よもぎ 団子 の 作り方。 屋久島の郷土料理〜よもぎ団子レシピ〜美味しさの秘訣とは?!

屋久島の郷土料理〜よもぎ団子レシピ〜美味しさの秘訣とは?!

よもぎ 団子 の 作り方

甘さの加減はお好みで! 混ぜて、ピンポン玉くらいの大きさにします。 お湯を入れたばかりは熱いので、火傷に注意! 手にくっついてしまうので水を少しつけるといいと思います。 蒸し器に入れて、約20分蒸しましょう! ボールに移して、先ほど下準備していたよもぎをいれます。 すりこ木を水でぬらしながら、蒸した上新粉とよもぎをつくように混ぜ合わせます。 すりこ木がない場合は、木ベラやしゃもじで代用しちゃいましょう! 混ぜるのは結構力が入ります! 手に水をつけ、食べやすい大きさにしていきます。 丸めるのは子供にお任せしちゃっても楽しい。 見た目不格好でも、食べれば味は一緒です! 串に刺すのも楽しいですね。 こっちは、すりこ木でよもぎをすり潰して作った方です。 お好みで、あんこやきな粉を乗せれば完成です! よもぎ餅 動画 あんこときな粉を乗せている最後の仕上げ部分だけですが、動画とってみました! よもぎは冷凍できる! よもぎをたくさん摘んであまったよもぎは冷凍できます! さらにたくさん摘んだ場合は、おひたしにしても美味しいですよ! よもぎ作りを手作りで楽しもう! よもぎ団子作りは手作りでもそんなにハードル高くなく作ることができます。 自分で摘んで、作って食べるお団子は格別に美味しいはず! 若葉から作るお団子は格別に美味しいですよ! ぜひ作ってみてくださいね。 レビュー数多いので興味ある方はこちら。

次の

団子が固くならない作り方!上新粉・白玉粉・だんご粉を使った方法

よもぎ 団子 の 作り方

直径2~3cmの団子が16個 上新粉 75g もち粉 25g お湯 65~70cc ヨモギの粉 3g 【関連リンク】 ・ ・ ・ ・ 蓬餅 草だんご の作り方 乾燥ヨモギを水につけて戻します。 戻したヨモギをキッチンペーパーで濾し、水気を切ります。 乾燥ヨモギはそれぞれ戻し方が違いますので、それぞれの戻し方で戻してください。 上新粉ともち粉に、お湯を少しづつ加えて耳たぶくらいの柔らかさになるようにします。 上新粉の粘りを出すためにお湯を使います。 適当な大きさに分け、手のひらで軽く潰し、蒸し器で20分くらい蒸します。 竹串で刺してみて粉がついてこなければ蒸しあがりです。 平らに伸ばすと均等に蒸しあがります。 蒸しあがった餅とヨモギをボールに入れ、すりこ木棒で突きます。 途中すりこ木棒に水で濡らしながら搗きます。 ヨモギが全体に混ざりまとまったら、16等分に分け丸めて完成です。 完成 ヨモギたっぷりの蓬餅が出来ました。 きな粉と餡子でいただきました。

次の

子どもと簡単手作りおやつレシピ もちもち草団子(よもぎ団子)の作り方

よもぎ 団子 の 作り方

作り方 下準備 よもぎは、茎から葉をとる。 1 A よもぎ 片手こんもり位、塩 少々、重曹 少々 水を沸騰させた鍋に塩、重曹と一緒によもぎの葉を加え、2〜3分煮立たせてアク抜きをする。 茹でたよもぎは、冷水に取り、水気を絞る。 2 ヨモギは、包丁で細かく刻むorすり鉢ですり潰す。 ちなみに私は包丁でみじん切りのようにたたいた後、すり鉢ですりました。 繊維のようなものがある場合は取り出します。 3 白玉粉に水を少しずつ加え、耳たぶ位の硬さにする。 (水分の量は少しずつ様子を見ながら調整して下さい。 火が通ったものから上にあがってくるので、上がってきたら少し泳がせて、氷水を入れたボウルの中にあげる。 5 水気をよく切り、器に盛り付けて、きな粉(砂糖・塩を混ぜたもの)餡子(市販のものでも炊いたものでもokです)を乗せて完成です。

次の