法事 計算。 法事年回表

【公式サイト】費用と信頼で選ぶなら「家族葬の天国社」|法要日程の計算|葬儀・葬祭・葬式・葬儀場

法事 計算

中陰・年忌法要名 法要・年回忌年月日 亡くなられてから 命日 御命日 *逮夜日付での初七日 [ 6日目 ] 初七日忌 一七日忌 7日目 二七日忌 14日目 三七日忌 21日目 四七日忌 28日目 五七日忌 三十五日忌 35日目 六七日忌 42日目 七七日忌 四十九日忌 満中陰忌 尽七日忌 大練忌 休新忌 49日目 忌明け 百箇日忌 100日目 一周忌 満1年目 三回忌 満2年目 七回忌 満6年目 十三回忌 満12年目 十七回忌 満16年目 (弔い上げ) 廿三回忌 二十三回忌 満22年目 (弔い上げ) 廿五回忌 二十五回忌 満24年目 23、27回忌を行わずに25回忌を行う宗派などがある。 廿七回忌 二十七回忌 満26年目 丗三回忌 三十三回忌 満32年目 (弔い上げ) 丗七回忌 三十七回忌 満36年目 五十回忌 満49年目 (弔い上げ) 百回忌 満99年目 (弔い上げ) 百五十回忌 満149年目 二百回忌 満199年目 二百五十回忌 満249年目 三百回忌 満299年目 三百五十回忌 満349年目 四百回忌 満399年目 四百五十回忌 満449年目 五百回忌 満499年目 六百回忌 満599年目 七百回忌 満699年目 八百回忌 満799年目 九百回忌 満899年目 千回忌 満999年目 千百回忌 満1099年目 千二百回忌 満1199年目 千三百回忌 満1299年目 千四百回忌 満1399年目 千五百回忌 満1499年目 千六百回忌 満1599年目 千七百回忌 満1699年目 千八百回忌 満1799年目 千九百回忌 満1899年目 二千回忌 満1999年目• 法要では、亡くなられた日を一日目と数えますので、例えば「初七日」は、亡くなられた日を含めた七日目と計算されます。 10月1日に亡くなられたとした場合の「初七日」は10月7日です。 なお、お逮夜(たいや)に法要を行う地域もありますので、その場合、例えば10月1日に亡くなられた故人の「初七日」の法要は10月6日となります。 「逮夜(たいや)」とは、葬儀の前の日の夜。 また、忌日の前の日の夜を言います。 「弔い上げ(とむらいあげ)」は、「問い切り」「揚げ斎(あげどき)」などとも言われ、法要を営む最終の年忌のことです。 十七回忌、三十三回忌、五十回忌などを節目として最終年忌とすることが多いとされます。 法要・年回忌などは宗派や地域によって異なる場合があります。 西暦での、「1」〜「99」までの数字の入力は、「1901」〜「1999」と見なされます。 和暦での入力は、明治は44年、大正は14年、昭和は63年までの設定です。 明治45年(1912年)は7月30日、大正15年(1926年)は12月25日、昭和64年(1989年)は1月7日まででしたので、該当する場合は読み替えるか西暦で入力してください。 