させ て いただく 正しい。 間違いやすい敬語「させていただく」の正しい使い方とは

「もらう」の正しい敬語は「いただく」?ビジネスで役立つ例文も

させ て いただく 正しい

「もらう」の敬語表現は? 最初に、「もらう」「受け取る」の敬語表現から紹介しましょう。 尊敬語は「お受け取りになる」 「もらう」「受け取る」の尊敬語に当たる言葉は「お受け取りになる」「お納めになる」です。 職場なら上司や役員、取引先の相手やお客様など、日常生活でも目上の人から何かを「もらう(または受け取る)」ときに使いましょう。 本日、お受け取りになりますか?• お受け取りになった封筒に資料が入っております。 先日の売上報告書です。 どうぞお納め下さい。 「おもらいになる」を使う時もある 尊敬語にするときは「お~になる」「お~くださる」「お~られる」と言葉を変化させるのが通常ですが、「もらう」を尊敬語にするために「おもらいになる」と表現することもあります。 忙しいビジネスシーンではさまざまな会話が飛び交うため、「もらう」の尊敬語が瞬時に頭に浮かばないこともあるでしょう。 「お受け取りになる」「お納めになる」が最も正しい敬語表現ですが、「おもらいになる」も状況によって使うことがあります。 謙譲語は「いただく」「頂戴する」 「もらう」「受け取る」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」です。 謙譲語は自分のする行為に対して使われ、相手を敬うときの表現方法として使われます。 休暇をいただいてもよろしいでしょうか?• いただいた荷物にサインをしました。 来週、商談にお時間を頂戴できませんでしょうか?• 頂戴した報告書を部長にお渡しします。 謙譲語をさらに丁寧に「賜わる」 「もらう」「受け取る」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」が正しい表現ですが、さらに丁寧にかしこまった言い回しをするなら「賜わる」「拝受する」なども適切です。 会話をする相手や立場、またビジネスの状況によって謙譲語の使い分けを上手にしていきましょう。 先ほど、会議の日程を拝受しました。 拝受したメールにファイルが添付されていました。 ご予約をたまわり、誠にありがとうございました。 社長から大切な訓示を賜った。 第三者の立場の時と身内に対しては? 「第三者」として目上の人の行為を誰かに説明する時、また「身内」からもらったものについて目上の人に話す時、それぞれ敬語表現はどうなるのか解説します。 第三者の立場なら「もらわれる」 第三者の立場で目上の人の話を別の人にする際は、「もらう」「受け取る」の敬語は「もらわれる」「おもらいになる」と表現するのが適切と言えるでしょう。 逆に 「お受け取りになる」「お納めになる」と表現するのはややかしこまり過ぎるニュアンスを与えることがあります。 社長は取引先の専務から新商品のパンフレットをもらわれていました。 部長は皆勤賞をおもらいになりました。 身内には「もらう」を使う 職場の上司や目上の人に「身内からもらったもの」について語る時、「母に花束をいただきました」というのは適切であるとは言えないでしょう。 この場合、いくら会話の相手が職場の上司や目上の人であっても「母に花束をもらいました」とした方が適切です。 母からもらったペンダントは私の一生の宝物です。 昨日、父から時計をもらいました。 別の例で言うなら、職場を訪れた第三者に「上司の田中はお席を外されていらっしゃいます」と言うのと同じ感覚です。 この場合は「上司の田中は席を外しております」が正解です。 「もらう」の名詞と熟語表現は? 最後に「もらう」の名詞と熟語表現を挙げてみましょう。 名詞「受領」「拝受」など 「もらう」を名詞で表現するとハンコをもらう、手紙を受け取るなどの「受領」、またメールを受け取る、メッセージをもらうなどの「拝受」があります。 これらは「受領する」「拝受する」と「する」をつければ動詞としても機能する言葉です。 熟語「下賜される」「押し頂く」など 目上の人からものをもらったり、何かを受け取る時に「もらう」の熟語表現として使われるのが「下賜される」や「押し頂く」です。 社会経験が短い間はお目にかかることは少ない言葉ですが、キャリアを積むにつれて使う機会も増えてくるでしょう。 まとめ 「もらう」の尊敬語は「お受け取りになる」「お納めになる」状況によっては「おもらいになる」という表現をすることもあります。 一方、謙譲語は「いただく」「頂戴する」、ややかしこまった表現をするなら「賜わる」「拝受する」も適切です。 敬語の使い方を間違えると、時として失礼にあたることがあります。 敬語の正しい使い方を理解することで、コミュニケーションを円滑に行えるように心がけましょう。

