play at together. FULL VIDEO 👉🏽 — All Blacks AllBlacks バレット兄弟の見分け方 ラグビーニュージーランド代表をファミリーで牽引する バレット兄弟。 W杯の3試合でもそれぞれに素晴らしい働きを見せ、輝きを放っています。 これまで日本国内でも、時折3人で肩を組んだり並んで記者会見するなど、兄弟一緒のスリーショットもしばしば見られる 仲の良いバレット兄弟ですが、 3人の「見分け方」はあるのでしょうか。 画像や動画などから見て、あえて挙げるとすると以下のようなイメージでしょうか。 シリーズ化するんか?レイドローさんもやってくれい 出典:twitter まとめ オールブラックスはラグビー界では世界最高峰のチームであり、メンバーはニュージーランド国民憧れの的の「超スター軍団」です。 それでも日本ではどこに行っても皆飾らない気さくな雰囲気。 ボーデン選手らが新橋駅前でおいしそうにラーメンをすする様子など、ある意味「ギャップ萌え」でもあります。 ナミビア戦では司令塔として「独り立ち」した弟ジョーディー選手のそばに常に寄り添い、サポートするボーデン選手の姿が。 兄弟の結束は、まさに「家族のよう」なオールブラックスの強さを象徴しているようです。

次の