ただし、大正・昭和の「改元の詔書」によれば、「明治45年7月30日」と「大正元年7月30日」、「大正15年12月25日」と「昭和元年12月25日」はともに存在します。 これは即日改元であったためで、ちなみに昭和から平成へは翌日改元となり、昭和64年は1月7日まで、平成元年は翌日の1月8日からです。 令和は5月1日からです。 和暦での入力は明治6年1月1日からが有効です。 これは、日本でのグレゴリオ暦の採用が明治6年(1873年)で、一般に旧暦と呼ばれる天保暦(太陰太陽暦)の明治5年12月2日(グレゴリオ暦1872年12月31日)の翌日を、新暦と呼ばれる太陽暦の明治6年1月1日(グレゴリオ暦1873年1月1日)とし、和暦での明治5年12月3日から12月31日が存在しないためです。 【参考】 命日(めいにち)とは• 故人の亡くなられた日に当たる日で、毎月のその日を言います。 忌日(きにち)とも言います。 毎月のその日を指すことから、「月命日」「月忌命日(がっきめいにち)」などとも言われます。 ただし、単に「命日」と言った場合、毎年のその日のことである「祥月命日」を指すこともあります。 【参考】 祥月命日(しょうつきめいにち)とは• 「祥月」は、一周忌の後の故人の亡くなられた月と同じ月のことで、「祥月命日」は、一周忌の後の故人の亡くなられた月日と同じ月日のことです。 「命日」が毎月のその日であるのに対して、「祥月命日」は一年に一度巡ってきます。 【参考】 弔い上げ(とむらいあげ))とは• 「弔い上げ」は、「問い切り」「揚げ斎(あげどき)」などとも言われ、法要を営む最終の年忌のことです。 十七回忌、三十三回忌、五十回忌などを節目として最終年忌とすることが多いとされます。 1箇月目 没後、 最初の 月命日 五七日 三十五日 いつなのか・いつなぬか・ごなのか・ごなぬか・ごしちにち さんじゅうごにち 35日目 六七日 むなのか・むなぬか・ろくしちにち 42日目 七七日 四十九日 満中陰 尽七日 大練忌 休新忌 なななのか・なななぬか・しちしちにち しじゅうくにち まんちゅういん じんしちにち だいれんき きゅうしんき 49日目 忌明け 百か日 ひゃかにち 100日目 回 忌 法 要 ・ 年 忌 法 要 一周忌 いっしゅうき 満1年目 三回忌 さんかいき 満2年目 七回忌 しちかいき 満6年目 十三回忌 じゅうさんかいき 満12年目 十七回忌 じゅうしちかいき 満16年目 弔い上げ 廿三回忌 二十三回忌 にじゅうさんかいき 満22年目 弔い上げ 廿五回忌 二十五回忌 にじゅうごかいき 満24年目 23、27回忌を行わずに25回忌を行う宗派などがある。 廿七回忌 二十七回忌 にじゅうしちかいき 満26年目 丗三回忌 三十三回忌 さんじゅうさんかいき 満32年目 弔い上げ 丗七回忌 三十七回忌 さんじゅうしちかいき 満36年目 五十回忌 ごじっかいき 満49年目 弔い上げ 百回忌 ひゃっかいき 満99年目 弔い上げ.