次の

ご利用いただけます、○○いただけます

させ て いただく 正しい

「させていただく」は間違いか 「させていただく」は間違った敬語のように感じるので、何となく使わないほうがよいような気がしている、という方は多いのではないでしょうか。 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」が合わさったです。 実は「させていただく」の 全てが間違っているというわけではありません。 「させていただく」には 正しい使い方と間違った使い方が存在します。 「させていただく」の正しい使い方とは 文化庁の発表では、「させていただく」という敬語は、以下のような場合に使うことができると発表されています。 自分側が行うことを相手側又は第三者の許可を受けて行い、そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合 つまり「させていただく」は以下のような場合に使うのが正しい敬語ということができます。 「させていただく」の正しい使い方• 相手の 許可を得て行なうとき• 自分に都合がよいことがあるとき 例えば、「部屋に入らせていただきます」は、部屋に入るために相手の 許可を得る必要があり、部屋に入ることで 自分に都合がよいことがあるので、「させていただくという」使い方は正しい使い方だといえます。 反対に、「同僚の田中さんとは、同じ会社で働かせていただきました」は、同僚として働くには田中さんの 許可は不要で、一緒に働くことが 自分に都合がよいことだとも言えないので、正しい使い方だとはいません。 微妙な言い方としては、「プレゼンテーションをはじめさせていたただきます」は、実際の場面で 許可が必要であれば正しい使い方といえます。 許可が不要で自分でプレゼンテーションをはじめるような場合には間違った使い方なので、「プレゼンテーションを開始いたします」のほうが望ましい使い方だと言えます。 させていただく症候群とは これまで解説したように、「させていただく」は、 同じ使い方であっても一概に間違いというわけではなく、場面によって間違った使い方になる場合と、正しい使い方になる場合があります。 場面に応じて使い分ける必要があるので、 非常に難しい言葉だと言えます。 しかし、場面によって使い分けることをせず、させていただくを多用してしまう「させていただく症候群」の人が少なからず存在します。 させていただく症候群とは、 何にでも「させていただく」をつけることで、丁寧な敬語にしようとすることを意味します。 目上の人に対して「お鞄を持たせていただきます」「タクシーを止めさせていただきます」「資料を配らせていただきます」など、させていただきますをつけるのが習慣になっているのですが、 誤用の場合が非常に多くあります。 また例えば、会ったことがない相手から営業メールを受け取った際に「資料をお送りさせていただきます」という記載があったとします。 メールを受け取った側は許可もしていないし、欲しい資料でもない、という場合には、「させていただきます」を使うのは間違っていることになります。 「させていただく症候群」を直すコツ 何にでも「させていただく」をつけてしまう「させていただく症候群」を直すポイントは、 「させていただく」を「いたします」に言い換えることです。 さきほどの例であれば「お鞄をお持ち いたします」「タクシーをお止め いたします」「資料をお配り いたします」など、いたしますに変換することで、違和感なく使用することができます。 「させていただく」は見分け方が難しいため、はじめから見分ける必要がない「いたします」を使用することで誤用を避けることができるのです。 させていただくが広まった理由 「させていただく」の誤用はなぜこんなに広まっているのでしょうか。 それは「させていただく」は、 相手に失礼のないよう配慮していることを表現できる非常に便利な言葉だからです。 「させていただく」は本来は、相手の許可を必要とする場合に使うことができる言葉でしたが、その条件が拡大して、 相手の許可が必要ない場面や、自分が一方的に行うことにも使われるようになりました。 文化庁からは、 実際の条件を満たしていなくても満たしているかのように見立てて使う使い方が広まってきているという発表があります。 しかし、「させていただく」はもともとは同じ身分の人へ敬意を示す言葉だったことや、自分がその行動をするのはあなたが許可してくれたからだという意味を含む言葉のため、使用することで 「別に許可した覚えはない」と相手に失礼な印象を与えることもあるので注意が必要な言葉です。 「させていただく」を見分けるためのポイント 「させていただく」を正しく使うためのポイントは、 相手は何か自分に頼んだかを考えることです。 「させていただく」を見分けるポイントは、 相手は自分に何か頼んだか? 相手に許可を得る必要があるか? を考える• 「拝見させていただく」は間違った使い方 「拝見させていただきます」という使い方は誤りです。 「拝見する」は見るの謙譲語、「させていただく」も謙譲語のため 二重敬語にあたります。 いただいた資料を、拝読します。 「させていただく」が正しいかどうかは場合による例 次にあげるのは、 シーンによって正しい場合と間違った場合がある「〜させていただく」の例です。 これまで解説した通り、「〜させていただく」は相手が既に許可している場合や、相手に許可を求める場面にはを使用できますが、許可を求めない場面では使用できません。 言い換えると、 「させていただく」には、相手の意向などを全く考慮せずに「私は~する」と一方的に言うニュアンスがあります。 そのため、 許可を得ていない場面で「〜させていただく」を用いることで、「あなたの事情は一切考慮していないけれど、私が〜したいのでします」という意図を含むことになってしまいます。 相手によっては、 失礼な印象を与えることもあるので注意が必要な使い方です。 「連絡させていただく」は場合によって使い分ける必要がある 「連絡させていただきます」という使い方は、シーンによって正しい場合と間違った場合があります。 相手が、 連絡を受けることに対して許可していない場合は「全くあなたの事情は考慮していないけれど、私が連絡したいので連絡します」というニュアンスを含むことになり、「連絡させていただく」は使えません。 逆に許可を得ている場合には使用することができます。

