仮性包茎 手術 保険。 真性包茎の手術は健康保険適用範囲!自分に合う施術を考えよう

包茎手術と健康保険|保険適用or実費負担ケースの線引

仮性包茎 手術 保険

一般病院の泌尿器科・皮膚科であれば、真性包茎やカントン包茎の手術を保険適用、つまり3割負担で受けることができます。 一方、包茎男性から人気のある美容外科系の包茎クリニックにはそうした健康保険の適用がありません。 すべて自由診療となります。 ただ多くの包茎手術はこうした保険診療でない、自由診療の包茎クリニックで行われます。 一般病院の泌尿器科で、包茎手術を受ける男性を私はほとんど知りません。 なぜ多くの男性が、一番手術費用の自己負担が低い病院ではなく、美容外科系のクリニックでの手術を選ぶのでしょうか。 一般的な感覚でいうと、一番安い手術料金である病院を選ぶ人がいてもいいはずなのですが、、 結局は包茎手術に何を求めるか 「仮性包茎手術が保険診療適用されない理由」のページで書きましたが、仮性包茎は一切保険診療がききません。 その理由は、仮性包茎の症状が日常生活に大きな支障を与えないからです。 それとは逆に、真性包茎とカントン包茎は日常生活に大きな支障を与えるので、保険診療の適用が認められているってことになります。 つまり 真性包茎・カントン包茎=日常生活に大きな支障=保険診療の対象 ということになり、 保険診療=日常生活の支障を取り除く=真性包茎・カントン包茎じゃない状態にすること ということになると思います。 ここで大事なことは、 保険診療の目的が包茎を手術して治すこと だということです。 つまり、手術箇所の自然な仕上がり、傷跡が目立ちにくい施術、手術時の痛みを最大限抑えるケアなどの美容外科的なアプローチはほとんど考慮されてはいないということになります。 見た目が問題が大部分を占める仮性包茎に保険診療が適用されないのと同じ理屈ですね。 保険診療の自己負担以外は国民の税金であることを考えれば、当たり前の話ではあります。 一生に一度の大切な手術。 美容外科系の包茎クリニックが選ばれる理由 つまり、当サイトでご紹介しているような美容外科系のクリニックは、包茎を治すことだけでなく、その仕上がりにも最大限ケアしてくれるクリニックであるということです。 それであれば保険診療が適用されないのも理解はできますし、包茎手術に手術後の仕上がりの高さを求めている男性が多いことから、美容系の包茎クリニックが多くの男性に選ばれている理由も理解できるでしょう。 一生に一度の大切な手術ということを考えれば、美容外科系の包茎クリニックの手術費用の方が多少高かったとしても十分納得のいく選択だと思います。 実績のある信頼のおける包茎クリニックで、料金も比較的リーズナブルなところ で包茎手術をしてもらうのが一番賢い選択なんじゃないかなと茎太郎は思っています。