次の

年忌法要早見表》浄土真宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗・真宗

法事 計算

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 四十九日の計算方法 四十九日とは文字通り、 故人が亡くなった日から49日目のことです。 1日目の数え方は地域によって違います。 全国的には故人が亡くなった日を1日目とし、そこから49日を計算して四十九日の日程を決定します。 つまり、1月1日が命日であれば、49日目は2月18日となります。 「命日+48日」と計算しましょう。 一方、 関西では命日の前日を1日目と数え、49日を計算するところもあります。 つまり、1月1日が命日であれば、前日の12月31日から数え、49日目は2月17日となります。 この場合は「命日+47日」です。 四十九日以外に法要を行う日は? 法要には忌日法要と年忌法要があります。 忌日法要とは 故人が亡くなってから100日目までに8回あり、年期法要は 満1年から始まります。 忌日法要は以下の日程と順番で行います。 法要名 読み方 日程 初七日 しょなぬか 7日目 二七日 ふたなぬか 14日目 三七日 みなぬか 21日目 四七日 よなぬか 28日目 五七日 いつなぬか 35日目 六七日 むなぬか 42日目 四十九日 しじゅうくにち 49日目 百箇日 ひゃっかにち 100日目 法要名と日取りがずれているのは、 「忌日法要を7日とし、そこから7日ずつ増えていく」という概念で法要名が決まっているからです。 そのため、四十九日法要は七七日(なななぬか)法要と呼ばれることもあります。 このうち、最も大切なのは 初七日と四十九日です。 初七日は故人が亡くなってから7日目、三途の川に辿り着く日とされていますが、最近では初七日のために集まるのが大変なため、葬儀の時に一緒に執り行うことが増えてきています。 一周忌以降の計算方法 忌日法要が終わると、1年ごとに年忌法要が始まります。 年忌法要は 命日から満1年を一周忌とし、それ以降は「一の位が3か7の年毎」に行います。 法要名は一周忌が「周忌」、三回忌以降は「回忌」となります。 ただし、ここでも注意点が一つ。 三回忌以降は、 法要名から1を引いた数の年に行われます。 つまり、三回忌は満2年目、七回忌は満6年目……といった具合です。 年忌法要名と日程は次のようなものになっています。 法要名 日程 一周忌 満1年 三回忌 満2年 七回忌 満6年 十三回忌 満12年 十七回忌 満16年 二十三回忌 満22年 二十七回忌 満26年 三十三回忌 満32年 四十九日法要を行う日程の決め方 最近では、四十九日法要はちょうど49日目ではなく、前倒しして行われることが多くなってきました。 49日目の当日に行うと参列者が集まりにくい場合、 49日より手前、かつ49日目に一番近い土日を選ぶと集まりやすくなります。 つまり、49日目が金曜日の場合、43日目の土曜日か、44日目の土曜日に繰り上げます。 ただし、 繰り上げるのはあくまでも1週間以内にしておきましょう。 四十九日法要を避けるべき日程 最近ではちょうど49日目でなくても四十九日法要を行うようになってきました。 日程を変更する場合、避けた方がいい縁起の悪い日はあるのでしょうか? 四十九日より後の日程 四十九日は十王による死後の審判の最終決定が下され、成仏できるかどうかが決まる大切な日。 日程を四十九日より前倒しにするのはかまいませんが、後に延ばすのは絶対にNGです。 そのためにも 四十九日法要の正確な数え方を知っておく必要があります。 最近では四十九日の正確な日にちを割り出すことができる計算機能を持ったアプリも出ています。 自信がなければ、そのようなアプリを使ってもいいかもしれません。 三月またぎになる日程 昔の人は、四十九日が3か月にまたがるのを縁起が良くないとしてきました。 理由は 「始終苦(四十九)労が身(み=三)に付く」という語呂合わせからきています。 命日が月の14日以降だと、3か月をまたぐことになります。 命日が月末だと、法要の日程を1週間前倒ししたとしても3か月をまたいでしまいます。 基本的には語呂合わせなので気にしなくてもいいことですが、「縁起が悪い」と気にする人がいるかもしれません。 そのような人に配慮するのであれば、 3か月をまたがないように日程を調整しましょう。 六曜は気にしたほうが良い? 友引など、凶日として避けた方がいい日を含む六曜は、四十九日でもやはり避けた方がいいのでしょうか? 実は、 四十九日の法要では、六曜は気にしなくてよいとなっています。 参列者が集まりやすい日取りを優先しましょう。 四十九日法要に適した時間帯は? 四十九日を行う時間帯はいつがいいのでしょうか? 基本的には集まる人や会場、お寺の都合などで決めるため、 時間帯は午前でも午後でも気にしなくていいというのが一般的です。 