次の

「もらう」の正しい敬語は「いただく」?ビジネスで役立つ例文も

させ て いただく 正しい

毎日使っている日本語、母国語であるものの、敬語が入り混じった表現の使い方は苦手と感じる20代の社会人や大学生の方も、多いのではないでしょうか?新入社員へのビジネスマナーの一環として、基本的な敬語を教わる講座はあるものの、「ご覧いただく」などの敬語表現すでに忘れてしまった方もいるかもしれません。 誤った言葉の使い方は「ビジネスマンとしての品格」にとって大きなマイナスです。 打ち合わせ系などの場で誤って使用しないように正しい使い方を知っておきましょう 打ち合わせ系などの席ではマナーに気を配ろう 大切な商談などの席では、マナーと敬語に気を配ることが大切です。 「ご覧いただく」などの言葉を適切にもちいて、相手に不快を与える言葉づかいや態度はおこなわないように気を付けておきましょう。 相手の話にきちんと耳を傾けて、必要があれば、しっかりメモに残しておくことも大切です。 「相手が何を求めているか」に気を配りながら、失礼のない言葉づかい、敬語選びを念頭において使い方を考えましょう。 「ご覧いただく」は「見る」の尊敬語の使い方 「ご覧いただく」という言葉は「見る」の尊敬語・「ご覧になる」をつかった表現になります。 打ち合わせ系などの場で、目上の相手やお客様に対して「ただ今、お配りした資料をご覧いただけますでしょうか」や「ご覧いただき、ありがとうございます」などといったフレーズとして使っていきます。 「見られる」という丁寧な言葉は敬語として誤りではありませんが、上得意のお客様やクライアントに対して使うセンテンスとしては、カジュアルすぎる言葉になってしまいます。 「拝見してください」は間違った敬語の使い方 またよくあるビジネス敬語が「ご覧いただく」と混同してしまう「拝見してください」という言い回しです。 「拝見する」は「自分が見ること」をへりくだった言い方として表現する、謙譲語です。 立場が上の人のものを、こちら側が「見させてもらう」場合に用いる言葉になります。 相手のアクションに対して表現するフレーズではないので、間違っても打ち合わせ系などの場、やミーティングの席でクライアントサイドに言わないように、心得ておきましょう。 「ご覧いただく」は自分には使わない また「見る」の尊敬語「ご覧になる」をつかった「ご覧いただく」は自分のアクションに対しては、くれぐれも使わないように気を付けておきましょう。 打ち合わせ系などの席で「御社の商品をご覧いただいたところ…」などと話してしまうのは、きわめて失礼な行為になってしまいます。 適切な敬語をあやつることができるのは、社会人としてのマストポイントです。 必ず「拝見しました」という使い方をしましょう。 柔軟な敬語力と使い方を身につける 「ご覧いただく」といった敬語は、一朝一夕でカンタンに覚えられるものではありません。 打ち合わせ系などの場や、ミーティングなどの席で取引先やクライアントの前で恥をかかないためには、日頃から「敬語を意識して使うようにしておくこと」が大切です。 また本や新聞、テレビのビジネスニュースをチェックして、使い方のわかる言葉のボキャブラリーを増やしていくことも課題になります。 「ご覧いただく」を正しい敬語の使い方としてビジネスに役立てる 資料を閲覧してもらうとき、新製品を取引先にチェックしてもらうとき「ご覧いただく」というフレーズを上手に使いこなすことは、打ち合わせ系など場で商談を成功させる、大きなキーワードになります。 「ご覧いただく」は「見る」の敬語です。 「見られる」よりも、より丁寧な尊敬語になりますので、正しく使うことによって、失礼のない大人のビジネススキルを身につけることができます。

次の