次の

彼氏が仮性包茎は許す?|男性必読、女性の本音を知ると驚愕

仮性包茎 手術 保険

最終更新日 2020年6月21日• 仮性包茎の手術でも保険は適用されるのか• 仮性包茎でも何か病気とされるような症状が出ていれば、保険適用となる場合はあるのか• 仮性包茎でよく炎症を起こすのだが、こういった場合は保険適用となることはあるのか• 重度の仮性包茎・締め付けのある仮性包茎であれば、保険適用となるか こういった疑問を持たれる方におすすめです。 包茎の定義(上から剥けやすい順に)• 仮性包茎• 包皮が亀頭に一部または全部被っているが、勃起時でも簡単に剥くことができる包茎。 包皮輪狭窄型仮性包茎• 仮性包茎の1種ではあるが、締め付けがあり、包皮をスムーズに剥くことができない包茎。 勃起時だと完全には剥けない場合もある。 剥いたまま放置するとカントン包茎になる可能性がある。 カントン包茎• 包皮の先端が狭い人が無理矢理露茎させた結果、締め付けにより包皮が浮き輪のようにぷっくりと腫れ、元に戻せなくなった包茎。 早急に治療が必要。 真性包茎• 平常時・勃起時ともに包皮を全く剥くことができない包茎。 衛生面(臭い・雑菌)・機能面(排尿・性行為)に問題があり、放置するのは危険。 成人になっても真性包茎である方は早急に解決しなければならない。 病院の診察・手術は基本的に保険適用となる印象ですよね。 仮性包茎の手術は保険適用外である 結論からいうと、 仮性包茎の手術は基本的に保険適用外となります。 なぜなら、仮性包茎は皮のあまり具合の程度の差はあれ、いつでも包皮を剥くことができるため、 機能的には問題がないとされ、 「医学的には」病気とされないからです。 一方で、 いつでも全く包皮を剥くことができない真性包茎や、包皮を剥いたが締め付けにより元に戻らないカントン包茎の場合は保険適用となります。 真性包茎・カントン包茎は機能的に問題があるとされ、 「医学的には」病気と判断されるからです。 保険適用であれば、病院で包茎手術を受けますが、 仮性包茎の方は保険適用外なので、包茎専門クリニックで包茎手術を受けることになります。 重度の仮性包茎なら保険は適用される?• 軽度の仮性包茎・・・皮余りが少なく、非勃起時でも亀頭がある程度露出している仮性包茎• 重度の仮性包茎・・・皮余りが多く、完全に勃起しても亀頭が全く露出しない仮性包茎 とすると、 重度の仮性包茎だからといって、保険が適用される可能性は限りなくゼロに近いと思われます。 なぜなら、皮余りの程度がどうであれ、締め付けがなく、いつでも意図的に包皮を剥くことができれば、 機能的には問題がないとされ、 「医学的には」病気ではないとされるからです。 仮性包茎でも保険適用となりうる場合 基本的には仮性包茎には保険が適用されませんが、 「何か病気とされるような症状が出ている場合」 は医師の判断によっては仮性包茎でも保険が適用される可能性もゼロではありません。 「何か病気とされるような症状」とはどういった症状が該当するでしょうか? 可能性のある症状の例は、以下の通りです。 仮性包茎の亀頭・包皮・竿などに重度の炎症や腫瘍などがある場合• ある程度の締め付けがある、包皮輪狭窄型仮性包茎の場合 とはいえ、 保険適用の手術は、機能面のみを考慮した術式しかなく、手術痕が目立ってしまいます。 具体的には、陰茎のど真ん中あたりで縫合するため、元々内側だったピンク色の包皮と、外側の黒ずんだ包皮が縫い目を境にはっきりと分かれる、 ツートンカラーになってしまいます。

