恋愛 ドラマ な 恋 が したい bang ban love。 『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』第1話レビュー

『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』第2話レビュー

恋愛 ドラマ な 恋 が したい bang ban love

AbemaTVの人気リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい〜Bang Ban LOVE〜』(毎週土曜 後11:00〜)の第11回が4日に配信された。 『ドラ恋』は、「恋愛ドラマの共演で俳優と女優は禁断の恋に堕ちてしまうのか!? 」をテーマに、ネクストブレイクを期待される若手俳優と女優が、恋愛ドラマを撮影しながら本当の恋をするのかを追う恋愛リアリティーショー。 今回は、男性3人、女性3人という構成からスタートし、第1話から第12話の間に新たなメンバーが追加となる新ルールが設定され、井上佑(たすく/24)、千綿勇平(チワ/28)、南北斗(ほくと/21)、(はづき/19)、(みこと/21)、若菜(わかな/26)らの6人に、第2話からは新メンバー・(ひらりー/21)、そして第4話では(タクヤ/23)が新たに加入した。 4日は番組内で作られる恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』の最終話と、その主役を決める投票結果開票の模様が放送。 前回の放送にて、ドラマ最終話の主役を決めるために1時間にも及ぶ話し合いがなされるも、結局決まらず、メンバー8人全員による投票が行われ、その結果発表からスタートした。 オープニングトークでは、前回までの恋愛模様を振り返り、たすく、ほくと、チワの3人から想いを寄せられているはづきの話題に。 はづきのモテモテぶりに驚きを隠せない様子の渡辺直美が「はづきって最初人気なかったよね? (最初の)ペア決めのときも最後まで残ってた子だったのに」と回顧する一方、Perfumeのは「やっぱ演技して、キスシーンしたら、心が動くってことなんですね! これが『ドラ恋』!」と目を輝かせた。 そして、番組ではドラマ最終話の撮影当日を迎え、演技指導の澤田育子先生によって早速、投票結果の開票に。 その結果、8人中はづき自身を含む7人がはづきに投票し、チワが自分自身に投票していたことが明らかになり、これによって、恵子役ははづきに決定した。 この投票結果に澤田先生は「みなさん、主役を目指してここに参加してるわけですよね。 自分に投票するって恥ずかしかったり、格好悪かったりすると思うんだけど、本当にやりたかったらそんなこと言ってられない。 主役やりたくて来てるわけだし。 それぞれの表現者としての思いや覚悟がもっとあると思っていた」と苦言を呈すと、さらに「最高の作品を撮ろうって思った時に、誰かの強い思いだったり、覚悟だったり、勇気だったり、そういうところから必ずスタートすると思う。 そう考えた時に、私は大樹役も、その覚悟と思いを持ってる方にやってもらいたい。 そういう意味で、はづきさん同様、ご自身に投票した千綿さんにやっていただくのがいいかと思います」と大樹役にチワを指名。 澤田先生の提案に即答せず、苦悶の表情を浮かべ「もちろんやりたいです。 ただ、みんなそれで納得できますか?」とメンバーたちの反応を窺うチワに、スタジオからは「やりますじゃないの!? 」と声が。 すぐさま「私は納得します」と宣言したのはひらりー。 それを持っていないといけないものだと思うから…。 賛成するしかないです」と告げる。 ほくとも「チワちゃんが自分で(名前を)書いたっていうのはすごい覚悟があると思う。 正直、今は全然納得できないですけど、(ドラマ)本番でみんなを納得させればいいんじゃないかなと思います」と、悔しさを滲ませながらも賛同。 仲間の後押しを受け、ようやく「やりたいです」と表明したチワは、ドラマ最終話にして初めての主役の座を勝ち取った。 4度目となる恵子役を掴んだはづきと、これまでドラマに出演することすら叶わず、悔し涙を流してきたチワを主演に据え、ついに最終話を迎えた恋愛ドラマ『BANG BAN LOVE』。 ドラマ本編では、愛し合いながらも別れることを決断し、思い出のキッチンカーで最後の時間を共に過ごす恵子と大樹…。 そのあまりの泣きっぷりに、GENERATIONS from EXILE TRIBEの小森隼は「ガン泣きじゃん」とツッコミを入れていた。 告白の新ルールにMC陣も「楽しみすぎる」とワクワクが止まらず。 『ドラ恋』最終回は11日、午後11:00より、1時間スペシャルで放送される(収録は3月12日)。 実は1年前、恵子は大樹に告白。 二人は兄妹という関係でありながら、互いにひかれ合っていたのだ。 しかし現在、大樹には梨花という恋人がいた。 そんなある日の夜、恵子は眠る大樹にキス。 その姿を梨花は目撃し盗撮、怒りに震える。 自分の犯した罪の大きさを感じた恵子は大樹をふっきろうと、スキー場での住み込みバイトを始めるが、大樹はそんな恵子を追いかけ、恵子への想いを告白するのだった…。