会食を行う場合は、会食の時間帯がお昼になるよう調整しましょう。 午前中に法要を行い、日中のうちに会食を執り行えばOKです。 ただし、地域によっては「午前中の方が良い」と言われるかもしれません。 会場や業者、お寺の意見を聞きながら話し合って決めましょう。 四十九日法要の日程を決めるタイミング さて、四十九日法要の日程の計算方法と数え方は理解できたでしょうか。 葬儀の後は、故人を失った心痛を抱えながら目の前のやることに追われ、四十九日の準備はつい後回しにしがちです。 ですが、四十九日法要は葬儀の次に控える重要な法要です。 四十九日は僧侶や会場の手配、参列者への案内状の発送など、たくさんの準備があるので、葬儀が終わったら、 なるべく早いタイミングで日程を決めておきましょう。 四十九日法要に向けて準備しておくべきこと 続いて、四十九日法要に向けてどのような準備が必要かを見てみましょう。 施主を決める まずは 施主を決めます。 葬儀の時は「喪主」と呼びますが、法要の時には「施主」と呼びます。 喪主がそのまま施主になるのが一般的です。 僧侶へ依頼をする 続けて、四十九日の日程を計算し、 当日読経をしてもらう僧侶へ依頼をします。 日程は前述したように、49日目から前倒しして、一番近い土日に決めるのが一般的です。 ただし、招待する範囲と人数にもよります。 多くの人を呼ぶのであれば、土日など集まりやすい日程を。 家族だけで行うと決めたならば、場合によっては平日でも行うことができます。 近いお寺の僧侶、面識のある僧侶など、依頼する僧侶は自由ですが、 菩提寺(先祖のお墓がある寺)がある場合は、そこの僧侶に依頼します。 会場を手配する 続いて、四十九日法要を行う会場を手配します。 四十九日法要は自宅や菩提寺で行うのが基本です。 ただし、 法要の後に会食(お斎)が控えていることを忘れてはいけません。 会場には参列者と僧侶を会食でもてなすことができる広さが求められます。 参列者が多い場合、会食会場を葬儀場やセレモニーホール、ホテルやレストランなどに移す案も検討しましょう。 招待する範囲と人数を決める 次に、招待する範囲と人数を決めます。 葬儀とは異なり、四十九日法要は 施主が参列者を招待します。 親族だけでなく、故人の友人を把握して招待する人数を決めましょう。 ちなみに、会場を決める時点でおおよその人数は概算しておくべきです。 というのも、前述したように会場は招待する参列者の数によって左右されるからです。 あるいは、先に会場を決めてしまい、それに見合う範囲で参列者を決めるという順番でもいいでしょう。 案内状の準備と発送をする 招待する人が決まったら、今度は案内状の準備です。 会食を用意する場合、会食への出席の是非を聞くために 往復はがきや返信用を同封して送付しましょう。 文面に迷ったら、案内状文面とセットで印刷を業者に発注することもできます。 四十九日法要を家族だけで行うと決めており、参列者と口頭で日程を打ち合わせできるようであれば、わざわざ案内状を送る必要はありません。 会食(食事)や引き出物の手配をする 招待する人数が決まったら、次は 会食や引き出物の手配をします。 会食は懐石料理や精進料理、仕出し弁当などをふるまうのが一般的です。 また、鯛や伊勢海老など、おめでたい献立が出されることのないように、食事を手配する時は法要後の会食であることを伝えておきましょう。 お酒を飲みに来ているわけではないので、アルコール類は控えめに出しましょう。 まとめ 四十九日法要の計算の仕方と準備の手順を見てきました。 四十九日法要は 「命日+48日」で計算します。 最近では参列者が集まりやすいよう、直前の土日に前倒しして行われることが多くなってきましたが、 後に延ばすのはNGなので、四十九日法要の日にちを正確に計算できる必要があります。 四十九日法要は準備するべきことが多いため、葬儀が終わったらすぐに日程を決定すべきです。 葬儀が終わった直後は気持ちも実際的なスケジュールも忙しくて大変ですが、早め早めに準備を済ませておきましょう。 四十九日についての基礎知識を覚えておくことで、実際にその場を手配することになっても、落ち着いて行動することができます。 しかし、四十九日の施主を務めるのが初めての方の場合、何を準備すればいいのかわかっていても、どうしても抜けが生じるものです。 そのため、法要の流れについて良く把握しているプロの業者の力を借りるのも手です。 「」には、四十九日法要に詳しいスタッフが多数所属しております。 全国葬儀受注件数3年連続No. 1の実績と経験で、四十九日法要を準備する方の手助けをしています。 四十九日法要を執り行うのであれば、お一人で悩むのではなく、ぜひ 「小さなお葬式」にお任せください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