次の

彼氏が仮性包茎は許す?|男性必読、女性の本音を知ると驚愕

仮性包茎 手術 保険

[ もくじ ]• 包茎は男性とっては危機的な問題 全ての男性にとって"包茎"であることは個人差はありますが、コンプレックスとして認識している方が多いです。 仮性包茎・嵌頓包茎・真性包茎などそれぞれ症状も違いますが、中でも真性包茎や嵌頓 カントン 包茎は仮性包茎のように剥くのが難しいため、自宅などで治療することが難しいです。 真性包茎を治療するとなると、病院や美容外科クリニックなどでの施術を受ける必要がありますが、料金が高くなってしまうものあります。 そのような時に使えるのが 【健康保険】です。 今回の記事では、真性包茎と保険の関係について分かりやすく説明した上で、病院とメンズ向けの美容外科クリニックのどちらを選ぶべきなのか紹介したいと思います。 包茎手術で保険が適用になるケースとは 真性包茎、カントン包茎は保険が適用される 真性包茎やカントン包茎になっている男性にとって日常生活・性生活においては大きな支障をきたすことが多いです。 後述しますが、真性包茎やカントン包茎は日常生活で清潔を保つのが難しく、ペニスの亀頭部分などが不衛生になってしまい 亀頭包皮炎などのペニス関連の病気の原因ともなることがあります。 そのため、"日常生活で支障をきたす"という理由で保険の適用範囲として認められているのです。 包茎の治療は手術にて行われます。 保険適用による負担額はおよそ1~3万円程です。 包茎は男性にとって深刻な悩みであるのと同時に、ある種の病気でもあるのです。 早めに治療を受けるのに越したことはありません。 仮性包茎は保険の対象外に 仮性包茎は自分の意志で亀頭を露出させることが可能なため、洗浄によって清潔を保つことも容易で、性行為の際にも特に支障をきたすことがありません。 そのため、仮性包茎の場合は、残念ながら保険の適用範囲外となってしまいます。 ですので仮性包茎自体は珍しいものではないのです。 しかし、個人の価値観や女性からの印象から仮性包茎を嫌う男性もとても多いです。 仮性包茎の方にも包茎手術を受けようと考える方も多くおられます。 その場合、 手術費用は【全額自己負担】となります。 包茎手術の費用は治療を受けるクリニックや手術方法によっても大きく異なりますが、最低でも10万円前後の出費になることは想定しておいた方がいいですね。 美容外科クリニックでは保険が適用されないが仕上がりは綺麗 真性包茎、仮性包茎、カントン包茎と、包茎の種類を問わず、美容外科クリニックでの手術では保険が適用されません。 美容外科で行われる治療はすべて整形手術とみなされるため、全額自己負担となってしまうのです しかし、 治療痕の残りにくい手術方法を自分で選択できるメリットもあるため、保険が適用されるタイプの包茎の方にも美容外科クリニックでの手術をお勧めする場合もあります。 真性包茎の保険が適用される手術は限られている? 2017年に日本国内でも包茎治療の技術は進歩してきました。 「背面切開 バックカット 」「亀頭直下埋没法」「ナチュラルピーリング法」「複合曲線作図法」「根元部固定法」など多くの包茎治療があり、術後の傷跡を目立たせなくしたりする満足度の高い包茎手術方法があります。 病院での包茎手術は「環状切開術」が中心になっている 引用元: 「環状切除術」は包茎手術の中でも1番オーソドックスな方法です。 この施術方法では、基本的にペニスをできるだけ伸ばした状態で余分な包皮を環状(輪切り)に切除した後に亀頭直下より下の部分で縫合するパターンが多いです。 「環状切開術」のデメリットとは• ツートーンカラーになることがある• 傷跡が残ってしまうことがある 環状切除術に関しては上記の図で説明したように、包皮の内側を切除しないために今まで露出してこなかった内皮と露出していた包皮の色が違う状態になってしまい、ペニスがツートンカラーになる可能性が高いです。 これくらいの差があると、明るい部屋で彼女にペニスを見られてしまうと「真性包茎」だったことがバレる可能性がありますね。 術後の目立つ傷跡やツートーンカラーになるリスクを避けたい場合、少し値は張りますが美容外科クリニックでツートーンカラーにならない施術方法を検討することをオススメします。 真性包茎の手術料金の比較 真性包茎の治療価格は病院や美容外科クリニックによって異なりますが、大体下記のようになっています。 美容外科クリニックは、傷跡やツートーンカラーなどが目立たないようにするクオリティーの高い施術を提供する分、値段が高くなっています。 ABCクリニック等のクリニックは無料のカウンセリングなども対応していますので、まずはカウンセリングで自分の包茎治療がいくらかかるのか確認してみるのもいいかもしれません。 保険適用時 自由診療 美容外科クリニック 30,000円前後 150,000円前後 真性包茎のデメリット 真性包茎だけど、手術はしたくない方はどのようなデメリットがあるのかまとめてみましたので、参考にしてみてください。 真性包茎は早期の手術を受けることが望ましいです。 病気にかかりやすい 真性包茎の最大の問題は、亀頭を洗浄できない点です。 人の皮膚は定期的に洗浄し、清潔を保たねばなりません。 不潔な状態が続くと、皮膚が炎症を起こしたり病気になりやすくなってしまいます。 亀頭も、例外ではありません。 むしろ、亀頭は老廃物や蒸れによって不潔になりやすい場所です。 