次の

【ネタバレ注意】act.12 恋愛ドラマな恋がしたい〜Bang Ban Love〜最終回

恋愛 ドラマ な 恋 が したい bang ban love

AbemaTVオリジナル番組『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』第11話は、ドラマ最終話の主役の1人を選ぶ全員投票シーンからスタート。 以下、今回の見どころをレポートする。 細かなネタバレもあるため、ご注意いただきたい。 結果、8人中7人がはづきに投票し、残り一票はチワ(千綿勇平)が自分自身に投票。 これで恵子役のはづきが主役に決定した。 開票の結果を受けて澤田(育子)先生は「話し合いで決めるのは無理だろうなと思っていたが、投票となった時に、こんなに票に偏りが出るのが意外だった」と話した。 その上で「自分に投票するって、恥ずかしかったり格好悪かったりするけれど、それでも主役になりたくて皆ここに来てる訳だし、それぞれがそれぞれの表現者としてもっと色んな気持ちがあって良いんじゃないかと思う」と続ける。 「良い作品を撮ろうと思うと、誰かの覚悟や勇気から始まったりする。 そういう意味で、大樹役ははづきさん同様、自分で自分に投票した千綿さんにお願いしたいと思います。 千綿さんやっていただけますか?」と提案。 ようやく待ち望んだチャンスが目前に迫って来たチワだったが「僕はもちろんやりたいです。 ただ……みんなそれで納得しますか?」と、気遣いではあるものの、この場合、ともすればいらぬ配慮になりかねないお伺いを立てる。 (これがチワらしさでもあるのだが…) ここで即座に 「私は納得します」と回答したのはひらりー(平田梨奈)。 チワがさらに「俺は皆で作って来たBang Ban Loveだから、皆で決めたいなって思います」と重ね、これには澤田先生も「じゃあ、皆に反対されたらやらないんですか?」とけしかける。 この空気に耐えられなくなったたすく(井上佑)が「涙出てきて……」と声を詰まらせながら割って入る。 「なんでかって言ったらやっぱり(大樹役を)やりたいから。 でも前回(話し合いの場で)自分がやりたいって主張できへんかったし、それは先生が言うように覚悟が足りへんかったんやと思うから。 だから自分で主張したチワちゃんに俺らが何か言う資格はない」と思いの丈を吐き出し、先生の提案に賛成した。 続いてほくと(南北斗)も「はづきちゃんとだったら良い作品ができる自信があるから悔しい。 でもそれはこれからやる本番でチワちゃんが皆を納得させればいい」と悔しさを滲ませながら、精一杯のエールを送る。 そして最後にタクヤ(根岸拓哉)が「自分の名前を書いた覚悟があるんなら、俺らのことなんて一切気にしなくて良いし。 情なんて要らない」と、チワが必要以上に周囲を気にして足踏みしてしまわぬように、あえて表情も変えずに淡々と話した。 澤田(育子)先生の筋の通った物言いと、それをきちんと咀嚼し受け入れる男性陣3名の大人な対応が光る場面だった。 最終話にして念願の主役の座を掴んだチワは、「嬉しいですけど、すごい自分に今プレッシャーがかかってるのもわかってる。 みんなも大樹役をやりたくて来てる中で、皆の思いも背負って、全員で繋いできたバトンなんで絶対良い作品にします」と意気込みを語った。 これに対し、はづきは無邪気に「チワちゃんとやるとは正直思ってなかった。 ビックリしてる」と素直な気持ちを本人を前に話し「お願いします」と頭を下げた。 そんなはづきも「色んな感情がいっぱいあって、戸惑いがまだあって、でもそれは私の問題だからやるしかないです」と心の内をこっそり明かしていた。 ドラマ最終話は、愛し合いながらも別れることを決断した恵子と大樹、が思い出のキッチンカーで最後の時間を共に過ごすというストーリー。 そしてラストシーンには2人が交わす切ない別れのキスシーンが待ち受ける。 大樹役の衣装に袖を通し、リハーサルに入ったチワ。 「この距離からでも、チワちゃんキリッとしてんのわかるな」と優しげな眼差しで、モニター越しにその姿を見守るほくととたすく。 迎えた本番、チワも全力を出し切り最初で最後の主役を熱演していた。 撮影終了後に「ありがとう」とハグし合うチワとはづきには、互いの頑張りを称え合う「仲間」「同士」という爽やかな空気が流れていた。 それを証拠に、チワはインタビューでも「恵子を本当に愛しく想えたし、このドラマを撮ったことで気持ちには区切りがつきました。 はづきちゃんには好きな人がいることを知ってるし応援したい。 幸せになってほしい」と清々した様子で話した。 一方ほくとは「俺的には最後はづきとやりたかったな。 ラストチャンスだったし。 うん、悔しい」、たすくも「やりたかったっすね。 良いシーンやし。 配役決まってからも脚本何回も読み返して思いましたけど、やっぱりやりたかったっすね」と、仲間の健闘を称えつつも、それでも拭いきれないやり切れなさを口にした。 この3人の男性の矢印の先にいるはづきは「はづき自身の好きな人は中盤から変わってないです。 女子から(の告白だったら)気持ちを伝えたいです」と、もうすでに気持ちは固まっているようだった。 次回はいよいよドラマだけでなく、8人のリアルな恋愛関係に白黒をつける最終回。 舞台は初めて初期メンバーが顔を合わせた劇場、女子から男子への本気の告白が待っている。 女子から告白したい相手を指定し、ドラマ仕立てのラストシーンを演じるのだが、今回から新ルールが適用。 これまでは全員の前で告白し、告白成立の2人のみがドラマ仕立てのラストシーンに出演して「本気のキスシーン」を演じていた。 それが今回からは、告白自体をドラマ仕立てのラストシーンとして撮影し、告白成立ならそのまま「本気のキス」となる。 そのため女子全員が告白したい相手と、2人きりでドラマに出演できることになる。 また、告白相手が重複していても全員が2人きりで撮影でき、告白順はくじ引きで決まる。 ナレーションでも流れた通り、「それぞれが紡いできた2人だけの物語。 そのラストシーンは失恋の涙? それとも本気のキス?」……人それぞれにどんな結末が待ち受けるのか、この目に焼き付けたい。 楳田佳香.