四十九日の数え方(計算方法)と法要の日程の決め方

法事 計算

故人の魂が成仏する日である四十九日ですが、その法要の日程の決め方にも注意すべき点があります。 ここでは 四十九日の日程の決め方について解説します。 関東での四十九日の決め方 関東で四十九日法要は、四十九日より前の 土曜・日曜に設定されることが多いです。 四十九日は故人にとって重要な日ですので、その法要の規模は大きくなります。 規模が大きいということは親族など多くの人が集まります。 多くの人が集まるには 平日は都合がつきにくいので、土日に行われることが多いです。 六曜 火葬を友引の日は避けたように、四十九日でも六曜で注意する日はあるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 四十九日の場合は 六曜は気にしなくても良いと言われています。 大勢が集まりやすい土日で、かつ六曜まで気にしていたのでは日程決めが大変になりますので、六曜は気にしなくていいというのは嬉しいですね。 六曜まで気にしなくていいという反面、参列者が多いので日程調整は大変です。 あらかじめいつ頃四十九日法要をやるか計算しておいて、 お葬式の際などに親族の方々に日程を確認しておくと、比較的スムーズに日程を決められるでしょう。 後日にしない 日程の決め方でひとつ注意することがあります。 それは四十九日法要は 四十九日より後には設定しないということです。 四十九日は故人の魂が極楽浄土に行けるかどうかが決定する日です。 それより後に法要をやっても意味がありません。 四十九日が後ろ倒しにならないように十分注意しましょう。 時間帯 日程だけでなく時間帯も好ましいとされていることがあります。 それは 昼の時間帯です。 一般的に四十九日法要は法要が終わった後には参列者と会食を行います。 あまりに遅い時間帯に設定してしまうと会食の時間が取れないため、お昼ごろに法要の時間を設けるのがベストなのです。 関西の四十九日の決め方は? 関西の一部地域によっては四十九日の決め方が少し違うことがあります。 どのような決め方かというと、四十九日当日ではなく、 前日に行うというものです。 この法要はお逮夜(たいや)法要と呼ばれています。 お逮夜法要は日程だけでなく、時間帯もおおよそいつやるのか決まっています。 それは 前日の16時以降に行います。 自分の地域にこのような風習があるかわからない場合は、僧侶の方などに尋ねてみると良いでしょう。 もし、四十九日前日に親族の予定が合わない場合は、絶対にこの風習に合わせなければいけないということもないので、関東と同じように土日に行うと良いでしょう。 宗派による四十九日の考え方の違い 仏教と言えども多くの宗派に別れており、考え方も様々です。 ここではその 宗派による四十九日の考え方の違いについて見ていきたいと思います。 真言宗や曹洞宗などの一般的な四十九日 真言宗などの多くの宗派において四十九日は既にご説明した意味合いを持っています。 それはつまり、 故人が極楽浄土に旅立てるか決まる日で、その日に親族などが集まって冥福を祈るというものです。 したがって、真言宗などの宗派であれば集まった参列者と共に、故人の冥福を深くお祈りし、良き来世に旅立てるようにお祈りをしましょう。 浄土真宗の四十九日の考え方 真言宗などの宗派とは異なり、 浄土真宗の場合は四十九日に対する考え方が違います。 他の宗派が7日毎に裁きの日がやってくるのに対して、浄土真宗では故人が亡くなるとすぐに極楽浄土に行けると考えられています。 そのため、四十九日法要には故人が成仏することを深くお祈りするという意味はありません。 では、浄土真宗における四十九日とはどういう意味があるのでしょうか? 浄土真宗における四十九日は、亡くなってすぐに極楽浄土に行かせてくれる阿弥陀如来の深い慈悲を認識し、 四十九日に集まった人達と念仏を唱えるための場として考えられています。 参列する人達の心意気としては、阿弥陀如来の偉大さに敬意を表すると共に、故人がこのような場を作ってくれたことに感謝をしましょう。 浄土真宗の葬儀にもっと興味のある方はこちらをご覧ください。 そもそも四十九日とは何か? 四十九日とは故人が亡くなってから48日目のこと、あるいはその日に行われる法要のことを言う。 亡くなった日を1日目として数えて、いくつかの忌日法要がある。 一周忌以降は数え年で数える。 四十九日の日程の決め方 関東の場合は、四十九日より前の土曜・日曜に行われ、時間帯は昼時が良い。 大安などの六曜は気にする必要はないが早めに日程を決めるようにする。 関西の場合は地域によって四十九日の前日の16時以降にやることが多い(お逮夜法要)。 宗派による四十九日の考え方の違い 真言宗などの宗教は一般的な四十九日のルールに従えば良い。 浄土真宗は亡くなってすぐに極楽浄土に魂は旅立つとされている。 そのため浄土真宗における四十九日は阿弥陀如来の偉大さと故人が設けてくれた機会に感謝するために行われる。 四十九日は命日を1日目として数えるということが重要なポイントでした。 また四十九日の意味が、故人の魂が成仏できるか決まる重要な日だということもあり、数え間違いなどあってはいけないことを認識いただけたのではないでしょうか? ここでご紹介した内容に沿って、早めに四十九日法要の日程を押さえてしまい、当日は心に余裕を持てるように準備しましょう。 「終活ねっと」では、他にも四十九日に関する記事をたくさん掲載しているので以下の記事をぜひご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の