特に、真性包茎の亀頭は細菌が好む温度、湿度、などの条件が整っているため、病気のリスクの観点から非常に危険な状態と言えます。 真性包茎は炎症を繰り返すことで、最悪の場合には陰茎癌の発症につながる場合もあります。 そうなると、ペニスを失うことにもなりかねません。 ペニスの発達不良につながる 亀頭を覆う包皮は、亀頭を圧迫し成長を阻害する場合があります。 特に真性包茎の場合は、包皮が亀頭を常に覆った状態であるため、亀頭は常に圧力を受け続けます。 その結果、亀頭が十分に発達できず「先細り」と呼ばれる形状になることがあるのです。 先細りとは、その名の通り亀頭が小さく、ペニス全体を見ると根元から先端にかけてどんどん細くなるような形のことです。 これには、性交渉の際に女性に十分な刺激を与えられないデメリットがあります。 女性にも悪影響があるかも 女性への悪影響とは、主に性交渉の際に発生します。 先述の通り、真性包茎のペニスはどうしても不衛生になりがちです。 真性包茎の方が性交渉をするということは、不衛生なペニスを女性の膣に挿入するということです。 膣は非常にデリケートで、不衛生に弱い場所です。 雑菌に汚染されると、炎症を起こす危険性があります。 最悪の場合は、子宮頸がんの原因ともなるのです。 自信が持てない人も多い ペニスは時に男性の象徴として扱われます。 その意識は多くの人の心の中に根付いています。 そのため、ペニスの形や大きさなどで深刻に悩む男性がおられるのです。 真性包茎も、精神的な悩みを引き起こす要因の一つです。 どうしてもほかの男性に劣等感を感じてしまう、女性に積極的になれないといった、自信が持てない原因となるのです。 放置は真性包茎の悪化を招く 真性包茎の放置は、包茎の悪化を招きます。 亀頭が炎症を起こした際に包皮と癒着してしまい、治療が困難な重度の真性包茎となることがあるのです。 真性包茎の治療は、健康面・性生活の面・精神的な面でメリットがあります。 放置せずに早期の治療に踏み切りましょう。 中学生・高校生 未成年 だけど真性包茎が気になる 未成年の手術には親の同意が必須 中高生でも包茎手術は受けることができます。 しかし、その際には親の同意が必須となります。 多感な時期であるため、なかなか親には相談しづらいとは思います。 そこで選択肢となるのが、• 親に同意を求める• 成人するまで治療を我慢する• 包皮を広げるトレーニングをする のいずれかになります。 どうしても親に同意を求めることができない場合は、包皮を広げるトレーニングをすることをお勧めします。 方法は、包皮の口を手か専用の器具を使って伸ばすだけです。 亀頭と包皮が癒着している重度の真性包茎の場合はこの方法では治療できません。 しかし、包皮の口が狭いという理由の真性包茎であれば完治する可能性があります。 また、たとえ完治しなくとも、亀頭の洗浄ができるようになる程度の効果が得られるかもしれません。 例え真性包茎でも、軽度であれば治療の際にも楽です。 トレーニングによって真性包茎を徐々に改善、症状の維持をしながら成人になるまで待つのも1つの手でしょう。 まだ成長の余地がある ペニスの成長はおよそ18歳まで続くと言われています。 そのため、中高生の包茎の悩みは今後の成長によって改善する見込みは大いにあります。 特に、中学生はまだ焦る段階ではないでしょう。 今後の成長がまだ十分に残されています。 しかし、高校2~3年生なって真性包茎が改善される気配がなければ、何かしらの対策をした方が良いかもしれません。 真性包茎のまま放置していると、亀頭が十分に発達せずに先細りになってしまう可能性もあります。 病院と美容外科クリニックどちらに行くのが良いか 泌尿器科 病院 による手術内容 泌尿器科で手術を受ける最大のメリットは、 保険が適用されることです。 そのため、手術費用の負担額を最小限に抑えることができます。 泌尿器科でよく行われる手術は「環状切開」という手法です。 これは、包皮を輪切りにして亀頭を露出させる、シンプルで失敗の少ない手術方法です。 しかし一方で、 傷跡が残りやすいというデメリットがあるため、「傷跡が残るリスクをできるかぎり減らしたい....! 」という方は美容外科クリニックで手術を受けることをオススメします。 泌尿器科 病院 で手術をした人の口コミ 泌尿器科にいけば。 仮性か真性か先生が判断してくれますよ。 そしてその医院が手術しない小さい医院でしたら。 先生が手術できる病院の紹介状を書いてくれます。 後日、その病院で手術してくれます。 引用元: 美容クリニックによる手術内容 美容外科クリニックで行われる手術は、美容整形手術に近いものになります。 クリニックの担当医の方は患者の意見を尊重し、 傷跡が残りづらい手術方法を選択することができるのでお金がかかる分、満足度が高い施術メニューになっています。 美容外科クリニックでは、無料のカウンセリング・術後のアフターケアが充実しているため不安がない状態で手術を受けることができます。 例えば、美容クリニックで行われる手術の代表 「亀頭直下埋没法」は、残った包皮を亀頭のそばに縫い付けることで傷跡やツートーンカラーがより目立たないように仕上げます。 美容外科クリニックで手術をした人の口コミ 経験者です。 クリニックで手術しました。 仕上がりはきれいだと思います。 私も料金の面でどちらにしようか迷いましたが、何十年先もキズが残ると思うと嫌だったので仕上がりを重視しました。 引用元: 真性包茎の治療は美容外科クリニックが1番安心できます.

次の