次の

『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』第1話レビュー

恋愛 ドラマ な 恋 が したい bang ban love

AbemaTVの、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティーショーの新シーズンとなる『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』が、2020年1月25日(土)夜11時より放送することを発表した。 本番組は、若手俳優が、毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく様を追いかける、恋愛リアリティーショー。 全12回の番組放送において、番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。 役を勝ち取る為に、回ごとにペアが変わる相手役と稽古を重ねながら、台本に用意されている様々なキスシーンを演じていく。 今回の新シーズンの見どころは、主演を一人で演じる通常のドラマとは違い、主演の「神谷大樹」役と「神谷恵子」役を、若手俳優6名の中から毎回オーディションで選ばれ演じていくという前代未聞の「主演が毎回変わる連続ドラマ」に初挑戦する。 これまで感じたことのない極限状態に追い込まれ、感情が大きく揺れ動く若手俳優たちが選ぶのは、果たして本気の恋……?それとも演技……? また、ドラマはキッチンカーの中で繰り広げられる「血の繋がらない兄妹たちの禁断の愛」をテーマにしたこれまでにない、過激でディープな世界観の作品となっている。 終盤では濃厚なキスシーンのみではなく、シリーズ史上最も過激なシーンが組み込まれる予定となり、大人の世界を覗きたい方も楽しめる本格的な恋愛ドラマとなっている。 さらに、前シーズンでは、男性5名、女性6名の女性が1名多い構成によって主演を巡って1人の男性を2人の女性が奪い合う、ドロドロした過激な恋愛サバイバルが展開された。 今回は男性3名、女性3名という構成からスタートし、キービジュアルで明かされていない追加メンバーの情報解禁は、1話から12話の間に予定している。 いつどのタイミングで追加されるかが分からない未だ見ぬ新メンバーの登場によって、さらにかき乱される若手俳優たちの素の姿や、激動の展開に注目が集まる。 本番組は2018年5月の放送開始から、これまでシーズン第4弾まで放送され、「主演ドラマ」と「リアルな恋愛」の狭間で揺れる若手俳優たちの人間模様や台本には毎話ある濃厚な「キスシーン」が視聴者の心を捉え、SNSや「AbemaTV」公式YouTubeなどで大きな反響を呼び、全シーズンの累計視聴数は、5,000万回を突破した。 新シーズンでも、企画・構成と連続ドラマの脚本を手掛けたのは、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や漫画の原作、舞台の作演出など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏。 スタジオMCとして見守るのは、これまでも同番組MCを務めていたお笑い芸人の渡辺直美、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあに加えて、今回より新たに初の「AbemaTV」レギュラー番組MCとして、Perfumeのあ〜ちゃんの参加決定している。 新MCとなったあ〜ちゃんは、「今回からスタジオトークに参加させていただくことになりました、Perfumeのあ〜ちゃんです。 ドラ恋が好き過ぎて、人生の楽しみになっているこの作品に、まさかレギュラーで出させていただけることになるとは…!思ってもみなかったことで私にとってはご褒美のご褒美です。 仕事がんばってよかったです。 本当にありがとうございます」とコメントを寄せ、今回もMCを務めることになった渡辺は、「こんなハラハラドキドキするようなドラ恋がまた帰ってきたということで今からとっても楽しみです!」、福徳は、「今回はどんな恋愛模様を覗けるのでしょうか?楽しみです!ドラ恋を見たことがないアナタ!是非ご覧ください!役者の方々がさらけ出してます!柴犬のお尻みたいに!」、小森は、「今回も新シーズンのスタジオMCとして参加することができて大変嬉しく思います。 今、みなさんが目にしている新ルールやドラマの設定、最終的な参加人数の不透明な部分など今シーズンはどうなるの?どういうこと?と、混乱されてる方が多いと思うのですが、僕もその1人です。 笑 ですが、毎シーズン期待を遥かに超えてくるのがドラ恋です!」、谷は、「やっとやっと新シーズンが始まりますね!みなさんと同じくらい私達MC陣も楽しみにしてるドラ恋。 今回もたくさんのドラマが生まれることを楽しみにしてます!早く見たい気持ちでいっぱいです!」とコメントしている。

次の